So-net無料ブログ作成
前の6件 | -

真竹の季節、遅れてきた花達 [食]

初めて目にする方もいらっしゃるかな?
私達が筍と呼ぶ、ポピュラーな筍「孟宗竹」が伸びてすっかり竹になった頃、そう梅雨時に出て来る筍「真竹(まだけ)」です。
   真竹1.jpg   ぜりぃ4.jpg
地上に長く伸びた本体、黒っぽい全体色に黒い斑点、茶色のまだら模様も混じっています。
しかし食べ方は同じ、普通にお鍋で湯がいたあと、土佐煮にしたり、または筍ご飯にしても。他の食べ方を知らないだけと思いますが・・・。筍に付きものの「アク」は少なめに感じます。


岡山市に本社を置く「宗家 源 吉兆庵」と言えば、岡山県産マスカットオブアレキサンドリアをまるごとひとつ使用した・・・高級和菓子「陸乃宝珠」(りくのほうじゅ) ・・・で全国的に知られています。
家でも「陸乃宝珠」、「朱の熟柿」(あけのじゅくし)」、「金魚」…と頂いたことはありましたが、そうです。デパートの売り場はチラッと眺めて通り過ぎるだけ、頂きものでしか食べた事ありません!キッパリ!
今回も実家の母が「これ高そうだけど、一個食べたら全然美味しくないからいらない」と一言。歳をとると色々な面でワガママなのだ。
「わっ!源吉兆庵のゼリーだぁー!」、喜んでもらって帰るわよーん。

ぜりぃ1.jpg
箱にかけられたお熨斗もとってもお上品。
涼しげで上品に「初夏」の爽やかさを演出、熨斗紙からも拘りが感じられますわね。
箱のデザインは、綾に花菱を配した文様「花菱綾」。こちらも繊細で、なんともよそ行きっぽさが感じられまする。
「琵琶ぜりぃ」と、「ブルーベリー紫球の香」(しじゅのこう)、気品あふれる包装紙に包まれた二種類の「歳々果」です。つやつやと揺れる和風ぜりぃの中に枇杷の果実。甘酸っぱいブルーベリーをとじ込めた紫球の香と。
ぜりぃ2.jpg  ぜりぃ.jpg
甘さを抑えた果物本来のすっきり感、爽やかさを生かした味わいのぜりぃ。
果実の味がいきた「紫球の香」が、特に気にいりました。・・・と言っても、どこからかくるのを待つのみ、自分では買いません。。
季節ごとのフルーツを取り入れた和菓子を提供している、「宗家 源 吉兆庵」らしさが感じられる季節のぜりぃでした。私なら誰にもやらない、ひとりで食べちゃうけどなーー!


自宅に咲いた花ながら、、、これまた季節外れもいいとこ、ひと月以上も遅れてしまっておりまする[あせあせ(飛び散る汗)]
ある日突然にはじける金平糖のような星形の蕾、5枚の花弁がつながったお椀の形。北アメリカ原産の花「カルミア」です。白いシベが糸状になって規則正しく伸びている様子も興味深い。
家のカルミアは白色ながら、色の濃いピンク色もあるのですね。
          ヒラメ1.jpg

同じく、庭に咲くバラ達。しかしこうして並べてみたら・・・真紅はビロードのような質感は出ているものの、画像としてはかなりボケボケでした。
ピンクのバラは、今から12年も前。一年近い入院生活の後・・・4月に試しで県内にて一泊。その翌月行った福島県飯坂温泉からの帰り、白河のバラ園で買ったもの。
「ギ・ド・モーパッサン」と、フランスの作家であり、詩人でもある人物と同名の薔薇であります。・・・と言いつつ、短編である「脂肪の塊」でさえ途中で投げ出してしまった過去あり[バッド(下向き矢印)] 映画は大丈夫なものの、小説の登場人物がカタカナだとすぐに飽きてしまうのです。きっと覚えられないからなのね。
ヒラメ2.jpg
庭の花たちは、次回も続きます。
thanks(58)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

