So-net無料ブログ作成
検索選択

初めてのお店「タベルナブンユウ」さん [ドライブ・栃木県南]

DSC09205.JPG
先々週の土曜日の事。
またも母の様子を見に、実家へと出かけて行った私達でした。実は先週末、そして昨日も行ってきたばかりなんですの[あせあせ(飛び散る汗)]

          タベルナ1.jpg
その日のお昼は、初めてのお店「タベルナブンユウ」さんです。
産業道路沿いの「カインズホーム」から、少し西側の住宅地内。場所はわかずらいですが、それでもすんなり行けました。
お店の前には3台しか停められませんが、近くには別の駐車場もあるとか。
「taverna」はイタリア語で「食堂」、お店に表示された文字は「Taverna bun you」となっていますので「パンをどうぞ」って意味でいいのかな?

タベルナ2.jpg
明るく広い店内の厨房前にカウンター、窓際には5~6卓並ぶテーブルのお席。
母のおぼろげな記憶によりますと・・・オープンしたばかりの頃、お友達と食べに来たと言います。
南イタリアの家庭料理をイメージしたお店だそうで、多少ゴチャついた感はあるもの…まさに気軽なイタリアンランチにはピッタリなムードが漂っていました。

本日のパスタorピッツアランチから、それぞれチョイスします。
ランチセットは、メイン以外は・・・サラダ 、スープ、パン、ドリンク、食後のデザート・バニラアイスの中から、それぞれ3点を選ぶシステム。

タベルナ3.jpg タベルナ4.jpg
偶然にもそろって、スープ&サラダを選びました。
隣りは、夫の選んだセットのパンです。一口もらって食べたら、自家製なのでしょう。皮の部分が香ばしく中はフワッとしていて美味しい[グッド(上向き矢印)]
サラダはセットメニューにしては量も多く、真っ赤なフルーツトマト、添えられた紫キャベツのマリネも甘くて美味しい。手作り感もあり、飽きずに食べられました。
かぼちゃの冷製スープも丁寧に作られているのが伝わってくる味わい、まろやかな優しさが美味しかったです。

タベルナ5.jpg
ピッツアはプラス料金で、SからMサイズに変更してもらいましたら・・・なにも言わなくても、店の奥さん取り皿とトングを運んできてくれました。
ガーリックとチーズのマリナーラは、個人的にはやや塩辛かったかな。

タベルナ7.jpg
                 タベルナ6.jpg
旬のキャベツと、アサリのパスタ。これが一番美味しかった[グッド(上向き矢印)]アサリの量も満足できました。
茄子のボロネーゼは予想した通り、定番の味ですものね。

               タベルナ8.jpg
ドリンクはカフェラテ。
ふわふわしたクリームの下は綺麗な段々のストライプになったコーヒー、ラテアートまでいかないけど、スプーンと同じに「ニコちゃんマーク」って可愛いでしょう[るんるん]
しかし、ランチセットのデザがアイスクリームだけって寂しい[たらーっ(汗)]ティラミスで良いから、手作りのものがあったらより満足感があったのに。
見た目よりボリュームもあり、お腹いっぱいになりました。
リゾットが評判のようなので、次回はリゾット狙いで行きたいです。


関連ランキング:イタリアン | 佐野駅



nice!(77)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鮃ちゃんですよ [食]

      ヒラメ1.jpg
いきなりで・・・驚きました?
真っ黒々でグロテスクな、頭部のドアップ[グッド(上向き矢印)]

でも白身の高級魚といえば…そしておもてなしやお祝い料理にもぴったりなお魚、鮃です。

はい、海釣りの師匠からまた送って頂きました[グッド(上向き矢印)]
      ヒラメ2.jpg
全体の姿はこんな感じ。でも大きいよ!
体長、約50センチ。身も厚くて、手にしたら・・・ズシリとくる重さ。
こんなのどうやって釣り上げたのかしら?
全体に透明のぬめりもありますから、こうして持つだけでも大変なのに。。

この外観に反して・・・脂、甘み、歯ごたえの良さと、三拍子そろった高級魚です。食して美味しいのは当然ですね。
またもスーパーの鮮魚コーナーへ、夫がお皿持参で持ち込みしました。
しかし、何分にもこれだけの大型サイズ、二人ではとても食べきれるはずもなく・・・。

半身はお刺身に、また白身のお魚は昆布で〆ると美味しいから・・・残り半身は、サクの状態での昆布じめに。
ヒラメ3.jpg

                     ヒラメ4.jpg
昆布が良い昆布じゃなくて、ショボイですけどね[あせあせ(飛び散る汗)]
さばいてくれた職人さん、「良い友達がいていいなぁ。住所を教えるから、家にも送るよう言ってよ!」ですって。オイオイ・・・。
ヒレの部分に当たるエンガワには、美容に良いとされるコラーゲンが豊富に含まれている鮃。
そのエンガワ部分もちゃんと残してありました。
ラップを敷いてその上に昆布を広げ、そこに水気を拭いた鮃をのせて、もう1枚の昆布ではさみラップでくるんで冷蔵庫へ。
1晩~1日置いて昆布をはずし切って完成!昆布のうまみが鮃に入って、更にねかせた分の味わいの良さがアップ[グッド(上向き矢印)]
レタス・ベビーリーフミックスのサラダに鮃をトッピング♪
いつものサラダが豪華に変身なんちゃって[るんるん]まだやっていないけれど。。。
またはオリーブオイル、ハーヴソルトをパパッとかけて、鮃の簡単カルパッチョも良いわね。


孟宗竹の筍が終わって・・・6月に入ってから何度か、口にしていしたのは真竹でした。
筍大好きな夫は、次に出る真竹の筍を待ってました!とばかりに・・・買ってきていたのです。
真竹は日本の竹を代表する青竹です。

m_E79C9FE7ABB91-ba7cb.jpg                    
(こちらの画像はお借りしてきたもの)
※それから・・・今日もまた夫が買って来てしまったものですから、画像を追加しておきますね。
家の近所にある農家さんの直売所、最近スッカリ親しくなって、今や常連さんなんです。

下ごしらえや料理の方法は基本的に孟宗竹のタケノコと同じながら。。朝採れの真竹は、灰汁がないのでそのままで食べられるらしい、だからお湯で茹でるだけ。
真竹1.jpg 


m_wrapper.jpg   m_E982A3E78F82E5B79DE794BA2-115dc.jpg
夫は筍ご飯大好き!
これさえあれば、何膳でも食べられるのだそう[exclamation&question]
なんと言うわかりやすさ!こんなので良ければ・・・毎晩だってOKよ!
さぁ、食べて、食べて~~[るんるん]

