So-net無料ブログ作成
検索選択
前の4件 | -

大人の休日倶楽部旅・2016…⑬新潟から群馬へ「リゾートやまどり」で [2016・11月秋田・青森・新潟・群馬]

最終日であるこの日に乗車した、残る二本のリゾート列車。
乗車時間が短いにも関わらず、予想を超えて楽しんでしまった「越乃shu*kura」と比べたら・・・お子さん連れの若いファミリーを別として、私には物足りない。娯楽的な要素の低い内容であった感じを受けました。

群馬へ1.jpg
・・・長岡からは、上越新幹線にて越後湯沢へ。
越後湯沢までは25分あまりの乗車であったので、ドア近くに立ったまま。
ご一緒したのは越乃shu*kuraで盛り上がった、エコノミークラス仲間の名古屋オジサマでした。
鉄っちゃんであり、お酒好きな愛すべきキャラ・・・彼の居住地である愛知、JR東海ではこうしたお得企画が全くないそう。
JR東日本の「大人の休日倶楽部パス」を盛んに羨ましがって・・・「いいなぁ~」「モぅ、羨ましぃなぁ~~」を連発[あせあせ(飛び散る汗)]
私にはわからなかったものの、自分で撮った鉄道関係の写真まで色々見せてくれました。
しかしこれから東京へ向かう名古屋オジサマとは、ここでお別れです。
「お互い良い旅を!」「機会があったら、また会いましょうね♪」と。
群馬へ2.jpg
上越新幹線「E―4」系ともここでお別れ。

「越後湯沢」駅で有名なのは、越後のお酒ミュージアム「ぽんしゅ館」です。
群馬へ3.jpg
お昼ご飯を予定していた越後湯沢。だから時間はたっぷりあった。
日本酒をたっぷり呑むのも可能、…と言っても、もう呑まないけどね[バッド(下向き矢印)]

新潟の酒と米にこだわり、 新潟県内の全ての酒蔵の代表銘柄を利き酒できる「利き酒コーナー」をはじめとして・・・地元産の塩・醤油・味噌等の調味料の展示は半端ではない規模、見事な品揃えでした。
群馬へ4.jpg
また「雪ん洞」名物、爆弾おにぎりは魚沼産コシヒカリを使った贅沢なおにぎり。
贅沢なのは味だけではなく、その量も贅沢。大きさに驚くのは必然かと[るんるん]
一個でご飯二膳分=一合を、その場で握ってくれるのです。
県内の物産品や地酒を集めた「お土産処。
越後の食卓を潤してきた・・・ご当地名物、特産品、土産物、野菜まで。。
「ぽんしゅ館」での当初の予定は変わって、結局食事らしきものは口にせず。。
・・・そこで余った時間は、駅構内。外へも出て越後湯沢の町をぶらぶら。周囲に雪景色はありませんでしたけど、細かな雪がチラついていました。

群馬へ5.jpg
13:56分発の「やまどりループ」にて、向かうは群馬県北部の水上町。
「やまどりループ」は、次に乗る「SLみなかみ」号へのツールとして考えていただけに期待はなし。
「RESORT YAMADORI」のロゴの横に、褐色地に黒色と褐色の横縞模様・・・山鳥の姿が描かれています。
JR東日本の旧型客車に使用されていた・・・懐かしさを感じるシックなボディカラーで、窓も広々。
「SLみなかみ」と接続して、水上~越後湯沢間の臨時列車。「やまどりもぐら」、「やまどりループ」として往復走行するリゾート列車なのです。
乗車の際は、乗車券のほか指定席券(520円)が必要。
          群馬へ6.jpg
車両の先頭部はフリースペース、ここから前面展望が楽しめる・・・のは、これまでと同じ。
1列+2列のゆったりした座席は、快適でした。お腹が空いていなくて・・・「安田ドリンクヨーグルト」で喉を潤す。

列車名であるループ線に突入。清水トンネルを抜けると群馬県側の「土合駅」に到着。

川端康成の小説「雪国」の・・・「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」…と書かれた、冒頭の文章は、主人公が群馬県側から新潟へ向かうシーン。
「雪国」の厳しい冬、東京からの遠さを象徴する、あまりにも有名な一節である。

