So-net無料ブログ作成
検索選択

ランチは、谷田便利軒で [ドライブ・栃木県東]

緑もまだ鮮やか、秋は空気が澄んでいて、空が高いです。
少し前(10月初旬)に、食べに行ったところながら。。
               m_E8B0B7E794B0E4BEBFE588A9E8BB920-0ff6a.jpg
店名が入った、シッカリした作りのレザーコースターはオリジナル。
那珂川町の谷田にあるカフェは以前から気になっていたものの、タイミングが合わなくて訪問する機会がなく・・・この日はじめての来店となりました。

谷田便利軒1.jpg
稲の実る時期で道路からは見えにくかった。周りにはこれと言った目ぼしい建物もない、廃校となってしまった小学校だけが目印。
オレンジ色に近いログハウスの建物が特徴です。
時間の関係で下調べらしき事を全くしてなかったのですが・・・。
さて訪問は平日のランチタイム、12時を少し過ぎていました。混んでいると思っていたのに…幸い先客はなし。
駐車スペースはお店の入口前、道路から入ってすぐに数台分の駐車場があります。
入店したら飛び込んでくる・・・ホントに様々なもの達。
その価値が私にはわからないながら・・・年代物のスピーカーやプレーヤーなど、マニア的には垂涎ものばかりとか。
          便利軒2.jpg
趣味と拘りの楽器やオーディオ、ポスターが沢山飾られた店内は・・・「昭和」のムードです。
私が学生の頃行っていた、昔ながらの喫茶店のムードが漂う店内。店内で流れるBGMは、勿論ジャズ[るんるん]

店内からは一面に広がる田畑が見えます、黄金色に光ってます。
便利軒3.jpg
田んぼビューのロケーションは最高!長閑そのもの。オーナーさん一家は群馬の赤城山近くから、この地へ越してこられたのだとか。

2人用のテーブルはやや小さいですが、さほど圧迫感はなく許容範囲?
ご家族で営まれる小さなお店だけに、カフェメニューは豊富ながら、ランチは店内のボードに書かれている中からチョイスする仕組みです。
メニューは限られてしまうものの、メインにサラダ&前菜・ドリンク・デザが付いてくるお得なセット。

谷田便利軒4.jpg
パンプレートには キッシュと野菜サラダがのって。。
サラダはまぁ普通ですが、ビルマ汁?スープは辛さと野菜の甘み、コンソメの旨みも効いていて美味しかった。
谷田便利軒5.jpg
私の選んだカレードリアと、夫のチョイスはナポリタン!
しっとり炒められたケチャップライスはカレーとの相性もよく、気がついたらペロリ完食!
前菜、スープ、メインに食後のデザート&ドリンクで・・・しっかり満足のボリュームはステキです。

プレートにのった丸いパンは娘さんが焼いているものだそう。
・・・と言う事は、デザートのうさぎや猫さん型のミニクッキーも、きっと同じなのでしょう。
      谷田便利軒6.jpg  便利軒4.jpg
ふわふわのシフォンケーキに、丸いのは一粒のぶどう、すぐ近くにある「平野ぶどう園」さんのかしら?冷えていて美味しかった。

お店全体に漂うユッタリ、まったりなムード。そして出来立ての美味しいご飯で満足させていただきました。
ガラスボトルに入っていた、一口サイズのミニスコーンもお土産に頂きましたしね…。

…ところで、店名は谷田の地名。そこに作家・三浦しをんの「まほろ駅前多多田便利軒」も関係しているのでしょう。
後日訪問した夫が聞いたところ、ログハウスの建物はフィンランドから取り寄せたものとか。
それから・・・つい先日の訪問時は、満席で諦めて帰ってきたとの事ながら。。
手押し車を押してきたお婆ちゃん達の姿もあったとか。近所の人が気軽にふらっと立ち寄れる。ジモティー率が高いところに外れなし、良いお店です[グッド(上向き矢印)]

地元の人と、またはドライブ途中に訪問される方と・・・人気のカフェさんなのですね。また行きたいと思っていたら・・・我が夫さん、中3日で同僚のオジサンと食べに行ってきたと言う。
二人してスッカリ気に入ってしまったみたいで、その後も度々。ホント腹立つわぁ[ちっ(怒った顔)]
田舎には珍しく、朝からモーニングをやっている貴重なお店です。私もモーニングしに行きたい!
谷田便利軒
昼総合点★★★☆☆ 3.5


関連ランキング:カフェ | 那珂川町その他


https://www.facebook.com/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7-%E8%B0%B7%E7%94%B0%E4%BE%BF%E5%88%A9%E8%BB%92-481852781872552/
タグ:谷田便利軒

秋だから…こっちゃん台風だ~♪ [徒然]

今月の初め頃でした。家に息子と孫娘のこっちゃんが二人で遊びに来ました。
秋は収獲時期が続くだけに、各地で面白いイベントが開催されています。それも今回の帰省の目的のひとつながら。。

お出かけする・・・その前に、まずは我が家のOMOTENASI…その一。
家の庭は笑ってしまうくらい小さな、小さなものです。そんな庭でも楽しめる家庭菜園。
爺じの作る、トマトやキュウリ、ジャガイモなど。・・・自分の手でお野菜を採る。それだけで満足!興味シンシンのこっちゃん、
だからこの日も、お任せしますね!
こっちゃん1.jpg
お野菜も果物も実っているものは何もないこの時期、家の北側で茗荷採りでもしてもらいましょうか。
小さな子供に、茗荷の取り合わせって、シブ~~イ!合うとは思えないけれど。。
それでも割烹着に軍手姿の彼女、土を掘ってシッカリ茗荷を採っていました[わーい(嬉しい顔)]
爺じと二人でボールいっぱいの茗荷、お土産にするくらい掘れたようです。


お仕事が終えたら、お昼寝の用意もございますよ。
お気に入りのミッフィーちゃんのお布団を敷きましたので、どうかお休みくださいまし!
                こっちゃん2.jpg
爺じは一生懸命寝かしつけているようだけど、しかしそんな素直に寝てくれるなんて、甘い[あせあせ(飛び散る汗)]
もっと遊びたいから…お昼寝などしていられないのかな?
こっちゃん台風数時間で疲れてしまった私達。短時間でも寝かしつけて、ゆっくりしようと言う思惑。魂胆があったのだ。
しかし代わりに寝てしまったのは・・・ひねくれものではない私と、息子=パパの方。とっても素直な二人なのでした。
その間、子守りに専念していた爺じ、お疲れ様です。


こっちゃん3.jpg
少しだけ早かったものの、10月はお誕生月と言う事で、夜には一足早いバースディケーキ[ぴかぴか(新しい)]
立ち寄りしたケーキ屋さんで「これがいい」って自分で選んだものです[バースデー]
ついこの間生まれたばかり・・・と思っていたのに。こんなに大きく育って、今月無事4歳になりました。

4日(日)は他のイベントはパスし・・・こちらへ。街の中心部、オリオンスクエアです。
          こっちゃん4.jpg

道路をはさんである「宮カフェ」を覗いて歩いたり、またアイスを食べたりして。。

お買い物をしてからだから、イベント会場には12時頃到着。既に大勢の人が訪れていて盛況な模様です。
朝ご飯を食べて間もない感じながら、ステージではさておき、どんなお店が出ているのか見てまわりましょう。

「食育」をテーマにオープンした、 ワンコーナーがあり。。
メインはオムライスですが、ドリンクやスープ、そして副菜も栃木県産にこだわったメニューです。
県内で活躍するシェフたちのこの日限りのスペシャルユニット。
芳賀にある「mikumari」さんのスープ、氷室団地「maruyoshi」さんの副菜。「喫茶ともしび」さんのオムライス。・・・と三料理人による一日限定オムライスセットを求めました。
市内の果樹園で採れた果物を使ったデザートやジュースもセットされていて・・・料金的には少々高めながら、一日限りのスペシャルショップですから。
こっちゃん5.jpg
        こっちゃん6.jpgこっちゃん7.jpg
「Y's tea」さんのお野菜キッシュ、野菜中心のヘルシー弁当も。

ステージでは・・・。
栃木県のご当地ヒーロー。とちぎを守る「雷様剣士ダイジ」の出演するショーがはじまりました。
「とちぎテレビ」で放送中の実写ヒーロー番組の主人公である・・・「雷様剣士ダイジ」。勿論話す言葉は栃木弁!
ダイジの「だいじ」は・・・栃木弁の「だいじけ?」「「だいじだ!」からきたもの。大丈夫って意味よ。

「うつのみや食育フェア」のイベント・・・「雷様剣士ダイジが来るよ! みんな集まれ!」
          こっちゃん8.jpg
その内容はと言えば、予め選ばれている数組のグループがダイジのエンディング曲の「furifuri」ダンスを踊って、身体に付けたカウンターの数を競うと言うもの。
ギョウタンや、ミヤリーちゃんも登場してのヒーローショーでした。

こっちゃん9.jpg
盛り上がってます!雷様剣士ダイジと仲間たちによる、フリフリダンスパフォーマンス[るんるん]

こっちゃん10.jpg
プロスポーツチームのダンサーさんによるパフォーマンスもあり。
                             こっちゃん11.jpg
観終わったら、そろそろ帰りましょう。お家でママが待っています。
楽しかったけれど暑かった・・・この日、皆疲れたね。

          こっちゃん12.jpg
そのまま、都内の自宅まで送っていって・・・さようなら。
また、遊びに来てね。爺じと婆ばは何時でも待ってるから。。寂しいけれど・・・・でもまた次があるさ!!

