So-net無料ブログ作成
検索選択
前の4件 | -

那珂川町へ行ったら、「峠の茶屋 一休 ステーキ館」 [ドライブ・栃木県東]

前日記で、利用したお店に対して辛口評価をしてしまったのには・・・チョッと理由があります。
今日はその事について書いてくことにしますね。
一休1.jpg
その数日前に出かけたのが、夫に付いてよく遊びに行っていた那珂川町でした。道の駅で冬野菜を買いこむ、年末に向けてのお買いものと色々とあったから・・・。
遠く那須連山や、高原山付近まで見渡せる…空気の澄んだ冬ならではの光景です。
買ったもの、立ち寄りしたお店は次回紹介させて頂きましょう。

買い物をして、さてお昼ご飯はどこで食べましょうか。
それまで度々利用していた・・・数店あった候補の中から、「せっかくだからママちゃんのところへ行こう」と、私も何度か訪ねたお店。…「峠の茶屋 一休 ステーキ館」で決まり。

国道293号の栃木・茨城の県境 伴睦峠(バンボクトオゲ)の手前にある「峠の茶屋」。店の写真は撮り忘れました。
車から下りたら、早速やって来た看板犬ゴンちゃん、尻尾を振ってのお出迎えです。
私にいたっては一年以上お久しぶりであったに関わらず・・・大人しくクンクン匂いを嗅ぐだけ嗅いで、吠えませんでした。ちゃんと覚えていてくれたのね。
奥で仕事しているママに「お客さんだよ」って教えに行ってしまうのだ。
一度だけ気ままにトコトコ歩いて、茨城側へ迷い込んでしまったゴン。心配したママにいっぱい怒られてからは・・・ノーリードでも絶対に敷地外へ出ないとか。

          一休2.jpg
入店するなり笑ってしまったのが、「予約席」のスタンド。ストーブ脇の一番良い場所です。
夫婦してウケちゃいました、だってこれまで一度だって、他にお客さんがいた例などないのだから[あせあせ(飛び散る汗)]
確かに県境にある偏狭な土地、入るには勇気が必要な雰囲気の店だがら・・・毎回、来る度に貸切なのはお約束・・・。

夫はハンバーグで、私はママがよく泊まりに行く東京ドームホテル。←こんな超が付くくらい田舎の住人ながら、ママさんは東京の人なんです。
だから私が行くと喜ぶ、今回も「忘れずによく来てくれたわねぁ」って。
オーダーを終えたら外にいるゴンと遊んでいる、夫でした。
一休4.jpg
寝転んでスッカリ寛いでいるゴンちゃんの隣りには夫がいます。カットしてしまいました[バッド(下向き矢印)]

          一休3.jpg
店内から見える・・・鉄道車両、「八溝森林鉄道 峠の茶屋駅」の表示。その先の山も冬景色です。


一休5.jpg
和風ドレッシングのかかったサラダ、沢庵と酢漬け大根のお漬物もたっぷり、そして小鉢は切り昆布の煮物。どれも家庭的な味わいのものばかり。
そう、メニューに載っていないサービスがあるのもお約束ですから。
選んだメニュー、エビとホタテのソティは予想を超えた量、「今日は良いエビが入っているわよ」ですって。
夫のハンバーグは、添えてある野菜がやや少な目かな?
そこにご飯とお味噌汁、男性の場合ご飯は黙っていても大盛りになります。

何時もながら…手早くあっと言う間に作り上げてしまう、手早い仕事ぶり。
行くと喜んでくれるのだけれど、常にほど良い距離感をもつママの接客。
夫が「ママ、今日もまた良い女だね」と褒めると、「もうダメよ、良い女はそろそろ卒業~~!」・・・など。さっぱりとした性格も好きだわ[るんるん]
                        一休6.jpg
スゴクとまでは言えないけど、今日も、美味しかった!満足、満腹です。
〆のコーヒーを飲んで、ここはやっぱ落ち着く[グッド(上向き矢印)]なーんて、しかし夕方までには帰らねば[ダッシュ(走り出すさま)]
          一休7.jpg
見ての通り、決してオシャレでも素敵でもないけれど・・・那珂川町へ足を伸ばしたら立ち寄りたくなる…我が家のオアシス!
しばらく姿が見えないなぁ。帰りの挨拶くらいはしたいと思っていたところに「お弁当の配達に行っていたの~」とママさんのお帰り。
お店のカレンダーを頂き、「また食べに来ますから」と後にしてきた次第。こちらで提供されるハンバーグはサイドメニューも付いて800円、エビとホタテタップリのソティは1200円だったかと。
ゴンちゃんにもまたね・・・と、頭をナデナデして帰ってきたのでした。

