So-net無料ブログ作成
検索選択
前の4件 | -

栃木市西方、飯沼銘醸さんで「姿」 [ドライブ・栃木県西]

自宅を出て走って行くと、そこかしこに広がる雑木林。その足元を見れば…落ちてます。
イガイガの殻から顔を出している・・・ピカピカした山栗ちゃん。
秋の味覚として、古来より日本人に好まれている味覚のひとつ栗。…その栗をただで拾ってしまうんじゃよ!
青いどんぐりは帽子をかぶった姿が可愛いです[るんるん]

姿2.jpg

遠くに、白い花咲く蕎麦畑。車窓からも秋の気配が感じられる光景が続く。
姿3.jpg
先日の実家への途中、立ち寄りしたのは栃木市西方町にある「飯沼銘醸」さん。
          姿1.jpg

厳選された地元産の酒米を高精白した・・・良き米、清流大谷川の伏流水と、新潟杜氏の技が作りだす銘酒「杉並木」で知られています。
姿4.jpg
先月念願かなって出かけた先は、南宇都宮の「串久」さん。しかしお腹がいっぱいで呑むチャンスを逃してしまった、日本酒「姿」。
お隣さんが呑まれていたその味が後になっても気になって、気になって・・・是非買いに出かけたいと思い続けていた酒蔵さんでした。

まずはお隣りの、「柿の種」を製造販売されている「米菓製造 飯沼」さんへ。
姿8.jpg
本格おかき・煎餅、工場直売の幟が目立つ・・・敷地内。
しかしここログハウスの建物だけに、一見せんべい店というムードはありません。店内の広さは6畳ほど。
そこに並ぶのは…元・醤油メーカーであった・・・ こだわりのおかき、煎餅、人気の柿の種。
                          姿9.jpg
創業時から造り続けている超ロングセラー商品だと言う、もち米だけで造った「柿の種と」「柿ピー」です。
おかきは以前、頂いて食べたことがありましたので。。


では本命である、飯沼銘醸さんへ入店。
姿6.jpg
「西方米」と呼ばれる旨い米の産地として知られる元・上都賀郡西方に位置する、 栃木を代表する蔵のひとつである飯沼銘醸。
県内の酒屋さんで必ずと言ってよいほど目にする、「杉並木」でお馴染みです。西方地域を通る例幣使街道に続く日光杉並木に由来すると言う「杉並木」。
 
          姿7.jpg
地元銘柄とは別に、冷蔵ケースにズラリ並べられたこの様子・・・飯沼専務自らが手掛けた、県外向けブランド「姿にも力を入れているのが伝わってきます。
生産量もわずか。 取扱店も数店の為、入手困難な貴重銘柄もあるみたいながら・・・。
「 姿 純米大吟醸、きたしずく、袋吊り、うしろ姿、米無濾過生原酒…」と、ラベルごとに特徴、価格ともに様々でした。

          DSC00259.JPG
我が家に見合ったお値段の純米吟醸、「姿」、そして「杉並木」を購入。

こちらの飯沼銘醸さんは30年くらい前だったかしら?新年用の「干支ボトル」を求めて来店していたのであります。

またその後です。先週末に「「道の駅にしかた」に立ち寄りした際、目にしたのは・・・・。
m_E8A5BFE696B9EFBC91.jpg
このコーナー全部、並べられているのは飯沼せんべいの、おかきに、柿の種!この棚全部ってスゴイ!人気があるのね。

当然、その奥には栃木の地酒コーナーもあり。
    西方2.jpg
飯沼銘醸さんの杉並木も並べられていました。

以前は呑めなかったせいもあり、日本酒の銘柄など全く関心がなかったものの、その土地土地を歩いて、こうして少しでも買うのが楽しい。
秋の味覚に日本酒を合わせて・・・風情を感じる。そんな大人の楽しみかたも良いよね[グッド(上向き矢印)]

休日ファミレス・・・二題 [食]

都民ファースト・・・ならぬ、誰もが知る食のファースト。今月行ったファーストフード店です。
あえて名前を出さずとも、見ただけでわかるかも?・・・ちなみに〇ストでも、〇イゼリアでもないですよ。