「那須フラワーワールド」に咲くチューリップ [2018・5月GWは地味に宮城・鳴子温泉]

2018・5・6
        チューリップ0.jpg
ある事情から少し戻りまして(撮った画像の整理が面倒だっただけながら)・・・今回は「那須フラワーワールド」で見たチューリップの花です。
        チューリップ1.jpg
宮城の帰り・・・山形、福島と通過した後、東北自動車道でまさかの渋滞。GW最終日であった為でしょう。再度高速から下りて、那須経由での帰宅となった次第。
チューリップ2.jpg

まだ陽も高いから、一か所くらい遊んでいきましょう・・・と思いたち、足を延ばしたのはこちらでした。
チューリップ4.jpg
那須町豊原の「那須フラワーワールド」で、約250種25万株のチューリップが見頃を迎えている・・・との情報を得て。平年より7日ほど早い開花、例年であれば見頃はちょうどGW頃のはずながら。。
那須と一括りにしても、周囲に何もないこの場所は風が強くて、気候条件の厳しい土地だそうです。そうした環境下でも、チューリップは毎年元気に咲くと言う。
チューリップ6.jpg
5月に入ってもまだ残雪の見える那須連山。山々と花畑との対比は中々美しく、もっと遠い北の大地にいるような・・・ムードの一端が伺えます。

以下、写真の羅列ながら。。
チューリップ9.jpg

チューリップ10.jpg
・・・しかし、満開も満開。花が開き切って散り始めている。花弁の先が変色し始めているものも多数。
チューリップに限らず、花は開花し始めが最も綺麗に思う。

そしてもしここが北海道であったなら、この程度の景色は無料がお約束!
「ここ那須で、一人1000円の入場料は高すぎる!」と私が文句を言ったら、「でも来たいと言い出したのは誰?」「そうでした。」
「北海道とは規模も入場者数も違う。ここでは売るお土産もないから仕方ないんじゃないかなぁ。」だって[あせあせ(飛び散る汗)]
確かに理屈ではわかっている。しかしここフラワーワールドと言い、藤で有名な〇〇フラワーパークと言い、入園料が高いわね。県内だから、こんな田舎なのにと思ってしまうのだ[バッド(下向き矢印)] 遠くへ行けばいくほど、そう感じない・・・この矛盾?!

チューリップ8.jpg
つぼみから開花まで3段階の花形が楽しめる。高級品種のチューリップ「 アイスクリーム」。
これではネモフィラに埋もれてしまってます・・・。
                 DSC09064.JPG 
こっちも下手過ぎて、花の可愛らしさが伝わりそうもありません[あせあせ(飛び散る汗)]

9.jpg
カラフルな色の帯となって咲く花たち、雄大な那須連山と森林地帯が背景となるから、健気で可憐な花の様子が一層引き立つのでしょう。
他に・・・忘れな草、ネモフィラ、芝桜、リビングストーンデージー、姫金魚草・・・などそれぞれに春を告げているのでした。
1.jpg

4.jpg

チューリップ7.jpg

7.jpg
同じく高級品種の「アントワネット」は、一本の茎から枝分れして4~6輪開花する不思議なチューリップ。

涼し過ぎるくらいの標高の地で、たおやかに揺れる・・・「風の花」アネモネ・・・
          チューリップ5.jpg               
次の主役であるルピナスはまだ開花し始めたばかり。北国の夏のイメージそのもの、芯の強さと逞しさを秘めて。ルピナスが2万本咲きそろう様は、壮観に思えます。
8.jpg

黄色い絵の具のような色合いが丘一面を染めている、アイスランドポピーの花たち。
          12.jpg
高いなどと文句を言ったものの、那須フラワーワールドでは季節に応じて、次々と花が楽しめると思います(花のない冬季はお休みですが・・・)。 