この日の戦利品については、次回に[るんるん]
お客さんが少ないに関わらず、こちらは年中無休。寛ぎの空間でリーズナブルなランチが頂けます。
ただ家から遠い、それが最大の問題かな[たらーっ(汗)]


関連ランキング:ステーキ | 烏山



nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

本日のランチは、「鉄板焼ツキノウサギ」 [食]

ツキノウサギ0.jpg
お洒落なムードが漂うお店、市内にある「鉄板焼ツキノウサギ」へランチに行ってきました。

新しいお店なのでナビにも表示されず、・・・ところが着いてみれば、「ここは、毎日通っているところだ。車がよく入っていくから何かなぁ~~って思っていたんだ」ですって!?・・・オイオイもう少し早く気づいてよ、夫さん[バッド(下向き矢印)]
ツキノウサギ1.jpg

知り合いから「素敵すぎてテンションがあがりますよ!是非ともお勧め!」されて・・・の、訪問。
          ツキノウサギ2.jpg
確かに店の外観、エントランスから店内へと続く様々なシーンで感じる高級感!センスの良さ[ぴかぴか(新しい)]栃木にもこんなお店が!?
…と最初は思ってしまった・・・。
入店して後すぐに案内されるウエイテングスペース、そこで食べるメニューやドリンクを決める・・・のは、悪くない。接客も感じ良かった。
     ツキノウサギ4.jpg

鉄板カウンターに着席し、ランチBセットをいただきました。ランチBは、@1980円なり。
Bセットは国産牛ハンバーグ、豚ロース、チキンソテー、白身魚のソテー4種類から選ぶことができます。
グラスのお水は炭酸水と、普通のものとどちらか選べるところもいい。
ツキノウサギ3.jpg

炭酸入りのお水が美味しい[るんるん]
ツキノウサギ5.jpgツキノウサギ6.jpg
       
むかーし海外旅行によく出かけていた頃、現地で買うのはノンガスばかり。
間違って炭酸入りを買ってしまったら、「まず~い、失敗したな~~」って思ったものながら。。慣れたら美味しいのね[あせあせ(飛び散る汗)]
初めに蒸しサラダが出てきます。
ミニ蒸篭に入った蒸しサラダは量が少ないのであっと言う間に食べ終えます。蒸してあるからと言うのもありますけど、それにしても少なぃ!

      ツキノウサギ7.jpg
メインは当然、どちらも目の前で焼いてくれます。
魚メニューはカサゴと聞いていたのに、思いのほか大きな切り身、それを見た夫「カサゴにしてはサイズが大きめじゃないですか?と。
シェフ「大きいものをお願いしているんです。ない時には茨城から取り寄せてもらったりする事もあります」
私「それは、やはり中央市場からですか?」、「はい、魚類はそうですね」
「こちらって、駅東のあぜ道の向かい側にある日本料理店「月の兎」の二号店ですよね」…と言ったチョッとした世間話はあったものの・・・対面式のスタイルではホテルセントレの「懐石天ぷら 治兵衛」のカウンター天ぷら方がCPも良くて、楽しかったな。

ツキノウサギ8.jpg
カサゴにブラックタイガーのソティ、夫は目玉焼きのせハンバーグステーキ、付け合せのモヤシ炒め(モヤシ・ニラ・スライスポテト入り)。プリーツレタス・トレビス・水菜、マカロニサラダ少量、ローズソルトは共通です。
焼き過ぎでは?と見ていてハラハラ[あせあせ(飛び散る汗)]・・・食べたら普通に美味しかったです。
ソースは二種類、なんとかと?栃おとめを使ったソースと説明を受けましたが・・・バカ舌なので味の違いはわからず。

とっても上品な量のお新香、ご飯に豆腐とわかめのお味噌汁、これはかなり塩分多め、濃いめの味付けでした[バッド(下向き矢印)]