・・・ある休みの日の、お昼。
ハンバーグが食べたくなって…。最近は呆れる事にハンバーグさえ作らない。
…と、その前に一人だけビールを。これは割引券があったから。ラッキー[るんるん]
日曜日1.jpg 日曜日2.jpg
「ビールは、料理と一緒に持ってきてくださいね」と、念押しするのを忘れなかった私って偉いわぁ[グッド(上向き矢印)]
ライス代わりに頼んだ、ミニピザと共に[ビール]
ファミレスと言っても、注ぎ方は雑ながら・・・ビールとピザは美味しかった。

奮発して頼んだ、フォアグラのせのハンバーグ。
ファミレスだから、奮発と言ってもタカが知れていますけど[あせあせ(飛び散る汗)]
三大珍味のひとつであるフォラグラ、美味いに決まってます…と言いたいところながら。
一口食べて、あれ?どうした?焼き方が悪いのか、チョッと生臭い感じ[バッド(下向き矢印)]
期待した訳ではないけれど、正直お値段なりでした。
それでも完食してしまう、口の卑しさ。どうして壊さないんだろう?我がお腹の強さも悲しい[たらーっ(汗)]
ここ数年でフォアグラも随分身近な食材になったと思う。
デパ地下なら普通に売っているようになってきたし・・・。ファミレスのメニューでもある。ただし、安く買えるのは切り落としとかみたいです。
次回もしここで食べることがあっても、フォアグラはやめておきましょう!

最後は良いところを書いておきます。
          日曜日3.jpg
食後は、身体に優しいノンカフェインのルィボスティー。ドリンクバーでも時間を計る砂時計付きなのね。


次も同じく家族連れの利用が多い、チェーン展開のトンカツ屋さんながら・・・。
テーブルで冷たいウーロン茶を飲みながら、オーダーをします。
待つ事、数分。千切りのキャベツがボールに山盛りでドーン!
とんかつ1.jpg
用意されている、自家製ドレッシングは梅ドレと、ゴマドレの二種。
セットは薄味のお新香、お替わり自由のご飯、豚汁か赤出汁のアサリ汁かを選べるお味噌汁。
ロースかつにエビフライのセットにしました。
          とんかつ2.jpg
衣はサクサクでお肉もジューシィ、専門店の味わいにはとても及ばないものの、これはこれでイケました。
                       とんかつ4.jpg
最後には、ドリンクorアイスが付いてきます。

二人暮らしになってから、夕ご飯の支度の手抜きは増すばかり。。特にここ数年・・・家で揚げ物はしたくない。時間がかかって、油の汚れるフライ類、トンカツであればなおさらです[あせあせ(飛び散る汗)]
それがこの価格1000円チョッとで食べられるのであれば、外食してしまった方が手軽で、悪くないと思います。
近くを通る度、目にする駐車場の車。店内を見渡せば、多くの家族連れ。そう思うのはきっと我が家だけではないと実感しました。

こんなところに・・・パリ5区 [食]

気がついたら9月も半分以上過ぎて・・・。
まだ暑さは戻るかもしれないものの、ここ数日は寒いくらい。ホッとする部分と、日暮れの時刻が早まって寂しい気持ちと両方です。

      ルピナス1.jpg
一粒摘んで味見をしたら…野生の味[あせあせ(飛び散る汗)] 酸っぱいけど味が濃い、これは日本固有の山ブドウと思いました。


ルピナス3.jpg    
市内の環状線沿い・・・小さな森の中、木々の間にログハウスが点在しています。…このシュチュエーションからは、富良野のニングルテラスが思い出されますが。。それよりも暗くて、人も少ないため・・・チョッと不思議なムードが漂って近寄りがたい感じ。

でももっとスゴイの!こちらの名前、なんと「パリ5区ストリート」ですって。立派過ぎてビックリだわぁーん[わーい(嬉しい顔)]
          ルピナス2.jpg

甘い香りに誘われてか先日、夫が買って来てくれた…小倉デニッシュパンです。
      パン1.jpg
道路を走りながらいつも気になっていた、林の中に立つお店たち。
そんなのズルイ、私も行かなくちゃって!一日置いて出かけてまいりました[ダッシュ(走り出すさま)]

