So-net無料ブログ作成
検索選択

春だもの・・・春華堂のうなぎパイ [食]

ソメイヨシノに続いては…家のお花。我が家の小さくて庭と呼ぶにはささやか過ぎる狭いところで・・・次々と、春の花が満開です。
ゴールデンオレンジ0.jpg
               チューリップ7.jpg 
白い雪柳がここ数日間の風で終わってしまって、残った画像はこれだけ。↑・・・少し枝を切って活けたもの。

          チューリップ2.jpg
今はチューリップとラッパ水仙、ピンクと白の桜草が満開なのです。

チューリップ4.jpgチューリップ5.jpg
クリスマスローズ、福寿草、ムスカリ、ヒヤシンスの花は終わり。。同じく早春の花キンセンカだけは頑張って咲き続けております。
その向こう・・・植え替えたのが良かったのか、今年は桜草がとても元気です。
右は・・・夫が愛してやまない、三色デージー。先月から探し続けて、ようやく見つかった[目]・・・と嬉しそうな顔をしていました。

チューリップ6.jpg
ペチュニアのプランター、こちらも元気にモリモリ茂った桜草です。

     チューリップ1.jpg
バラorラナンキュラスのように花弁が幾重にも重なったチューリップが豪華!昨秋安いワゴンセールの時に買っておいて良かったワン[グッド(上向き矢印)]
チューリップは赤・白。黄色の・・・基本色以外、ピンク、紫、白。黄色に赤のラインの入ったものとミックスで楽しめました。
孫娘のこっちゃんと一緒にチューリップを見て。数えたかったな[るんるん]
植えっぱなしでも綺麗に開花、清楚なムードを漂わすアネモネ(白い花弁の・・・)はこれまた好きな花[ぴかぴか(新しい)]

そして今日、北側では白いシャガの花が咲き、芝生の脇からは頭に蕾をつけたスズランがニョキニョキと沢山顔を出してきているのを見っけ。
芝桜に、ツツジの蕾も膨らんで・・・ホンに春は忙しい[るんるん][るんるん]


花より団子!…と言われてしまったら・・・。

浜名湖と遠州灘の水と自然が育んだ、浜松銘菓「うなぎパイ」。
3月のとある日、掛川の「天竜浜名湖鉄道」?のイヴェントへ出かけて来たからと言ってましたっけ?
・・・すいません。お土産の方に気をとられて話を聞いていませんでした。
何時もお土産を持ってきてくださるO川さん、今回は「春華堂」のウナギパイです。
unagipai2.jpg

元々夫の勤務先が浜松であった為、私にしても浜松、浜名湖へ足を運んだのは数知れません。
静岡を代表するお菓子であるうなぎパイ、浜松駅構内は勿論、駅前にそびえる遠鉄デパートにも出店しているのは当然ながら。。

今回は「春華堂本店」で買い求めてきてくださったとか。
「箱入りの個別よりも量が入っているお徳用パックと、うなぎパイV.S.O.P.のお徳用が欲しかったものですから、本店へ行ってきました」ですって。
          unagipai.jpg
ネーミングの通り、パイ生地を伸ばしたそこに高級ブランデーとマカダミアナッツの風味を加えた「うなぎパイV.S.O.P」・・・やはり美味しゅうございました。

春華堂 本店和菓子 / 第一通り駅新浜松駅浜松駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




実はこのうなぎパイV.S.O.P.・・・浜松へ遊びに出かける時、我が家ではコースに入っている「うなぎパイファクトリー」でも販売、買ってきた覚えがあるのです。
それは何時でもと言う訳ではなく、偶々ラッキーだったからと思いますけれど・・・。
交通の便は悪いものの・・・うなぎパイファクトリーでは、短時間見学をするだけで一人二枚のミニうなぎパイも貰えますものね。

こうして久しぶりに食べてみたら・・・変わらぬ味わい、サクサクの食感。安定の美味しさはテッパン!懐かしさを覚えつつ頂きました。今回もご馳走様です。
nice!(82)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桜咲いた、湘南からもやって来た・・・ [食]

ブログ巡りをしていると、どちらのブロガーさんからも桜の便りが届いております・・・。

咲きはじめといった感じから・・・まだまだ~~と安心していたのがまずかったかしら。


桜1.jpg
家に閉じこもりきりの私の事など待ってくれない、我が街でもソメイヨシは満開です。

          桜2.jpg
一気に進んだ開花!これ以上経ったら、ピンク色の絨毯が広がってしまいそうな気配。
季節に乗り遅れたブログとは言え、急いで写真を撮りに行って参りました。重たい腰を上げて・・・とはオイオイ[あせあせ(飛び散る汗)]
いずれも4月12日撮影です。
桜3.jpg

