So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

福岡・山口紀行・・⑩「金子みすゞ」記念館 [2017・10月九州・福岡~山口]

「明るい方へ」

明るい方へ 明るい方へ
一つの葉でも 陽の洩るとこへ
やぶかげの草は。

明るい方へ 明るい方へ
はねはこげよと 灯のあるとこへ
夜とぶ虫は。

明るい方へ 明るい方へ
一分もひろく 日のさすとこへ
都会に住む子等は。

        金子1.jpg
山口県長門市仙崎(当時は、大津郡仙崎村)…と言えば、童謡詩人「金子みすゞ」の故郷として知られています。
みすゞは故郷であるこの地を題材に、短い期間に多くの作品を残しました。

金子2.jpg
20歳で詩作を始めた彼女は,雑誌「童話」などへ投稿。発表された作品は西条八十に 認められ、童謡や詩を多数発表するものの、結婚後夫に詩作を禁止され断筆。
創作に対し夫の理解が得られず、3冊の作品集を清書し絶筆。離婚後の娘の養育を巡ったトラブルから選んだ自死という道。26歳の若さでこの世を去りました。

          金子3.jpg
昔風の造りをした書店「金子文英堂」が、記念館の入り口になっています。

          金子4.jpg
かつての面影を残した、重厚な雰囲気が漂う内部。生家の営んでいた書店と、すまいを再現したものだそうです。みすゞの作品、愛用品などが展示されていました。
金子5.jpg
こうしたさり気ないところに遊び心が感じられるのも・・・昔のお家です。
彼女の詩と生涯へ思いを馳せつつ・・・奥に建つ記念館へ。
遺稿集に、遺した写真に写る・・・着ていた着物の端切れ、遺品の展示。みすゞの生涯と生きた時代を偲びました。

彼女の書いた詩、金子みすゞの良し悪し・・・実はよくわからない私。
それ程知っている訳でもありませんし、詩のもつ独特な作風は、小説やエッセイと違った特別なものですから・・・。
それでも誰でも理解しやすい軽やかで、可愛らしい言葉選びは、エスプリの効いたリズム感がある。どれも彼女の育ちの良さからきたものでしょう。

だから今は特に好きって程ではないけど、好きになる可能性があるならせっかくの長門。彼女の生まれた家に立ち寄ってみたいなと思ったのでした。
金子みすゞの詩集は家にも頂いた一冊があったはずなのに。今回改めて探してみたものの、見あたりません。

金子6.jpg
                  金子7.jpg
望まぬ結婚で、みすゞの運命は暗転する。
夫が遊郭遊びでうつってきた淋病に、出産直後のみすゞも感染。我が子を思う彼女は風呂の浴槽へも決して入らなかったと言う。
展示から伝わってくるのは、我が子を思う母親としての愛情。
夫の仕打ちに抗議の意味も込めた自殺と言う道。その短すぎる生涯は、男に従わざるをえなかった当時の女性の人生が垣間見えます。
大正・昭和初期の時代に生きた彼女達の位置がいかに低くて、頼りないものであったか。
親の決めた結婚相手、自らの運命に抗うべく・・・選んだ死。しかしだからこそ心の奥底に息づく熱い息吹、秘めた詩作へのエネルギーの強さ!・・・を表現したかのような。。


「大漁」

朝焼け小焼だ、 大漁だ
大羽鰮の 大漁だ。

浜は祭りの ようだけど、

海のなかでは 何万の、
鰮のとむらい するだろう。

http://www.city.nagato.yamaguchi.jp/site/misuzu/index.html

          金子8.jpg
ここで山口県の日本海とはお別れながら・・・。
最初目にした角島の澄みきった青い海、あの海と続いていると思えない、沈んだ深い海の色です。

それでも、どっちも同じ海だ。
金子9.jpg
しかしなぜこんなにも海に惹かれるんだろう。泳げないのに。←そう、私は泳げないけれど・・・。

頬に感じた潮風と、この海の色、きっと忘れない・・・。
金子10.jpg
nice!(44)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