夏野菜は私も大好き。そこで新鮮トマトは常に買い置きしています。
野菜3.jpg 野菜4.jpg

突然ながら・・・家の近くに業務スーパーが出来ました。
業務スーパーというくらいだから業者さん向けながら、私達の様な一般客が行っても大丈夫[るんるん]
お買い物に一度行ったら、癖になってしまうの~~。その後も何度か出かけております・・・。
売り場を眺めていると、私でも居酒屋さんが開けるのじゃないかと。また旅館やホテルの朝ご飯ビュッフェって、こういうのを使っているのね。ってわかってしまう[ひらめき]
その辺りが楽しいのだけど、それ以外に思わぬ掘り出し物に出会える機会もある。

先週のヒットは、こちら↑。
ヒマラヤピンクソルト(岩塩)は、ちゃんとミル付きの優れもの。密林とかで購入する金額の10分の一程度とは、スゴク得した気分[グッド(上向き矢印)]
もう、単純なんだけど・・・主婦感覚としては仕方ないよね。
先日偶々知り合いとの会話の途中にしたら、その方も何度も買いに立ち寄りしているそう。。買っているものもほぼ同じでした。
お店は何時も賑わっています。

一見、つながりのないように見える今回の記事。ないと言えばないのだけど、梅雨時の我が家の食糧事情ということでいいかしら?
nice!(67)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カメラ散歩~♪ [徒然]

珍しいか?どうか?わからないけど、川沿いに咲いていた白いホタルブクロ。         
          朝散歩 0.jpg
最近とみにおサボり気味ながら・・・梅雨の合間のお散歩です。
偶々、早く起きてしまっただけだけど[あせあせ(飛び散る汗)]

季節がらやはり目に入るのは、あじさいの花[るんるん]
朝散歩 1.jpg

次は、柏葉アジサイに、墨田の花火。
朝散歩 2.jpg

まっ白なクチナシは・・・咲きはじめも、咲ききった状態も、どちらも綺麗です。
朝散歩 7.jpg
          朝散歩 6.jpg
そうして・・・甘く良い香りがする[グッド(上向き矢印)]

クシャクシャっとした花弁の濃淡、その透ける様子も美しい立葵。
名前の由来は、人の背丈ほどにぐんぐん伸びるところからかしら。
          朝散歩 5.jpg
最後は、先日アップした鴨ちゃんたちでした。


・・・ところで、一度見たらとにかくシツコクシツコク出てきてしまう・・・こちら。
6910570190510264856.jpg   

そう、ご想像の通りです。オトクに弱い私は、早速お買い上げしました。
「特別価格」って一見とってもお得そうな感じがして・・・しかしよく読んだら、まぁまぁお得?くらいでしたけれど。。

野菜1.jpg   野菜2.jpg
朝のお散歩の後、飲んでいます。
トマトをベースにして、人参、セロリ、プチヴェール、レタス、ほうれん草・・・と大地の恵み、身体に良いだけでなく、実際味の方も良かったです[るんるん]
ゴックン、ゴックンすると、汗と疲れがすっと引いてく感じ。。←このまま、広告のコピーで使える感じ?


別にどうって事もない日々、でも一応は満足。
・・・近頃、ますますハードルの低い毎日を過ごしています。ぶひん!
          朝散歩 8.jpg
nice!(74)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ご近所パン屋さん [食]

先日の鹿沼で、最後に立ち寄りをしたのは・・・こちら。
kurowassann.jpg
大きな通りから入った住宅地の中、ポツンと一軒だけあるパン屋さん「クロワッサン」でした。
先に「ベッカライ ディ シュトラーセ」さんへ行ったものの、まさかのお休み[たらーっ(汗)]

木々に囲まれた店舗の佇まいは中々ながら・・・入店してみれば殺風景な店内、パンの数も少なくて寂しい。これは午後だったから仕方なかったものの・・・。
以下・・・個人的な感想ながら、接客する店の奥さんにも清潔感がなかったのは問題かと。
パン屋さんにしろ、ケーキ屋さんにしろ、商品と共に夢を売るという面があるので・・・厳しい事を言ってしまうようながら、清潔感と少々のオシャレ、ハイセンスは大きな要素であると思うのだ。

                            クロワッサン1.jpg
いくつかの中から選んだのはやはりこちら、ブルーベリージャムを巻き込んだパン。
ソフトで美味しいものの、チョッと焼きが甘いのでは?って感じられました。

お次は、市内みどり野にあるパン屋「PanePane/パネパネ」さん。
          m_wrapper.jpg
再々訪です。いや、もっとかな?
こちらも別の日ながら、ついでに立ち寄りしました。画像はどちらも過去の使い回しです。
m_E381ADE3818CE38184E8B1867-fc6b2.jpg
平日に関わらず次から次へとやってくる買い物客、相変わらず人気なのは同じ。

・・・そして、買ったパンはこちら。
          クロワッサン2.jpg
定番中の定番である、山型食パン。トーストすると・・・ホントにウマ~~イ。
市販のパンには戻れなくなります。…と言いつつ、簡単に戻ってしまいますが。。

クロワッサン3.jpg
砂糖のアイシング、シナモンロールパン。下半分はパラフィン紙が巻かれていたのを無理やり解いたのです。
この形じゃないけど、シナモンロールを見ると…ヘルシンキを舞台にした映画「かもめ食堂」。サチエさんの焼くシナモンロールを思い出しちゃいます。
次は、チーズとベーコンのクッペ。そしてハードなフランスパン・・・と、やっぱりどれも美味しい[グッド(上向き矢印)]

食べてみての感想は・・・パンに限らずどんなものでもだけど・・・、価格と品質、美味しさは比例する感じがします。
毎日でも食べたい!
パン、大好き[るんるん]

nice!(78)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

一度は行ってみたい、「力鶴」さん [ドライブ・栃木県西]

鹿沼市でお昼と言えば…ここ。コスパの良さで大人気!一度は食べに来てみたかったお店「お食事処 力鶴」さんです。
          力鶴1.jpg
ここの焼肉定食のボリュームはスゴイとの評判、では行ってこの目で確かめてみねば[ダッシュ(走り出すさま)]
誰もが知る人気店だけあり、平日に関わらず・・・お昼の時間は満席、満員なのであります。
広い店内、カウンター席やテーブル席、奥にはお座敷席もある様子。
アルバイトさん?が一人、厨房ではご主人と奥さんが忙しそうに働いていました。

力鶴2.jpg
唐揚げ、刺身、トンカツ、焼き肉定食まで、写真になったメニューのどれもが税込み1000円で頂けるのです。(上寿司定食のみ例外)。

       力鶴3.jpg
ボトルキープも並んでいて、夜は居酒屋さんとして営業しているみたい。

力鶴4.jpg
カウンターに座って、待つ事しばし。。
ちらし定食にするも「すいませ~ん。ちらしは終わっちゃいました。刺し身定食なら大丈夫です」(卵焼きがなくなったの?)