※バースディケーキを載せてしまったために、お誕生日おめでとうコメントを頂く形になってしまいました。
本当に申し訳ありません。
コメントは強制ではありませんので、お気遣いなくお願いします。

10月はじめの那珂川町 [ドライブ・栃木県東]

気がついたら・・・って、遅っ!すでに10月も終わっちゃいますけど。。
          那珂川へ1.jpg
さて、10月はじめの頃の思い出。

もう何度行ったかわからないし・・・。
ブログ記事でも、何度登場しているかわからないくらいながら・・・。
那珂川へ2.jpg
またも、那珂川町。夫について行って参りました。早朝の空。雲は多めながら、朝焼けの空が綺麗でした[ぴかぴか(新しい)]
夫だけでなく、夫婦そろって今やスッカリ那珂川町LOVEな私達。
季節ごとに変化する風景、見飽きるなんて事はありません。

    那珂川へ3.jpg
田んぼアート「なかちゃん」は、そのままの姿でまだ残っていてくれました。
スッカリ黄金色に色づいた稲。白やピンクのパーツ部分はのび過ぎてしまい…ぼさぼさになった状態ながら。。

週末の土日、息子とこっちゃんが遊びに来ると言うから、それは大変!!
美味しいものをいっぱい、買いに行かなくちゃ[ダッシュ(走り出すさま)]
・・・と言う訳で食べものを調達に出かけた。お買い物三昧の一日なのでした。

那珂川へ4.jpg
まずはこちら、川魚専門店「林屋」さんです。

店先に置かれたベンチに座り、焼き鮎を頬張る中年カップル。←私達じゃありません。スイマセン、偶然撮っちゃいました。
店先のガラスケースには、この季節ならではの「天然活藻屑ガニ」がウジャウジャ。モクズガニは、以前立ち寄りをした時買い求めた事あり。今回のリピは別にいいかな。

そしてその奥で、炭火を使って次から次へと鮎を焼いている・・・スタッフの姿。お兄さんに了解を得て[カメラ]
          那珂川へ5.jpg
                             那珂川へ6.jpg
ズラリ並んでいて…綺麗でしょう!しかしこの日、私が求めたのは別のもの。
鰻の白焼きなのです。欲しいサイズのものがなくて、奥から蒸したてののものを持ってきてもらいました。
林屋さんの鰻と鮎は、数々のメディアで「取り寄せ」として登場&掲載されています。
先日亡くなられた岸朝子先生がお取り寄せされていたのも、林屋さんの鰻でした[グッド(上向き矢印)]
林屋
昼総合点★★★★ 4.0


関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 那珂川町その他



そして、この光景もお約束!
那珂川へ7.jpg

夏に焼き鮎をする為訪れてから、ひと月半経ってしまいました。あっと言う間ですね。

那珂川へ8.jpg
9月の大雨による川の増水と氾濫は大災害へと変わり、下流では甚大な被害をもたらしました。
ここ那珂川の高瀬のやなも、簗そのものは竹のもつ性質、構造から被害はなかったものの…簗へと渡る橋が流されてしまい、新しく架け替えられた橋なのだと言います。

          那珂川へ9.jpg
青空と清流と…なんら変わりない光景ながら、何時の間にか秋の気配におおわれていたのだった。
竹のすのこの上、左端に鮭が一匹打ち上げられているのが見えますか。那珂川でも秋は、川を遡上してくる鮭の姿が見られるのです。

          那珂川へ10.jpg
すぐ脇では、おじさんがすのこに上がった落ち鮎を網ですくい専用の木箱へ入れ続けていたものの。。商品価値のない鮭は、ホッタラカシなんです[あせあせ(飛び散る汗)]

                                   那珂川へ11.jpg
川を眺めつつ、今回は「うなぎの肝焼き」だけ食べました。やっぱり!これ、ウマイ[グッド(上向き矢印)]
道の駅でのお野菜から始まり・・・アチコチ走り回り、気がついたらお昼を過ぎてしまってます。
お腹が空いた。・・・で入ったお店については、後日。

今回の主な戦利品は、こちら。
那珂川12.jpg那珂川へ12.jpg13那珂川.jpg
日本酒にハマっている息子には、烏山の地で歴史ある酒造りを続けている烏山の蔵元「東力士」酒造の、「ひやおろし」極旨洞窟酒のラベル付き。
林屋さんの鰻の白焼き。谷田の「平野ぶどう園」さんのロザリオビアンコ。         

今回も、続きますね。

秋は美味しい♪その② [食]

まずは頂きものの・・・おりんご、おすそ分けシリーズ第二弾。

秋は美味しい1.jpg
見てビックリ[exclamation]世界一大きなリンゴ「世界一」です。
デリシャスにゴールデンデリシャスを交配して生まれました。当時育種に参加した弘前市で、「世界一大きなリンゴ」と宣伝されたことから、そのまま名称として採用されたそうです。
実際、手にのせてみるとずっしりとした重みを感じます。

先に記した・・・スカイツリー土産第二弾は・・・って、スカイツリーにそう何度も遊びに行っている訳ではなくて。。
実家の母が上ってきたと話したら、お隣の奥さんが「どうして誘ってくれなかったの?スカイツリーへは私も行きたいって思っていたのに。。」ですって。
恐るべし!おばあちゃんパワー[パンチ]
ヘタレな私などと違ってパワフル!好奇心、冒険心溢れた…おばあちゃん達。
これはもう、完全に負けてますな[たらーっ(汗)]
・・・と言う事で。お隣から頂いた一部を…もらってきたお菓子なのです。

ソラマチに入店している、「東京ばな奈」プロデュースのキュートなスイーツショップ。
そこで誕生した、可愛いハートいっぱいの「東京ばな奈ハート」。
知らない人はいない・・・そんな抜群の知名度を誇る、東京土産ナンバーワンのお菓子「東京ばな奈」。親しみやすいバナナってところが相手を選ばない、不動の人気の秘密ですよね。

          秋は美味しい4.jpg
ピンクとブラウンのハートが飛んでいる、東京ばな奈ハートって・・・いかにも女子受けしそうしそう。恥ずかしささえ覚える・・・可愛らしさ全開のルックスです[揺れるハート]
ハート模様のふわふわスポンジケーキから香ってくる、甘いメープルの香り。
バナナ味は従来のものと同じだけど、袋を開けた瞬間の香りが違いました。
口に入れたらふわふわの生地から、メープルバナナカスタードクリームがとろんと溶け出ます。

東京ばな奈はもういいかな?と思っていたけれど。。幸せの甘い香り、この「とろん」は万人受けする魅力だ!・・・と改めて感じた一時でした[るんるん]


こちらもまたソラマチだけの、オンリーワンショップだそうです。

                            秋は美味しい3.jpg
「ラフェミュルミュール」の「ルガール」バターパイはサクサクの食感、バターの香りが口の中でパッと広がった一品。
甘さ控えめな上品さと、バターが口いっぱいに広がる瞬間の驚き!・・・と。
知らないお菓子はまだ無数にある・・・って感じながら食べました。


スカイツリー土産ではないものの、同じく頂きものです[るんるん]
グレープストーン社のブランドである「銀のぶどう」や「東京ばな奈」。その「銀のぶどう」から生まれたウェハース専門店である「サンドウィッチショコラ」。
          秋は美味しい2.jpg  秋は美味しい5.jpg
濃厚なコクのある板ショコラを、独自の厚焼きカカオウエファースでサンドしたものが「サンドウィッチショコラ」です。
食べた瞬間の「サクッ!」の音とともに、ショコラの風味が口いっぱいに広がります。
チョコレート好きを虜にする濃厚なチョコの美味しさ。
期間限定で登場しているお菓子なので、まだ食べていない方もこれは是非味わってみてくださいね。

・・・と言いつつ、これ以上のおデブーになったら私、M子デラックスになっちゃいます。
それって、相当ヤバイです。
だから・・・一気喰いだけはやめましょう。こう見えても一応大人ですから[バッド(下向き矢印)]

nice!(67)  トラックバック(0) 

秋は美味しい♪① [食]

          シュウカイドウ.jpg
          大好きな花、シュウカイドウ。漢字で書くと秋海棠。その名からも秋そのものを感じます。
ぶらり能登が長びいてしまったせいで、通常記事のアップが出来ず。更新がしばらく滞った状態のまま、10月も間もなく終わりが近づいてしまいました・・・。
時が過ぎるのは、なぜこれほど早いのでしょう[exclamation&question]
これからの数回は、先月末からを少し振り返ってみますね。

まずは、これ!
          りんご.jpg
親しくしているご近所さんから頂いたおりんご、嬉しいおすそ分けです。
この季節、りんごと言えば青森りんご、信州りんご・・・がイメージされてしまうものながら。。
こちらのおりんごは、正真正銘の栃木産。市内にあるりんご園で採れた「ふじ」だそうです。
頂きものをしたから・・・と言う訳ではありませんが、ご近所さんはやはり大切ですね。
シャリッとした食感、甘くて瑞々しい・・・りんごの美味しい季節の到来を感じています。


私達と同じくSWに、都内墨田区押上の東京スカイツリーへ上って来た母。
83歳にして、高いところが大好き!生きている内にスカイツリーも上らなくちゃと言っていただけに・・・さいたまに住む弟家族と一緒に行って、ようやく願いが叶いました。
ホント元気よね!私なんかよりずっと元気!ハツラツですもの[あせあせ(飛び散る汗)]

