So-net無料ブログ作成
検索選択

真冬の沖縄隊再び・・・⑩泡盛の「ヘリオス酒造」見学 [2017・2月沖縄本島]

          三日目1.jpg
さて沖縄滞在三日目、これから向かうのは名護、本部半島。今日も良い天気でラッキー[グッド(上向き矢印)]
          
                   三日目2.jpg
那覇のおもろ町で借りたホンダFIT。
遠出をしなかったせいもあり、ハイブリッドモデルだけに給油は4日間で一度のみ。レンタル料も安く沖縄はお得な場合が多く感じます。
さて沖縄の「食」を語るうえで、外すことのできない酒は「泡盛」ですが、南の島・沖縄には泡盛の蔵元が47もあると言います。
目的の一軒目へは、リゾートホテル&施設が多く建ち並ぶ・・・西海岸沿いの58号線は混むので、日本最南端の高速道路「沖縄自動車道」で向かう事に。
三日目3.jpg
今ではポピュラーなメニューとなった「タコライス」発祥の町「金武(きん)」は、キャンプハンセンのゲートに隣り合う形で成り立つ地区。
ここはアメリカ?と錯覚させる英語の看板、ペンキの塗られた店々の造り・・・と特殊なムードが漂っている。基地がなかったら、ここも東海岸の風光明媚な観光地のひとつであったであろう。
金武から宜野座、そして許田へ。

三日目4.jpg
インターを下りて海沿いを走ると「道の駅 許田」はすぐ。道の駅内をブラブラするのもお勧めながら。。
「 美ら海水族館」へ向かう前にも、こちらで割引チケットを入手するのがベスト!「割引チケット」で入場料1,850円 → 1,600円なり。
                       三日目6.jpg
しかし我々が欲しいのは、これから行くヘリオス酒造のパンフレット、付いている黄色いチケットで、「古酒くら」のミニボトルが貰えるのさ[グッド(上向き矢印)]
道の駅から山間へ、住宅が数軒建つ長閑な湖辺底集落奥に佇む「ヘリオス酒蔵」の主商品は泡盛ながら、ご覧のようにクラフトビールの製造もしています。
だから私も最初はヘリオスビールから入って、この工場見学を経て、泡盛の魅力に目覚めたと言う訳でした。
三日目5.jpg
一応電話連絡をしてからいきましたけれど、道が狭い為ツアーではあまり行かないところらしく、前回同様3~4組って感じです。
この日は偶々、後からやって来たアメリカ人グループと一緒。
工場内の見学時、スリッパが履けない私は五本指の靴下のまま。あの人達・・・「日本人は、変なソックスを履いてる!?」と思ったでしょうね[たらーっ(汗)] 「ま、いいですけど」
決してうるさくはないものの、お財布はガッチリ。スタッフさんに聞いたら、彼らが買っていったのはポストカード2枚だけだったとの事。
三日目7.jpg
工場見学にかかる時間は、約一時間ほど。
泡盛製造工程の説明&製造工場見学→古酒蔵見学&上映会。
工場内、蔵も撮影禁止の為、内部の画像はこれだけ。
       三日目8.jpg

工場内部に漂う甘酸っぱい香りは「黒麹菌」が働いている証拠、そして敷地内のどの建物も壁や天井が黒い。この黒さも黒麹菌によるものなのです。
三日目10.jpg
ヘリオス酒造はもともと洋酒造りからスタートした蔵元。1961年、那覇市にて太陽醸造を設立。
さとうきびを原料としたラム酒を米軍向けに製造。
しかし「太陽醸造」の名前が覚えてもらえない為、社名をヘリオス酒造に変更。

一般的な泡盛は瓶でするものながら、ヘリオス酒造では特製の樽を使って熟成する。ウイスキーのように樽で熟成して造られる泡盛だから、うっすら黄色く色づいているのです。
広大な二の蔵の高い天井近くまで積み上げられた、迫力の樽たち ...。洋酒造りのノウハウが、ヘリオス酒造ならではの製法に関係し続けているのでした。
また熟成中に飛んでしまう水分=アルコール分は、「天使の分け前」とロマンチックな呼び名で呼ばれるのも同じ[ぴかぴか(新しい)]

