So-net無料ブログ作成
検索選択

GW後半は・・・益子・大川戸釣堀で♪ [ドライブ・栃木県東]

          つり掘り1.jpg
このローカルかつ、手付かずな自然のままのロケーションを見よ!
お腹が膨れたら、いよいよ待望の鱒釣りタイム。
ここは息子が低学年くらいの頃に来たきりだから、約30年ぶりの訪問となります。
「焼きたての大きな鱒を、ザクザクに卸した大根おろし(鬼卸しと言って、栃木の郷土料理「しもつかれ」調理には欠かせないおろし器)で食べて美味しかったね」と親子で想い出を語る、そんな会話をそばで聞く夫は全く覚えていないとか。
     つり掘り2.jpg
大川戸釣堀の鱒釣りは・・・釣り竿レンタル料50円、餌50円。パパと爺じの二人分で200円と良心的な価格。庶民の味方そのものの料金を払いながら、昨年夏の「〇なかの森」での〇ッタクリ価格を思い出してしまいました。
そして、いざ!参戦[ダッシュ(走り出すさま)]

いる、いる、ビッグサイズの鱒さん達が「こっちゃ~ん!遊ぼ!」って待ってます[るんるん]そして、この時はまだスカートも履いていた彼女[バッド(下向き矢印)]
最初の頃こそ、鱒は賢くて、餌をなめには来るも食べてくれないでいた・・・。
「なかなか釣れないねぇ~~」と案じながら待つ事しばし。
…と思う間に、釣れ始めたら、たて続けにヒット連発!!
入れ食い状態なので、どの子供達も楽しそう。。キャッキャしながら次々と、皆さん簡単に釣れてしまいました。
つり掘り3.jpg
鱒が釣り針を深く飲みこんでしまったら、素人には簡単に外せない。その上内臓の血が飛び散ってしまうものだから・・・。あな、恐ろしや~~[たらーっ(汗)]こっちゃんのスカートも、パパの白いシャツも血染めのスカート&シャツとなってしまったのである。
パパは魚釣りより、お洗濯時間がほとんどだったような。
          つり掘り4.jpg
でもそんなの気にしない、スカートを脱いで遊んじゃうワイルド娘なのだ。
釣るのは楽しいけど、釣り上げたら必ず購入しなくてなならず・・・キロあたり1800円前後だったかしら、こちらもリーズナブルな価格で魅力。
もっと釣りたいとねばられたものの、今回の成果は6匹で終了!別途焼き代がまたかかってもその場でさばいて塩焼きにして貰うことに。
お会計したら、焼きたては店内で食べられます。

つり掘り6.jpg
焼きたてなればこそのふっくらした身、癖のない美味しさ[グッド(上向き矢印)]つり掘り7.jpgつり掘り8.jpg
残った3匹は包んでもらい、この日の夕ご飯に食べました。

婆ばの癒しは、庭の片隅にヒッソリ咲くタイツリソウ、鯛を釣りあげる様を連想させる弓なりにしなった茎、花色の可愛らしい色合いも好き[グッド(上向き矢印)]
だからと言って横の釣り堀で、鯛が釣れるわけではありませんけれど。。  
          つり掘り5.jpg

道路をはさんだ、先程の流しそうめん屋さんは親戚かと思ったら、あまり良く思っていないみたい。
「タダのようなものにあんな値段を付けて!」だって[あせあせ(飛び散る汗)]ま、色々ありますね。
こちらは魚釣りにハマった、こっちゃんの定番スポットとなりそうな予感が[るんるん]
山間だから静かで、夏場は涼い・・・。新緑の季節、これから先の紅葉の時期もきっと綺麗でしょうね。
通年営業をしているので、家族のお出かけに最適な遊び場だと思います。

大川戸つりぼり定食・食堂 / 益子)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


nice!(82)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 82

コメント 13

ma2ma2

釣った魚をその場で焼いて食べるのは良いですね!

by ma2ma2 (2017-05-25 08:35) 

hana2017

ma2ma2さんへ
おはようございます。
何分にも釣りたて、焼きたてですので^^夜食べたものとは一味違っておりました。
by hana2017 (2017-05-25 08:52) 

ソニックマイヅル

おはようございます。商売をしているといろいろとあるんでしょうね。しかし釣りたてのお魚を焼いてもらうとメッチャ美味しいんでしょうね。昨日から久々に雨なんですが恵みの雨といったような感じです。もうすぐ梅雨入りですね。^^;
by ソニックマイヅル (2017-05-25 09:27) 

ゲンさんおかさん

入れ食いウハウハの嬉しさ。
何匹でも釣らせてあげたいけれど、
後を考えると・・・困りますね。

>タダのようなものにあんな値段を付けて!
良心的なご商売をされている方から見ると、
なにか腹立たしく思われるのでしょうか。
つられて、こちらまで値上げしないといいですね。
by ゲンさんおかさん (2017-05-25 09:47) 

まつき

釣り竿とエサが50円ずつとは、かなり良心的ですね!
釣れた分だけ購入と言うのも好感度大!(^^)!
次回はぼったくり流しそうめん屋はスルー推奨で、
釣りだけで十分ですね♪
しかし釣り針を深く飲み込んでしまうなんて、よっぽど空腹だったのかな(笑)
お洗濯、お疲れ様でした(^^;
by まつき (2017-05-25 11:04) 