          ルピナス5.jpg
アンティーク風雑貨のお店、クラフト小物が並んでいたり・・・、ここは、オーダーメイド靴店。
ありました、「パン工房ルピナス」の看板。
          ルピナス4.jpg

予約がお勧めだそうで午前中に連絡、人気no、1の6色ルピナスパン、ハーフ・レーズンを予約しました。
          
今にも雨が降り出しそうな・・・曇り空の下。ほっこりとした灯りが温かい、可愛らしい店です。
ルピナス6.jpg

入店してみると、意外に広くてゆったりしているのは、天井が高いせい?
           ルピナス7.jpg
パン工房ルピナスさんのOPENは昨年3月だそう。。
レディオベリーで放送されるなど、今注目のエリア。
ルピナスさんもにタウン誌「twin」、「monmiya」9月号 別冊パン特集にも掲載されているとの事。

ルピナス8.jpg
奥まった広いスペースには、広場のオーナーご夫婦が営むフランスアンティークのお店。
パリだけに停まっている車は当然、、真っ赤なPeugeot。
お店の中には・・・小物、レース、アンティークドールなど、現地で買い付けてきた小物が並んでいました。
ルピナス9.jpg

歩いて駐車場へ戻る途中です。日光天然氷四代目徳次郎のかき氷でお馴染み・・・「和人堂アンシャレ」さんでランチをしていたお姉さまお二人、「ここのフレンチトースト、スッゴク美味しいですよ~!」ですって。
メニューはかき氷とドリンクのみと思っていました。…なにかを食べている気配は感じておりましたけれど。。
使われているパンは勿論、ルピナスさんのだそうです。
私達にも「デート気分で食べていきませんか?」って・・・オイオイ[あせあせ(飛び散る汗)]
一時はあんなに、かき氷、かき氷…と言っていた割りに、今年は一度も口にしないで終わりそう。
この涼しさです。かき氷はパス!と思っていたけど・・・次回は「和人堂」さんも良いわね[揺れるハート]

※本物のパリ5区は、・・・って一度しか行った事ありませんが。。セーヌ川の南岸に面した、シテ島、サンルイ島の対岸・・・「カルチェラタン」と呼ばれる地区ですね。
ツアーのフリータイム、母と乗ったタクシーは当然ながらプジョー、車内で流れるのだって演歌じゃないわよ。
BGMはシャンソン[るんるん]
なん車線も走るだけに運転が結構荒くて、でも降りる時ドライバーから「さっきはゴメンネ」(たぶんですけど・・・)って言葉がありました。

ルピナス10.jpg
1斤が大きいという方のための・・・「0.75斤シリーズ」のレーズンパン。小倉シナモン・胡桃・小倉・チーズ・ごましお・レーズンの「6色ルピナス」、どちらも柔らかでふわふわの食感。優しい味わいでした。

ルピナスパン / 江曽島駅鶴田駅西川田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


食欲の秋、その前に・・・ [食]

お米に焦点をあてたライフスタイルショップ・・・「AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)」。
店舗があるのは、JR有楽町駅近く。
全国から厳選した玄米、オリジナルブレンド米など、約20種類以上を店頭精米し販売。しかし米屋”であって“米屋”でないのがAKOMEYA TOKYOだと言う。

全国各地から厳選したいろいろな種類のお米に加えて、食品、雑貨など・・・こだわりの商品が多数ラインナップ!
          トング2.jpg
オリジナルのギフトBOX、ご覧の様な・・・米袋の包装。息子一家からお土産でもらいました。
ギフトBOX仕様は、目だった赤のロゴ、水引もかかってます。

トング0.jpg
「オリエンタル 名古屋カレーうどんの素」フレークタイプ。
私達世代は知っている、カレーと言えばバーモントでありながら・・・その前、昔ながらのオリエンタルカレーがあった事を!
昭和30年代に音楽を奏でながら町を走り、人が集まってきたところでショーを見せる「オリエンタルカレー」の宣伝カー。
でかでかと「オリエンタル 即席 カレー」の文字の描かれたボンネットバスって、知っています?
その時にショーを見せた芸人さんたちは、すべて社員であったそう。。
バスが来た日の夕ご飯は、どこの家もカレーであったのを思い出します。・・・って、年がバレバレ[わーい(嬉しい顔)]
夢路いとし・喜味こいしの司会による、「10万円、7万円、5万円運命のわかれ道!”で人気を博した「がっちり買いまショウ」・・・の番組提供もオリエンタルでした。