福岡・山口紀行・・⑨萩で泊まった「萩ロイヤルインテリジェントホテル」 [2017・10月九州・福岡~山口]

北九州市から山口県側へ渡ってから先の距離感、移動にかかる所要時間も大雑把にしかつかめず・・・果たして一泊で周り切れるのか?もっとドタバタするかな?と思っていたものの:::杞憂に終わった。
まさしくザッとながら、萩観光はこれにて終了。早っ!
その代りお昼も食べていない、どこかで簡単にと思いつつ、通り過ぎては振り返って、ああぁぁ~~という感じ。その調子で萩に到着。
その後も食べたのは、夏みかんソフトだけ[たらーっ(汗)]それもガッツイテ食べたものだから写真も忘れ、またも途中でああぁぁ~~でした。

こちらのロイヤルインテリジェントホテル・・・名前だけは立派ながら、少しもロイヤルじゃない[あせあせ(飛び散る汗)] お値段なりで我が家にはピッタリなホテルでした。
      ホテル1.jpg
気に入ったのは、宿泊料金の安さ!←毎回ながら・・・そこにすぐホレてしまう私って[あせあせ(飛び散る汗)]
JR東萩駅から徒歩1分と便は良さそうながら、余裕のある方は海沿いの温泉ホテルに泊まってしまうみたいです。
眺望など当然期待出来ません。海近くのホテルに泊まったら、沈む夕日の絶景が眺められますのに。・・・なーんて、日本海と夕陽など飽きるほど見てますよーんだ!
ビジネスホテルなので、レポ記事書くほどではないかと思いつつ・・・この日のお部屋はこちら。

ホテル2.jpg
                           ホテル3.jpg
ビジホだからテーブルもソフアーもないし、ベッドがドーンとあるだけ。トイレ、洗面、シャワーブース付き。そう、普通の皆さんは下の階にある大浴場を利用するみたいでした。
バスタオル&タオルはありますけど、アメニティ類も必要最低限。シャワールームは多機能シャワー搭載、数カ所のノズルから出るシャワーが十分に洗ってくれて、バスタブに浸からなくても不便さはありません。
それにしても水回りだけリニューアルした?感はあったけど、殺風景さは否めません。

コスト削減か?と思える部分は目立つのものの、各フロアにドリンクコーナーが設置され好きな時にドリンクを頂ける(新しいビジホには必ずといってよいほど設置されている感じがする)、大浴場が設けられているなど、コスパ面で考えたら・・・。寝るだけにはじゅうぶんなホテルです。

東萩駅の周囲にはほーんと何もありません
駅前の華やかさは全くなし、しかし今の私に、町の中心部まで歩く気力、体力は残ってはいないのだ。
      ホテル4.jpg
駅前にポツンと一軒建つ居酒屋「 おしゃれ茶屋」さん、店名に反して少しもオシャレとは言い難いものの、もうここで良い!
小ぢんまりとした店内、お座席の個室のテーブルに着いて、メニューを開いてビックリ!
これ程海が近いと言うのに、海鮮ものが見当たりません。焼き鳥店だと入店してから私は知ったのだけれど、もう遅い[あせあせ(飛び散る汗)]
     ホテル6.jpg
まずは、とりあえずビール・・・で乾杯[ビール]くぅ~~効くわ~~!
     ホテル7.jpg
しかしお通しがキャベツの千切りと言うのも、なんかなぁ[バッド(下向き矢印)]
ヒラソと言ったかしら?のお刺身、隣りは地鶏のタタキだったと思う。