群馬へ7.jpg
下り線と違い土合駅は地上にありました。海抜665メートルとか。
下りホームは新清水トンネル内にあり、駅舎から階段を相当距離下りないと到達できない[たらーっ(汗)]その為、「日本一のモグラ駅」とも呼ばれている。
こうして書いていたら、どちらの「やまどり」もリゾートと付く割りに、ヲタク向けと改めて思ってしまうのだ[あせあせ(飛び散る汗)]

とうに終わっている紅葉、ところどころに積雪があったものの、冬景色とも言えない中途半端で寂しい光景が続く[バッド(下向き矢印)]
群馬へ8.jpg
湯桧曽ループは上の線路と下の線路を同時に見ることができる、希少な場所だそうです。
群馬へ9.jpg
土合駅から水上駅までは、急勾配が続く・・・高低差の大きな区間。そのループ線を走る一時が、この列車のハイライトなり!
しかし鉄っちゃんではない私達には、詳細は不明なまま[バッド(下向き矢印)]
車内イヴェントも一切ないなど…面白みに欠けると言わざるを得ない時間。新潟・群馬の両県をまたいで走るリゾート列車だけにCAさんによる車内販売があるとか、もう少し観光的な配慮が必要ではないでしょうか?

これまで水上温泉へは車ばかりだったから、これ程山奥と認識していなかったのだけれど。それが理解できたのは良かったように思う。
          群馬へ10.jpg

そして終点の水上駅。
ホームでは、「マツコ」サイズの「おいでちゃん」がみなかみ町のPR活動をしています。
「豊富な温泉や谷川岳をはじめとする雄大な自然の宝庫、みなかみに、おいでやおいで~♪」ですって!

大人の休日倶楽部旅・2016…⑫越乃shu*kura乗車 [2016・11月秋田・青森・新潟・群馬]

さぁ、4日目の朝です。
最終日であるこの日は、リゾート列車に3本も乗車!

        越乃1.jpg
上越市高田のホームで待つ私達の前で停車したのは、えちごトキめきリゾートの「雪月花」。真っ赤なボディと広々とした開口部が特徴、海と山の景色をご堪能出来る!と言う・・・。「雪月花」については、また後日詳しく紹介しますね。

真っ赤な車体は遠目にも鮮烈な印象[ぴかぴか(新しい)]ホームでは抜群の存在感を放っていただけに。・・・そのあと入線してきた列車を見て、夫「随分ボロッちい電車だな~」ですって[バッド(下向き矢印)]確かに。。
越乃0.jpg
この日一番のお楽しみ列車・・・「越乃shu*kura」号でした。

「越乃Shu*Kura」「ゆざわShu*Kura」「柳都Shu*Kura」と三種類の車両がある中・・・私達が乗車したのは、上越妙高~十日町間を往復する「越乃Shu*Kura」号。
          越乃6.jpg
3両編成の内の3号車に乗車。全車指定席なので、乗車券のほかに指定席券も必要です。

地酒王国・新潟が誇る「日本酒」をコンセプトとした列車「越乃Shu*Kura」。
越乃=越後、Shu=酒、Kura=蔵、*=米・雪・花越後の酒蔵と豊かな自然をイメージしての命名だそうです。

厳選した新潟県内の地酒の利き酒、地元の食材にこだわったおつまみ、地元ミュージシャンによるジャズ等の生演奏、お酒にまつわるイベントが開催がされます[るんるん]

越乃3.jpg
乗車後は真っ先に売店とイベントスペース専用車である2号車へ。サービスカウンター「蔵守~Kuramori~」は、厳選した新潟県内の地酒の“利き酒コーナー”を設置。

越乃2.jpg 越乃4.jpg
有料ながら、常時5種類の銘柄が楽しめます。向かい側のガラスケースには、越乃shu*kuraオリジナルグッズが。
越乃5.jpg
             越乃7.jpg
朝から酔っぱらいは困るので、とりあえずの3種。大分時間がたっているので忘れも多々あるのでございます[あせあせ(飛び散る汗)]
そしておつまみとしてオーダーしたのは、バカ旨の「トロハラス酒粕味噌漬け焼き」[グッド(上向き矢印)]
呑んだのはどれがどれやら、忘却の彼方ながら[あせあせ(飛び散る汗)]
日本海を眺めつつ・・・ウマーイと言葉にするまでもない[るんるん]

【10~11月の銘柄】は・・・
大吟醸 槽しぼり(お福酒造/長岡市)
純米吟醸山廃仕込 越後の蔵秘伝(君の井酒造/妙高市)
純米吟醸 霧の塔(津南醸造/津南町)
純米酒 柏露(柏露酒造/長岡市)
越の誉特別純米酒 彩(原酒造/柏崎市)・・・以上のラインナップ。
越乃8.jpg
ご覧のように・・・車窓から見る景色はイマイチ、でも大丈夫!