未だに粉末なのは、創業者である先代社長による・・・ラードやショートニングで固めた固形のカレールー、「固形油脂は健康によくない!!」という信念より、粉末のカレールーにこだわり続けた・・・結果。

福岡県久留米市に本社をおく「穀物屋 森光商店」さん。全国ではじめての「穀物専門店」だそうです。
カリカリっとした食感を楽しめる新しいきな粉は、こちら。
食感を残すように粗挽き、香ばしく焙煎した大豆が香ばしい。先日作った・・・流行りのおにぎり「おにぎらず」にもトッピング、カリカリした大豆、きなこの風味が美味しかったです[るんるん]


意外に出番が多い、活躍しているのはこの「ゆびさき トング」。手のひらサイズの小ささが良いの[ぴかぴか(新しい)]
サラダが好きだから、サラダボウル。そして勿論、サラダをドレッシングであえる。取り分ける ためのスプーンとフォーク=サラダバーはあるのです。
ナチュラルテーストの木製、カラフルなプラスチック製と…しかし、どちらも大き過ぎる。収納も場所とりますしね[あせあせ(飛び散る汗)]

          トング.jpg
そこでゆびさきトング!ころっとした形が可愛くて、シンプルな形状がオシャレ[ぴかぴか(新しい)]
我が家の様な少人数の、ミニサラダでも邪魔になりません。
こっちゃん用に、茹で卵は花形にカットをしました。それ以外は・・・ごく普通ですけれど[あせあせ(飛び散る汗)]

「かりかりきなこ」は、オニオンスライスにトッピング。カリカリッとした食感が良いアクセントとなりました。

日本人ならではの細やかな気遣い、食の幸せを追及したアイテムは、内祝いのギフトに。また日々の暮らしに「基本のいいものを揃える・贈る」を目指す方へピッタリなアイテムって感じがします。



これまた、別の日ながら・・・。
地元のサッカーチーム、「栃木SC」のサポだけに、春先からしばらく我が家への子連れ帰省が頻繁であった息子です。
今回のお土産。まずその一!
茅ヶ崎市の熊澤酒造、茅ヶ崎にも酒造会社があるなんて・・・。神奈川でも日本酒が造られているの?と思いましたら・・・創業は1872(明治5)年。今年で140年を迎える、湘南に残された最後の蔵元と言います。
熊澤酒造は日本酒だけでなく、地ビールである「湘南ビール」の評価も高い。

丹沢山系の伏流水から生まれた、純米吟醸「湘南」。←そのものズバリなネーミングがウケるぜ。
しかし、実はまだ呑んでいないのです。
この時呑んだお酒については、後日報告させて頂きましょう。
          食欲の秋1.jpg
職場近くの成城石井で購入したからですって。日本酒なのに、ワインを思わせるラッピングがされていました[あせあせ(飛び散る汗)]

ママからは、「ブーランジェリー・パティスリー・ヴィロン」のパン。
食欲の秋2.jpg
   DSC00312.JPG
ドッシリとした重み、雑穀の入ったパン「セレアル」は、なんと木箱入りのパン!でもこれ以前も貰って食べた記憶が残ってます。
チョコのマドレーヌは、本場おフランスのものらしく貝殻型が美しく並び・・・。
一口サイズのマドレーヌは一気喰いざます。だって小っちゃいんだもの[バッド(下向き矢印)]
チョコチップがこれでもかと贅沢に使われた…ハードなパンも食べ始めたら…一本ひとりで食べきってしまいそう。。
「VIRON」は、元々はフランスの粉屋さん。
本場フランスVironの小麦粉を独占輸入してバゲットを作っている。国内ではここ「VIRON」だけだそうです。
http://www.retrodor.com/

前の4件 | -