     ホテル8.jpg

     ホテル9.jpg
これは夏みかん焼酎割りだったかな?次は、黒霧もいったものの。。
こちらのお店はまず、照明が暗すぎました。
この後に数品頼んだと思うもののどれも同じよう、使う食器も同じだから写真を撮る気も失せます[バッド(下向き矢印)]
でも不思議なんですよ。地元の常連さんが多いようで、次々来店してくる客あり。気をつかわずゆっくり出来るのが良いのかも?
お馴染み食べログでも、思ったより高評価で驚きました。
全体的にリーズナブルさを感じます。私達が食べて飲んで、支払った金額も安くすみました。
どちらも安さ優先でどこまでも安上がりな・・・萩の夜[たらーっ(汗)]
そのお蔭で予定していた観光箇所も周れましたし、後は寝るだけ[あせあせ(飛び散る汗)]

翌朝は簡素なダイニングにて、無料朝食が用意されています。
ご覧の通りの内容ながら。
ホテル5.jpg
他に洋食メニューで、手作り焼きたてパン、ジャムは萩夏みかん使用だそうですが、萩産コシヒカリをつかったおにぎり一個で結構です。お味噌汁・サラダにかけるドレッシング等、地元食材を使った地産地消メニューをいただきました。
〆のコーヒー、デザートは缶ミカン[あせあせ(飛び散る汗)] 無料ですから文句は言えませんが、レベル的には低い朝食であったような!?

他に2階のゲームセンターコーナーで、体験スロットマシーンが出来た事ですし、本当に初めての経験なので楽しいのか?楽しくないのか?わからないまま終了[たらーっ(汗)]
でもそれなりに良かったと思う事にします。
nice!(66) 
共通テーマ:旅行

福岡・山口紀行・・⑧萩市の産業遺産群を巡る [2017・10月九州・福岡~山口]

西洋から非西洋への産業化の移転が成功したことを示す「明治日本の産業革命遺産」の指定。
萩の産業遺産群・・・時代順には1番目のエリア萩城下町、萩反射炉、恵美須ヶ鼻造船所跡、大板山たたら製鉄遺跡、松下村塾で構成されているそうです。

松陰神社9.jpg
日本の道100選にも選定された、城下町ならではの景色の残る「菊屋横町」。

萩と言えば・・・瓦屋根をのせた白い塀がどこまでも続く・・・萩城下町。
海に突き出した「指月山」には毛利元就の築いた萩城跡があり。。城の外堀から外側に広がる城下町の町筋は碁盤目状に区画され、中・下級の武家屋敷が軒を連ねていた。
現在の旧市街地にもなまこ壁、石垣の続く武家屋敷。そこへ萩焼の店、町家を利用したカフェ等点在するものの・・・。町筋はそのままに、往時の面影をとどめている。
御成道に面して藩の豪商、江戸屋、伊勢屋、菊屋の商家が並んでいたため、横町にはそれぞれの名が残るのだと言います。
松陰神社10.jpg


徳川幕府における封建社会の特徴を示した城下町の様相を現在へ残す、萩の歴史的な街並みの見事さには驚かされます。200年以上もの時を経て、当時のままでいる事実!!
松陰神社13.jpg

幕末の風雲児・高杉晋作、その誕生地は南側半分のみ公開されており、産湯に使ったと伝えられる井戸や自作の句碑がありました。
松陰神社11.jpg
               松陰神社15.jpg
「高杉晋作誕生地」の近くにある「晋作広場」、平成22年10月に建立された「高杉晋作立志像」。

※天保10年(1839)萩藩大組士、高杉小忠太の長男として生まれた高杉晋作。藩校「明倫館」に通う一方で松下村塾へも通い、久坂玄瑞と並んで「松門の双璧」と称されました。
文久2年(1862)清朝中国の上海を視察。
イギリス、フランス、アメリカの租界地の広がる・・・半植民地の状況を目のあたりにし、危機感を抱いた晋作は身分を問わない我が国初の軍事組織「奇兵隊」を結成。
討幕戦を勝利へと導きましたが、慶応3年(1867) 結核のため27歳の若さで世を去りました。

