So-net無料ブログ作成
検索選択

デッカイドウ北海道旅行・・・④「六花の森」へ [2017・8月北海道・千歳~帯広・釧路。霧多布]

          十勝へ.jpg
千歳東ICから道東道で十勝まで約2時間半、距離にして約200キロあまり。
あっと言う間に通り過ぎてしまい、写真は撮れずじまいだったけれど・・・美瑛の丘のような美しい光景もありました。
その後も真っ直ぐ伸びた、気持ちの良い道がずっと続く。十勝平野は広いです。
帯広JCTから南下国道をを走っていたら、「幸福駅」跡への看板が見えた。あのブームは何十年前だったろう?
広尾線は40年以上前、昭和62年廃線となったと言う。夫と訪れた時鉄道はまだ走っていたのだ。
それから私達の出発した同じ21日、新千歳空港でANA機の出発が遅れた時のサプライズ、松山千春が機内で即興のライブ♪・・・その「神対応」は話題となりましたが・・・彼の出身地である「足寄」へもその時は足を運んだのだった←10日間の滞在、それにしてもミーハーだよねぇ。

    帯広へ2.jpg
「お菓子は、大地の恵み」…とする、北海道を代表するお菓子メーカー「六花亭」。
マルセイバターサンド、大平原、カラフル・マンス、ストロベリーチョコ・・・と言ったお馴染みの商品たちはどれも高品質であり美味しさも確かなものに思える。

[ぴかぴか(新しい)] 六花亭の文化擁護・支援により生まれ、維持されている風景式庭園、正式名は六花亭中札内ファクトリーパーク・・・「六花の森」です。
旭川-富良野-十勝を結ぶ北海道ガーデン街道の南端である地に、花柄包装紙に描かれた草花でいっぱいの森をつくりたい。・・・との理念の元。
手入れの行き届いた100,000平方メートルの敷地内に、「十勝六花」のエゾリンドウ、ハマナシ(ハマナス)、オオバナノエンレイソウ、カタクリ、エゾリュウキンカ、シラネアオイの花々が開花する。

雨の為に見学者も少ない中、ソロリソロリと散策する。木製チップが敷かれた道路は歩きやすいものでしたが‥‥心細いくらに静かな雰囲気が漂っていた。

                     帯広へ3.jpg
六花亭包装紙に描かれた・・・シラネアオイの花、残念ながらとっくに咲き終わっていました。

帯広へ4.jpg
毒草であるが紫の袋状になったガク片が美しい、「エゾトリカブト」。

帯広へ5.jpg
「六花」のシンボル、この地だけでなく北海道そのものを代表する「ハマナス」、ここでは「ハマナシ」と表現されています。

          帯広へ6.jpg
丘の上の彫刻「考える人(ロダンから)」、彫刻家・板東優氏による作品だそうです。

帯広へ7.jpg
森があり、小川が流れる、丘もある…かつては存在していた自然風景を活かした園内。中心的な存在のハマナスの花が一斉に開花し、濃いローズ色に覆われたらどんなに見事であろう。

帯広へ9.jpg
ツリガネニンジン、ヤブカンゾウ、キキョウがすでに終わりかけている中、薄紅色をした花を多数つけたミゾソバ?白いのはシシウド?
ミソハギ、オミナエシの花はわかりました。

     帯広へ8.jpg
十勝六花に代表される山野草の他、十勝の山々を集めた原画の並ぶ「坂本直行記念館」内は、撮影禁止との事。

帯広へ10.jpg
                  帯広へ11.jpg
坂本直行が描いた六花亭の花柄包装紙で壁画を埋めつくした「花柄包装紙館」、児童詩誌「サイロ」の表紙絵を一面に飾った「サイロ五十周年記念館」と、クロアチアの古民家を移築した美術館が点在しています。
キキョウの花の開花は2~3輪で寂しかった。
土の上に沢山落ちていた胡桃の実、北国の短い夏の終わりが感じられました。
帯広へ12.jpg

お菓子類以外にも、カラフルで可愛い「六花亭」の包装紙でおなじみ・・・坂本直行画伯の花柄をちりばめたデザインのボールペン、メモ帳、クッションカバーまで・・・オリジナルグッズ類が並ぶショップ。奥にはカフェも併設されています。
今はこんなに静かながら、一週間前のお盆期間中は大勢の客で賑わっていたのでしょうね。
雨に濡れてなので短時間で周ってしまったのだけれど、今思うともったいない空間でした。