そして、↑・・・これが噂の焼肉定食なのですね。
メインの焼肉に小鉢やお新香、手打ち蕎麦まで付いてきて・・・すごいボリューム!
メインのお肉の大きさ!これって焼肉というよりポークステーキでしょう。
それも普通サイズの二枚分はある!分厚い焼肉が、お皿からはみ出さんばかりのボリューミーさで鎮座[グッド(上向き矢印)]
お肉の下にはたっぷりのキャベツ、ポテサラも添えられていて・・・食べきれないかも?
まさに「男のサラメシ」みたいな・・・半端ないドドーンと感でした!
我が手にあまるドデカサイズのお茶碗には、栃木県産のご飯が爆盛りなのです。
お得感満載なのですが、なにせ量が多過ぎて…チョッと~~!?人って勝手なものね[あせあせ(飛び散る汗)]

ちらしの代わりに、夫が選んだのは天丼定食でした。サラダが別添えになっている以外はほぼ同じ、2本のっていたエビ天一本をもらいましたが、濃すぎないタレが良い感じです。

お水&お茶はセルフでご自由に・・・スタイル。
セットされたお膳には、アイスコーヒーとデザートのオレンジが一緒にのっていたものの・・・喉が渇いてそのアイスコーヒーを一気飲みしてしまった夫。
食事を終えた私:「そこのミルクをとって」と、夫に言いましたら…。
「え!なんで麦茶にミルクを入れるの?」だって?
驚くのは私の方よ!一口飲んだ味わいは、確かにアイスコーヒーでした。
濃いめなのでコーヒーミルクを足してマイルドにしようと思ったものを[あせあせ(飛び散る汗)]
その会話を聞いていた・・・お店の大将。
新鮮そうなお刺身を包丁で切っている最中ながら・・・。「それはアイスコーヒーだよ。飲んでわかんないんかい?せっかく色々サービスしているのになぁ」。
夫:「ごめ~~ん。急いで飲みすぎて味わう暇がなかったもんで・・・すまない、大将!」
・・・と明るく謝りつつ、店を後にしたと言う訳なのでした。

お客さんの半分以上を人気のガウチョパンツ、もといオサレな幅広パンツ、ニッカボッカースタイルのガテン系お兄さんが占めていた・・・その割合が非常に多いと感じたお店でした。
平日ランチはどれも皆、ジャスト1000円と言う明快さ、食べた~~って感じられる満足感から・・・リピート率が高いのでしょうね。

私の分のご飯にお蕎麦、ポークソティも食べた夫。「今日は、夕飯いらない」と言いつつ・・・。
夜になって・・・「簡単に、おそうめんでも食べる?」と聞いたら、「うん、食べる」って。なんでなんだーーー!?・・・って、仕方ないけどね。


関連ランキング:定食・食堂 | 楡木駅


nice!(74)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

買い換えました♪ [徒然]

あじさいの写真を撮りに行ったばかりながら・・・その帰り立ち寄ったY田電気で、カメラを買い替えました。
すでにお気づきの方もいらっしゃるでしょうけれど・・・。
撮った画像の上の方、一部分にピンボケが入ってしまうのです[バッド(下向き矢印)]
常に片手で操作、撮っているものだから・・・これまで何度落とした事か!ぶつけてしまう機会も多くて。←原因はそれで間違いありません。
特に拘りはないから、このままで、ま!いいかと思っていたものの・・・。でも、やっぱり!嫌なのだ。

          K0000622991.jpg
これが、おニューのカメラww。本体の外観です。
機種はこれまでと同じ、SONYのサイバーショット子ちゃん(サニー画伯の命名により・・・)で撮ります。今度こそ壊さないように大事にしないとね。
2013年5月に購入したDSC-30Vは、ここまで頑張ってくれました。

使い勝手が良かったのと、新たにマニュアルを読むのが面倒だから…前機と同じソニーのDSC-HX60Vを購入。だから見た目は同じです。
我がデジカメの出番と言えば、被写体は食べ物、そして風景くらいです。
          サイバーショット.jpg
DSC-30Vで撮った、庭のダリア。ピントが合っていませんね。


以下どれも、プレミアムお任せオート撮影で。
         DSC09193.JPG
新しいカメラDSC-HX60Vで撮影、しかしイマイチな感じ[バッド(下向き矢印)]

野菜直売所で買ってきた人参の葉っぱ、捨ててしまうには勿体ないので、とりあえず置いときました。
DSC09194.JPG
こちらは、綺麗に撮れました。


          DSC09204.JPG
今までファッション小物の中から選んで使っていたカメラケースも、気分一新で・・・新調。
左のヒョウ柄スマホのケースと、一緒に並べてみました。
コンデジにしては大きめながら、持ってみてそう重くは感じません。
思えば・・・ブログを始めてから使い続けているデジカメ、これまでに何台壊した事か!?
今回は、たぶん7代目かと?←おバカ[あせあせ(飛び散る汗)]
最新モデルでなくても、全く問題ない。私にはじゅうぶんな感じです[るんるん]

今朝のお散歩中に、見かけました。一年ぶりの・・・鴨さんファミリー。
ずいぶん大きく育っていたものの・・・この春生まれた子鴨ちゃん達が沢山ですよ[るんるん]
カメラ1.jpg
ロケーション的にイマイチながら・・・どうして、ここにごみを捨てるかな~~?( ̄д ̄) 許せんっ!