松陰神社14.jpg松陰神社12.jpg
萩を代表する特産品と言えば「夏みかん」。城下町エリアでは、白壁や土塀の上に夏みかんの青い実が生っている光景は付きもの。
明治維新の後「禄」を失った士族救済の為始められた夏みかん栽培、そうして萩の特産となった・・・夏みかんの収獲は5月上旬に行われるとか。

松陰神社16.jpg
産業革命の担い手を育成した幕末の長州藩の・・・・上級武家地、町人地の封建的町割りが良好な状態で残る。その様子から地域社会における、政治・行政・経済の明確さが見てとれます。
その面影を求めて、サラリと散策。
長州藩士として討幕に努め、薩長同盟を推進。明治維新への貢献から、西郷隆盛・ 大久保利通と共に「維新三傑」の一人とされた桂小五郎=木戸孝允旧宅は見学せず。

          遺産1.jpg
長州藩は積極的に西洋の技術を勉強、試行錯誤を繰り返しつつ国の産業の近代化に挑戦した・・・。

※幕末の時代に地方の一藩に関わらず、自力で目指した「日本の近代化」への道をたどってみる事に。
反射炉の遺跡「萩反射炉」は、西洋式の鉄製大砲鋳造を目指した長州藩が安政3年(1856)に建設した金属溶解炉。
鎖国状態の江戸時代にあって大陸に近い西南雄藩は、清国のアヘン戦争での敗北、黒船来航にも大いに危機感をもち海防の強化に取り組みます。
わずかな蘭書の知識を頼りに、自力で射程距離の長い鉄製大砲や大型の軍艦を建造。
鉄製大砲を建造するには、衝撃に弱い硬い鉄を粘り気のある軟らかい鉄に溶解する必要があり、その装置として反射炉が用いられました。
高さ10.5mの煙突にあたる部分が残っているだけながら、現存するは・・・静岡県伊豆の国市「韮山反射炉」、鹿児島市の「旧集成館」、萩市の3ヶ所と言います。
遺産2.jpg
石段を少し上った先に位置するだけに、振り返ると日本海が望めました。

次に向かった「恵美須ヶ鼻造船所跡」。
この場所は軍備、海防力の強化を目的に、安政3年(1856)設けられた造船所の遺跡で、幕末「丙辰丸」「庚申丸」という2隻の西洋式帆船を建造しました。
丙辰丸はロシアの技術、庚申丸はオランダの技術が用いられており、このように2つの異なる技術による造船がひとつの造船所行なわれた例はない、また幕末に建設されたもので唯一遺構が確認できる点も評価のひとつの基準のようです。
遺産6.jpg
150年の時を経て大規模な防波堤が残るのみながら。。今に残る「世界遺産群(明治日本の産業革命遺産)」・・・選ばれたエリートとは言え、あの時代のサムライ達の強い使命感、冒険心を併せ持つ「若い力」が、新しい国を創造したのでありましょう。

道の駅「萩しーまーと」も、少しだけ覗いてみました。
真っ先に目に付くのは・・・新鮮な魚類たち、食べたい!でも量が多いです。な~んて言わないで、ここで買って食べておいたら良かったかも。だってこの後の夜は、ヒドかったのですもの[バッド(下向き矢印)]
遺産3.jpg
                    遺産4.jpg
萩名産の夏みかんはジュースやジャムに加工、みかんジュース、夏みかんのゼリー・・・と加工品が沢山並んでいました。
買ってきたのは、山口県立西市高等学校のマーマレード、高校生の作ったマーマレードは思いのほか美味しかった[るんるん]
                          遺産5.jpg
一瓶はこっちゃんか、母へのお土産にと思いながら・・・簡単に食べきってしまい、結局どちらも私のお腹に入ってしまったと言う。
他にサイズが小さくて青い、小ミカンのオレンジピール。←珍しい・・・と思いつつ、購入をためらったのは失敗でした。秋の限定となる珍しい商品だそう。迷ったら、買い!が原則なのに・・・トホホ

nice!(60) 
共通テーマ:旅行

福岡・山口紀行・・⑦萩観光「松下村塾」と吉田松陰 [2017・10月九州・福岡~山口]