手頃なお土産として買ってきてくれたのが、こちらです。
     和菓子5.jpg  和菓子6.jpg
御菓子司日本橋屋さんの「東京スカイツリーの実」。
透明感漂う可愛いパッケージ。中身のゼリーも勿論、小さなラブリーサイズです[るんるん]
見た目の良さだけでなく、果汁を絞って作るゼリーだから…それぞれ違ったフルーツの味わいがあって味も良い。
埼玉銘菓として有名な、〇〇の宝石。さいたまに住む弟が以前はよく買ってきてくれたのですが、母も私も飽きてしまい、「もう買って来なくていいから」と。←自分中心でワガママな二人なのだ。
そんな〇〇の宝石より、スカイツリーの実の方が甘さ控えめで美味しいのでは・・・と、意見が一致。
しかしこれ、決して営業妨害とかではありませんので。。
          和菓子7.jpg
地味な見た目に反して・・・昆布なのだから真っ黒なのは当然と言えば当然ながら…。
食べ始めたら止められない味でした・・・「梅の華昆布」。
重ねた昆布を板にして、ステック状にカットしてあります。
薄味だけど、「あと一個だけ…」と後をひいてしまう・・・絶妙な味加減なのです。
表示を見たら会社名は「こんぶの岩崎」、墨田区吾妻橋にある昆布専門店が製造している昆布菓子。
東京土産と言うだけでなく、これぞまさしく「江戸の味」。本物のスカイツリー土産と呼んで良いものに思いました。
一個一個が個別包装なのも食べやすくて好き。自画自賛に近いものながら、我が母も良いセンスしてます[グッド(上向き矢印)]


次は息子一家の手土産・・・。
          和菓子1.jpg  和菓子2.jpg
「叶 匠壽庵」の銘菓詰め合わせです。オープンしてみると…こんな感じ。

和菓子3.jpg
                    和菓子4.jpg
炊き上げた栗を大納言小豆の餡で包んだ、「一壺天(いっこてん)」。
完熟した城州白梅を自家梅蔵で寝かせて、熟成した梅エキスを寒天でとどめた。・・・「しめの(標野)」。
近江羽二重餅粉を使用し、求肥の餅に仕上げた「あかい」。←商品名ですよ。
写真に撮る時に、「あかい」もケースから出したら良かったわね[バッド(下向き矢印)]
上質のきな粉をさらに焙煎した黒須きな粉でまぶされた…「あかい((黒蜜きなこ)」には沖縄産黒糖の蜜をかけて食べました。

以上味わいも大きさもそれぞれ上品な、菓匠の技が生きる「叶 匠壽庵」の和菓子です。
滋賀県大津市に本店、茶房、広大な敷地の「寿長生の郷」を構えるなど・・・この春に訪ねた、近江八幡の「たねや」さんと重なるイメージ。どちらも上等なのです。。

叶匠寿庵 渋谷東急店和菓子 / 神泉駅渋谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



ソラマチ土産のお菓子は、明日も続きますよ。

ぶらり能登路・・・⑯マリンドーム能生に寄って帰ります。 [2015・9月連休の能登半島]

m_E696B0E6BD9F3-3377f.jpg
朝ご飯を済ませたら・・・さぁ、もう帰りましょう!・・・とは早っ!
だって高速道路の渋滞、帰宅時刻が遅くなるのは嫌なんです。。
七尾からは20分ほど走ったら、県境を越えて富山県へと入ります。
氷見から、高岡へ。
そう以前に、高岡駅近くの激安ホテルに泊まった事を思い出して、つい探してしまった私。しばらく前ながら二食付きプランでとにかく安くて・・・。泊まっている客層も変わっていて個性的な方ばかりのホテル。面白かったのを思い出したのでした。

車窓から、北陸新幹線の走行する様子も見えました。

マリンドーム1.jpg
射水市の小杉インターからは北陸道に上がり、あとはひたすら東の新潟を目指すのみ。

マリンドーム0.jpg
またも車窓からは日本海の光景が、海に届く程間近に…海岸沿いを走る高速道路。

            マリンドーム2.jpg  
日本海に沿った断崖絶景の景勝地として知られる「親不知」は当然、通ります。
そうなるとやはり、写真が撮りたくなるのはブロガー魂?習性?
…とは言え、撮れていないから、トップの画像は昨年4月の使い回しです[あせあせ(飛び散る汗)]

マリンドーム5.jpg


マリンドーム6.jpg
浜沿いから離れ小島まで続く、赤い橋。こうした光景は日本中の各地で目にするもの。それだけ海を生活の糧とする事は危険を伴う、過酷な労働でもあるのでしょう。
海に囲まれた日本で育まれた・・・豊かな魚食文化。
漁師さんや、海沿いでの暮らしって、何時も美味しいものばかりあって良いなぁ~なんて簡単に思ってしまうものだけど。。

マリンドーム7.jpg
糸魚川の能生インターで下りたら、この日は道の駅「マリンドリーム能生」でお昼の予定であった。
マリンドーム8.jpg
好天に恵まれたこの日も、休日最後でもあり・・・ご覧の通りに中々盛況な様子。
カニ屋横丁が前回と変わっていると思ったら、カニ屋横丁と鮮魚棟はこの春リニューアル工事を終えたばかりとか。

お昼も近い時刻・・・だけれど、二人とも全然お腹が空いていない[バッド(下向き矢印)]
どうしてかなぁ~?
朝からガッツリの朝ご飯のせい?・・・それも理由のひとつかもしれない。なーんてね。
マリンドリーム能生のウリ」はなんといっても蟹です。能生名産の「紅ズワイガニ」の時期は4月~11月くらいまで。それを過ぎたら「鮟鱇」になるみたいです。

蟹専門の蟹屋さんがズラリと並び、蟹を食べる専用の建物「かにカニ館」まであります。
通路を歩いて行くと…その先々で、売り場のお姉さん方から「はい、味見」と手渡される蟹だけで満足してしまうのであった。

次から次へ強引なまでに手渡される蟹、そしてその時の決まり文句「その場で食べても、海を見ながら食べても・・・お持ち帰りしても良し」
・・・と見事に同じ言い回しも、ツッコミどころって感じ[わーい(嬉しい顔)]

自宅土産として蟹、一夜干しのイカ、カレイ、大ぶりの分厚く切った鮭の切り身。←実際食べても、脂がのっていて美味しかったです。
旬の時期に食べる地物のお魚は格別、漁業がさかんな土地ならではの自慢の味を少しだけ楽しむことにしました。

途中の佐野で実家に立ち寄って、母へささやかなお土産を渡し・・・。
それでも、夕方5時前に自宅着[るんるん]

マリンドーム9.jpg
都内から始まった今回の能登半島旅、通過したのは一都11県。5日間の総走行距離は1550キロあまり。
総費用は・・・一応、内緒。

たったの5日間、国内旅行に関わらず、こんなに書いてしまいました。
今回も長らくお付き合い下さいました皆様には、お礼申し上げます。

晩御飯は、どれも買ってきたものばかり。
それでも、これ!ドーンと食べ応えのあった蟹。
                           マリンドーム10.jpg
ひたすら剥いて食べる、蟹三昧の一夜となってしまいました。
日頃の我が家の食卓からしたら・・・もう、贅沢[グッド(上向き矢印)]

秋の祭りの時期、暑さもおさまりつつある秋の季節。。
出迎えてくれたのは・・・収穫を迎える里山と、穏やかな表情を見せてくれた日本海。
能登で生まれた日本酒、人情と、海の恵み。
地の味覚も、楽しんだ←ホンのチョッピリだけだけど[あせあせ(飛び散る汗)]今回も、出かけて行って良かった[グッド(上向き矢印)]
nice!(88)  トラックバック(0) 

ぶらり能登路・・・⑮七尾の夜も、呑んだ。 [2015・9月連休の能登半島]

駅前の商業ビル「パトリア」を一通り見て歩いてから・・・、この夜もお約束!ホテル近くの居酒屋さんへGO!

奥行きのある店内は明るい雰囲気、お店の人が明るく元気に出迎えてくれました。これまで通り、ホテルのフロントで尋ねてきたお勧めのお店です。
奥行きのある細長い店内、奥にはお座敷も見えました。
調理場を囲む大きなカウンター席でいただきます。
鷹1.jpg
夫は何時もの「生」を、私は日本酒「立山」と言ったかしら?お通しは、枝豆にローストビーフ、蛸のやわらか煮、カボチャ。
そう言えば輪島の「新駒」さんは、押し付けのお通しがなくて良かったな。
鷹2.jpg
        鷹3.jpg
イカ・甘海老・ハマチ・秋刀魚のお造り4点盛りは量が少な目。しかし鮮度は抜群、口の中でとろけます。美味しい[グッド(上向き矢印)]秋刀魚のお刺身は特に美味しかったです。もっと頼めば良かったのに[バッド(下向き矢印)]こればっかりだ!