みうさぎ

血染めの ハプニングあっても楽しく過ごせて良かったねっ
釣れて 300円は安いよっ
自然の中で~素晴らしい~(^◇^)

by みうさぎ (2017-05-25 12:46) 

hana2017

ソニックマイヅルさんへ
こんにちは。
>商売をしているといろいろとあるんでしょうね。しかし釣りたてのお魚を焼いてもらうとメッチャ美味しいんでしょうね。
だってそれは同じくご商売されているのだから、色々な面でお思いになる事はやはりおありでしょう?
私と同じ匂いのするソニックマイヅルさんは、同じ食いしん坊と見た!でもこうして釣りをして遊ぶ機会は、ないのですね。
釣りたての魚の旨さは格別、海に近いのですもの、漁師さんとも是非お友達に^^

ゲンさんおかさん様へ
釣れなくてもツマラナイ、しかし釣れ過ぎたら買い取りですから。
10匹以上釣ってしまっていた家族、多人数でしたら一人二匹と食べきれますけど、どうするのかなと思ってしまいました。
鱒は仕入れて放っておくもの、対しておそうめんの原価は最高級品にしても、一人前の価格等たかが知れています。
それに長い付き合いに内には、言いた事もあるのでしょうね^^;

まつきさんへ
釣りにかかる費用の安い事、これも田舎なればこそ。
億万長者に関わらず未だ儲けにはしる〇なかの森を再度思い出してしまい…、向かいのそうめんと言い、ボンビーな我が家向きじゃない事を実感!
お洗濯は私が出来たら良かったのだけど、家と違って場所的に私には無理な状況・・・息子よ、お疲れさん^^
by hana2017 (2017-05-25 13:03) 

hana2017

みうさぎさんへ
内臓までのみこんでしまうと、どうしてもそうなってしまうんです^^;
>釣れて 300円は安いよっ
・・・って、どこから?
釣った分はキロ当たりの買い取りと、さばいて焼いてもらってまでで、5000円以上支払ったかと思います。
by hana2017 (2017-05-25 13:11) 

kick_drive

こんばんは。久しく釣りに行ったないなぁと最近思っていたところに今回の記事。うわぁ~こっちゃんに先を越されてしまいました。
あのブルブルッとした感触は一度覚えてしまうと病みつきになります。
その場で焼いてもらえるのはうれしいですね。家に帰ってから魚をさばくと後々面倒なことになりますから。

by kick_drive (2017-05-25 21:15) 

ぼんぼちぼちぼち

焼き立てを店内で食べられるとは嬉しいサービスでやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-05-25 21:21) 

hana2017

kick_driveさんへ
こんばんは。
この釣堀では普段餌やりをしていないのか?入れたらすぐ食いつく、入れ食い状態(笑)
こっちゃんでさえ、すぐ釣れてしまうのですもの、面白いのは当然!
私も一尾くらいはとやってみましたが、引かれる竿を強引に持ってくる楽しさ♪ 潮干狩りでのアサリとの闘いが思い出されます。
鮮魚のもつあのヌルッとした触感、あれには私も慣れません。日本人の魚離れが理解できる面倒くささもありますしね^^

ぼんぼちぼちぼちさんへ
釣ったらその場で焼いてくれる・・・こちらでは当然のサービスながら、都内の釣り堀では、敷地の狭さ、周囲の環境への影響もあるから、ダメなのかしら?
美味しかったですよ♪
by hana2017 (2017-05-25 21:44) 

末尾ルコ(アルベール)

昼間はやたらと暑くなっている今日この頃です。塩焼き、いいですね~。
『この子の七つのお祝いに』・・・ありましたね~。また観たくなりましたよ。あのような映画ならではの、しかも一流の監督、キャストで撮られる作品も近年は望むべくもなくなっていますからね。岸田今日子、ちょっと登場するだけでシーンをさらってしまう女優の一人でした。
どんな分野も非常に似通った状況なのですが、プロレスの世界も現在は、技は派手で危険度がアップしているけれど、昭和の時代のレスラーたちの特別なバリュー感はまったくありません。試合とか技とか、どうもゲーム感覚が強く影響している感じを強く受けます。RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-05-26 16:43) 

hana2017

末尾ルコ(アルベール)さんへ
増村保造 監督の「この子の七つのお祝いに」は、元夫の娘を誘拐して勝手に育てるというシチェーションだけでも怖いのに、憎悪と復習の果てが・・・7歳になった娘に着せた晴れ着と、真っ赤かな血染めのお布団・・・と言う救いのなさ、ひたすらに残酷で怖い映画でした。
その後、ハリウッド版もリメイクされた「リング」からはじまって、次々と製作\公開されたジャパニーズホラーの数々。
鈴木光司の原作は本当に怖かった、一気読みしてしまったばかりか、深夜にひとりではビデオが見られなくなった程なのに・・・映画化された「リング」は作者の表現力を越えられないばかりか、原作のもつミステリアスな要素が欠落した、安易で思わせぶりな単純な展開ばかりでガッカリ。
プロレスに関して語るべき言葉のない私ですが…。
観戦マニアの息子曰く、大阪へ行ったら関西風のノリ。沖縄では沖縄ならではの現地のムードがあり、その辺りも含めた楽しさがあるとか。
プロレスも興業の一環であるだけに、観戦者たちの年齢、好みで変わってしまうのは仕方のない事。…なんちゃって、全然わかっていませんよね^^;
by hana2017 (2017-05-26 21:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0