So-net無料ブログ作成

今年も行ってきた、さくらんぼ狩り・・⑦最後は・・・アジアン [2017・6月さくらんぼ狩り またまた福島&山形]

さくらんぼを思いっきり食べたら、後は帰るだけ。
行きとほぼ同じ、米沢から福島県内へ。昨年あれ程ハマってしまったと言うのに、今回は酒蔵に一軒も寄る事もなく、ひたすら家路を急ぐのみ。
それでも夕ご飯くらい食べましょう・・・と最後に立ち寄りしたのは、こちら。
象1.jpg
タイ料理を中心とした東南アジア料理のお店「象の家」さん。ラストオーダーぎりぎりでした[あせあせ(飛び散る汗)]

    象2.jpg
帰路も一般道を走ってきたから、遅くなってしまいました。でもお腹が空いてちょうど良かったかも。

テーブルに着くと真っ先に目についた・・・奥にステージがあるのは、ジャズ演奏、アフリカミューシック、民族音楽等・・・のアトラクション演奏があるからみたいです。
象3.jpg

※ここ大谷地区は、古くは帝国ホテルの玄関部分に代表される・・・大谷石の採掘場であるだけに、石造りの建物が数多くあります。
大谷石を採掘して出来た巨大な地下空間「大谷石地下採掘場跡」は観光スポットとして、また各種イベントやアートフェスタが開催されます。
こちらも数十年前に建てられた 大谷石の倉庫を改装したレストランである模様。
石の持つ素朴さと、オリエンタルな雰囲気が 融合した店内のムード。

二人で分けて食べるシェアメニューをオーダーしました。
象5.jpg
   象6.jpg
ホタテの稚貝入りのトムヤムクン風スープは、辛くて酸っぱくて、コクもある。パクチーも効いていました。
トマト・バナナ・玉ねぎ・ココナッツ入りピリカラのフルーツサラダ、プレートに添えてあった大根の鳥、人参のバラの花で・・・アジアンな気分を満喫。
カービングナイフ1本で彫刻してゆく、 タイが世界に誇る伝統工芸である「野菜カービング」。
スイカやメロンを使った、彫刻状に美しく切りとった野菜やフルーツは、タイの宮廷料理に添えられるカービングという手法です。
選べる一品料理は、プラス料金の発生しないパッタイ=ビーフンのタイ焼きそばで決まり。お酢だっけ、ラー油だったかしら?調味料をふって食べました。

象7.jpg
選べるカレーでは、私はグリーンカレー、夫はインドカレーを選びました。
鶏肉・筍・茄子・フクロタケ入りのグリーンカレーは結構本格的な味ながら。。ライスが残念ながらインディカ米じゃなかった[バッド(下向き矢印)]

〆はスイカのシャーベット、おもち入りカボチャのおしるこ、ジャスミンティで終わり。以上@1600円のコースでした。味はまぁまぁでしたが…。
象4.jpg
月に数回、カービング教室を開催しているのですね。

そう言えば、むかーし旅行した時に泊まったバンコクの「オリエンタルホテル」の食事では、毎回カービング装飾が楽しませてくれました[るんるん]
例えばカボチャのスープをオーダーした場合、敷いた白いナプキンは蓮の花の形に折りたたまれ、スープの器となった小さなカボチャも美しく花型にカットされていた。
またタイ料理に付もののマナオ=タイのライムだって、半カットされたものがガーゼで包まれて、手を汚さない工夫がしてあり・・・。
ハーヴ入りのフィンガーボールも当然付いてきて、そうした小さなところから貧富の差を感じたものでした。
他にエステ、マッサージ、ブランド品ショッピングと…誰もがマダ~ムになれる国・タイランドを一人孤独に懐かしみつつ・・・今回のさくらんぼ隊は解散と致します。
nice!(79)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 79

コメント 14

ソニックマイヅル

おはようございます。アジアンテイストを満喫されていますね。グリーンカレー、久々に食べたくなってきました。カービング装飾も素晴らしいですね。^^;
by ソニックマイヅル (2017-07-13 09:31) 

hana2017

ソニックマイヅルさんへ
おはようございます。
ソニックマイヅルさんの馴染みのないところばかりでゴメンナサイ。
カービングでちょっとググったら、素晴らしい作品の数々。
手先が器用なのはタイ、インドネシア、ベトナム・・・と日本人だけとは限りませんね。
暑い日にはエスニック、美味しいと思います♪
by hana2017 (2017-07-13 09:37) 