小休止してしまった為に、やる気減退と言うか、記憶が薄れた…と言いましょうか[あせあせ(飛び散る汗)] でも中途半端は嫌なので続けますね。

山口県と言えば、長北エリアにある萩の町。
幕末の志士たちへ思いをはせつつ、山口を観光するなら外せないところのひとつ。
まずは観光スポットNO.1とされる「松下村塾」へ。
    松陰神社5.jpg

松陰神社の中にある私塾跡、「松下村塾」イコール吉田松陰ながら…始めたのは叔父、玉木文之進であった。 また開塾期間も一年1か月と非常に短い。
          松陰神社2.jpg
木造瓦葺平屋建ての質素な小屋は、国の史跡に指定されています。
ここから高杉晋作や伊藤博文等(後の初代総理大臣)、義弟となる久坂玄瑞、吉田稔麿・・・と幕末動乱期から活躍、新政府樹立へ関わった多くの逸材を輩出。
多数の門下生が育っていく・・・8畳の講義室には松陰像と机が置いてあり、部屋の机を囲んでの熱い議論を交わす当時の様子が想像される場所です。

明治政府で活躍、我が県とも縁深い山形有朋(目白の椿山荘然り、栃木県・矢板の山縣農場 には「山縣有朋記念館」があり、私が訪問した時は子孫にあたる方が居住していました)も門下生の一人であった事に感慨を覚えました。
・・・以上わかったような事を書いているものの・・・大河の「八重の桜」「花燃ゆ」の影響が大なり!

松陰神社4.jpg
          松陰神社3.jpg
伊豆下田で海外渡航に失敗した後、江戸の「伝馬獄」から、萩「野山獄」へ収容され・・・後に自宅謹慎となり過ごした実家である「杉家」。謹慎の日々を読書と著述に専念し、やがて松下村塾で教えるようになるのでした。

次は、奥の「松陰神社」へ。
          松陰神社6.jpg
吉田松陰を祀り、明治23年(1890)創建された社。現在の拝殿は昭和30年に完成、学問の神様として、年始には勧学祭(合格祈願祭)が行われるそうです。しかし私達は年齢的にもこれ以上の進展は見られそうもないから、簡単に参拝して終わり。

最後に夫は興味がないと、私だけ一人で「松陰神社宝物殿至誠館」を鑑賞。
          松陰神社7.jpg
松陰が遺した著述、物品の永久保存を目的とし、生涯や萩市内のゆかりの地を紹介したパネル展示も。
国防に関心をもち、全国の国防施設を視察するのが旅の目的であった・・・「東北遊日記」のルート表示から・・・松陰は脱藩覚悟で宮部鼎蔵と、江戸から140日間に及ぶ東北遊学へ旅立った様子が明らかに。

※江戸出発から嘉永5年(1852年)江戸へ帰るまでの視察状況を記録したのが「東北遊日記」です。
自らの足しか頼るものない交通手段のない時代、青森県の外ヶ浜まで足を伸ばしていた事実があったのを再認識させられた。
以前食べに行った津軽平野を走る津軽線の終点駅「三厩」の寿司屋の店主が、「ここからそう遠くないところに、吉田松陰の歩いた「みちのく松陰道」があるんだ」と話していたのは印象に残りながら・・・170年後の今日でさえ訪れる人が限られる・・・地の果てであるのにと、半信半疑でうかがっていたのは失礼なはなし。
刑死の前日に書き遺された、門下生・塾生へ松陰の思いを伝える遺書「留魂録」の展示等。。
吉田松陰は安政6年(1859)「安政の大獄」により江戸で刑死。短くも激しい生涯を終えたのであった。

nice!(65)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行
前の4件 | -