So-net無料ブログ作成

ふらり上州路・・・①桐生はソースかつ丼だ [2018・2月おばあちゃんバースディ・伊香保温泉]

先々週の土日は家族で、群馬にある伊香保温泉へ泊りに行ってきました。
湯治場として知られる伊香保の歴史は古く、雪深い山奥でもなく、都市部からも比較的近い土地柄から・・・今に至るまで多くの温泉客で賑わい続けてきました。
シンボルとして知られるのは、温泉街の中央に高くのびた石段で、石段街を浴衣姿でそぞろ歩く楽しみ。・・・そうした伊香保の風情も、この冬の時期は無理。宿に泊まり温泉に浸かって来ただけながら、皆それぞれ楽しんでくれたみたいでした。

用事が出来た為さいたまから直行する弟夫婦。そこで我々が実家へ立ち寄り、母を乗せて3人で向かおうと言う訳。
実家ではまず翌週分の買い物を済ませてから、行き先がお隣の群馬である事、目的もない旅なのでその辺りは余裕です。
とにかく雪が降らなくて良かった。雪の中を出かけて行くのは考えただけでも憂鬱です。
しかし渋川市内から榛名山へ向かう中間にある温泉だから、市内に積雪はなくても安心はできないのだ。
幸いにも当日は晴れ!私ってやっぱり晴れ女[晴れ]
上州名物・・・「かかあ天下」と「空っ風」って聞いたことありますでしょう。
晴れてはいるものの強風、遠くへ目を向けると、激しく舞う茶色い土ぼこりが本当にスゴイ!

          桐生1.jpg
夕ご飯を美味しく頂くには、早めにお昼ご飯をすませる。←これ、大事です。
そこで群馬県内へ入ってすぐの桐生で、名物「ソースかつ丼」を食べましょう。

桐生2.jpg
店内に張ってあった、「桐生町商工業家名鑑案内」。
織物の産地として江戸時代から続く伝統をもつ桐生。今も残る織物工場、土蔵、レンガ蔵。そして桐生うどんなど・・・独自の食文化が育った様子が伺えます。
群馬で「かつ丼」といえば「ソースかつ丼」。そこには栃木の足利も入りますが、地元で人気のB級グルメのひとつであります。
群馬を訪れたら一度は食べてほしい・・・サクサクしたかつ丼は卵でとじていないのが特徴。さらっとした甘めのソースがしみ込んでも、カリッとしている衣も美味しい。
米作に適さない土地柄ゆえ、うどんやラーメン、ソースかつに焼きまんじゅう(これは最後に登場しますので、説明は後で)・・・と言った小麦主体の食文化の発達があった・・・と想像しました。
ソースかつ丼は長野県の駒ヶ根や北陸の福井が有名ですが、関東にだってソースかつ丼はあるのです。
      
ソースかつ丼の元祖! 「志多美屋本店 」さんは、ソースかつ丼を最初に出した店。
桐生でも一番の人気店であり、私達は、二度目の訪問となりました。
入店したのは12時過ぎ、店内は満席どころか名前を記入して待つ人々が沢山です。
      桐生3.jpg

私と母の選んだレディスセットは、ソースかつ丼に、サラダ・漬物・デザートのアイスまたはビール付きながら、デザートなしにした場合は100円引き。
ご飯の上にカツをのせ特製ソースをかけただけのシンプルなスタイル。ソースかつ丼のお肉はひれ肉が使われていて、ご飯の上にキャベツは敷いてありません。タレもあっさりです。
そーすカツ4枚の夫の定食には味噌汁のほか、冷奴、ミニサラダが付いていました。トレーには追いガツオならぬ、追いソース付き。
桐生4.jpg
サラダがチョッとガッカリな内容ながら、ここはソースかつのお店ですから。

地元の方がほとんどらしき中、私達のような観光客に、持ち帰りのお弁当を買いに来るお客さんが次々。絶えることがないものの、メニューが決まっているだけにサクッと注文、サクッと食べて、次の方に席を譲る。
休日の混雑に慣れた店のスタッフさん達、手慣れた動きで無駄がない。それでいて親切で感じも良かった。
手頃なお値段で美味しいお昼が食べられました。良いお店です[グッド(上向き矢印)]
前回の伊香保温泉への途中立ち寄りしたのは、「桐生ひもかわ 藤屋本店」でした。
そこでもソースかつ丼は食べたものの、ひもかわで有名なお店。幅の広い独特なかたちに驚かされたものの、メインはどちらなのか不明でしたので。。