9羽も揃った子鴨ちゃんたち、見ていたら・・・思い思いの方向へ泳いでいこうとしています。
そんな様子をチャンと見守っているお母さん鴨って、偉いカモー。。
カメラ2.jpg
光学30倍プレミアムハイズームを実証!なんちゃって[グッド(上向き矢印)]

今年は、鹿沼の磯山神社 [ドライブ・栃木県西]

          アジサイ0.jpg
これまでもずっと気になっていた…。
自宅からそれ程離れてないのに、タイミングが合わず訪れる機会がなかった、鹿沼市の磯山神社です。

    アジサイ1.jpg
梅雨時に咲く花と言えば・・・あじさい。薔薇のあとはこの花以外にありません。

アジサイ2.jpg
この時期はどこでも見かける・・・ありふれた光景ながら、数千本まとまって咲くスポットは県内でも数か所。
そんな中のひとつ、磯山神社で今月12日からあじさい祭りが始まると言う。
・・・そこで出かけて行ったのは、あじさい祭りのはじまる前日の11日でした。

          アジサイ3.jpg
例年6月中旬~下旬、参道・社殿周囲に植栽された、28種2500株の青・白・紫のあじさいが咲き揃います。
  磯山神社あじさい祭り
  祭りの期間: 平成28年6月12日(日)~7月3日(日)
  栃木県鹿沼市磯町66  磯山神社

          アジサイ5.jpg
周囲は数軒の民家と田んぼ、村の鎮守社といった光景で佇んでいます。
祭りの開催前でも次々とやってくる車、多くの人の姿がありました。

アジサイ4.jpg
境内ではモデルさんをつかったも撮影会まで開催されている。そんな様子にビックリしたり・・・。

アジサイ6.jpg
最盛期にはまだ早い、6~7分咲きといった感じながら。。カメラ持参で写真を撮りに来る人、紫陽花を愛でる人の姿がひっきりなしなのです。
梅雨の合間…とは思えないくらいの、爽やかな快晴の空。しかし、あじさいの花にとっては優しいとは言えない模様。
午前中なのに、日なたで咲いていた花々はグッタリしています。

アジサイ9.jpg
石の鳥居から本殿まで、杉木立の内側にずらりと植え込まれている様子は・・・杉の緑とのコントラストが鮮やかでした。
満開時にはより素晴らしい光景となるでしょう。

          アジサイ7.jpg
写真を撮りながら少しずつ進んでいきます。

去年行った、栃木と茨城の県境「鷲子神社」のあじさいも綺麗だったけれど。。
あの時は、まさに梅雨。降りしきる雨の中で写真を撮るのは濡れてしまうから、肌寒さを感じました。

          アジサイ8.jpg
ずらりつるされた献灯提灯。
祭り開催中は灯りがともされ、夜のあじさいを満喫出来るようになっているだけでなく・・・本殿の前には茅の輪が。
氏子のおじさんに教えてもらい、試しに茅の輪くぐりもやってみましょうか。

まず100円を支払い、渡された紙の「形代」に名前と年齢を書き込みます。実年齢にプラス一歳をお忘れなくね。
そして自分の身体の悪い所に当て…「形代」に息を3回吹きかける。
立札に書かれた、「水無月の夏越の祓いする人は・・・」の言葉を唱えながら、茅の輪をくぐって左へ廻る。次は正面に戻って右へ廻る。
次いで正面に至って輪をくぐりぬけ、参拝をする。
これで、無病息災が得られるとは・・・ご利益があると良いな[ぴかぴか(新しい)]

アジサイ10.jpg

磯山神社本殿は栃木県の有形文化財。境内の御神木と、夫婦杉は鹿沼市の天然記念物に指定されているのだそうです。
アジサイ11.jpg

参道にズラッと並んでいた提灯、そこに浮かび上がる鮮やかなあじさいの花。夜の光景もきっと美しいものと想像出来ました。
          アジサイ12.jpg
地域に根付いた神社、そしてあじさいの植栽を通じて・・・広がる世界。
あまり乗り気でなかった夫も「良いところだった」って!こうして、思いがけず・・・有意義な休日が過ごせたのでした[グッド(上向き矢印)]

栃木のイモフライ、ジャガイモ焼きそば [食]

佐野の実家から家へと向かう途中でした。
息子:「久しぶりに、佐野のイモフライが食べたいな。出来たらでいいから、どこかへ寄って」ですって。

※佐野市のユルキャラ「さのまるくん」が、はかまの腰に差しているいるのがイモフライ・・・もう、お馴染みかな?
佐野といえば佐野ラーメンが有名ですが、 佐野にはもうひとつの"B級グルメ"「いも フライ」がありまして・・・ 観光協会でいもフライマップなるものも作成しています。
蒸しじゃがいもに小麦粉を溶いた厚めの生地、そこにパン粉をまぶして揚げる。仕上げには地元産のミツワソースをつける。
モチモチとした食べ応えを重視した、いもフライ・・・一般的なポテトフライとは違うのです。

しかし土曜日に関わらず、実家近くの出井商店←ランキング上位店がお休み。
「イモフライの店は佐野じゃなくても、通る途中の栃木にもあるぞ」と夫。
そう言えば、毎回通る道沿いに、何時も目にしていた派手派手なお店がありました。
私も「じゃがいも入り焼きそば、食べてないなぁ~」と思い・・・栃木市にある、大豆生田商店で買う事に。
         実家から3.jpg
イヤでも目に入る赤を多用した・・・アヤシゲな外装。
ホントに美味しいのかな?と思いつつ・・・息子と二人で入店。
しかし店内は、昔ながらのまったりのんびりな雰囲気。イモフライ、焼きそばの出来上がりを待つ数組の客。
店内で食べている人の姿あり。
そして私達のあとからも、次々やってくる人たち。人気あるのね。
焼きそばを焼くソースの良い匂い、炒める軽快な音[るんるん]
オーナーの奥さんらしいオバちゃん、若干声は大きめながらテキパキと慣れた動きで注文をとり、イモフライ、焼きそばを包んでいきます。
店内を見渡せば・・・県民ショーや旅番組、「アサいち」といった取材時の写真が沢山張られていて・・・こんなに来ているんだと初めて知りました。
人気があり次々と売れていくに関わらず、丁寧で気さくな応対にも感心させられました。

実家から4.jpg
・・・そして、これがそのイモフライ。
これだけでは、その大きさがわからないかと思われますが・・・。
一串にささった芋一個が、中くらいのジャガイモを半分にカットしたサイズなのです。それが4個もさしてある迫力[ダッシュ(走り出すさま)]
一人一本として5本も買ってしまったけれど、食べきれるだろうか?
つけるソースは甘いのと、甘酸っぱいのと、二種類のソースから選べるようになっていました。
さのまるラベルの佐野ミツハフルーツソースは甘め。
せっかくなので、甘酸っぱいと言う「蔵の街=栃木のことね」ソースでお願いしました。

衣がしっかりと厚めな佐野いもフライ、その衣のもっちりが美味しいのだけど。。・・・少々違っていて、いもとソースの味わいで勝負している!・・・と感じられた栃木市のイモフライ。
食べ応えもあり、これはこれで旨い[るんるん]

具材は蒸かしてカットしたじゃがいもに、キャベツ。お肉は使わず、じゃがいも、キャベツ、麺にソースという・・・シンプル構成の焼きそばです。
蒸す水の代わりに、肉だしをかけ回して焼いている様子でした。
素朴な風味の感じられる・・・同じくB級グルメである焼きそば。こちらのソースも食べていると甘酸っぱさがあるので、蔵の街ソースが使われているのかもしれません。