     越乃9.jpg
法被姿で乗客たちにプレゼントを配布して下さった蔵元の方々。新潟美人であるのは当然ですね。

5分ほど途中下車できる、日本一海に近い駅「青海川駅」。曇天の下ながら・・・海風が気持ち良い。
越乃10.jpg

バンド演奏の音楽が響いた後は、お楽しみタイムのはじまりです[るんるん]
          
新潟に来たからには新潟のお酒を味わっていただきたい。そうした想いから車内で、乗客たちに地酒をふるまってくれるのでした。
そんな無料試飲が始まると、匂いにつられてか?酒好きさん達がわらわらと・・・集まって参りました。

          越乃13.jpg

こうして午前中に関わらず美味いお酒が呑める列車なんて他にはないはず・・・日本酒好きでしたら、もうたまりません。
この日提供してくれたのは「松乃井酒造」さん。酒造りもウマいけど、トークもウマい!
滑らかトークで紹介上手、お客さん達をのせるのも上手でした。
「どうですか皆さん、お酒と音楽を楽しむ一時、最高でしょう!?」
          越乃14.jpg
「最高で~す!」「お酒、美味し~~!!」「もっといっぱい注いで~~!」…と盛り上がる車内。買い求めたステンレス製のオリジナルぐい飲み[ぴかぴか(新しい)]で早速!呑んでいるお兄さんの姿もありました。
見渡すと、ニコニコ笑顔で上機嫌な酔っぱらいばかり・・・・、
初めて同士でも、なんだろう?この一体って!?
でもこれだけ楽しんで、盛り上がるって良いな、平和な証拠と…思ってしまった。

大人の休日倶楽部パスの話題も出て、利用して乗っていた客が半数以上いたかもしれません。
和やかなムードで盛り上がる店内、ならぬ車内はまさに居酒屋さんです。
「無料試飲は実に楽しい。でも、あちらはクラスが違うから・・・教えないでおこう!」って[わーい(嬉しい顔)]

そう、1号車はJRの「びゅう」の旅行商品として販売されているのだから・・・購入して乗っている1号車さんには「Shu*Kuraオリジナルメニュー(酒と食事)」がセットで付いているのです。
指定席券さえ求めず乗っている我らと比べたら、あちらはプチブルジョワジーの世界。
私も、そう思いました。
越乃11.jpg
1号車はボックスシートと日本海側を望むカウンターシート。テーブル上にはウェルカムドリンクから越乃shu*kura大吟醸、お弁当・・・などが並べられてます。

越乃15.jpg
上越新幹線乗車の為、途中の「長岡」で降りました。
「藍下黒(あいしたぐろ)」と呼ばれる深い青色をした3両編成のJR東日本新潟支社が走らせている観光列車は、キハ40・48形気動車だそう。

先程まであれほど賑わって、盛り上がっていたのが嘘のよう。人影もない、祭りの後状態の2号車でした。
越乃16.jpg
「ありがとう」。短い時間ながら・・・楽しい旅の一時を。

以下、乗車間にゲットした戦利品たち・・・もとい、頂きもの達です。
越乃12.jpg
                          越乃17.jpg
上越・名立の干物(幻の深海魚)=日本海三大珍味のひとつ、幻魚。
優良なスプーン&フォークを製造する燕市など、金属工業で知られる新潟ならでは・・・体温でアイスクリームを溶かしながらすくえる「アルミアイスクリームスプーン」。
越乃shu*kuraラベルの純米吟醸酒も。
オカゲで君の井酒造(株)とのコラボ・・・車内限定の越乃shu*kura大吟醸酒(180ml1本1,000円)」は買わないですんじゃった!
その上、始発である「上越妙高」駅から乗車したら、オリジナルボールペンも貰えたようでした。夫曰く「得意げに皆が持っていた、あのボールペンも欲しかったんだ!」ですって。
ただし上越妙高駅近くに手頃な宿がない為、私は高田に宿をとった次第。
この後もご一緒した愛知から一人で乗車したオジサンは、駅から40分も歩いたとか。これに賭けてきたようですね。