桐生5.jpg
渋川市内からは赤城山麓を通り、前橋まで。「上毛三山」のひとつ榛名山を目指して今度は西へ。

桐生6.jpg
「日本三大うどん」のひとつと言われる、水澤観音の門前に広がる「水澤うどん」地区をぬけたら到着です。
泊まったのは、「洋風旅館ぴのん」さん。
館内1.jpg
伊香保と言えばおじさん達が大型バスで乗り付ける昔ながらの旅館のイメージが強い場所ながら。。
ドーム風の建物の右にレストラン「夢味亭」。続いて白いガラス張りのチャペルが建っていました。レストランウエディングをして、そのまま宿泊するのも可能。左に見える二階建て、ベージュ色の建物がホテル棟になります。
続きますね。
thanks(82)  コメント(10) 

thanks 82

コメント 10

末尾ルコ(アルベール)

このソースカツ丼は美味しそうですね。わたし、カツが大きく、ご飯が多いとなかなか間食できないのです。このソースカツ丼なら間食できそう。味噌汁がたっぷりで、カツの脂分を緩和できるのもいいですね。ドーム風の建物があるとやはり目を引きます。

わたしは基本的に「強い女性」を描いた映画が好きなのですが、確かにたまたま『アデル~』も『テス』も「運命に翻弄される女」ですね(笑)。二本に共通するのは、二人の主演女優がまさに映画的な非日常の美貌であるというところかもしれません。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2018-02-28 22:25) 

hana2018

末尾ルコ(アルベール)さんへ
普通のトンカツ、一般的なカツと言えばロースカツ。そして大盛りキャベツに、ご飯ですから・・・私も同感、パック入りのロースカツのお土産付きでの帰宅となってしまうのが常。

「強い女性」好きなのも同じです。だって男でも、女でも強くなければ話になりませんもの。
>二人の主演女優がまさに映画的な非日常の美貌であるというところかもしれません
仰る通りでございますね。
美貌で、強い意志をもち、そこに野心があったら・・・まさに怖いものなし!
今更もう遅い、それに何より私には美貌がないけれど、気持ちだけは強くありたいと思い続けております。。
by hana2018 (2018-02-28 22:41) 

えーちゃん

ソースかつ丼は、まだ食べた事無いので食べてみたいです(゚□゚)
by えーちゃん (2018-03-01 06:35) 

ゲンさんおかさん

丼にする必要があるのか
いつも思うソースかつ丼。
普通に豚カツ定食の方がいいな~、
と思うのは、馴染みが無いせいでしょうね。

「手打ち豚カツ」なる看板も
そちらでよく見るような気がします。
「足打ち」出来るならしてみろと、
看板を見る度、突っ込んでいたワタクシです。
by ゲンさんおかさん (2018-03-01 08:52) 

hana2018

えーちゃんさんへ
ソースかつ丼は足利、群馬は近くなので何度も。
福井のヨーロッパ軒で食べたものは、遥々・・・と言った思いもあって美味しく感じられましたよ♪

ゲンさんおかさん様へ
夫の頼んだソースかつ定食は別盛りでしたけど、それだけにご飯と共に味わえるように・・・ソースが付きます。
ご飯に浸みたソースやカツの衣、一緒に食べるから美味しい!ってところもあちますわよ^^一度お試しをされたらいかがでしょう。。
by hana2018 (2018-03-01 09:02) 

馬爺

おはようございます。
ソースかつ丼は美味しいですね、とんかつソースをかけるだけでもいいですね。
by 馬爺 (2018-03-01 09:40) 

まつき

一昨日、久しぶりに叔母の運転でランチを食べに行ったのですが、
父、母、叔母とトンカツ絡みのメニューを頼んだのに、私はネギとろ丼。
今頃になってトンカツにすれば良かった~と思わずにはいられない、
美味しそうな画像でございます(T_T) えーん、お腹すいたよ~(>_<)
by まつき (2018-03-01 10:57) 

hana2018

馬爺さんへ
こんにちは。
ソースかつ丼はあのサラッとしたちょっと甘めのソースがたれとなっていて美味しい。トンカツソースとは私には、少し違うような感じがします。

まつきさんへ
海鮮系丼も大好き♪
私も新鮮であれば当然そうしますけれど、群馬は栃木と同じで海なし県ですから。。
そうですよね。私も書かれたコメントを読んで、もう一度食べたい~~となっているのでござる^^

by hana2018 (2018-03-01 12:56) 

tarou

お早うございます、ハートピア熱海にコメントを
有難うございました。
熱海桜は咲くのが早いです、
河津桜が咲き始めていました。

カツ丼大好き、
ソースカツ丼も良いですね(^_^)v

by tarou (2018-03-02 07:19) 

hana2018

tarouさんへ
熱海は温かだから、熱海桜を私が見たのも1月末~2月の初旬頃。梅林の梅ももう終わってしまった事でしょう。その後の河津桜も満開は過ぎたとか。。
ソースかつ丼はご存知でしょうか?

by hana2018 (2018-03-02 16:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。