白エビの素揚げはサックサクの食感でアッサリした美味しさ。
家では珍しい焼き鳥のオーダーもしました。まあ、美味しかったですけど、これは普通かな?
                          鷹4.jpg
夫は変わらず・・・生、私はサワーに切り替え。
鷹5.jpg
初めにサラダが見当たらなくて、後になってから気づいた。でもここまできたらお新香だ!って訳で頼んだ漬物の盛り合わせ。
アジフライに、サクサクの天ぷら盛り合わせで、お終い。
アジフライは生臭さなどなく当然なく、この日オーダーした中で一番美味しかったです。
フワフワした身の厚さが、ウマウマ[るんるん]
漁港が近いから新鮮なのでしょう。新鮮な魚はどう調理しても美味しい!で・・・意見が一致。
次々とやって来るお客さん達。
接客と調理で忙しそうな様子が見えたので、特にお喋りはしませんでしたが・・・それだけ活気があると言う事よね。
          鷹6.jpg
家庭的なムードも味わえる「居酒屋 鷹」さん、中々良いお店でした。

夜総合点★★★☆☆ 3.5


関連ランキング:レストラン(その他) | 七尾駅



あれ、ご飯ものは?
ゴメンナサイ・・・、心配はご無用。
隣接の商業ビル「パトリア」の総菜コーナーで、値段の下がったお弁当があったのを覚えていたのです。・・帰り道、それぞれ好みのものをゲット。これってあたまイイでしょう[わーい(嬉しい顔)]
食後は下から夫がコーヒーを運んできてくれて・・・買ってきたお菓子も食べました。これまた甘いもので幸せ。食後のコーヒーは至福!
他にもささやかに能登のお土産。地のもの、調味料や出汁、お塩も買ってまいりました。。


前回は旅館100選35年連続一位の「加賀屋」さんの姉妹館である宿に泊まりましたが・・・
今となってみたら・・・別に旅館に泊まらなくても、観光が目的であればビジホに泊まって、居酒屋で呑む。
時間的にも、CP的にも手軽、外れがないような。。これまでの経験からも、このスタイルが我々には一番!と思う私達でした。

ぶらり能登路・・・⑭七尾のホテルは [2015・9月連休の能登半島]

最後の宿は能登半島旅最後の拠点として、また帰路の渋滞&混雑を考慮して決めました。だって23日は連休最終日ですものね。

        七尾5.jpg
商業ビル「ミナ.クル」に併設されたホテル「ホテル アリヴィオ」はJR七尾駅の真ん前。非常に近いです。
一階にはコンビニも入るなど利便性も高いものの、建物全体がホテルと言う訳ではありません。
シンプルな外観、館内の4階から上がホテルなのです。ビジホだから当然一階のロビーはスッキリとした雰囲気。

でも思っていたより良い感じ。一階のラウンジ、朝食会場となるスペースもオシャレ[るんるん]ささやかながら、お花も飾られています。
七尾6.jpg

お部屋はとってもシンプル、新しいだけに清潔感が感じられました。
                     七尾7.jpg
普通のビジネスホテルだから室内はコンパクトながら・・・ベッドはシモンズ、手前のベッドはワイドなダブルサイズなのです。違うタイプの枕が二個置かれているなど気も利いてます・・・。
これまでのところが浴衣だっただけに、着やすいロングパジャマタイプの寝具も嬉しく思えました。浴衣は苦手なの。


七尾1.jpg
ホテルで一休みしたら・・・ぶらりJR七尾駅へ。「鉄分補給」?いえ、ただのお散歩です。
和倉温泉の最寄駅である和倉温泉駅、その先の穴水まで延びる「のと鉄道」の始発駅でもある七尾駅。

             七尾3.jpg
「まれ」ちゃんがラッピングされた「のと鉄道」は、いかにもなローカル感漂ってます。
時間がもっとあったら、観光列車「里山里海号」も乗ってみたかったな[グッド(上向き矢印)]
「まれ」のスィーツ作りを指導、ドラマ出演した辻口博啓さんのスィーツが食べられる・・・スィーツプランは魅力よね[るんるん]

七尾4.jpg
JR側のホームに入線してきた、スマートでスタイリッシュな車両は「特急能登かがり火号」でしょうか。


七尾2.jpg
駅の構内に飾られていたのは、七尾に伝わる風習「花嫁のれん」。今では使われなくなってしまった「お嫁入り」の言葉、風習ながら・・・さすが「加賀百万石」の土地。「和」の華やかさが違ってます[ぴかぴか(新しい)]
多くの店の軒先や店内に飾られる、「花嫁のれん展」まであるのだそう。。
可憐な色合いから、嫁ぐ日のお嫁さんの姿に思いをはせて・・・幸せを願う旅人が一人。しかし現在ではお姑さんの方が気を使っているのですから、時代は変わりましたね[あせあせ(飛び散る汗)]


小ぢんまりした部屋ながら、夜中に起きる事もなくよく眠れました。快適睡眠。
一晩明けて、朝ご飯は・・・
地元産の野菜たっぷりのおみそ汁やスープ、フレッシュなサラダバイキングに温野菜。野菜ジュースやドリンク類、カットフルーツやヨーグルトなども日替わりで。
地元で人気のパン屋さんから運ばれてくる、焼きたてパンも並びます。
目の前でスタッフさん達が作っている熱々のメニューも沢山!充実した内容はビジホの無料朝食とはとても思えない。
じゅうぶん満足できる内容でした[グッド(上向き矢印)]
七尾8.jpg  七尾9.jpg
朝は、シッカリ!日本人ですもの、ご飯でしょう。小鉢も沢山取ってしまいました。
焼き鮭の切り身は大きいし、それぞれの小鉢は家庭料理風の素朴な味わいがします。
甘いものもあったら、当然食べますよ。
日本人だけどパンだって見たら、当然食べたい。ビッフェ形式で取り放題ながら、それでもお腹は一個しかないから・・・他の副菜、ドリンク、パンも・・・無理だった。
美味しいご飯でパクパク食べてしまいました。普段はこんなに食べないのに…完食!
お腹いっぱい、ごちそうさまでした[るんるん]

ホントの事言ったら、こちらのホテルもなんかイマイチ。泊まりたくない~~と思っていたものの、シンプルイズベストで気に入りました。
他に何時でも飲めるコーヒーサービスや、新聞や雑誌が置かれたコーナーがあるなど。
働いているスタッフさんの一生懸命さが伝わってくる接客内容でした。駅の真ん前という立地ながら、駐車料金が300円なのも良心的です。
そう考えたら、やはり輪島のホテルの割高感は否めない感じ[バッド(下向き矢印)]・・・いい加減シツコイって言われてしまいそうですね。

次は、七尾で出かけた居酒屋さんの紹介になります。
ホテル アリヴィオ
夜総合点★★★☆☆ 3.5


関連ランキング:旅館・オーベルジュ(その他) | 七尾駅



ぶらり能登路・・・⑬能登のシンボル「見附島」 [2015・9月連休の能登半島]

          見附島1.jpg
途中立ち寄りしながらの、ぶらり旅。 景勝地のひとつ「見附島」です。
・・・別名は「軍艦島」、名前の通り軍艦のような形からそう呼ばれているのです。

見附島2.jpg
飯田湾に浮かぶ、高さ28メートルの奇岩は能登を代表する観光スポット。だから駐車場も満車でした。
行楽日和であったこの日は、私達の様な県外からの観光客。地元・石川ナンバーの車や、家族連れなど次々と訪れてきます。

見附島3.jpg
引き潮の時は岸から島までつながっているので、岩をつたって海に入らず渡れるのでした。
また浜辺には縁結びの鐘があり、その名も「えんむすびーち」と呼ばれているのですって[あせあせ(飛び散る汗)]「えんむすびーち」って!?

波も穏やかな内浦は、荒海と奇岩がおりなす外浦とは大きく光景が変わるとの事。
見附島4.jpg
海岸線をただブラブラ歩いていただけ、吹いている海風を頬にうけ・・・自然に恵まれたロケーションを楽しみました。
近くには食事処「見附茶屋」があり、お土産や物産品などが販売されています。
見附茶屋の一番のオススメは、ローストビーフの能登丼だそうながら・・・知らなかったわぁ[バッド(下向き矢印)]
暑かったせいで次々と売れていたソフトクリーム。
同じくレジでソフトクリームを注文!外で食べようっと!
                           見附島5.jpg
これといって特徴はなかったものの、まぁ美味しかった。観光地ですからね。

見附茶屋定食・食堂 / 珠洲市その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.0



穴水から、七尾市内に入って。この辺りは能登半島のほぼ中央に位置するエリアです。
二度めましての、和倉温泉。
金沢からも近くて全国的に知られている温泉なのに、和倉温泉は意外にも閑散としていました。時間的に早かったせいかしら。
        見附島6.jpg
街中に足湯の出来るこんな立派な施設が出来ていました[いい気分(温泉)]
和倉温泉街の中心部に湧く源泉による、共同浴場「総湯」です。
この施設、前回泊まった時には気づきませんでした。・・・と思ったら、平成23年4月にリニューアルオープンされたばかりと言う。
重厚で凛とした外観。入ってみたら・・・館内も明るくて綺麗でした。

「塩活」に続きましては・・・「温活!?」
ご存知のようにビンボー旅である今回[バッド(下向き矢印)] 予算の関係で和倉でお泊まりはしませんけど、来たついでに「足湯」くらいはしていきますか。
見附島7.jpg

温泉は和倉温泉総湯のものとかわりありません。お湯は「海の温泉」ならではの、豊富な塩分が特徴との事。
またここでは「飲める温泉」 として飲泉出来るだけでなく、足湯脇では、温泉卵作りも出来るのです。
近くで仕入れてきた卵を入れて・・・源泉によりじんわり茹でられた、トロトロの半熟たまごを作りたい[るんるん] 
そんな欲求にかられたものの・・・。迷った末今回は断念。
ここには和倉温泉PRキャラクターの「わくたまくん」もいましたよ。和倉温泉を発見したとされるシラサギが産んだ「たまご」がモデルなんだそうです。

