So-net無料ブログ作成
検索選択
前の4件 | -

デッカイドウ北海道旅行・・・⑩炉ばた「煉瓦」 [2017・8月北海道・千歳~帯広・釧路。霧多布]

炉端焼きは釧路・・・とよく言われている事ながら。。炭火と焼き網で魚介を始めとする具材を焼いて食べる料理発祥の地だそうです。
BBQに似ていますが、店内の客の目の前で焼き食べる方法は釧路で発展したのだそうです。
「幣舞橋」近く「フィッシャーマンズワーフ」前にもテント式の炉端焼きがありましたが、せっかくなので地元のお店へ入ります。
          煉瓦1.jpg

長いしゃもじを使用して頂くのも、炉端焼きの大きな特徴。海鮮炉端を食べようと入店したのは「炉ばた「煉瓦」←スッゴイピンボケ[あせあせ(飛び散る汗)]
明治の末期、塩・穀物の倉庫として建設して以来・・・一世紀の風雪に耐え、釧路港開発とともに釧路の発展を見守り続けた煉瓦倉庫を改築。使用していることから・・・「炉ばた 煉瓦」と名付けられた店。

煉瓦7.jpg
中に入ると、魚介類が入っている水槽発見。また炉ばた焼き用の魚介も並べられていました。水槽の中の海鮮を食べられるって贅沢。
今シーズン初となる新・秋刀魚ちゃんも、今食べてあげるから待っててよ[グッド(上向き矢印)]
煉瓦6.jpg
通されたのはまさに赤々と炭火を熾しているいる場所のすぐ近く。熱くはなかったけれど、これで何時来店してもすぐに炉ばた焼きが楽しめると言う訳ですね[どんっ(衝撃)]全席に個別の炉がきってあるのです。


煉瓦2.jpg  煉瓦3.jpg
とちあえずビールの、サッポロクラシック生で乾杯[ビール] こんなお通しいらないんだけど。
煉瓦特製「海鮮サラダ」は、鯖・マグロ・エビ・イクラと色々のっていて美味しかった。

煉瓦4.jpg
                           牡蛎.jpg
新・秋刀魚に、いかの開きを焼いて。。厚岸産の牡蠣もね。プルプルの身は厚く食べごたえあり、サスガは厚岸でとれた牡蛎。

煉瓦5.jpg
てんぷら蒲鉾に、帆立、鮭のチャンチャン焼き…と食べて。
お隣さんは、鳥取県から2週間かけてご旅行中との同年代のご夫婦でした。
焼き魚と野菜のセットメニューのオーダーをされたら、焼き魚=鯖の身は余りにも脂がのり過ぎ!!
ボーボーと延焼中[むかっ(怒り)]消す気もなくなってしまったらしくて、大量の野菜を残して早々に帰ってしまいました。長く旅をしていたから、ご飯を食べるのが苦痛になってきたのではないかしら?

北海道の海鮮と言ったら新鮮なお刺身を想像しがちですが、炉端焼きでも新鮮な海鮮を堪能。
炉端焼きを手軽に経験できるのは良い、焼きたての状態で食べられるのは高ポイントながら、料金的には少々お高かめ。好きなものを頼んで好きに食べていたら結構金額がいってしまう…おしゃもじスタイルでもないのに、観光客向けの炉端です。
私達も「生」を二杯ずつ呑んで、退散しましょう。

歩道がボコボコで道路事情の悪い釧路の街、暗くなってからは危ないから、ホテルまでの帰路はタクシーを利用しました。
nice!(54)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

デッカイドウ北海道旅行・・・⑨釧路港の夕日 [2017・8月北海道・千歳~帯広・釧路。霧多布]

          幣舞橋4.jpg
道内南東の太平洋沿岸にある港町、釧路は国内の主要港でもあります。

釧路駅から歩くこと約10分。
町の中心部を流れる釧路川に架かる「幣舞橋(ぬさまいばし)」は、札幌の「糠平橋」、旭川の「旭橋」と並ぶ「北海道三大名橋」。また「日本百名橋」に選ばれるなど・・・街の象徴的存在。橋の欄干には「春夏秋冬」を表す女性の像が4体並ぶなど、優美な造りの橋でした。
    幣舞橋1.jpg