晩秋までは何時訪れても、それぞれ花が咲き乱れているはず、すぐお隣りでは、5月中旬から下旬に見頃となる・・・ニッコウキスゲの植栽作業中でした。
10.jpg

あれからひと月以上、初夏のモードへと変身している事でしょう。
thanks(64)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

久しぶりの・・・サッカー観戦 [徒然]

「栃木SC」のサポーターとして、普段はひとりで観戦に出かける息子。しかし今回、「ね、明日は一緒に行かない?」・・・と、お誘いが。
なぜかと言いますと、「栃木SCvsFC町田ゼルビア」戦にてこっちゃんが、エスコートキッズ募集に見事当選!・・・したからと言うもの。
そうと聞いては、行かねばならぬ[ダッシュ(走り出すさま)]
チケットを買う、席種確保は先発隊の息子に任せて、私達はお弁当の調達だけして、後から参りましょう。

SCユニフォームのパパに負けじと、こっちゃんも黄色いTシャツ着用、これはサポ仲間のお姉さんが態々こっちゃんに買ってくださった、KO〇〇姉さんからの頂きものと言います。
sc.jpg
スゴイ格好ながら・・・気合を入れて、出かける前の一杯!アイス食べてまちゅ♪

さて、やって参りました。会場である「栃木グリーンスタジアム」。
sc2.jpg
栃木SCのチームカラーである、イエローでコーディネートしたサポーターさんの姿が目立っていますね。

SCチアーズさんの、可愛いパフォーマンスも見られますよ[るんるん]
        sc3.jpg

キックオフ30分前になると、両チームの選手が出てきて試合前のアップが始まります。
ホームゴール裏の応援風景は、毎回ながら圧巻の迫力!
sc4.jpg
巨大なチーム横断幕も、皆それぞれ手作りだそうですから。相当気合入ってますよ[ダッシュ(走り出すさま)]
一人の時はバックスタンドのゴール裏で立って観戦、お馴染みとなった地元サポさんとつるんでの応援がお約束の息子。
コアなサポさん達とビールを呑みつつ、スタジアムグルメを食べて、力の限りの・・・声と、全身全力の応援だそう。。
しかし残念ながらこの日は、子連れ、親と一緒なのでメインスタンドの指定席。
sc7.jpg
チームカラーのタオルをブンブン!! 振りまわしタイム[グッド(上向き矢印)] 自然と気合も入りまする。

sc6.jpg
対戦相手の町田さんも、それなりに来て下さっている模様です。

お待ちかねの・・・選手入場!
こっちゃんのエスコート選手は、地元益子町出身。先シーズンから絶好調ゆえ、他チームからのオファーも数多くあったと言うのに、あえて地元の「栃木SC」に残った「西谷和希」選手でした。地元愛が、素敵[グッド(上向き矢印)]
sc8.jpg


sc9.jpg
選手入場後には、タオルマフラーを揃って掲げ、「栃木県民の歌」を熱唱するのも本チームの大きな特徴のひとつなのです。「栃木県民の歌」・・・ご存知でしょうか?
私達は勿論、そらで歌えます。
子供の頃は好きでも嫌いでもなかったものが、昔覚えたものって忘れないものね。・・・長野県の「信濃の国」に次いで 有名な県民歌だ言われる「栃木県民の歌」。ちなみに YouTubeで美しい声で歌っているのは我が母校の先輩でした。

☆☆☆2018年度 第15節 5月20日(日) 14:00キックオフ! 栃木グリーンスタジアム☆☆☆
天候・晴れ 入場者数は5,668人とか。
肝心の試合内容なのですが・・・その詳細は、サッカールールさえ理解しているとは思えない私ですから[あせあせ(飛び散る汗)]
試合の状況については・・・割愛させて頂きます。←オイオイ!!

                            sc10.jpg
一仕事終えた後も、一杯!
パパに買ってもらったかき氷のブルーハワイを手にご機嫌でございます。子供って、好きよね。
身体に悪そうなものを選ぶ←これも、お約束!