朝から目いっぱい一日あちこち歩きまわって、お疲れモード入っていたこの日。早めに宿に入って、ホッと一息つきたい気分。
・・・と言う事で、七尾のホテルへ。七尾湾に浮かぶ能登島も前に行ったからカットです。
あと二回くらいで終わりますね。
nice!(90)  トラックバック(0) 

ぶらり能登路・・・⑫能登の里山里海 [2015・9月連休の能登半島]

輪島から、曽々木、珠洲へと向かう海岸沿いは、「能登の塩街道」と呼ばれるくらい…いくつもの塩田が開かれ、製塩所も続いています。
晴れの日が多く日照時間も長い能登半島の西側は、元々が塩作りに適した土地。500年前より海水から塩が作られていた・・・とする記録も残るほど。
しかし今の形になったのは、平成9年の塩の専売制度が廃止された後だと言う。

塩の駅12.jpg
上の鉄製の大釜は、奥能登揚げ浜塩田「道の駅 すず塩田村」にあったものです。

珠洲1.jpg
車はさらに249号線を進む。
奇岩が多いダイナミックな海岸沿いの風景を走るかと思えば・・・。
深く静かな海、小さな集落が海岸沿いに建ち並ぶ光景など。。遠い土地に降り立ったと感じる気持ちは高まるばかり。。

塩の駅13.jpg
能登の地形は、低山と丘陵地が多いことも特徴のひとつとか。
海に囲まれているため、遠浅の砂浜海岸や外浦と呼ばれる岩礁海岸、内浦と呼ばれるリアス式海岸を含む内湾性の海域と・・・変化に富んでいると実感されます。
風はひんやり秋の風、それにしても絶好のドライブ日和[車(セダン)] 
最果ての地の眺めです。
          珠洲2.jpg
日本海の荒波による造形が続く・・・能登外浦の絶景巡り、ゴールは間もなくのような。。

珠洲3.jpg
249号線からわかれて、半島の先端を回る県道28号線を走ると・・・高台がある。眼下に広がるのは、ツバキの林。
「椿の展望台」から眺めた最後となる、外浦の海岸風景。

珠洲6.jpg
真っ青な海です。これ程綺麗な海が広がっているなんて、前回は気づきもしませんでした[ぴかぴか(新しい)]

珠洲5.jpg
半島の突端はどこからどこを眺めても、「奥能登絶景街道」の名に偽りなし。


最も知られている観光スポットは「狼煙の灯台」こと 「禄剛埼灯台(ろっこうざきとうだい)」です。
長く走り続けてきたものの、この辺りで一休み。
能登半島の最先端に位置する、禄剛埼灯台の展望台からは180度のパノラマが。雄大な光景が眺められる!!・・・との事ながら。。
最先端まで行こうと思いたって来たわりに、灯台までの坂道を歩いて上る根性はない[バッド(下向き矢印)]

      珠洲8.jpg
県内でも最北となる・・・「道の駅 狼煙」。
私達の様な観光客以外にも、行楽日和であったこの日。地元・石川ナンバーの車や、家族連れなどが次々やってきて…。
直売所では地元の特産品である大豆製品をはじめ、里山里海の食材、工芸品などが並んでいました。
さらに店内の体験交流室においては、「豆腐」作りや「きなこ」作り体験も可能。
                        珠洲9.jpg                      
石臼を使って、大豆からきなこ作りをする子供の姿がありました。
小腹がすいた時のお昼は、やはり魚系?海鮮もの?
いやいや・・・
売店に並べられている、地元産の大豆から生まれた出来立てのお豆腐がすてがたくて。。なんと言っても、リーズナボーなところが魅力。ショボさは否めないものの・・・こちらにしましょう。狼煙に来たら、拘りの「地豆腐」だ[るんるん]
きなこ作りに熱中する子供達を横目に、お豆腐購入。

待つ事数分・・・はいきた~~!
珠洲10.jpg
本場の塩と出来立て豆腐とのコラボ、パックのまま食べちゃいますよ[あせあせ(飛び散る汗)]
天然塩をふりながら食べたお豆腐は、想像通りの美味しさ。これには満足[るんるん]

大浜大豆の地豆腐は地域の在来種大豆である「幻の大浜大豆」と、国の重要無形民俗文化財の角花家 「能登の揚げ浜式製塩の技術」から生まれた「天然にがり」を使い、構内の施設で丁寧に作りあげました。
一緒に揚げたてホカホカのおからコロッケも食べました。
http://noroshi.co.jp/

午前中に塩作りの一環をのぞき見て。。その塩は・・・能登の里山と、里海とが結びついた・・・結果。生まれてきたものと、知った一日。

道の駅 狼煙アイスクリーム / 珠洲市その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.5



珠洲11.jpg
浜にポツネンと一基置かれたキリコ。ここにくるまで実際に動くキリコと出会えませんでしたが・・・。
8月・9月は能登半島のどこかでキリコ祭に巡り会えると言われるくらい、能登のお祭りは約200もの地区で行われているのだそうです。

珠洲12.jpg
全てが目に鮮やか、空気も澄んでいた。心地良い風と・・・光る海。
能登の海がこれ程綺麗だなんて、想像できずにいた。今更と言いましょうか。。
でも本当はずっと以前から、きっとなにも変わっていないんだ。
だって海は、海だもの。
nice!(78)  トラックバック(0) 

ぶらり能登路・・・⑪能登の里山里海「塩の駅」 [2015・9月連休の能登半島]

輪島の千枚田を過ぎ、車で海沿いを走って行くと・・・付近一帯次から次へと塩田が並ぶ地域へと入ります。
        塩の駅2.jpg
数ある塩田の中、気楽に楽しめるのではないかと思った「塩の駅 輪島塩」へ行ってみました。
外観の写真はなし。
塩の駅1.jpg
その代りに一枚。周りを竹で作った間垣に囲まれた駐車場です。

目の前に広がっていたのは・・・能登最大級との塩田。棚田のあとは、塩田だなんちゃって!
塩の駅3.jpg
ここでは昔ながらの製法にこだわった塩作りが楽しめる「塩田体験」もながら、私達はプロの技を見学しました。
ご存知!
ウチョケ(打桶)と呼ばれる手桶で、溜めた桶引桶(シコケ)から海水を汲み塩田に撒く!その都度、周囲から沸く拍手[グッド(上向き矢印)]
          塩の駅4.jpg
塩作りの行程のひとつ、海水を豪快に撒く様子が決まっているのはサスガです。
朝ドラ「まれ」でも最も魅力的なキャラと思ったのが・・・塩作り一筋、塩にかける姿が印象的であった。寡黙な民宿の主・元治さん、演じる田中泯は役柄にハマっていました。


気軽に入って見学、その上塩の試食もありました。作業小屋の屋内では、海水から塩へと煮詰める、搾る・・・等の説明があり。。積極的に味見も勧められました。
塩の駅5.jpg 塩の駅6.jpg
約12時間かけてゆっくり水分を蒸発させる「本焚き」、その隣りは「ろ過装置」かと思います。

他にも塩田作業に使われる、昔ながらの道具が店内、屋外にと展示されていました。
        塩の駅7.jpg
ウチョケの花器に活けられた、季節の花々。地道な作業風景の中、ここだけホッとする空気が感じられました。

        塩の駅8.jpg
「あ!これ、子供の頃家にあった竈と同じだ」と、夫は懐かしそうにしばらく眺めています。
架けてあるお釜のご飯が炊きあがったら、おむすびとして試食できるのだそう。食べたい、でも30分なんて待てませんよ…ね。

                                  塩の駅10.jpg
様々な塩製品が並ぶ店内で目についたのが・・・昔ながらの藁づとに、おじいちゃんの手仕事で輪島塩を詰めた「藁しばり」と呼ばれるお塩。
冷たいお茶のサービスや、茹でたジャガイモにお塩をふって食べるなど…こちらは大サービスな塩の駅でした。

三ツ子浜海岸は、魚たちが傷を癒しにくる浜だという。
それは、この浜にしみでている冷泉によるものとの…漁師の言い伝えから。。。
その海水から、丹念に手塩にかけて、作った輪島の塩。

          塩の駅9.jpg
デッキから望む雄大な日本海の眺めは絶景です。
こうした長い行程のあと、わずかに採れる海の恵み・・・。塩田作業は迫りくる冬を前にして間もなく終わり・・・だそうです。http://www.wajimashio.jp/


塩の駅11.jpg
荒々しい海岸線が続く曽々木海岸を象徴する巨岩。
国指定名勝、天然記念物に指定されている・・・「窓岩」です。
日本海の荒波をまともに受ける・・・荒々しい海岸線が続く中でも、ひときわ目立っていた。
厳冬の時期の海上は、大量に波の花が発生する。
そんな厳しい日本海の荒波が削り出したこの形・・・中心部分に直径2mほどの穴が開いています。
目の前の広い海と連動して、荒涼としたムードを醸し出しています。

塩の駅15.jpg
吹く風は少しひんやりとしていましたが、海沿いの眺めは最高です。

塩の駅14.jpg
空が、青い!海も、碧い!
でもこうシツコイと、だから何だ!?って言われちゃいますね[あせあせ(飛び散る汗)]

ぶらり能登路・・・⑩能登の里山里海「白米千枚田」 [2015・9月連休の能登半島]

      千枚田1.jpg
輪島の朝市についで・・・こちらも人気の観光スポットである「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」の光景です。
自称「棚田マニア」である私、ここを見逃すことは出来ませんぞ!