幣舞橋2.jpg
一日の終わりに西の空を赤く染める夕日。太陽が少しずつ沈んでいく様を見たら、誰でもロマンチックな気分になるもの。
そうした・・・人の心を捉える夕日。インドネシアのバリ、フィリピンのマニラと並び、「夕日の美しい町」に選ばれているのがここ釧路だそうです。
今日は、幣舞橋から見る美しい夕日編[ぴかぴか(新しい)]
          幣舞橋3.jpg
海に沈む夕日は他の場所で眺めるよりも鮮やかさが増して見えるそうながら・・・釧路では海だけではなく、国内最大級を誇る釧路湿原の水蒸気がプラスされることにより・・・更に赤くなり、周囲も濃く染まるとの事。
                  幣舞橋0.jpg
世界の海を知る船乗りまでも魅了する釧路の夕日、最も有名な夕日ポイントなのが「幣舞橋」からなのです。
橋の上から見て釧路川の真ん中辺りに太陽が沈む、「春分・秋分」前後の3月・9月がベストシーズンとか。
幣舞橋5.jpg
8月に晴れてこれ程良く見えるのは珍しいのでしょう。お散歩中の地元の人達までカメラを向けて写真を撮っていました。
                          幣舞橋8.jpg
そうする間にも・・・停泊中であった漁船たちは、次々に出航していってしまいました。                        
幣舞橋9.jpg
幣舞橋の上は、夕日を見よう、写真を撮ろうとする人々で大変な事になってしまっています。

          幣舞橋10.jpg
季節によって違った風情を見せる、釧路の夕日ながら。。〇田さんのアドバイス通り、出来るだけ遅い夏の終わりに行ったからこそ、こんなに綺麗な夕陽が見られたんだね。
やはりツイテル私[グッド(上向き矢印)] 本当に良かった!
nice!(75)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

デッカイドウ北海道旅行・・・⑧釧路へ、そしてなぜか「健」さん [2017・8月北海道・千歳~帯広・釧路。霧多布]

釧路へ1.jpg
日本最大の畑作地帯である十勝平野。十勝は北海道有数の酪農地帯でもあり、士幌町には大規模牧場が数多く見られました。
大型機械による牧草の刈り取り作業、ゴロンと転がるのは直径2m以上はある円筒形のビニール梱包のサイレージ(醗酵飼料)だそうです。
釧路へ2.jpg
道内の小麦作付面積の約4割を占める十勝地方では、毎年7月下旬から秋まき小麦の収穫が行われる。秋まき小麦はその名の通り前年の秋に種をまいて越冬し、7月下旬から8月上旬にかけての1週間から10日の短期決戦で収穫をする忙しい作業。
巨大なコンバインで昼夜を問わず行われる収穫作業はそのスケールに圧倒されるとともに、十勝の夏の風物詩となっていると言います。

以下も、どれも車窓から適当に撮ったものばかりなので、良い写真が一枚もなく申し訳ない限りながら[バッド(下向き矢印)]
釧路へ3.jpg
毎年大量生産し続けるために行われている農法のひとつ「輪作」は、一年ごとに順番に畑を替えて植えていく。
空から畑の光景を見たら、美瑛と同じでパッチワーク模様なのでしょうね。
よく東京ドーム何個分という表現がされますけど、到底無理と言わざるを得ない広大な農地。
釧路へ4.jpg
大規模農家が多くコンバインなどの大型の機械を用いるのが普通だが、十勝平野は気候の低さと火山灰地の土地柄で米作には向かず、畑作や酪農のみが行われている。
清涼な空気、涼しい気候に適した畑作物・・・小麦、じゃがいも、たまねぎ、かぼちゃ、にんじん、だいずやあずき等の豆類。
そして砂糖の原料であるてんさいの生産が盛んながら、てんさい「=砂糖大根のこと。甜菜(てんさい)の根をしぼって砂糖を取る」の畑がどれなのか不明なまま。

またこれほど大規模な赤紫蘇畑も初めて目にしたものです[目]
釧路へ5.jpg
話には聞いていましたが、実際に来て見るととんでもない広さには驚くばかり。空も一層大きくて、果てしなく続く大地の広さに感動しました[グッド(上向き矢印)]

アイヌ語の名ごりが各地名に見られて、帯広(おびひろ)は「オペレペレケブ 意味:いくつも分かれている川)」。
これから向かう、釧路(くしろ)は「 クシル(超える道)」。
釧路へ6.jpg