最後に試合結果は・・・我々の応援もむなしく・・・「0 - 0」の引き分けで終わりました。
無念でございます。。
thanks(71)  コメント(13) 
共通テーマ:スポーツ

田舎の川遊び、そしてホタル。 [ドライブ・栃木県北]

今回も引っ張った連休ネタの、その後は・・・。
          川遊び0.jpg
今度はサッカー観戦ながら。。その前の5月第二週に遊びに来ていた、孫ネタで。どちらも嫌、嫌いな方はスルーなさってくださいね。
特にこれといった特徴のない田園風景ながら・・・。
          川遊び1.jpg
先には人家のない、住むのはイノシシ一家だけと言う豊かな自然環境ゆえ、澄んだ清水の流れる水路です。
孫娘に川で水遊びをさせたいと、爺じが探した穴場でした。
・・・と言っても勿論、勝手に入っている訳ではありません。「ここで遊ばせても大丈夫でしょうか」と、地主さんの了解は得ての事。

          川遊び2.jpg
私もちょっと前に下見に来ていました。その時にはドジョウの子供が沢山!沢蟹に、ヤツメウナギのベビーまでいたのでした。
それなのに肝心のこの日に限って、なにもいない[バッド(下向き矢印)] なぜなの?
ドジョウさん、沢蟹さんは、大雨の後でどこかへ行ってしまったのでしょうか?
それでも川底には、多くの貝が。蛍のエサとなる巻貝の「カワニナ」が住んでいるのだから・・・清流なのは確かかと思います。
カワニナはホタルの幼虫のえさとなる、水中の苔や軟らかい水草を食べて育つ貝。
一匹のホタルが成虫になるまでには30匹以上のカワニナを食べるといいます。ホタルのエサとなるため、ホタルの多いところにいるから「ホタルガイ」と呼ぶ地方もあるそう。。
私達のガッカリをよそに、獲物はなくても水に足を浸けるだけで楽しいらしい、ビーチサンダルをわざと流したりして遊んでおります。それでも、爺は必死な様子[あせあせ(飛び散る汗)]

川遊び3.jpg
次は水田に目を向けて、オタマジャクシ捕りに夢中。
このくらいでもじゅうぶん楽しめる年齢ですから・・・自分だけの遊び場で終始ご機嫌でした。陽に焼けて真っ黒、その上歯もないけれど[あせあせ(飛び散る汗)] これでも一応は都会っ子よ。この日は川遊びをしてお終いにしました。
                         川遊び4.jpg
籠に入れて持ち帰った「カワニナ」とオタマジャクシ、翌日に爺じが元の場所に戻してきました。
汚い水で死んでしまったら可愛そうですものね。
栃木2.jpg
その後の私は、ホタルが気になって…。麦が生育した後の、刈取り時期にホタルも飛ぶ・・・との言い伝えを元に。。先日(6月11日)の夜、急遽「蛍狩り隊」を結成!
夜8時頃、ホタルの生育状況、実態調査の研究に出かけて参りました。

雨は上がっていたものの、少し風があった為か、ホタルさんの姿を見るけるのは中々・・・難しく[たらーっ(汗)]
そこで山際へ移動し目を凝らしますと、10匹程度のホタル、ところどころの木々の間を飛び回る様子が見うけられました。 
川遊び5.jpg