千枚田11.jpg
「日本の棚田百選」、「国指定文化財名勝」に指定。「世界農業遺産」にも認定された「能登の里山里海」の象徴とも言える・・・輪島市白米町にある棚田です。
高台から海岸まで続く急斜面は、大小さまざまな形の水田により幾何学模様が描かれています。


千枚田2.jpg
青い空、碧い海。これぞ、まさに絶景!

ここでは言葉など、必要なし[るんるん]


途中の道中で、目にしたのは・・・「THE はざ掛け」の風景。
千枚田3.jpg
刈り取った稲を束ねて、組んだ竹にひっかけ・・・逆さにして天日乾燥させることをそう言います。
かつて機械がまだない頃は、普通の・・・乾燥方法ながら。。作業そのものに多くの人手を必要とするはざ掛け。稲の重みもあり、大変な重労働でした。
機械の乾燥機が普及する事により、こうした天日乾燥は珍しいものとなってきているのですが、この辺りはそれ程の大規模農家がないからか、至るところで目にし続けたのでした。


千枚田5.jpg
高洲山の裾野が広がる急斜面に、幾重にも段になった田んぼが広がっています。その数1,004枚。1枚の田の平均面積は18平方メートル程だそうです。
中央部分の朱色の部分はこの日、この場所で、結婚式があった為でした。

千枚田6.jpg

2001(平成13)年1月、国の名勝に指定された・・・白米千枚田。しかしこの地でも深刻な後継者不足となり・・・。
2007年春からは、田んぼのオーナー制度がはじまっているのです。

それぞれの面積は耕運機も入らない狭さのため、栽培は昔ながらの手作業です。それは平地の数倍の労力を必要とする事。

棚田ではこの時、稲刈りの真っ最中でもありました。
千枚田7.jpg

春夏秋冬・朝夕にも表情が変わる・・・圧巻の光景。世界農業遺産としての取り組みも高く評価されているそうです。
千枚田8.jpg
青々とした稲が成長し・・・黄金色に輝く季節を迎えて・・・。

千枚田では多くの方々が働いていました。それぞれの面積が小さい為、頼るのは人の手のみ。
そこで当然、稲の乾燥もはざ掛けにせざるを得ないと言う状況のようです。
千枚田10.jpg


晴れています。快晴です[グッド(上向き矢印)]
今思い出しても、能登旅は、ずっと天気に恵まれ続けていた。。これを書いている今は、雨だけど。
                                
結婚式を終えたお二人の姿です。
                            千枚田4.jpg
派手やかな打掛姿の花嫁は若く、美しく、この青空より晴れやかな・・・お二人に幸せを感じた一時でした[グッド(上向き矢印)]

千枚田9.jpg
来年3月13日までは毎日。LEDイルミネーションイベント「あぜのきらめき」が開催されるなど。気節により違った景色が楽しめる。輪島市内からは、運賃割引の臨時バスが運行されている模様ですhttp://senmaida.wajima-kankou.jp/
HPで観る、夜の深い海を背景にした光景も綺麗ですね。

ぶらり能登路・・・⑨輪島市キリコ会館 [2015・9月連休の能登半島]

行こうか、行くまいか・・・迷っていた。それでもせっかくここまで来たのだから・・・と思い、足を運んだ先は「輪島市キリコ会館」でした。

キリコ2.jpg
輪島大祭は・・・キリコと呼ばれる大きな奉燈(御神燈)を氏子たちがかつぎ出す事で知られています。

神輿を先導し威勢よい掛け声を響かせながらまちを練り歩くキリコは、巨大な松明の炎とともに夜空を染めて・・・
熱い華やぎは、能登人たちの魂をはずませると言う。


        キリコ1.jpg
朝市を見て歩いた後、「キリコ会館」へ伺ってみました。
倉庫と見まごうばかりのシンプル過ぎる外観。館内の展示内容も、これまた非常にシンプル。

1階は受付にキリコの展示、それにお土産のショップのみ。
          キリコ3.jpg
しかし一歩中へ足を踏み入れてみれば・・・広いスペース一面に、大キリコ7基と、キリコ24基の展示がされています。

キリコ4.jpg
ガイドの仕事に就いてまだ半年と言う・・・説明してくれたガイドのお兄さん。
話す様子は「立て板に水」…とまでいかないものの、身体まで使った全力での仕事ぶりは好感がもてました。解説する様子、素朴な話し方が楽しかったです[るんるん]

          キリコ5.jpg
宵祭りを再現した空間に、4階建てビルほどの巨大なキリコが立ち並ぶ光景は勇壮であり、圧巻の迫力です[パンチ]
切子=キリコ灯籠を見るのは当然、初めてだった私。

キリコ6.jpg
能登で続いてきた・・・伝統の祭りです[ぴかぴか(新しい)]
輪島塗や彫刻を施した素晴らしい灯籠には、能登の伝統文化、日本人のもつ美意識!宗教観も色濃く反映しているのが感じられます。
どれも見事な出来栄え、伝統文化の重みを実感しました。

失礼ながら全く期待をせずに行ったものですから、実際に説明を聞きながら・・・目前にしてみると一見の価値をもつものと理解出来ます。
          キリコ7.jpg
展示されている灯籠には170年前のものもあり・・・。また12mもある灯籠が、以前には担ぎ出されていたとか。。。


キリコ8.jpg
2階へ上がると空中回廊です。空中回廊では、見上げていたキリコを上から眺めました。
キリコ灯籠は後ろ美人と言われる通り、後姿も素晴らしかったです[ぴかぴか(新しい)]

キリコ9.jpg
一角に設けられたスクリーンシアターでは、祭りの様子を大型スクリーンで鑑賞します。
夕闇の中でその周囲を明るく照らすキリコ燈籠の行き交う様子は・・・実に勇壮果敢であり、かつ幻想的なものであると想像されました。

キリコ11.jpg
3階の展望ロビーから、・・・目前に広がる輪島港、日本海の風景を眺めて。。
この場所には、キノコじゃないのよ。下から突き抜けた「大松明」の展示もありました。
          キリコ12.jpg

キリコがズラリと並んだ光景を、実際目の前にしたら・・・その大きさ、素晴しさに圧倒されまくり[グッド(上向き矢印)]
キリコ10.jpg
悠久の神話に、   あやかる能登人たち。

キリコをかつぎ、   里山里海のめぐみを、   純真に祈る。


能登の祭りの象徴が・・・集結した・・・「キリコ会館」でした。http://wajima-kiriko.com/
nice!(67)  トラックバック(0) 

ぶらり能登路・・・⑧輪島と言えば朝市 [2015・9月連休の能登半島]

          朝市0.jpg
道路のマンホールにも、輪島塗のお椀とお箸[るんるん] 輪島のトレードマークになっているのね。

石川県輪島市の朝市は・・・岐阜県高山市、千葉県勝浦市と並んで、日本三大朝市にも数えられる日本有数の市です。 その歴史は古く平安時代、神社の祭礼日に魚介類、野菜等を物々交換しあったのが起源だそうです。

          朝市1.jpg
・・・以来、約千年も続く輪島の朝市。
市がたつのは午前の8時頃から正午まで。
輪島を訪れた前回はリサーチ不足で、午後になってから。。ですもの当然、そんな時刻に朝市のムードなど・・・あるはずもなくて[あせあせ(飛び散る汗)]
朝市3.jpg


朝市2.jpg

          朝市5.jpg


朝市4.jpg


朝市6.jpg


                  朝市7.jpg
まだ旅の途中であったこの日、特にこれと言って欲しいものはありません。
それでも前夜飲んで美味しかった純米酒の「千枚田」と、こっちゃん用にピンクのお箸、のどぐろの炊き込みご飯の素←これは失敗!美味しくなかったかな[バッド(下向き矢印)]

輪島塗ですか?「もう、嫌なもの(別の意味で)見ちゃったなぁ~!」…輪島塗は当然欲しくなってしまっていたけど、お財布事情を考え買いませんでした。

朝市8.jpg
朝市通りの近くでは、まれと圭太が渡った…赤い橋「いろは橋」も渡りました…。

・・・・・以上、輪島の朝市百景。

人で賑わう大通りより、まだ準備をしている最中だったりする・・・人影の途絶えた路地が延びている。そこには本来の家並みが続いているから惹きつけられるものが。。輪島での暮らしが垣間見られるようで・・・印象深く思いました。

・・・なーんて言ってもまだ終わらない。能登半島編はこれからなのです。
タグ:輪島朝市

ぶらり能登路・・・⑦輪島の夜は「新駒」さんへ [2015・9月連休の能登半島]

             新駒さん5.jpg
夜に行くお店は事前にリサーチして決めてあったのですが、電話で聞いてみると予約でいっぱいだそう。
そこで、ホテルから歩いて行ける「小料理 新駒」さんへ。
      新駒さん4.jpg
渋い居酒屋風のビジュアルながら、新しめな店内は清潔感もあり良い感じです。
気さくな接客をする女将に、小ざっぱりとした店内。カウンター席で頂きます。
夫は何時もの「生」、私は手軽な純米酒で。
一通りのチェックはOK! 厨房からオーダーした定番のサラダと、お刺身が到着。
新駒さん6.jpg
シーザーサラダは、生ハムの下に温玉がかくれていました。
お刺身は少な目って感じながら、結構お腹にくるからこのくらいの量でいいかな。
純米酒「千枚田」に、輪島といえばやはり輪島塗でしょう!
女将がサッとさり気なく、しかし自信に満ちた手つきで選んでくれたぐい飲みは、嬉しい事に輪島塗のもの[ぴかぴか(新しい)]
女将の弟さんが輪島塗の職人さんをやっているとの事。
輪島塗はこれまでも何度か目にしてきたものの・・・これぞ、本物の美しさ!優れた加飾技術により世界に誇る輪島塗の技です!
晴れの日に、そしてこのように日々の暮らしの中で・・・生活に彩りを添えてくれる、伝統漆器が輪島塗だそう。。