入館時にパンフレットと手渡されたポストカード。だれ宛てで使おうかな?
                      帯広へ13.jpg
続きます。
nice!(87)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

nice! 87

コメント 11

ma2ma2

ポストカードは六花亭の包み紙のデザインですね!
松山千春の対応は話題になっていましたね(^^)
by ma2ma2 (2017-09-12 20:26) 

hana2017

ma2ma2さんへ
夏休み、2月の雪まつり期間中の羽田は、この絵が描かれた紙袋で溢れているのはとっくにご存知の通り。
松山千春、一曲と言わずに2~3曲サービスしてくれたらもっと良かったのにと思いました^^
by hana2017 (2017-09-12 20:55) 

末尾ルコ(アルベール)

雄大さと繊細な美の共存・・・北海道はいいですね~。ところでこうした植物が豊富な場所には蚊はでないのでしょうか。高知は至る所蚊が出没しまして・・・。 
バーブラ・ストライサンド・・・中学時代はわたし以外に一名、知ってるクラスメートがおりました。ただ、今よりは洋画などに興味を持つ人は多かったです。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2017-09-13 03:10) 

hana2017

末尾ルコ(アルベール)さんへ
六花亭の企業姿勢、接客のレベルの高さは・・・お嫁さんが北海道の人なので以前から聞いておりました。
確かにそう言われたら…しかし北海道と言えば、ゴキブリがいない事で知られているくらい、ここ数年の暑さでそれもどうかわかりませんけれど。
この後も二泊は、相当な山の中。そう言った水の綺麗な場所=アブが多く発生する、噛まれたらその痛さは最悪ながら・・・今回は、蚊、アブ共に幸い遭遇する事もなく。。
今頃になって。自宅で生き残った強力な蚊に悩まされているのです。
バーブラ・ストライサンドの名前は知っているものの、彼女の歌声は聴いたことなくて、大柄なデカ鼻のオバサンとしか認識しておりませんでした。低レベルな感想で申し訳ないです。

by hana2017 (2017-09-13 11:01) 

まつき

真っ直ぐな道路、気持ちよさそうですね~!(^^)!
これなら私でも運転出来るかも??(笑)
松山千春の神対応、恥ずかしがり屋のウチの教祖様は、
まずやらないな~と思って読んでました(^^;
ポストカード、額に入れて飾っておくのも可愛いですね♪
by まつき (2017-09-13 12:36) 

みうさぎ

でっかいどう北海道~芽吹いている?花は奇麗ですねっ
北海道行く機会あった行ってみたいとこですよん~

by みうさぎ (2017-09-13 12:38) 

旅爺さん

北海道をレンタカーでの旅は大いに楽しめたようですね。
昔土産は白い恋人でしたが25年ほど前からマルセイバターサンドに
なりましたね。釧路では凄い数のトリカブトに出会いました。
また行ってみたいです。

by 旅爺さん (2017-09-13 13:16) 

hana2017

まつきさんへ
上のは道東道上で撮ったものながら、普通の一般道でも大きな街から外れたら信号もなく、ひたすら真っ直ぐ!
帰ってきて茨城県内を走行中、その違いを大いに感じた私でした。
松山千春はそれ程上手とも思えず、最近の曲も知らなかったりしますが、サスガは北海道の人!乗客から「このハゲーッ」のヤジが飛ばなくて良かった(笑)
帰路の新千歳では、洋さんの一枚も撮ってきましたよ^^
額に入れて・・・の発想はありませんでした。ありがとう~♡

みうさぎさんへ
お嬢さん、ねねさちゃんとご一緒に如何かしら?
飛行機に乗ってしまったら、北海道は近いですよ。

by hana2017 (2017-09-13 13:25) 

hana2017

旅爺さんさんへ
白い恋人は美味しいとは思いませんし、マルセイバターサンドもホントはチョッと苦手。こちらのショプでは、他で売られていないヴァージョンもあったのですけれど。。
釧路へはこの翌日に向かいました。
by hana2017 (2017-09-13 13:29) 

いっぷく

>デッカイドウ北海道
長男が学校でそう言ったら「昭和の香り」といわれたそうですが
でもやはり最初の画像を拝見すると広いなあと思いますね。
道も真っ直ぐですと、運転していて万が一眠気をもよおしたら
という心配でコーヒーをがぶ飲みしてしまいそうです。
by いっぷく (2017-09-13 23:32) 

hana2017

いっぷくさんへ
旭川から美瑛の雄大な景色に魅せられてから…これは毎年、来なくては!と改めて思った北海道です。
すでにほぼ一周は二度、それ以降はピンポイントで訪ねたいところだけに行っています。それくらいに雄大な北海道!
昭和そのもののの人生を送ってきている私^^・・・ですもの、デッカイドウ北海道でもいいの。
これが最北を目指すオロロンラインなどは更に、人家さえ見あたらないと言いますもの・・・眠気よりや熊よりも、ガソリンの給油には常に気をつけないといけないのであります。
by hana2017 (2017-09-14 11:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。