ホントは・・・ピンク色した蕾が半分くらい残っている状態が好きなの。
          桜4.jpg
しかし、その隣りでは緑の葉っぱが出はじめてきているではないか[バッド(下向き矢印)]
桜5.jpg

私が撮っていたら、同じようにカメラを向けていたオジサマ。「桜はやはり良いですね。奥さんもお撮りしましょうか?」
せっかく美しい桜が咲いていると言うのに、そこへ我が姿など[バッド(下向き矢印)]・・・丁寧にお断り致しました。
桜6.jpg
さて今日は強風が吹いて・・・・お花見もそろそろ終わりと思いましたが、風もそれ程じゃない、まして雷雨もなくて良かった。


そして、今年もまいりました[るんるん] 湘南ゴールド[ぴかぴか(新しい)]
ゴールデンオレンジ3.jpg
やってくるのは当然!その名の通り、湘南からでしょ[るんるん]
例年送られてくるのは、小田原から海を臨む、高台に広がる「一夜城」のミカン農家さんのもの。
湘南ゴールドは、ゴールデンオレンジ=黄金柑を親に持つ品種。ゴールデンオレンジと「今村温州」を掛け合わせた柑橘で、2003年(平成15年)品種登録されました。

神奈川県や静岡県で多く栽培される、湘南ゴールドのシーズンは3月から5月頃まで。
果皮・果肉とも黄色くて、大き目のゴルフボールくらいが標準のよう。今年は量は少なめ、その分大きなものを選んで送って下さったみたいでした。
M様、何時もありがとうございます。
甘さの中にもさわやかな酸味、豊富な果汁のジューシィさ、上品な美味しさは相変わらずと感じました[グッド(上向き矢印)]
香りの良い甘いレモンのような、グレープフルーツのような爽やかさも味わいのひとつかと。
               ゴールデンオレンジ4.jpg
[右斜め上]同包されていた、こちらは湘南ゴールドの親となるゴールデンオレンジだそうです。

ゴールデンオレンジ2.jpg ゴールデンオレンジ1.jpg
湘南ゴールドの爽やかさ、ジューシィさ味わうには…生食だけでは勿体ないかと・・・今ハマっている泡盛と合わせてみる事にしました。
近所で買ってまいりました。・・・その名もズバリ「島唄」は糸満産の泡盛です。
ギュッと絞って炭酸水と加えてみるも・・・これは失敗だ[バッド(下向き矢印)]
泡盛は癖の強さが美味しさ。
呑んだ感触としては、今ひとつ物足りない…と言うか、両方の良さが相殺されてしまったというか・・・。
泡盛・古酒の魅力も香りの良さに尽きるものだから。

湘南ゴールド、ゴールデンオレンジどちらも、こうしてシンプルにカットし、カプッとかぶりついて食すのが一番だと感じました。
nice!(77)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

またも新潟&福島お土産! [食]

毎回・・・と言うか、ほぼ週末には旅行をされているO川さんから、またお土産頂いちゃいました。

ブルーの牛マークが付いた保冷バッグ…ときたら、言わずと知れた新潟県阿賀野市保田にある乳製品製造及び販売会社ヤスダヨーグルト。「ヤスダ」の社名はこの地区名からとったらしい。

          ヤスダドリンクヨーグルト1.jpg          
昭和62年、酪農家9名により「安田牛乳加工処理組合」を設立。ヤスダヨーグルト販売開始を開始する。
品質の高さゆえ、今や新潟県内に限らず全国規模で人気を誇るヤスダヨーグルト[ぴかぴか(新しい)]
家の近所のスーパーにも置かれているものの、他社製品より高め。贅沢ヨーグルトドリンクだから家では時々しか買えません。
それでも新潟へ旅行した時は必ず買いたい!…飲まずにいられませんものね。

    ヤスダドリンクヨーグルト2.jpg
定番商品はこれまで何度か頂いた経緯から、今回はカロリー43パーセントオフである…「脂肪ゼロすきっとゆずヨーグルト」500ml、「脂肪ゼロヨーグルト」500mlの2本。
どちらも濃厚なのにヨーグルト臭くなくて、良質な製品で飲みやすい・・・と言ったイメージを受けました。

ヤスダドリンクヨーグルト3.jpg
カップタイプはプレーンヨーグルト×2、プレーンMIXオレンジ×1。とろけるヨーグルト×3個。
ミルクプリン×1、プリーム×1の組み合わせです。

添加物を使用しない生乳の鮮度が活きた風味。本物の味わいを感じつつ、その上ヘルシーである・・・品質の高さ[ぴかぴか(新しい)]
中央はバニラビーンズがほんのり香って、とろける滑らかさが特徴のとろけるヨーグルト。