そして海が見えてきました。二日ぶりの海は当然ながら太平洋です。好天の下、家族連れが海辺へ出て楽しげに過ごす様子は微笑ましい。
釧路へ7.jpg

霧の街・釧路は道東の拠点都市として、太平洋と、内陸の自然を背景に発展してきたところ。
最も知られるところで・・・自然の中で生きる丹頂鶴の姿を観察する釧路湿原。釧路市内では「勝手丼」で知られる「和商市場」…。
最近親しくなった方が釧路生まれの方で、彼女のお勧めて読んだ桜木紫乃さんの小説「ホテルローヤル」。釧路出身の作家は、本作で第149回「直木賞」を受賞。
また新潮社から出た「無垢の領域」も、…と言うか、「ホテルローヤル」より釧路の光景がより鮮やかに描かれていると感じられました。
…と言う訳で、ほとんど予備知識ゼロの状態で訪れた釧路の街。
駅の観光案内所で、追悼特別展「高倉健」が北海道立釧路芸術で開催されているのを知り、入ってみる事にします。
高倉健2.jpg 高倉健3.jpg
この企画は、よくある私服やプライベートグッズを展示したスターメモリアルの展覧会ではなく、出演映画のここぞというシーンを上映する展覧会。
「映画俳優、高倉健の全仕事」。
日本侠客伝シリーズ、網走番外地シリーズ、昭和残侠伝シリーズ等の仁侠映画で一時代を築いた後、それまで演じてきた役柄とは大きく異なった映画「新幹線大爆破」で主役を。
中国で大ヒットした「君よ憤怒の河を渉れ」、私などは記憶に新しい「八甲田山」「幸福の黄色いハンカチ」と言った多くの名作や話題作に出演。

そこには当時、二代看板スターであった鶴田浩二の姿も。
そして愛すべき悪役達として、南原宏治、待田京介、若山富三郎、金子信雄、西村晃、安部徹、渡辺文雄…と言った懐かしい顔ぶれが見られたのも嬉しい[るんるん]
80歳を過ぎた晩年まで、生涯で205本の映画に出演した高倉健。日本中の映画ファン、スタッフや役者仲間たちからも慕われ、尊敬された名優だと思います。
新聞社主催の 追悼特別展「高倉健」は 2016年11月19日の東京ステーションギャラリーラリーから始まって、出身地・北九州や、出演作品縁の地北海道内を巡回中。
7月初旬~9月初旬までは釧路市、その後は帯広市の予定だそう。
          高倉健4.jpg
台本や小道具、スチール写真、ポスター、プレスシートなど高倉所蔵の資料、遺品などを展示品もありましたが・・・。
全出演作205本から抜粋した映像を、20台を超えるモニターやプロジェクターで上映していく。
デビュー作「電光空手打ち」(1956年)から、遺作となった「あなたへ」(2012年)へまですべての映画を集めて・・・フィルムを修復する。手間のかかった企画でした。
長い間スターとして活躍したからこそ、これだけ多岐に渡った作品へのに出演が可能であった。
高倉健の出演作には鉄道がテーマになっていたり、鉄道・駅が重要な役割を果たしているものも多い。ざっと思い出しただけで、「鉄道員(ぽっぽや)」「駅 station」「海峡」とある。
同展における映像のさわりの部分を見ていると、本編をもう一度大きなスクリーンで観たいと思ってしまう…その思いは私だけでないはず。
どこかの映画館で高倉出演作品の上映をしてくれたら良いのに。

ロビー内に関連した記事の切り抜きと共に、書籍の販売コーナーがあり、そこで購入して来た一冊はこちら。
                           高倉健1.jpg
カバーこそモノクロの「高倉健展」ながら、中身は双葉十三郎氏の「日本映画ぼくの300本」。
雑誌「スクリーン」のファンでしたらお馴染み「ぼくの採点表」は面白くてためになった、映画の教科書でした。
サイレント時代の名作から近年製作されたものまで、これぞ日本映画といえる300本を精選した。小津、溝口、黒沢作品は当然、怪談やミュージカル。「渡り鳥」シリーズに「座頭市」「緋牡丹博徒」シリーズまで取り上げた本書。
明瞭かつ的確な語り口でズバリ言い現した文章には説得力があり、納得させられるばかり。。ただし本数の多さゆえ紹介文の短い作品もあり。個人的には物足りなさが残ったのは残念。