新駒さん7.jpg
「ママさん、俺も輪島塗で呑みたい!」とリクエストした夫、手元に届いたお猪口は・・・輪島塗の加飾法のひとつである「沈金(ちんきん)」。
新駒さん8.jpg   新駒さん9.jpg
「沈金」とは・・・
鋭いのみで漆器の表面に模様を彫り、漆を塗り込み、金箔や金粉などを押し込み模様を表わす手法をそう呼びます。
和食器全てに言える事ながら・・・手にフィッとする考えられた造形と繊細な細工、日本人の美意識が感じられまする[ぴかぴか(新しい)]
左側の朱の塗ものは、能登半島の「間垣」が。右側の私のぐい飲みの内側には当然、「白米千枚田」が描かれています。
どちらもとにかく美しい。輪島塗ってこれ程綺麗なものなのを実感・・・眼福」とはこの事!素晴らしさに二人して盛り上がっていたのでした。

このお猪口の値段、一盃がおいくらくらいかわかりますか?
聞いてビックリ!
なんと、こんなに小さなものなのに。。よ・よよ・・・4万円ですって[exclamation]
・・・と言う事は、20個以上の輪島塗が並ぶケース全体で…「80万円ですか?」
「いや、もうチョッと!」とママ。
「スゴイ~~!」それまで全く興味もなかったものが。。実際手にしてみたら、欲しくなっちゃうわ[グッド(上向き矢印)]

そんな様子を隣りで窺っていたのが、後から入店してきた同年代のご夫婦でした。しかし奥さんはお酒が飲めないようで、手持無沙汰と物珍しさから、ソワソワと落ち着かない様子。
ひとりで呑んでいる旦那さんが気を効かせて、ウーロン茶でもオーダーしてあげれば良いのにね。
話すうちに、同じホテルに泊まっている事が判明。
そのご夫婦、老朽化したあのホテルになんと半年も前から予約を入れていたとは[あせあせ(飛び散る汗)]
長野から旅してきたご夫婦とは、長野の事。間もなく生まれると言うお孫さんの話など・・・様々な話題で盛り上がりました。

新駒さん10.jpg
揚げ出し豆腐、蟹の酢のもの、焼きカレイ。・・・とどれも、良い味です。
「ママさん、ご飯ものはないの?」と聞くと、「ごめーん。昨日いっぱい炊いたらお客さんが少なくて、ご飯が余っちゃったから今日はないのよ・・・」ですって。
そこで〆は、温かいおうどんに。それも具なしの素うどん!
                           新駒さん11.jpg
座った席には、価格の書いてあるメニュー表がなかったような、私が見ていないだけかもしれないけど。
ボードに料理名が書いてあるだけだったから、そんなに頼めなかったのだ。

金額と、呑んだ後のおトイレが心配になるのは私だけ?
知らない場所のトイレの使用は出来たら控えたい・・・って思うと、呑めないのだ。
お勘定してもらった金額は間違ってるのかと、「ホントにこれで良いの?」って思ってしまう安さでした[グッド(上向き矢印)]
地元のお客さんが多いのも納得!「新駒」さんは気軽に飲みに来られるお店です。
奥に宴会も出来るお座敷席が見えましたが。。後から入店した数人のお客さんはお断りしていました。
驚く程リーズナブルな料金、清潔感バッチリのおトイレも完備されていて・・・こんな事なら、もっと色々頂いて、ノンビリするのだったな。
とにかく良いお店でした[グッド(上向き矢印)]
地のものをもっと食べなかったのは心残りです。またいつか行けるかな?


関連ランキング:居酒屋 | 輪島市その他

新駒さん12.jpg かつての「のと鉄道七尾線」の終着駅であった輪島駅は、廃線に伴い現在道の駅として整備されています。 「プラットホーム」にかけて「ふらっと訪夢(ふらっとほーむ)」の名前が付いた、漆器の黒をイメージした純和風の建物・・・現在はバスターミナルとして使用されています。 奥に進むと踏切と線路が現れ、「のといちのせ」から先の「輪島」は終点のはずながら。その横には「シベリア」と書かれていました。 営業当時の落書きを再現したもので、線路をこのまま海上に伸ばしていくと、ロシアのウラジオストクを超えてシベリアにたどり着くというジョークとか[るんるん] 先の長野旦那さんと夫は、ホテルのエレベーターで、大浴場でも一緒。一度会った後は、意外とそんなものですね。 私も、奥様には翌朝ご挨拶を。そして朝市でもまたお会いする事が出来ました。旅先の出会いは「一期一会」、楽しい経験でした。              新駒さん3.jpg

ぶらり能登路・・・⑥日本海を一望しながら [2015・9月連休の能登半島]

奇岩3.jpg

千里浜でお腹を満たした後は、能登空港まで伸びる高速道路「のと里山海道」に上って、少しだけ時間短縮です。

山間の土地を利用した・・・田畑と集落と。。小さな田んぼでも刈り入れを待つ、黄金色の稲穂が揺れていた。
奇岩2.jpg

そしてまた、海沿いへと戻り。。
松本清張の小説「ゼロの焦点」の舞台にもなった断崖絶壁。
巌門、関野鼻、機具岩、ヤセの断崖・・・と言った、複雑な海岸線、奇岩・奇勝が続きます。
前回観光済みのところは、スルーしました。

奇岩4.jpg
能登金剛の代表的な奇岩のひとつであり、能登屈指の夕焼けスポットでもある機具岩(はたごいわ)の、ダイナミックな景観には魅せられました。。


        奇岩5.jpg
道路沿いに続く・・・集落。
家々を囲むのは、冬の強風から家屋を守るため張りめぐらせた・・・道路沿いの垣根=「間垣」です。
日本海に大きく突き出した、寒暖の季節風の影響を受けやすいこの地で生きてきた・・・先人たちの知恵が感じられる光景です。残念ながら・・・ここはドラマで使われたロケ地ではありませんけれど。。

          奇岩6.jpg
輪島方面へ向かって更に国道249号線沿いを車で走って行くと・・・その途中に見えてきた「トトロ岩」。

奇岩7.jpg
頂点が二つに分かれて、耳のように見えることから、地元では以前から宮崎アニメ「隣りのトトロ」に似てると評判だったそう。

          奇岩8.jpg
こんな事、誰がしたのでしょう?片方が取れた状態ながら、チャンと目玉まで付いています。
岩の正式名は「剱地権現岩(つるぎじごんげんいわ)」、立派な名前があるのですね。

本当にこの辺り、自然が作りだした・・・ 観光スポットが沢山あって、ドライブ中も見飽きることがありません。

そうする内に、いよいよ輪島の街が近づいてきました。
     新駒さん1.jpg
石川県北部に位置する輪島市は、能登半島北部の奥能登の中核となるところ、輪島塗や日本三大朝市のひとつ「輪島の朝市」、御陣乗太鼓で知られています。
新駒さん2.jpg
連なる・・・黒い屋根瓦、板塀の家屋がムードあるわぁ。


          ホテルメルカート輪島1.jpg
輪島の宿、ホテルメルカート輪島です。夜の帰宅時に[カメラ]
事前に「今夜はボロいよ」とは言ってあったものの、目にした夫「ここに泊まるの?」[目][目]
輪島バスターミナルの近く、大浴場のあるビジホです。夜間に撮った画像を載せますね。

何度も書いているけれど、間際になって探しただけに一番ボロかったのが輪島のホテル。泊まるのは出来たら避けたいくらい、気の進まない宿泊でした。
連休中とあって、価格的にも決して安い訳ではない。ここしか空いていなかったから仕方なく[バッド(下向き矢印)]
訪問してわかったのは、「ツールド・のと」の日程と被ってしまっていた。その為どこも満室となっていたのでした。
ホテルの外観は良いとはいえなかったけれど・・・泊まったスタンダードツインの部屋はそこそこの広さ、感想としてはまぁ普通だったかな。
ホテルメルカート輪島2.jpg
シンプルな内装に白いベッド。アメニティに、油とり紙が入っていたのも、「金箔」を扱う輪島ならでは・・・と納得!
                           ホテルメルカート輪島3.jpg
朝は、パンにコーヒー、茹で卵、ジュース、牛乳といった、軽食の無料サービスがありました。

その前の7時を知らせる町の有線放送が、あの「咲かせましょう~~♪♪」であったのは笑えますし・・・街中で「まれちゃん」を応援、放送を喜んでいる様子が伺えます。

ホテルメルカート輪島旅館・オーベルジュ(その他) / 輪島市その他)

夜総合点★★☆☆☆ 2.0


5連休、シルバーウィークを甘く見ていた私。プラス朝の連ドラ関係の土地が混んでいるのは、これまでの「つばさ」=川越、「おひさま」=松本と経験済みなのに。(「まれ」はすでに終わってしまっていますけど)
このホテルは泊まる前から心配であり、出来たら他のとこが良かった。しかしそこで意外な出会いが。思いがけない出来事があったのでした。
その辺りについては、次回に。