お昼が遅めでシッカリ食べてしまっていたから・・・、
イサキを焼き、サラダを作って、お漬物を出したくらいでご飯は炊かなかったけれど、それで正解。
          実家から6.jpg
この日、呑んだのは「ジェイコブス・クリーク シャルドネピノノワール」。
スパークリングワインが好きで、常に買い置きしておきたい私。
リーズナブルな物を選んで多く飲んでいますが、オーストラリア産は初めてです。
厳選されたシャルドネとピノ・ノワールを使用したプレミアムワインだそうながら・・・。
のど越しが良くてドライな辛口は、こうしてゆっくりしたい週末のみにピッタリ、デイリーシャンパンに最適に思いました。
この後は、ビールに移行・・・言うまでもありませんね。


実家から1.jpg
実家の庭で咲いていた、サツキ。

そして、アジサイも。実家から2.jpg
アジサイは行く度に切りとって、家で飾って楽しんでいます。

※実はこの翌週だったかしら。実家の佐野へ母の様子を見に出かけて行った帰りの事。
「夕ご飯はなんにしよう。なんか作るの面倒くさいなぁ~~。お弁当買っていっちゃおうかな」
「それとも、また栃木の焼きそばとイモフライでもいい?」・・・という事で、再訪しました。
この日も、両手に包みを下げたお客さん達が次々と。皆さん、リピーターさんね[グッド(上向き矢印)]
「一体どのくらいの量のジャガイモを仕入れているんだろう」って夫。
確かに静岡で行った、焼き芋とおでんのお店「大やきいも」を思い出してしまいました。お店の脇にコンテナ入りのお芋が大量に並んでいましたっけ!


関連ランキング:焼きそば | 栃木駅



nice!(80)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

佐野ランチ「茶屋 草木万里野」で [ドライブ・栃木県南]

さつき晴れの一日。
この4月新宿南口に開業したばかりである、高速バスターミナル「バスタ」。今回は佐野まで高速バスに乗ってやって来た息子とこっちゃん。
乗車してすぐ二人して爆睡、息子は先日長野まで一人バス旅をしてきたばかりながら・・・父&子でも快適だった高速バス体験でした。

皆でお昼を食べに行ったのが・・・大きな三角屋根、和洋折衷のムードが特徴的なお店「茶屋 草木万里野」。

      草1.jpg
まず店名が読めない、解らない、「くさきまりの」と読むようです。
帰ってからググってみましたら・・・関東各県、群馬・栃木・埼玉で展開する・・・創作料理店でした。
ここは何時通っても賑わっています。前にも一度来たものの、満席で食べられなかったお店なのです。
そう、駐車場も常に満車。
草2.jpg
周囲の様々な植栽が可愛くて楽しい。
予約をしておいたから入店できたけど、この日も大繁盛!満席でした。
          草3.jpg
外から店内の様子はうかがえません。入口は木製の小さなくぐり戸。

内部は広めで・・・靴を脱いで上がったフロアーは、それぞれが区切られている半個室。
アジアン風のムードで暗め、これが落ち着ける理由かもしれません。
それもあって来店しているのは女性がほとんどだから、お喋りの声がスゴイ[バッド(下向き矢印)]空いている時だったら、もっと良かった。

料理メニューは、和洋中と豊富です。
        草5.jpg
まずは、ビールで乾杯[ビール]
それぞれランチセットで注文してみました。
ランチメニューから、3人はお肉ランチを注文しました。

草6.jpg
メインのステーキ、サラダにミニグラタン、ご飯&お味噌汁、デザートまで付いてボリューム満点!
ステーキのサイズは小さめながら、柔らかなお肉、味わいも満足のいくものでした[グッド(上向き矢印)]

隣りはこっちゃんの、ナポリピッツァセット。薄焼きピザはクリスピー、思ったよりも美味しかったです。
こっちゃんもほぼ一枚近く、沢山食べました。

草7.jpg
夫の、きのこの和風スープパスタ。・・・まぁ普通かな。
アジアンディッシュセットには、生春巻きも付いてる…確かに多国籍。次に来店する時は←これ、いきたいです。
 
どれを選んでもボリューミィ、野菜もたっぷり付いてくるし、バランスも良く美味しかった[るんるん]
母とこっちゃんが残さず完食出来たのも良かったです。
…しかしデザートまで食べたらお腹いっぱいになり過ぎ。。別注したドリンク、キャラメルラテはキャンセルする事になりました。
満足度が高く、その上リーズナブルで…。ドリンクのオーダーはしなくても大丈夫って感じ。
お会計は弟が支払ってくれました。ごちそうさま~~!

草4.jpg
外観からして良いムードのお店です。カップルでデート、女子会には最適だと思いました。
何時でも混んでいるのも理解しました。


関連ランキング:カフェ | 佐野駅佐野市駅堀米駅



nice!(71)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

また食べたい~~♪ [食]

前々回の続きです。
夜に慌ててアップしたので、「「LAU LAU」ネタと前後しちゃいました[あせあせ(飛び散る汗)]

築地1.jpg 築地3.jpg
築地ちとせの人気 商品「天ぷらせんべい」と、江戸前海苔・すじ青のりを使用した「のり天せんべい」の二種類の詰合せ。
天ぷらせんべい 16 枚、のり天せんべい 8 枚の二種類計 24 枚入った詰め合わせです。

のり天せんべいは以前も食べていて…その時は磯の香りが強すぎたから、こんなものかなと言った感想しかなかったものの・・・。
春先に水揚げされた、甘みのある「鷹爪海老」をふんだんに使用。日本三大葱の一つ「岩津ねぎ」の他 5 種のこだわり食材でかき揚げを表現した・・・このサクサクの食感はクセになる旨さ[グッド(上向き矢印)]
                          えびせんべい.jpg


東北自動車道のPA「パサール羽生」には、モロゾフのスィーツショップの出店も。
「モロゾフ 生ブッセ プリンサンド」はふわふわのブッセ生地に、プリン風味のカスタードクリームをサンドした商品と言う。
          築地4.jpg