こうして日本映画の楽しさを改めて教えてくれた俳優、一冊にも出会えた旅でもありました。
まだ続きますよ。
nice!(74)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

季節の移り変わり♪秋の味たち♪ [食]

9月に入ってそのまま秋に突入かと思いましたが・・・。
今頃になってチョッと暑くなったり、台風がやってきたりして・・・。
…と言うことで「デッカイドウ」から、突然ですがワープします。
          フルーツ8.jpg
8月の北海道旅行からの帰りでした。毎年梨の時期になったら、知り合いに送るのを目的に買いに行く金田梨園さん。
          フルーツ6.jpg
おお~~!沢山生っていますね。
これが、瑞々しくて甘~い、栃木の梨です。
聞けば、この前日にオープンしたばかりと。その上この夏の長雨、日照時間の短さから平年と比べたら、実の付きが全く話にならないくらいとか[たらーっ(汗)]

フルーツ4.jpg
こちらの味わいのある建物、敷地内に建つ納屋が梨の直売所になっています。

フルーツ7.jpg
こうして見たら、何時もの年と変わらない様子ながら。奥さんも「今年は出来が悪くて、実も大きくならないんですよ」って。
2件分の宅配、それから自宅の分も少し購入して…ほぼ諭吉さん一枚。
何時もなら3個はオマケしてくれる梨も、今年は一個だけの寂しさ・・・トホホ[バッド(下向き矢印)]

        フルーツ5.jpg
それでも梨の中ではこの「幸水」が一番好きです[るんるん]


フルーツ3.jpgフルーツ2.jpg
桃といっても、品種であげると数え切れないくらいの種類があると言うけれど。
ごく一般的に出回る白桃だと思います。だってジャムにするのだから。熟し過ぎでも良いの。
6個の桃から、桃ジャムが4瓶出来ました。桃ジャムはグラスに入れ、ソーダー水で割って飲んでも美味しいですよ♪

        フルーツ1.jpg
黒ぶどうの王ピオーネを改良した高級品種、ぶどうの中では一番大粒のぶどうと言われる「藤念(ふじみのり)」。
初めて食べたのは、山梨県の勝沼に泊まった時でした。
国産ワインのワイナリーが数多くある勝沼で、その中心に位置するシンボル的な存在である「勝沼ぶどうの丘」。
1.地下のワインカーヴで試飲、数十種類あるワインが試飲できます。

2.甲府盆地から南アルプスまでを一望・・・のレストランで夜景を眺めながら、ワイン&ディナー。

3.ぶどうの丘ホテルに宿泊し、温泉も堪能。

4.翌日はワイナリ―を巡ったり、せっかくだからと・・・噂に聞く大粒の「藤念」狩りも楽しんだのでした。
[右斜め上]は値段が値段だけにそれ程大きくないのだけど、本場で目にした藤念の立派で大きかった事!!
そうした想い出から、買ったぶどうながら。。こちらもまた甘くて、ジューシィさもじゅうぶんでした[るんるん]
大粒のぶどう「藤念」を見かけたら、一度味見してみて下さいな。
                       DSC05714.JPG
そしてもう栗の実まで。季節の到来のなんて早い事!

・・・・いずれにせよ、「食欲の秋」です!それが嬉しくもあり、恐ろしくもある。・・・っておわかりでしょう!?

※追記します。
先週末遊びに来ていた孫娘のこっちゃんと一緒に、梨狩りをしてきました。油断してカメラを置いて出たものだから、画像は一枚もなし。
あの後金田梨園さんの梨も、きっとたくさん売れたのでしょう!梨の数が半分くらいに減ってました。
それでも大きな梨をゲット出来て、こっちゃんはニンマリ[わーい(嬉しい顔)] オマケに大好きな梨100パーセンの梨ゼリーまで買って大喜びです。
そして品種も、幸水から豊水へと変わっていました。思えば・・・↑・・・前回(8月26日)の訪問からほぼひと月。繰り返しになってしまうけれど、月日が経つのは早い!と思えてなりません。
nice!(50)  コメント(11) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の4件 | -