まつき

素敵な雰囲気のある店内ですね~!
おぉ、鳥の大根、むちゃんこカッコイイ~!!
・・・で、これは食べるんでしょうか??
食べるのもモッタイナイし、食べないのもモッタイナイような・・・(^^;
by まつき (2017-07-13 11:37) 

hana2017

まつきさんへ
昔はなんて事なく思っていた大谷石、こうした石造りの建物の良さが理解できるのも大人になった証しなのかなぁと^^
カービング細工は勿論、食べません。…て実際に齧っちゃう方も中に入るのでしょうけれど、そんな時のお店の人の声「あーー!」が聞いてみたいかも^m^
by hana2017 (2017-07-13 11:49) 

ゲンさんおかさん

たま~にマダム気分を味わうのは
心の洗濯になりますね。
旅行中は爪のささくれが治るのが嬉しいワタクシ。
(ゴム手するのが面倒で、漂白剤の入った桶に
 直に手を入れるのが悪いのですが・・・)

パッタイって食べた事がありません。
魚醤で味付けをしてあるのかしら。
食べてみたいです。
写真を見ていたらお腹が空いてきました。
by ゲンさんおかさん (2017-07-13 11:52) 

hana2017

ゲンさんおかさん様へ
今の私は、マダムとは程遠い姿、生活ぶりでして・・・ホントミジメ(^^;
ヨーロッパやアメリカは母と行ったものの、タイ二度目は一番親しい友人と一週間、これでこれからはどこへでも一緒に行けるね…って話していたのに、私がこんな事になってしまった。
あの時はオリエンタルに、グランドハイアット、ペニンシュラへも行ってしまいました。
友達と行くって楽しい!おかさん様はこれからも友人、姪っ子さん達、K子姉ちゃんとも・・・恵まれていますね♪
by hana2017 (2017-07-13 12:50) 

ma2ma2

美味しそうな夕飯ですね!
大谷石の採掘場跡には数年前に行って来ました!
巨大な空洞にビックリしました(^^)
by ma2ma2 (2017-07-13 16:56) 

サンダーソニア

果物のルビーサクランボの後に
ルビーも有名なタイのお料理
なかなか 洒落てます。(えらそーwwなワタシコメ


by サンダーソニア (2017-07-13 16:59) 

hana2017

ma2ma2さんへ
大谷石の採掘場跡の地下空間へお入りになりましたか。実は私は行っていないのですが・・・あの中ではよくコンサート、映画の撮影とかにも使われるのです。
あれだけ大量の石を切り出してしまった為に、あの当りの地下は穴だらけで怖い事になっているのです。

サンダーソニアさんへ
タイってルビーでも有名なんでしょうか。宝石好きなサニーさんが仰るのだもの間違いなしですね。
この時はどうしてか、タイ料理が食べたいお口になってしまっていただけ。なーんて、ノリの悪いコメレスでシツレイ^^;

by hana2017 (2017-07-13 17:28) 

末尾ルコ(アルベール)

外観も内装もとてもいい雰囲気のお店ですね。特に夜にお食事を楽しむにはぴったりだとお見受けしました。しかもアフリカ音楽なども聴けるという、とてもいい時間を過ごせそうな場所です。
ドラゴンフルーツって、わたし食べたことないんです(笑)。そう言えば、子どもの頃は夏の大きな楽しみだったスイカも近頃は滅多に食べません。今高知は、大きくてリーズナブルなトマトの真っ盛りです。  RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2017-07-14 00:28) 

hana2017

末尾ルコ(アルベール)さんへ
歴史と経験に裏打ちされた石造りの建物たちは、どれを見ても皆趣きが感じられます。
こちらの店も、これで接客さえ良ければ・・・・でしたね^^;
>ドラゴンフルーツって、わたし食べたことないんです(笑)。そう言えば、子どもの頃は夏の大きな楽しみだったスイカも近頃は滅多に食べません。
え、ドラゴンフルーツはどうして?単独で食べていないだけで、デザートの盛り合わせとかに入っていると思うのですけれど。。
スイカは我が家も丸ごと買う事は年に一度あるか、ないか。
二人きりですと到底食べきれないのです。手軽なカットスイカでしのいでいます。
南国の太陽と潮風を受けて育った高知産のトマト、想像だけで美味しいのがわかります^^
by hana2017 (2017-07-14 13:44) 

hana2017

薔薇少女さんへ
ご訪問下さり、沢山のnice!、ありがとうございます~~♡
by hana2017 (2017-07-14 13:46) 

れもん

象の家は行ったことがあります。ランチで。夜の明かりは雰囲気がありますね。タイカービングなるものはここで初めてみました。きれいでしたね。
by れもん (2017-07-15 20:55) 

hana2017

れもんさんへ
夜のムードは中々なんですけどね‥‥。それ以上の事は、ここで書けません(^^;
ランチメニューも、夜のセットメニューも、ほぼ同じようかと。。生春巻きがなくなってしまったのか、サラダになってしまっておりました。
本場のカービング細工はもっとスゴイ!細かくてとっても丁寧なのです~~
by hana2017 (2017-07-15 22:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0