オトクに楽しめる3号車だって大きめの窓、先頭部分にはフリースペースあり。。シートピッチの広いリクライニングシートが並ぶリゾート仕様。
「越乃Shu*Kura」は快速列車としての運行ですので、3号車は運賃に指定席券(520円)の追加で1人から乗車可能。
しかしその計36席も人気の高さゆえ、乗る機会はないかと思う事しばし。。でも楽しかった~~また乗ろうっと[グッド(上向き矢印)]

タグ:越乃shu*kura

大人の休日倶楽部旅・2016冬の陣..⑪高田の夜は「海鮮ろばた 船栄」さん [2016・11月秋田・青森・新潟・群馬]

夜出かけて行ったのは、ホテルと高田駅の中間、駅前通りビル二階にある「海鮮ろばた 船栄」さん。
人気のお店と聞いて、直前に予約してから出向きました。
船栄1.jpg

         船栄0.jpg
船栄は新潟県長岡市を拠点として新潟県、長野市に居酒屋、鮮魚、和食、かに料理・・・を営業展開する地元の飲食店チェーン。
近くには同じく、高田と直江津に店を構える、人気の「海の幸 味どころ 軍ちゃん」もあります。

船栄2.jpg
店のウリでもあるカウンターが中央に置かれた店内、目の前で調理の様子が見える、料理人との会話が楽しめるカウンター席は「特等席」だそう。確かに!
カウンターに配されているのは店一番の元気&明るさ、ムードメーカーとなる・・・カウンターマンと呼ばれるスタッフだと言います。
船栄3.jpg
アルコールメニューの数々です。
雪中梅、八海山、〆帳鶴…と言った新潟の地酒に、ワインみたいなネーミング、特別純米酒シャトー妙高まで、サスガのラインナップ!

船栄4.jpg船栄5.jpg
まずはエクストラコールドの生、お通しはバイ貝orエビと青菜ののお浸し?・・・のどちらかから選びます。メニューは、もずくから。

船栄6.jpg
【名物】磯盛りは、イカ・〆サバ生・マグロ・真鯛・南蛮エビ・松カレイと豪華!
「旬」を迎えた南蛮エビがプリプリでねっとり甘くて・・・そして他のものもどれも味が濃い、新鮮であるのを実感しました。
ポン酢等のタレで頂くだけじゃなく、新潟「笹川流れ」の塩が登場してくる辺り…サスガ新潟です。

船栄7.jpg船栄8.jpg
新潟に来たら、オーダーするのはお約束!【名物】栃尾のジャンボ油揚げ。そして冬の日本海ですもの、イカの一夜干し。

透き通った身はまさに獲れたて、その場でしか食べられない・・・お造り。「イカの脚とエンペラは天ぷらに出来ますので、その時+200円で野菜天が付きます。」だそう、「それは勿論お願いね」。
結構お腹にきてしまって、追加は瓶ビールで。
船栄9.jpg  船栄10.jpg

他のグループが注文しているのを見て、「あれは、なに?」[目]・・・それで我がテーブルにも到着しました。【名物】釜あげ玉子焼ですって。
                        船栄11.jpg
微妙な写りですが・・・相当にボリューミィ!勿論おいしく食べました。一見したほどのインパクト!新鮮な驚きはないですが、安定の美味しさでした。

弘前の「わいわい」も相当うるさかったけど、こちらの店も賑やかさでは決して負けていない[あせあせ(飛び散る汗)]
言い換えるとするなら、活気が満ちているということだろうか。
とにかく皆の声が大きくて元気で、でも旅先だったからか嫌じゃなかった。
店内はカウンター席、テーブル席、座敷席など様々な使い分けが出来そうです。そうした理由から・・・地元の若い客たちが次々来店。
会計時は、ここでも10パーセント引きだったと思います。