ぶらり能登路・・・⑤国内でここだけ!車で走る海岸線 [2015・9月連休の能登半島]

          千里浜0.jpg
今年度前期に放送された、連続テレビ小説「まれ」は石川県の能登が舞台。
日本海と里山のおりなす美しい自然、日本の原風景と思しきシーンが随所に登場していました。肝心のドラマは登場人物達に魅力が感じられなくてイマイチでしたけどね[バッド(下向き矢印)]
それでも放映された光景を見て、行きたくなった方は多いかと思います・・・。かく言う私もその中のひとりでした。
これからの数回は、朝ドラの舞台となったスポットを紹介しつつの旅日記となります。(・・・と言いつつ、今日のは関係ないような。。。)

     千里浜1.jpg
最初に目指した先は、タイトルでもある・・・
千里浜(ちりはま)ドライブウェイは、全長約8キロもの海沿いの砂浜を車で走る・・・日本国内でここだけのドライブウェイ。

千里浜3.jpg
車の車種は関係ありませんし、他にもバスやバイク、自転車、勿論人間の足でも砂浜は走ることが出来る。だれでも、どんなものでも走れる自然の砂浜なのです。

千里浜4.jpg
潮風を頬に受けながら、雄大な日本海の波打ち際を走る爽快さは体験してみないとわからない、ベストドライビングポイントなのであります[るんるん]

千里浜5.jpg
海岸線を眺めながら・・・波打ち際ぎりぎりをドライブする爽快感は格別のもの、ほかでは味わえない特別な感覚が味わえるのでした[グッド(上向き矢印)]
これだけ広大な砂浜です、夏場は海水浴場としても賑わいを見せる事でしょう。
当然、この場所には浜焼きや貝売店が並び、焼きたて熱々が食べられるはず・・・と期待して来たものの。。あれ!ない!

千里浜6.jpg
ね、静かでしょう・・っていうか[あせあせ(飛び散る汗)]
波打ち際に車はあるものの、浜焼きのお店は一軒だけしか開いてない・・。
寂れた感は否めません[がく~(落胆した顔)]

千里浜7.jpg
一軒だけのレストハウスの駐車場横で、砂像作りが見学できました。千里浜砂像は10月末までが展示期間だそうです。
車でも走れる砂浜の秘密は・・・砂一粒一粒が海水を含んで引き締まった、この砂のきめの細かさにあるとの事。

          千里浜8.jpg
なぎさドライブウェイの終点にある、ドライブイン風の建物「千里浜レストハウス」。2階で食べる浜焼きバーベキューが、この日のお昼でした。
一階はお土産販売所と、レストラン。そして2階の屋内バーベキューと・・、団体さん向けの休憩所って感じです。
期待出来ないムードが漂う中、浜焼きのオーダーをしました。
                           千里浜9.jpg
サザエ、ハマグリ、エビ、イカに赤魚と言ったかしら。ピーマン、玉ねぎの野菜が付いてきました。シーフード中心で味わえるのは当然と言えば当然です。
自分で焼いて、味付けするのも自分。先のスーパーで見てしまった値段と比較をしたら…これまた観光地価格のような。。
それでも頃合いを見て、スタッフのオバちゃんが食べごろを教えてくれました。
後から、ご飯とお吸い物、漬物が出ます。
イカがやわらか。ハマグリもプリプリ。
魚の身もふんわりしていて・・・旨~~。新鮮さが命ですものね。

ここは天候に関係なく、食事しながら海が見渡せる、大きな窓が広がっているところが魅力です。
夕日の名所としても知られるところだけに・・・日が沈む前後に立ち寄りしたら、もっと良かったかもしれません。
千里浜レストハウス
昼総合点★★☆☆☆ 2.5


関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 羽咋駅




ぶらり能登路・・・④ヨーロッパ軒のソースカツ丼 [2015・9月連休の能登半島]

せっかくの福井の夜です。福井と言えば、ソースカツ丼!
敦賀湾の海鮮も魅力ながら・・・、海のものはこれから行く能登で食べらますからね。。
ソースカツ丼の元祖「ヨーロッパ軒」総本店で、本場の味を食べようって事で決まり。

     ソースカツ丼1.jpg
そして、ヨーロッパ軒に到着。すでに数十人の行列あり。

ソースカツ丼、ヨーロッパ軒とは・・・。
※1913年に東京都早稲田鶴巻(現在の新宿区)に開業後、関東大震災が起きた1923年に福井に移転し、現在県内に19の店舗を構える。ソースカツ丼の元祖が「ヨーロッパ軒」です。
看板メニューの福井県の名物「ソースカツ丼」は、先代の修行先ドイツ仕込みのソースで作り上げたオリジナルメニュー・・・だそうです。
詳しくは、HPへhttp://homepage2.nifty.com/yo-roppaken/sub1.htm

                         ソースカツ丼2.jpg
待っている最中に、厨房脇から出てきた・・・岡持ちを手にしたおじさんの後姿を目にしました。
ソースかつ丼は出前もしている様子です。
私も久しぶりに見ました。
若い人は、 出前や仕出しの際、料理を入れて運ぶ木製の箱にふたと持ち手の付いた入れ物=岡持ちと言う言葉や、存在を知らないんじゃないかしら?
先に停めてあった白い軽に乗って行ってしまったから、見えなくなったものの。店の周囲ではズラリと、ソースカツ丼をのぼりが存在をアピール中なり!
並んでいたのは、 若い人がほとんどです。前のカップルは、スマホで♡♡ペアで写真を撮りまくり~♡
また後ろの二人も連休とあって、京都からやって来たと言うカップル二人組。
ぶらりノープランで出かけて来たので、今夜の宿も決めていないと言う。若いって良いなぁ[るんるん]
思っていたほど待つ事もなく、入店。
並ぶ間に、お店の人が周って来て・・・順番に名前と人数を確認し、メモしていったから。
行列に慣れているのでしょう、手際が良いだけでなく、私に「お席は一階の方がいいですか?」といった気づかいもありました。

ほぼ満席の中、指定されたテーブルに着席。
思っていたよりスムーズに食べられて良かった[グッド(上向き矢印)]
店内を見渡すと、壁には沢山の色紙が張られて。。レジの横は特製カツ丼ソース、特製極細パン粉が並び、気にいったら買って帰るのも可能です。
夫は当然、ソースカツ丼にサラダ、お漬物、味噌汁が付いた「ソースカツ丼セット」をオーダー。
私はカツとご飯が少なめ、カツ1、エビ1のレディースミックスカツ丼セットにしました。
これまた待つ事もなく、オーダーしたカツが着丼。ソースが香ばしく香ります。
          ソースカツ丼3.jpg
カツ系だけのほぼ単品メニューだから、作るのも早い。当然、食べる方だって!
エビを薄く伸ばして揚げたエビカツ、いきます 。
これは、いけますね。
薄くたたいて伸ばしてあるから、エビの味わいはありませんけど。細いパン粉を使った衣とソースがベストマッチ、決め手となっているのでしょう。
サクサクした食感の元はこれね。
しかし次にソースが染みたカツを食べてみると、ソースの旨味、甘味と香ばしさが絶妙の旨さ[揺れるハート]
トンカツが店の看板商品であるだけに…更に美味しく感じられたのは当然と言えば、当然かも!?
ソースの味が強くなりますが濃すぎるという程はなく、これもバランスの良さなのでしょう。
DSC05305.JPG
どちらも下手な写真でゴメンナサイ。夫のソースカツ丼セットは右の方です。
3枚のトンカツがのっていて、ご飯の量も普通サイズ。
他のテーブルを見ても、皆さん同じような・・・男女別にこの組み合わせを選んでいる様子が伺えました。

これまでに、桐生、県内の足利でソースカツ丼を食べていましたが、福井のソースカツ丼は、ご飯とカツの間に千切りキャベツはありません。
もっと濃い味が好きな人向きには、別皿でソースが用意されています。

トンカツの代わりにメンチカツを乗せたメニュー・・・「パリ丼」は食べられなかったけれど・・・。
こちらのソースカツ丼、、一度は食べる価値ありです[グッド(上向き矢印)]
福井へ行ったら、食べてみてはいかがでしょう。
ヨーロッパ軒を利用したら駐車コインのサービスもありますから、その辺りも親切だって思いました。
人気があるからと高いところから客を見ていないのは、スタッフさん達の接客ぶりでわかります。

そうする内にも、またソースカツ丼を求めて更なる行列が。私達の時よりも長くなっている感じです。
ヨーロッパ軒 総本店
夜総合点★★★☆☆ 3.5


関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 市役所前駅福井駅前駅仁愛女子高校駅



ソースカツ丼5.jpg
街の繁華街?「片町アーケード」の看板。そしてその先に見えた、ビルの屋上に立つ可愛い「ネオン塔」・・・このムード・・・なんて「昭和」なんだ!
この記事を書くに辺りわかったのだけれど、福井新聞さくら通りビルと言う建物らしい。

ホテルからすぐ近く、スーパーへも行ってみました。旅に出たら、その土地のスーパーマーケットへ行って見て歩くのが楽しい。
鮮魚コーナーに並んでいた、鯖の「へしこ」←食べた事ありません。
のどぐろやままかり、アマダイのリーズナブルな事!改めて・・・海の近くに住むって、良いなぁって思いました。

           奇岩1.jpg
一夜明けて・・・部屋から眺めた、朝焼けの空。
朝は、コーヒーにジュース、パンと鱒ずし、越前茶と言った簡単メニューを食べて、さぁ出発しましょう。
ようやく能登に入ります。