ふんわり焼き上げたやわらかなブッセ生地に、プリン風味のクリームをサンド。
中のクリームはプリンを謳うだけにとろけるような口あたり、クリームのたっぷり感はありながら・・・くどさは感じません。カラメルのほろ苦さが、ほど良いアクセントになっています。
                          築地5.jpg
ブッセ生地はホントにふわふわ、口の中でなくなってしまうんじゃないかと思うぐらい・・・ふわっふわっ。
不思議な柔らかさのスポンジです。
あっと言う間に完食!
これ程すぐに食べ終えてしまったと言うのに・・・定番の「カスタードプリン」とは違った美味しさを堪能[グッド(上向き矢印)]
先の「むらさきふわり」」同様・・・一人占め!
ライバルのいない我が家。あっと言う間に食べてしまったのだ。
高速道路で毎日買えるのは、パサール羽生店のみ。限定販売なので、午前中で完売してしまうこともあるそう。
パサール羽生の脇は、月一くらいで通っているものの、午前中というのは無理っぽい。
それでも・・・ああ、また食べたいなぁ[るんるん]

特にオチもなく、失礼。。←ブログに限らず全てにヤル気が失せつつある、今日この頃[あせあせ(飛び散る汗)]この蒸し暑さのせいかもね。
nice!(67)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「ダイニングバーLAU LAU」・・・再訪です。 [近くへドライブ・市内]

先月の中頃まで我が家に滞在をしていた母。
連日、家に篭りきりでは?・・・と気分転換を兼ねて、ランチをしに出かけて行ったのは「ダイニングバーLAU LAU」さんでした。
以前ランチパスポートで行って、ロケーションが良かったのを覚えていたから・・・。
          ラウラウ0.jpg
店内は天井の高い、開放的なムード、二階のお席もあるみたいでした。一応テーブル毎に区切られているから、落ち着いて食べられます。

ラウラウ3.jpg
チョッと見は倉庫みたいな外観、横に長い大きな建物の半分は美容院になっています。
平日に関わらず多くのお客さんの姿、上手なのかしらね?
予約をしてなかった、そして駐車場も満車に近かった為、夫が先にテーブルが空いているか聞きにいったくらいでしたもの。

ランチメニューのオーダー後、川沿いへ出て写真を撮ったりしていたら・・・「来たよ」ですって。
前菜とスープが付くのね。
          ラウラウ4.jpg
野菜サラダにナムル風、キュウリやパプリカのピクルス。小エビのボイルに鴨肉?ポテサラ等・・・。

ラウラウ5.jpg
円形のご飯の上に大葉とタコスミートのタコライスにしました。
味が濃すぎずちょうど良いタコライス、美味しかったです。
オーダーする前から、メニューを見て私が予想した通り…最も無難なオムライスを選んだ夫。
母が選んだパスタセット。
・・・は、テーブルにきてから思い出しました。そう、ここはパスタではなく、麺に沖縄のソーキそばを使っているのです。
ランパスの時、その意外性に驚かされた・・・パスタの食材として、ソーキそばの麺の発想は面白いです。
でも食感がパスタとは違うので、パスタを食べている感じとは違うかなぁ[あせあせ(飛び散る汗)]
母の年齢を考えたら???エビたっぷりのトマトソースは美味しかったと言っておりましたけれど。

ラウラウ7.jpg
食後のデザートです。
私は、ネーミングに惹かれて・・・「アジアンビューティー」 [るんるん]
グラスのココナッツミルクにはタピオカ・ナタデココとたっぷりフルーツが入っていて美味しい。
他のふたつ、チョコレートケーキ、シフォンケーキは・・・どちらも市販されているのをカットしただけって感じながら[バッド(下向き矢印)]
バニラアイスと刻んだフルーツは共通のもの。

                        ラウラウ6.jpg
ドリンクの、カシスかなにか?のソーダドリンク。
夫と母は、普通にコーヒー、紅茶でしたので…写真はなし。お値段からいって、まぁまぁって感じだったような。

ラウラウ1.jpg
若者向けのチョッとオサレなムード、ボリュームもあって、満足なランチとなりました。
一番良かったのは、この青空!田川沿いにある店の立地なんですけどね[グッド(上向き矢印)]
外にもテラス席があるので、暑くなるこれからの季節、黄昏時の光景を眺めながら・・・一杯なんて・・・良いかな?

ラウラウ8.jpg
店の裏側に出て、グルッと周ったら、初夏を思わせる日差しの下、薔薇が綺麗に咲いていました。


          ラウラウ9.jpg
帰って来てみたら・・・家の軒下で、よちよち歩く子スズメちゃん[るんるん]
孵ったばかりでまだ飛べないのでしょうか?上で心配そうに鳴いている親スズメの姿が見えました。
頑張れ―子スズメちゃん。ちゃんと大きく育つんだよ[ダッシュ(走り出すさま)]
nice!(86)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お昼ご飯は、「富久吉」で [近くへドライブ・市内]

4月の初めベッドから落ちた事がきっかけとなり、背骨の圧迫骨折をした実家の母。
一人暮らしの為、浦和に住む弟一家の元に身を寄せておりましたが・・・それから一月以上。だいぶ落ち着いてきた、しかし自宅で一人暮らしするのは危険といった理由から・・・しばらく我が家に滞在をしておりました。

そんな母と弟が家にやって来た日でした。
到着後は、一緒にお昼を食べようと言う事に。
我が家で手軽な和食と言えば・・・もう何度登場しているかわからないくらい・・・のリピート店。
店内が広くて、メニューも豊富、リーナブルに和食が食べられるお店、「旬の旨味 富久吉」さんです。
富久吉1.jpg

以前から贔屓にしていたお店ながら…道路の拡張の為平成22年に移転、新規オープンとなった現在の店。
このブログではスッカリ馴染み深いものとなっています。

              富久吉2.jpg
ランチメニューから私の選んだ、エビフライセット。
大きな頭付きのエビフライは、お箸で持ち上げらないくらいのサイズです。サクサクの衣、中身のエビはふっくらプリプでリ・・・美味しくいただきました。
母は湯波刺し、湯波の煮物、湯波揚げの付いたゆば会席ランチ。
夫は富久吉ランチ、弟が選んだのは寿司ひれかつランチだったかと思います。
ランチメニューはそれぞれのメインに、お刺身や煮物、小鉢、茶わん蒸し、酢の物と言ったサイドメニューが付いているのです。その上、どれもリーズナブル!