川遊び6.jpg
手に止まったものか、こちらが最もそれらしく撮れた一枚です。
      川遊び7.jpg 

・・・・・とここまで下書きしておいた時点で。
昨夜「大変だ!ホタルさんが家にまで付いてきてしまった~~!」。見れば夫の手に、一匹のホタルがとまって光っています。
私の部屋で放って、様子を見る事に。
hotaru1.jpg
                       hoteru2.jpg
フラッシュをたかずにそっと静かに撮っても、用心深いホタルは敏感です。
それだけでも光るのを止めてジッとしてしまうのでした。
「蛍狩り」に合わせて出かけた6年前の山形県の小野川温泉では、梅雨時とあって雨の降る中、蛍鑑賞会に参加。皆さんの後に付きトボトボ歩いて探しましたが・・・。
「ほたる公園」があるくらい、ほたるを全面的にアピールする小野川温泉でさえ、その日の天候、風の様子によって、蛍さんの気分次第で見られなかったくらいでしたもの。
気まぐれで家まで来てくれた、蛍ちゃん♪ ありがとう♪
               

thanks(65)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

GW後半、宮城・鳴子温泉へ・・・⑥山形経由で帰ります [2018・5月GWは地味に宮城・鳴子温泉]

山形1.jpg
鳴子温泉は鳴子温泉郷と呼ばれるように、鳴子、東鳴子、川渡、鬼首、中山平・・・と、温泉地が続きます。
奥の細道湯けむりライン「鳴子温泉駅」の足湯もながら・・・、「中山平温泉」「赤倉温泉」と、北羽前街道を走っていくと、先々で湯けむりが上がる光景を身近に感じるのでした。
泊まった宿も素朴、鳴子のお湯を味わうだけの旅館でした・・・。鳴子はなにもないと言えば何もないところです。時間が静かに流れる・・・スマートとは言えない昭和の温泉。

山形2.jpg
陸羽東線は無人駅も多い中、比較的大きな「赤倉温泉駅」の手前から、県道28号線へ入る。連休中なのに走行する車、人影もなくひっそりしています。
山形3.jpg
山形県との県境、「奥の細道」で 芭蕉の越えた山刀伐峠(なたぎりとうげ)は、尾花沢市と最上町の境にある峠。
300年前も、今も・・・「 高山森々として一鳥声きかず ・・・ 夜行くがごとし」(奥の細道より)。

山形4.jpg
本日も好天、青空が広がっている。未だ地面が桜色の花弁で覆われていた。
人間の行動やら営みとは、無縁の植物たちが・・・、巡り来る春の目覚めを体現している。
新緑の柔らかな緑が、目に心地良い。
山形5.jpg
それでも山間なれば、まだ残る残雪。手前に見えるのは、雪国ならではの「防雪柵」。
窓の外は早春の気配。
せせらぎの音、緑のにおい[ぴかぴか(新しい)]
山形6.jpg
大きな河川は、雪どけで水かさを増しているのだろう、透明な水面が日に照らされ輝いていた。
山形7.jpg

この光景が変わるのは何時頃であろろうか?
正面に見えている雪山は・・・「月山」「羽黒山」「湯殿山」・・・と呼ばれる、出羽三山かと思う。その先は、日本海が広がるはず。。
山形8.jpg

尾花沢市内に入って。道路脇で目についた、「おばね産直館はいっと」に立ち寄ってみます。
山形9.jpg
ここでも山菜、筍、地元農家の作る野菜に、郷土の味お漬物、加工品が沢山並んでいます。

山形12.jpg 山形10.jpg
山形県の尾花沢と言えば、名産「尾花沢すいか」の里。シンボルであるこちらのスイカ君「花笠踊り」の花笠まで手にしていますね。店頭で「芋煮」のふるまいをやっていたので、ご馳走になる事に。
入っているお肉は「尾花沢牛」だそう、芋煮を食べる度に毎回、山形に来ている~~って実感するのでした。

山形13.jpg
五月の山形県内・・・と言えば、間もなく到来するさくらんぼシーズンへ向けて準備中。汚いとまで言っては失礼ながら。。あんなにツヤツヤぴかぴかした赤い宝石・さくらんぼ[るんるん] それなのに、実になる前の花は意外にも地味でイメージとかけ離れたものだから。
来月は(すでに、もう今月。数週間後ながら)、佐藤錦をお腹いっぱい食べる為また来ますからね。