三日目11.jpg
お待ちかねの試飲タイム。
シャム(タイ)国との交易により15世紀に伝わった・・・のが最初、そこで現在でもタイ米=細長いインディカ米が原料となる泡盛。
※・・・少し詳しく紹介しますと・・・。
紀元前5000~3000年位に西アジアで発明されたとされる蒸留技術。それが東はインド、中国、そしてタイ、西はスコットランドまで伝わりました。スコットランドでは銘酒スコッチの歴史が始まります。中国ではマオタイ酒、タイではラオロン酒が生まれました。
琉球王国は東南アジアの各国と交易しており、特に交流が活発であったシャム国から蒸留技術を持ち帰ってきた。その後は日本本土へも伝わっていったのです。

そうなるとタイのお酒も気になるものですが、私が知るタイのウィスキーと言えば「メコンウィスキー」だけ。
ウィスキーは麦を原料にして作るものながら、タイ国産のウィスキーは、ウィスキーでも原料はお米。オリジナルタイウィスキーの味は、飲んだのがあまりにも昔過ぎて忘れ去っておりまする・・・。

三日目12.jpg
泡盛の中でも3年以上寝かせた古酒を、「クース」と呼びます。
ヘリオスの定番「古酒 くら」はもはやスッカリお馴染み、沖縄のホテルは勿論、我が県内でも気にして見てみたらどこでも置いてあるくらいです。
この場所に身をおいて、臭いや雰囲気をストレートに感じられるのが一番の魅力だと改めて感じました。

http://hana2009-5.blog.so-net.ne.jp/2015-03-03
あぐー豚がツーショットだ!なーんて[あせあせ(飛び散る汗)] 一昨年と同じところに立って記念の一枚[カメラ]
    三日目9.jpg
泡盛の奥深さに出会える工場、今回尋ねた4軒の中でも一番だと思います。
那覇市国際通りの「ヘリオスパブ」は、沖縄料理とヘリオスオリジナルビール&泡盛が楽しめる居酒屋さん。
こちらのオリジナルビールは中々珍しくて、一見の価値がありますので勿論お勧めですよ[るんるん]

ヘリオス酒造その他 / 名護市)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


nice!(83)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 83

コメント 16

ma2ma2

ヘリオスのお店は国際通り店に入った時に、スリムクラブの真栄田の親父さんがいました!
独特なビールですね(^^)
by ma2ma2 (2017-03-26 21:38) 

hana2017

ma2ma2さんへ
こんばんは、
スリムクラブがわからなくて・・・ググってしまいました^^
ヘリオスビールは、都内ではローソン。イオン系列でも。
この日はまとめ買いして送ってもらったのですけど、その後ヤオコーでも並んでいてガッカリ!オマケが付きました^^;
by hana2017 (2017-03-26 22:03) 

ソニックマイヅル

こんばんは。古いお酒にはやはり興味津々でございます。絶対にいい感じになれますね!!^^;
by ソニックマイヅル (2017-03-26 22:29) 

hana2017

ソニックマイヅルさんへ
こんばんは。
日本酒やビールは出来立てが一番でありながら・・・。
その点からしても、スコッチウィスキーと共通するものを感じました。
蔵の内部、むせかえるような香りで満ち満ちております^^
by hana2017 (2017-03-26 22:49) 

ワンモア

泡盛はタイ米が原料となるのですね。知らなかった〜(*^^*)
タイ米個人的には好きなんですが、入手困難><
by ワンモア (2017-03-27 00:41) 

えーちゃん

酒蔵の工場見学の良さは試飲が出来る事かな?(^^;
てゆーか、私はビール工場見学しかした事ないけどね。
by えーちゃん (2017-03-27 01:31) 

旅爺さん

お早う御座います。
沖縄はレンタカーで大分各地に行きましたがヘリオス酒造は行きませんでした。沖縄にも大きな酒蔵があるんですね。

by 旅爺さん (2017-03-27 06:31) 

hana2017

ワンモアさんへ
おはようございます。
一昨年のお姉さんは、タイ米が原料、貯蔵方法はちょうど放送中であった「マッサン」と同じですよ。としか教えてくれなかったものの。。今回の元気なお姉ちゃんはラオロン酒からって説明をしてくれました。
タイ米は、駅東の「クルンテープ」。レストランの奥がちゃんとしたタイのスーパーで、そちらなら絶対に置いてあります。