広いお座敷から、カウンター風の大きなテーブル、テーブル毎に区切られた・・・ボックス席とあり、様々な用途で使い勝手の良いお店と感じます。
毎年暮れになると予約販売される富久吉さんのおせち、以前には家も注文しましたけど・・・。
こちらのおせちは全てが手作りだから美味しいものの、価格はその分お高め[あせあせ(飛び散る汗)]それでつい、安価なネット注文のおせちを選んでしまのだった。
食べ終えて店を出る時に気がつきました。「黒豆 栗きんとん しもつかれ あります」の・・・張り紙。
富久吉さんらしいなぁと思いながら、帰ってきたのでした。

※しもつかれ・・・とは。
栃木県伝統の郷土料理。「初午」の頃作り赤飯とともに稲荷神社に供える行事食。お正月に食べた鮭の残りの頭の部分と 酒粕。大豆、大根、人参を下ろして煮た・・・地元の味。
見た目の悪さ、匂いの強さから・・・非常に好みの別れるものとなり・・・栃木を語る上では欠かせないネタのひとつである。
・・・ちなみに、栃木生まれ&育ちの夫と息子は決して食べません。食いしん坊な私は、頂いたら食べる派です[わーい(嬉しい顔)]


当ブログでも先日登場した、東北道下りのPA「Pasar羽生」。
家に来る途中、そこで弟が買って来てくれたものはこちら。
施設内の店舗には、「 築地ちとせ」が入店しているのでした。
築地2.jpg   築地6.jpg
「築地ちとせ」のお料理菓子「むらさきふわり」は、江戸千代紙を思わせる・・・綺麗な包装紙。
それぞれ柄違いの・・・一個ずつ個別になった中のお菓子は…チョッと見、「萩の月」みたいながら・・・・
もっと和風の味わい、少々塩気のある、餡というかクリームが独特の風味なのです[ぴかぴか(新しい)]
「お料理菓子 」と銘うつだけに、初めて知った不思議な和菓子でした。
以下・・・HPより。
黒豆醤油と昆布だしのじゅれをなめらなかなとろろ昆布の白餡とともにふわふわのお饅頭に閉じ込めました。隠し味に効かせた山椒が、後味を爽やかに演出します。
http://tsukijichitose.jp/products/
東京の台所、築地だけに・・・餡の中に昆布出汁と醤油が入っているのですね[exclamation&question]
そこでお醤油=「むらさき」ふわりなんだ!

これを読んで気になったあなた。
今度見かけたら、買って来て食べようと思ってはいませんか?
しかし「ふらさきふわり」は残念ながら・・・夏の間は休売、発売開始は秋よりだそうです。
築地店以外では、丸の内「 キッテ」 B1、羽田空港の 旅客ターミナルにも店舗あり。。

まだあるのだけど、それは次回へ。
nice!(82)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ジャストカフェ(JUST CAFE)で、ランチ [食]

これまた、先月出かけたお店ながら。。
        ジャストカフェ1.jpg
息子達を何時ものように駅で出迎えた後、ランチをしに行ったのは下栗にあるジャストカフェさん。

ジャストカフェ2.jpg   
一年前に友達と入ったジャストカフェ、比較的駅からも近く、お野菜好きなこっちゃんが沢山食べられるかなって思い決めました。
12時前に到着。しかしその時間さえ、すでに多くのお客さんで賑わっています。
車内で待っている方もいたような・・・。
私達も名前を書いて車の中で待っていました。席が空き次第、スタッフさんがお迎えに来てくれます。
曜日に関係なくランチの時はすぐ満席になってしまう、人気店なのです。

ジャストカフェ3.jpg
偶々空いた一時[カメラ] お水は店内のウォータージャーから、テーブルまでセルフです。

今回も人気の「01 ランチプレート」は売り切れにつき、それぞれライスボウルランチ、ジャジャヌードルランチを。
こっちゃんには、フォッカチャサンドをオーダーしました。


お野菜の栄養たっぷりランチ丼、ヌードルランチ、どれも野菜スープが付きます。
ジャストカフェ4.jpg
どちらのメニューも・・・、レタス・水菜・トマト・カリフラワーにブロッコリー。
カブ・カボチャ・ゴボウ・サツマイモ・ズッキーニやキャロットラペ、ホウレンソウの合えたもの・・・等々。十種類以上のお野菜が雑穀米or麺の上に盛りつけられて・・・、相当ボリューミィーな感じ。
よく噛まなくてはならないから・・・蟹を食べる時と同じで、黙々と・・・って感じになっちゃいますね[あせあせ(飛び散る汗)]
ボイルやグリルをした素材への味付けは薄くて、野菜本来の味わいがしました。食感も活かされていて、そこに温卵、お麩や厚揚げの煮物、蕨までのって・・・ベジタリアンな気分は間違いなし[グッド(上向き矢印)]
店内を占めるのは、圧倒的に女性たち。人気があるのは伺える内容です。

ランチをオーダーすると、ドリンクがプラス150円で追加OK!ながら……息子の「別にいいよ」と言うのをを真似て私達もドリンクのオーダーはせず。
しかしお隣のテーブルで飲んでいた、カップから溢れんばかりのカフェラテはとても美味しそうだった。

こっちゃんがポテトばかり食べていたから、ほとんど残ってしまったフォカッチャの卵サンド。お包みしてもらって夜食べましたが、それでも十分美味しく食べられました。
また機会があったら、こちらのモーニングも食べに寄ってみたいな。


…とにかく、この季節。どこへ行っても目につくのは、薔薇、薔薇。薔薇の季節なのであります[ぴかぴか(新しい)]

薔薇1.jpg
↑・・・はどちらも、家の庭の薔薇よ。

お店シリーズは続きますね。。
nice!(76)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

イチゴジャム作って~~♪ [食]

孫娘と3人でGW中、いちご狩りへ出かけた事は書きました・・・。
それからすぐある朝、突然に・・・夫の友人の一人が、朝採りしてきたばかりという大量の栃おとめを届けて下さいました。
予想もしていなかった大量のいちごです。
大きな段ボール箱いっぱいのいちごは摘みたて、そのいちごの重みでつぶれるんじゃないかしらって思う程沢山。
大きなものを選んで、知り合いにおすそ分けを。また、私達も一生懸命に食べましたけれど。。
そう、残りはもうジャムにするしかない!
ジャム用の専用銅鍋まで持っている、ジャムオジサンこと夫の出番です。・・・とはいえ、仕事をしながらのジャム作り。
煮つめて、瓶に入れるだけでも三日がかりの大仕事となりました[ダッシュ(走り出すさま)]
パン2.jpg

それでも、出来た!

この為にジャム用の瓶も新たに仕入れて、出来上がったイチゴジャムは22個あまり[グッド(上向き矢印)]写真を撮る前に、すでに数個上げてしまっているのです。。
     パン4.jpg  パン5.jpg

勿論ながら・・・
早速、パンにのっけて食べていますよ。量がタップリあるから、ぬってじゃないところが・・・ミノね[るんるん]
今回の出来は、少々色合いが濃いめ!?

合わせたパンは、鹿沼市にある「手づくりパンの店クロワッサン」のフランスパンです。
パン1.jpg パン3.jpg
きめが細かめ、柔らかな生地の食べやすいフランスパンです。大きくて一度では食べきれないけれど・・・そんな時はスライスして、冷凍庫で保存をしたらOK!