山形14.jpg
どうにかもってくれた天気、ここでも木々の緑の爽やかさが目に入ってくる。
山の斜面を覆いつくすビニールハウス群、中は全てぶどうです(多分ですけど)。この景色が見えて来たら、山形県も南部に位置する上山温泉。
山形15.jpg
その後置賜郡の南陽バイパスを通ったら、「たいようパン」に立ち寄りするのは我が家のお約束。                          
                        山形16.jpg

上のパンと合わせて、今回はこれだけ。お買い物も地味に、控えめにしました。
山形18.jpg
山の恵み「山葡萄ジュース」、これって何時もそのままこっちゃんへ渡してしまうのだけれど、渋みがなくて美味しいのかな?同じく・・・福島の「桃ジュース」、山形の「ラ・フランスジュース」も。小さい内から本物の味を知っている彼女。
私達にはこれがあれば良い、秋田・稲庭うどんの徳用袋。何もない時でも、つるつるした稲庭うどんさえあれば!?
おばねの漬物「ぺちょら漬」は、山形県独特のなす漬け。唐辛子やみょうがを入れて漬ける、ぴりっと辛い漬物です。
こっちゃん用には、蕨の醤油漬けを。蕨漬けの好きな、渋好みの6歳児!
爺は、兎さん模様の会津塗のお箸まで買ってしまったのだ。

「おばね産直館」で購入してきた中には、野菜苗も。
ミニトマト、ブランド西瓜である尾花沢すいかが順調に育っています。ひと月経って、ビワの実サイズが3個付きました。
                         山形19.jpg
たとえ一個でも良い、本物の尾花沢スイカがどうにか育ってくれますように。見ているだけで楽しいのです[るんるん]
thanks(68)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

GW後半、宮城・鳴子温泉へ・・・⑤「旅館すがわら」宿泊、温泉 [2018・5月GWは地味に宮城・鳴子温泉]

鳴子温泉・東鳴子温泉・川渡温泉・中山平温泉・鬼首温泉の5つの温泉地の総称である「鳴子温泉郷」。
鳴子温泉のイメージは・・・、栃木県内の鬼怒川温泉と同じで好景気の頃に、バスを連ねて来る団体さん達が酔って一っ風呂と言うもの。

湯の最大の特徴は、ヌルヌルとした肌触り。お肌にまとわりつくような泉質。
すがわら1.jpg
早朝の、大浴場(摩天の湯)の露天の様子です。
夫が起きぬけである5時前に行った時でさえ、先客の姿があり写真が撮れませんでした。
貸切風呂の利用をした後覗いて、偶々人がいなくて撮れた一枚でした。

※大浴場(摩天の湯)女性 9:00~20:00  男性 20:00~9:00
 大浴場(美肌の湯)露天風呂 女性 20:00~9:00  男性 9:00~20:00

      温泉0.jpg
ph8.7のアルカリ性、源泉温度98.4度、使用位置65.9度のナトリウムー硫酸塩・塩化物泉・・・との表示板。
人よんで「すがわらブルー」とも言われる湯、青く変色するのはメタケイ酸が多い為としたのは、温泉研究家である郡司勇氏だそう。

貸切風呂は館内に4つあって、どれもが予約制ではなく、空いていればいつでも貸切で利用できるシステムです。
チェックイン後すぐには露天貸切が利用中で、仕方なくこの内湯に。札を裏返して入浴中にして、鍵をかけるだけ。
温泉2.jpg
ベビーベッドにベビーバス。他には脱衣籠と言う殺風景な脱衣所ながら、籐のスツールが置いてあったのも・・・年代を問わずに入浴出来るようにとの配慮。
                  温泉3.jpg
5~6人が入浴出来るくらいの湯船には、うーん、すがわらブルーどころか、濁った深緑色の湯[あせあせ(飛び散る汗)]
源泉かけながしなんですが、、、湯量も少ない[あせあせ(飛び散る汗)]
窓が閉まっていたせいもあるけれど、閉塞感の感じられる内湯だけの浴室。すぐお隣りも(そちらは、写真を撮っただけで利用はせず)ドアが開き、灯りは点くものの、見るだけで帰ってしまう様子。