海鮮炉端船栄 高田店居酒屋 / 高田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


今までも数えきれないくらい来ているものの、新潟はやっぱり良いところ[るんるん]高田の町も気に入りました。だからと言う訳でもないけれど。今年中にまた来てしまうもんね[揺れるハート]
高田城の桜には間に合わないかもしれないけれど・・・。

続きます。。

大人の休日倶楽部旅・2016冬の陣..⑩アートホテル高田 [2016・11月秋田・青森・新潟・群馬]

二月も経ってしまった…鮮度の落ちた内容ながら。。自己満足日記として完成をしたく・・・11月の鉄日記の続きを綴ってゆく事とします。

街の中央に「日本三大夜桜」のひとつと称される「高田城」。新潟県下越、日本海側に位置する古都・上越市(旧・高田市)。
          高田2.jpg
JR高田駅から、徒歩3分。
高田は道路沿いの家々 が庇を伸ばして冬の積雪時の道路を確保する、雪国の暮らしの知恵=本来は木造、「雁木通り」の町としても有名です。

          高田1.jpg
客室数192室と、高田市随一のホテルだそう。昨年10月、ホテル名が「ホテルラングウッド上越」から「アートホテル上越」へ変更となったばかりでした。

高田3.jpg
大通りに面したこ堂々とした外観のホテル。エントランスロビーは小ぢんまりとしているものの、ヨーロピアンなムード漂う・・・クリスマスツリーの飾られた(まだ11月でしたので)ラウンジは素敵[ぴかぴか(新しい)]

高田5.jpg高田4.jpg
こうしたスペースも。一見無駄な空間が、贅沢な気持ちを与えてくれるのでは?と感じられました。
館内の生花たちも美しく、見ているだけで幸せな気分に包まれます。

                  高田6.jpg
肝心の部屋は広いとは言い難い、至って平凡な造りながら清潔感もあり・・・可もなく、不可もなくって感じ。
ベッドはシモンズ社製。WiFi設備も整って使い勝手はなかなか。
高田7.jpg
部屋からの眺めは・・・ビルが混合した街並みビューなので、良いわけもなく。しかし向かい側へオシャレなレストランが入っていたから思わず見入ってしました。
でも私が行ったのは何時ものようにフロントで尋ねた、近くにある居酒屋さんなのです。次回、紹介させて頂きますね。


翌朝へワープします・・・。
高田9.jpg
朝食会場の「カフェ&レストラン アレーグロ」は、「高田ブラウニー」をはじめとするスイーツオーダーバイキングが人気の模様。

高田10.jpg
ジュース類、ホットドリンクも並ぶ、ドリンクバー。

      高田11.jpg
新潟名物「たれかつ」=揚げたての薄めのトンカツを“甘辛醤油ダレ”にくぐらせて、ご飯にのせる。「栃尾名物あぶらあげ」と言った郷土料理はあったものの。

高田12.jpg
こうして見たら、やっぱり私ってビュッフェに向いていないと思う。こんなんじゃ全然元がとれていない[あせあせ(飛び散る汗)]

高田名物するめの天婦羅「する天」、「かんずり」「ちまき」と・・・食べたかった地場産品を活かしたメニューがどれもなくて・・・。
お惣菜にも期待があった分、寂しかったかなぁ[バッド(下向き矢印)]
こちらのレストランには名物である絶品オムレツを焼く[ぴかぴか(新しい)]カリスマシェフがいて・・・、彼の焼くオムレツを食べるだけにでも泊まりたいと口コミまであったのだ。
そんな言い伝えがあるくらいなのに、いない。どこにもいないのだ。
「ホテルラングウッド上越」から「「アートホテル」に経営が変わってしまったせいで、スタッフ構成にも変化があったのかもしれません。
トリュフソースのかかったオムレツ界のプリンス!ってオーバーだけれど。それに憧れてこのホテルに決めたと言うのに[バッド(下向き矢印)]
この内容なら、駅前のもっとリーズナブルなビジホで十分であったような。。

          高田8.jpg
弘前で泊まったアートホテルの宿泊料金が破格であったから・・・全体が残念に感られたのは仕方のない感想であったかと思います。

アレーグロバイキング / 高田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


前の4件 | -