こちらは車での移動販売がメインとか、なのでお店のパンは少なめです。

一度買って食べてから…この時家に来ていた母のリクエストで購入してきたのは・・・ブルーベリーブレッド。
パンに巻き込んだブルーベリージャムが溢れんばかり、チョッと高めながら・・・これはクセになる味わいだなぁ[るんるん]

      パン6.jpg      パン7.jpg
店名「クロワッサン」なのだもの、クロワッサンを買わない訳にはいかない。しかし、このミニクロワッサンしかなかったと[バッド(下向き矢印)]
袋入りのミニクロワッサンは見た目、食感共にチョッと残念なムードです[あせあせ(飛び散る汗)]
残念ついでに…オーブントースターで焼きなおしたら、おコゲまで出来てしまったのだ[がく~(落胆した顔)]

夫よ、大変お疲れ様でした。
新鮮なイチゴとグラニュー糖、レモンに仕上げのブランデーだけと言う・・・シンプルさ。それだけに食べたら、市販のジャムには戻れません。
それでも、あれから一週間以上。。。キッチンの出窓に置いた銅鍋、そろそろお片付けしていただけないかしら?
銅鍋の大変さって、ただ洗っただけではダメ。
市販品として銅・真鍮磨き専用の磨き粉も販売されていますので、磨き粉を使用してのお手入れが必要なんだとか。それが面倒なのね[バッド(下向き矢印)]

しかし、またもフランスパン。
新ヴァージョンとして、粒あんパンに、キノコパンを買って来てくれました。
                           パン8.jpg                          
食べてみた感じとしては…普通に美味しかった。
普通って言い方、微妙でしょう[あせあせ(飛び散る汗)]次はまた、フランスパンが良いな。


関連ランキング:パン | 新鹿沼駅鹿沼駅樅山駅



nice!(74)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

青森土産~福岡まで [食]

このところブログネタがたまってしまって・・・嬉しい悲鳴?・・いえ本人もなんだか?よくわかりません。
だって、覚えていられないの[あせあせ(飛び散る汗)]

GWのお土産・・・その一。
夫の後輩さんから頂きました、青森土産です。今回も彼は青森県を一周してきたそう、幾度訪ねても青森にはそれだけの魅力がある・・・同感します[揺れるハート]
北西にある街、弘前を訪ねての一品は・・・一口サイズの可愛いお菓子、「しかないせんべい」の「らぷる」です。
     青森1.jpg   青森4.jpg
リンゴの「アップル」に因んだネーミング・・・?「らぷる」の呼び名がまず可愛いらしい。「津軽の手仕事」と書かれたキャッチコピーも良いなぁ。
丸いお菓子の表面には、ワンポイントで「リンゴ」のマークが押されていますよ。
煎餅の生地を半生の状態でほっこりと焼き上げた・・・ソフトな生地に包まれているのは、シャリシャリ感の残る煮リンゴです。
当然、津軽で収穫された新鮮なリンゴ100パーセントだそう。
甘酸っぱい味わいで、リンゴの食感も残されている。甘さ控えめながら、その風味はキチンと伝わってきました。

その二、その三は・・・。
青森2.jpg    青森3.jpg
真っ赤に熟したリンゴのラベル、青森県産リンゴをたっぷり使ったストレートジュース、1リットル瓶です。
青森らしさが感じられるリンゴジュースを、沢山飲めるって嬉しい[るんるん]

陽の光をいっぱい浴びて育った完熟無袋りんごのみ。
砂糖、防腐剤、酸化防止剤など・・・一切使わず、青森リンゴ果汁だけで作ったこだわりの無添加天然果汁100%。
※果汁100%のジュースには、「ストレート果汁」と「濃縮還元果汁」の二種類が存在していますが・・・。
スッキリ飲みやすいストレート果汁は、一般的に販売されている濃縮還元ジュースとは味わいが違います。

右にあるのは、JAアオレンこだわり製法「密閉搾り」ねぶたラベル。
完熟青森県産りんご「ふじ」を主体に「王林」「ジョナゴールド」などをブレンドすることで、香り豊かな「コク」のある、果肉感ただようりんごジュースに仕上がっています。
※「密閉搾り」とは製造工程において・・・空気に触れない状態で、破砕・搾汁することで、酸化防止剤(ビタミンC)を使用しない、アオレン独自の特殊製法です。

より生の果肉に近いリンゴジュースの味わいは、「リンゴそのまんま」。手軽に飲める缶入りはおすそ分けするにもいいですよね。
本場のリンゴジュースはやっぱり美味しい!青森らしいお土産に感じられました。
 
次は搾りつながりで…ちょうど届いたばかりの・・・。
青森5.jpg 青森6.jpg
日本全国各地にあるキリンビール工場!
そのそれぞれの味わいを支える…醸造家が誇る一番搾りを揃えた限定ビールパックの一部ながら。。
大自然がイメージされる北海道づくり、千歳工場限定。横浜工場限定。
酒米・山田錦を使ったフルーティーな香り?の神戸づくり…と。各工場ごとに味覚&コンセプトが違うとのこと。
どのような地域密着型の商品となっているのかも楽しみな・・・全国それぞれの地の恵みが生かされた、一番搾りの限定セットです。

地震による影響で、観光客の減少している・・・九州を応援する意味合いも込めて・・・「麒麟一番搾り福岡づくり」を呑んでみました。←安易でささやか過ぎる、応援内容でゴメンネ。
      青森7.jpg  青森8.jpg
「一番搾り 福岡づくり」は福岡の食を引き立て・・・コミュニケーションを活発にし、ワイワイ飲むことができる・・・地元福岡の誇りがつまった、一番搾り福岡工場限定醸造。
九州麦芽で仕込んだだけのうまみが引き出された、九州の色に合った、しっかりとしたうまみと華やかな香りが特徴と言います。
活気あふれる福岡の街、福岡を愛する人々を思い浮かべながら、呑んでみました[グッド(上向き矢印)]
販売地域は福岡県を中心とする福岡工場の出荷エリアとなります。。

それにしても、どうして一番搾り 福岡づくり」だけスチール缶なんでしょうか? 他の8ヵ所はアルミ缶…。福岡には八幡製鉄所があって、「鉄」には特別な思い入れがあるからなのかしら。


          DSC09173.JPG
「JAみっかび」より・・・みかんジュース[かわいい]
こちらは、こっちゃんに[るんるん] 冷やして飲んだら・・・とにかくフレッシュ、これからの季節は特に美味しく感じられるはずです。
nice!(77)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理