えーちゃんさんへ
おはようございます。
この日は、この後すぐにビール工場へも行ってしまって・・・泡盛、ビールと試飲続きでした^^;

旅爺さんへ
おはようございます。
大きな酒蔵はこの他にいくつでも、石垣では時間がなく出向いておりませんけど大きい酒蔵がありましたよ♪

by hana2017 (2017-03-27 08:46) 

旅爺さん

今でも沖縄に引っ越そうか、と思ってますが、あと10年若ければ、
と思ってます。子供達にあきれられる年になりましたよ、笑
by 旅爺さん (2017-03-27 10:17) 

hana2017

旅爺さんへ
真夏と台風シーズン以外でしたら、良いですよね沖縄って!
家でも私さえなんでもなければ、冬は沖縄。夏は北海道…そんな暮らしがしたいです~~♪
by hana2017 (2017-03-27 11:19) 

ゲンさんおかさん

運転手の旦那様、お気の毒でした。
その分、試飲はhanaさんが
バッチリという感じでしょうか。

ここでしか買えないと思って
必死に買って帰ってきたら、
近所でも売ってた、
というのが一番ガックリしますね。
by ゲンさんおかさん (2017-03-27 13:58) 

hana2017

ゲンさんおかさん様へ
それが、泡盛の後はビール工場へ行ってしまったものだから、サスガにビールのお替りは無理でした^^
お嫁ちゃんが都内のローソンで買って飲んでいたヘリオスビールが羨ましくて・・・ローソンへ行く度、散々探してみたものの。。ついに出会えず。
そこで今回はまとめ買いして送ってもらいました。そうしたら、すぐ実家近くのヤオコーでもっと安いお値段で売っていたのです^^;
石垣で夫が心残りしたまま帰ってきたさんぴん茶にしても、今回は重たい思いをして運んで来ましたら・・・先日行った道の駅で見てしまいました。
どちらも偶々だったかもしれないけど、悔しいわ!
by hana2017 (2017-03-27 15:58) 

末尾ルコ(アルベール)

歴史があって楽しいですね~。
それにしても高雅でかつワイルドな映画のご趣味。わたしの指もひとりでに動いてしまいます(笑)。ェイフ・ファインズ、いいですよね~。好きな映画、いっぱいあります。
IMDbのランキングですが、「演技力重視」なのだと思いますけど、わたしは映画にとってスター性も演技力同様に重要だと考えており、その意味で米国の批評の一部には(ちょっと違うのでは)と思う部分もけっこうあります。  RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2017-03-28 01:08) 

まつき

探している時は巡り合えないのに、現地で必死になって調達した後、
ばったり遭遇しちゃうものなのですね(>_<)
それにしてもせっかく工場見学してポストカード2枚って(笑)
試飲だけが目的だったのでしょうか(^^;
by まつき (2017-03-28 10:36) 

hana2017

末尾ルコ(アルベール)さんへ
ワイルドですか?^^こう見えて繊細な方だと思うのですけれど^^;
レイフ・ファインズは「嵐が丘」「クイズショー」「ナイロビの蜂」「太陽の雫」…とうん十年ずっと見続けている大好きなお方、小品の「オスカーとルシンダ」は、K・ブランシェットと共に忘れられない一本です。同じく「愛を読むひと」、主演の二人とも大好き。
・・・そうそう、ジョン・マルコビッチを忘れておりました。
プレイス・イン・ザ・ハート」、スピルバーグの「太陽の帝国」も良かった。「RED/レッド」で久々に観た時は嬉しくて、なにをやってくれるのか期待してしまう俳優の一人です。
女優さん編もお願いしますね~~♪
by hana2017 (2017-03-28 10:38) 

hana2017

まつきさんへ
昨年の石垣港、飲んださんぴん茶が気に入ってしまって・・・さんぴん茶、さんぴん茶と言い続けていた夫。今回は無事購入し、重たい思いをして持ち帰ってきましたら・・・先日行った、道の駅はがに並んでおりました^^;知らなかったわぁ~~!
ヘリオスビールも、佐野のヤオコーで、ずっとお安く!

欧米人はケチですからね。また別の見方でいえば、日本、中国と…リゾート、観光地での過ごし方がまだまだなんだと思います(^^;
by hana2017 (2017-03-28 10:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0