湯量は豊富だけど大量に出すと熱くなりすぎる、そこで源泉から細めに出している・・・この浴槽は以前の日帰り入浴の時にも浸かっていました。
最初はチョッと熱いかな?と思ったけど、慣れてくるとちょうど良い温度に感じられます。
その時宿の方から・・・戦争中に疎開していた子供達が入浴する時、一度に大勢入れるように・・・、深く掘って造った浴槽とお聞きしました。
当時のお子さん達の心境に思いを馳せると、なんて寂しく、心細い日々であったか。毎日が我慢の連続であったでしょう。
                        温泉4.jpg
こちらも懐かしい雰囲気がする浴室ながら。。ポツンと内湯だけとシンプル過ぎるから・・・人気がないのかなぁ[あせあせ(飛び散る汗)]満室に関わらず、何時でも利用できる状態だったみたいでした。

かなり熱めのお湯は、身体も温まりぽっかぽっか[いい気分(温泉)] 外がまだ明るくて・・・夕食までに時間があります。食事前に散歩ときめたい!
鳴子温泉駅近くの温泉神社そばにある、「滝之湯」の無料入浴券がフロントでもらえました。夫だけが「ざっと入って来るか」と。
湯上りにカラコロと下駄の音をさせて(下駄を履いて歩くなど、私には無理だけど)少しなら歩くのも良いかなと外に出てみたのはよいけれど。。5月初めの宮城の風は浴衣姿には冷たく寒かった。慌てて宿に戻った次第でした。


寝る前に、もう一度温泉へ入りましょう!別のお風呂が良いなと・・・長い廊下の端。階段を上った先にある大浴場手前には「半露天風呂」の貸切風呂が2つ並んでいます。
両方の半露天風呂が空いていてどちらか迷ったものの、まずは少し広めの左側の浴室へ。
温泉5.jpg
大きなガラス窓の下半分がオープンとなった造りの半露天風呂は見晴らしはないものの…長方形の浴槽と洗い場と。
お湯の温度も熱すぎず、ぬるすぎず保たれていたから、長湯がしやすい。ぬるぬる感のあるお湯で、お肌もしっとりよーん。
そして朝も温泉。貸切の半露天風呂へ。      翌朝の光景です。
                        温泉6.jpg
明るくなってくるのと同時に、お湯もキラキラしてました。
温泉8.jpg
夜気でぬるくなったお湯にひたりながら・・・味わいある湯を満喫。朝も良いお風呂でした。

ここから先は夫が急いで撮ってきた・・・大浴場、続く外に先の丸い露天風呂があるとか。
温泉7.jpg
開放感がある作りの半円形の露天風呂。うっすら青く染まった温泉[ぴかぴか(新しい)]・・・地震国日本の大地がもたらしてくれる自然の恵みです。
朝日に照らされて輝いて露天のお湯も変色をしていた。

古い設備、期待した程ではなかった食事もながら…それでも気持ちの良い湯が堪能できて幸せ[グッド(上向き矢印)] 手軽にのんびりと過ごせた、宿の規模&料金。良い意味で放っておかれる接客も悪くない、居心地の良い宿。
近代的で大きなホテルに泊まるのは味気ない・・・と思う点も、我が家にはピッタリ。

チェックアウト前の最後、温泉卵作りもしてきました。
旅館の玄関先に源泉が引かれていて、宿のザルを借りそこに卵を沈めておく事・・・約22分。
温泉1.jpg
何パックも大量の温泉卵作りに励むグループの様子も見られたものの、我が家は二人だから6個、自宅から持って行ったのです。
                           温泉10.jpg
しかし、どう?良い感じの固まり具合じゃありませんか?三日かけて丁度良く食べられました[るんるん]
thanks(77)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行
前の6件 | -