ツキノウサギ10.jpgツキノウサギ11.jpg
デザートのフレンチトーストも、目の前の鉄板で焼き焼き。
最後は美味しかった。もう一個いけた気がします。
ポーションじゃないミルク&ブラウンシュガー、コーヒーに添えてあるコーヒースプーンは良いアクセント、凝ったデザインで可愛い[るんるん]

女性スタッフは容姿で選ばれたのではないか?と思われるスラーとしたスタイルの良い、綺麗な人が多く感じました。
客が少なかったからか、そんな彼女達に食べている間中ずっと見られているのは好きじゃない。

メニュー単価が高いのは人件費?立派な店構えの為?食材そのものは大したものを使用している訳じゃないから。。
入店時からずっとクロークにいた中年男性。荷物やコートはクロークに預けるのがマナーかと考えていましたが、一言もなくて???
皆さん慣れていないだけなのかしら?

帰り際立ち寄ったおトイレ、すぐ側に立っていたスタッフがドアを開けてくれたのは良いけれど・・・。
女性用の個室はいっこ、私が入っているのに関わらず、すぐに誰か入ってきた気配あり。
すでに一人使用中に関わらず、狭い空間に平気で案内するのは如何なものであろう。
全く気配りのないホールスタッフなど無駄、単に気がついてないだけかもしれませんが・・・ただ立っているだけって仕事をしていないと同じではないか[バッド(下向き矢印)]←辛口コメントでごめんなさ~い。

それでも他の方とはその前。
グラスのデザインが「Baccarat」のもの似ていたから尋ねてみると、わからない…との事。
「上のものに聞いてみましょうか」「いいえ、そこまでじゃはありませんので結構です」と言ったものの、後から「Baccaratほど高級ではないとの事です」といったやり取りがあるなど。口コミに書かれているほど悪くないかもと感じたばかりであったばかりなのに、1~2人のスタッフの為に店全体の印象が悪くなってしまうのってどうなんだろう?

コスパの悪さを感じたのは・・・我が家の個人的な事情も関係しているのです。
釣りたて新鮮なカサゴは夫の釣りの師匠から度々、送って頂いて食べている。また昨日も相模湾から捕りたてのヤリイカ、スルメイカが届けられたばかり。早速にさばいて、イカ刺しにしたら想像以上に旨かった[グッド(上向き矢印)]…と言った理由も関係しているのでありました。


関連ランキング:鉄板焼き | 東武宇都宮駅南宇都宮駅鶴田駅


nice!(72)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

紅葉じゃない、京都・・・⑩天橋立観光 [2016・10月京都・丹後半島]

          天橋立1.jpg
陸奥の「松島」、安芸の「宮島」とともに「日本三景」として知られる「天橋立」は、京都府北部。日本海の宮津湾にあります。

                       天橋立2.jpg
松並木の景観はすでに船上から楽しんでしまったから…。北側に位置する小高い場所、「傘松公園」から天橋立を眺めてみる。
天橋立の付け根のあたりからケーブルカーまたはリフトに乗ります。目指すは、笠松公園展望台。

天橋立3.jpg
長く伸びる天橋立が、昇り龍のように見える・・・縁起の良い景色。「昇龍観」は見ていきませんとね。

海の中に伸びた長大な砂州である天橋立は、こうして宮津湾と内海の阿蘇海とを分けているのです。
天橋立4.jpg

絶景「昇龍観」に、もうひとつの名物である股のぞきもして・・・龍が昇って行くもうひとつの光景を楽しみましょう。

1991年に創設された「 Ig Nobel Prize」は「人々 を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる、ノーベル賞のパロディーである。
10年連続、今年も日本人はイグノーベル賞を受賞。
今回のイグノーベル賞で話題になった股のぞきですが・・・脚の間から天橋立を覗くことで、天地が逆転!
さらに立った姿勢の時と比べて、風景の奥行きが少ないように見える。遠くのものが小さく手前にあるように見える効果が、学術的に証明されたとか!
これには頭を下にして覗くという姿勢が決め手のよう。。・・・↓・・・は、夫に実験してもらったものです。

          天橋立.jpg

その隣りに設置されていた・・・長~い柱の先についた輪の中に、円盤状の「かわらけ」を 投げます。輪の中を上手にくぐったら・・・開運が訪れるかも!?
…と言った開運「かわらけ」投げは、1セット3枚で200円なり。
          天橋立7.jpg

かさぼう.gif
もういっこ、傘松公園で忘れてならないキャラクターの「かさぼう」。
かさぼうは、天橋立のことなら何でも知っている観光ナビゲーターだそうです。

天に架かっていた橋が倒れて天橋立ができた時、その一部が落ちる途中で妖精となり、人里離れた山の上(傘松の地)へ舞い降りた。以来ずっと傘松に住み、天橋立を見守っているのです。
天橋立8.jpg
かさぼうが描かれたドロップ缶をこっちゃんの為、夫が買い求めたのは言うまでもなくて・・・。


天橋立9.jpg
宮津から舞鶴に戻る途中見かけたのは・・・みかんを売る小屋が建ち並ぶ風景。
みかんと言えば静岡や和歌山がお馴染みであり、温暖な太平洋側で栽培されるものと思っていましたけれど。。
由良地区は森鴎外の「山椒太夫」の舞台にもなった場所である。
父を尋ねる旅の途中人買いにだまされて、母と乳母は佐渡に、安寿と厨子王は丹後の山椒太夫に売られてしまう。
自らの犠牲によって弟を逃がした安寿、数奇な運命をたどって丹後の国守に任じられた弟。
それぞれの悲しい運命が、またその過酷な運命の中で見せる情愛に満ちた行動は時代を越えて人々に愛されてきた。それにちなんで「”安寿みかん」と呼ばれるのであろう。
珍しい日本海側で育ったみかん、自宅用に購入してきたのは当然でありました。
nice!(83)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

紅葉じゃない、京都・・・⑨伊根の舟屋 [2016・10月京都・丹後半島]

          いね1.jpg
この場に佇むと・・・まるで時が止まっているかのよう。全景を眺めたあとは、伊根町の町並みをゆっくり往復してみる。

いね2.jpg
「日本で最も美しい村(the most beautiful villages in japan)」と称される・・・ここ伊根町。
京都北部の観光名所の代表である、伊根町の舟屋(ふなや)です。
この地は、古より海とともに生きてきた町。
いね6.jpg
人々は「舟屋」と呼ばれる住居と船揚場を兼ねた建屋を生み出して、海に近いところで暮らしてきました。それは豊かな海の幸に恵まれていた証であった・・・。

          いね5.jpg

しかし現在のような陸路が通じていない、渡し船による交通のみ…と限られていたのだから。海の荒れた日は船の行き来に支障をきたす場合もあっだろう。


        いね3.jpg
家並みの美しさから、ドラマ「ええにょぼ」、映画「釣りバカ日誌」のロケ地にも選ばれたほど。TOKIOの「DASH島」でも、ここ伊根の舟屋が紹介されています。
それでも住人にとって生活の場。路上に移動販売の車が停まり、お店を広げていました。

いね4.jpg

舟屋は、1階が船のガレージ、2階が居室となった独特の珍しい構造をしています。
海辺ギリギリに建ち並んでいるので、海から眺めるとまるで海に浮かんでいるかの様に見えるのも特徴。
いね7.jpg


          いね8.jpg
現在も約230軒ほどの舟屋が現存しているそうです。
舟屋群が伊根湾を囲む形で建ち並ぶ様子を眺める。

いね12.jpg
舟屋の通りを挟んで立ち並ぶのが母屋。生活の拠点は母屋で、舟屋は二次的に活用しているのだそう。
舟屋の中を見学可能な、伊根町のガイド付き散策ツアーもありました。

          いね9.jpg
創業260年を迎える老舗酒屋、「向井酒造」にも立ち寄ってみました。
向井酒造さんは「伊根満開」「ええにょぼ」「京の春」など・・・伊根町唯一の酒蔵なのです。
いね11.jpg


いね13.jpg
こうして注目される、ずっと以前から・・・

この伊根には・・・

この海で育ち、この海を知り尽くした、人々の暮らしがあり・・・。

伊根の美しい景色を愛し、四季を通じて海からの恵みも受けてきた…その全てが「伊根の“宝」であった。

観光客として訪れた私にも、そう思えた一時。ホンのチョッピリだけながら。。。
タグ:伊根の舟屋
nice!(85)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の4件 | -