赤いカップ「Prime」はフランス産ロレーヌ岩塩を隠し味に、熟成する事で味わいが深くなるヨーグルトだそうです。
これまた、舌の上で溶けるクリーミーな食感がクセになりそう。。
優しい牛のイラストがパッケージされたミルクプリンは、ホンノリと上品な甘さ、とっても優しい滑らかな口当たりがたまりません[グッド(上向き矢印)]

どれも美味しいのは勿論、身体に良くて、当然お肌にも良くて。。
我が家はビンボーなのに、イカンなぁ。本物の贅沢な味わいに慣れてしまう・・・って怖いわぁ[あせあせ(飛び散る汗)]


次、ジャンルは全く違う・・・まんじゅう系も大好き。
福島県河沼郡柳津町・・・と言う事は、新潟県からの帰路は福島経由と言う訳ね。
柳津は私も一度だけ訪問した経験がありましたけど、千二百年におよぶ歴史を誇る名刹「福満虚空蔵菩薩圓蔵寺」を中心に、小ぢんまりとした温泉旅館が建ち並ぶ風情ある集落でした。
柳津と言えば・・・日本三大虚空蔵尊のひとつとされる「福満虚空蔵尊」、門前で売られる名物「あわ饅頭」で知られるのでした。
ヤスダドリンクヨーグルト4.jpg     ヤスダドリンクヨーグルト5.jpg
その柳津であわまんじゅうと言えば、圓蔵寺脇にある「小池菓子舗」さん。かつて私も、蒸したてのあわまんじゅうを買って食べました。
この度の中身はあわ饅頭に、茶饅頭の組み合わせです。

※粟まんじゅうの由来は・・・
およそ180年前、相次いで襲った災害に柳津の人々は困り果てていました。
その時「もう災害に〔アワ〕ないように」との願いを込めて虚空蔵尊に奉納されたのが、この粟まんじゅうで、それ以来柳津の名物となったと言われています。
安心して暮らせるように・・・との町民の願いは今も込められているそう。。
原料が餅米と粟ですから、固くなったら蒸すと作りたての味に。・・・そうならない内に食べきるのはお約束ですけどね。
粟のぷちぷちした食感。甘過ぎない餡が柔らかな皮ととても合うのです[るんるん]


関連ランキング:和菓子 | 会津柳津駅



体調維持の為にまたも新潟の咲花温泉で温泉三昧とは。本当に羨ましいったらない・・・優雅だわ!我が家も少しは近づきたい[たらーっ(汗)]なーんて。
しかしお蔭で、その恩恵にあやかっている訳ですものね[るんるん]
今回も、ごちそうさまでした。
nice!(88)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アルパカワイン♪ 茜霧島♪ [食]

見るからに…フッカフカ[るんるん]可愛いルックスは、まさに縫いぐるみ。南アメリカ大陸原産、ラマ属に属すると言うアルパカちゃん[るんるん]
          230046b6af160017736d2b84d2d4bc2e49f8ceee.jpg
アルパカって、言葉の響きも可愛いらしいわぁ。
そんなアルパカマークがデザインされた、オシャレなラベルの「Alpacaワイン」。
サンタ・ヘレナ・アルパカ・シャルドネ・セミヨンと、サンタ・ヘレナ・アルパカ・カベルネ・メルローのセットを頂きました。
          霧島3.jpg

どちらもお手頃価格なのに←頂きものに失礼ですこと[あせあせ(飛び散る汗)]
品質の良さが知れ渡り・・・幅広い年齢層に近年人気を博しているチリのワイン。そのチリワインの中でも、手軽で美味しいと評判の高いワインなのです[ぴかぴか(新しい)]
その上お値段とは裏腹に、チリの名門ワイナリー「サンタ・ヘレナ社」が作っている本格派です。
月刊誌「一個人」の掲載企画"1500円以下の赤・白極旨ワイングランプリ"でも上位に選出されている実力の持ち主なり。
サンタ・ヘレナ・アルパカ・シャルドネ・セミヨンは、"シャルドネ"と"セミヨン"のブレンドゆえ、くせのないすっきりとした飲み心地とか。白の方は、まだ開けていないので・・・。

                 alpaca1.jpg
サンタ・ヘレナ・アルパカ・カベルネ・メルローは、"カベルネ・ソーヴィニョン"と"メルロー"のブレンド、まろやかなコク、癖が少な目かすかな渋みを感じます。
「赤」は得意でない敬遠しがちな私でも、美味しいなぁと思えた・・・呑み口の良さは◎[るんるん]←貴重な味わいを感じました。
白ワインはまだだけど美味いはず、コスパも最高!普段呑みにはお勧めのワインかと思えまする。


次・・・・、
言わずと知れた「霧島酒造」で作られる”芋”焼酎、「茜霧島」をこの度無事ゲット[グッド(上向き矢印)]
霧島2.jpg
そんなに呑めないけど、美味しいと聞いたら即買ってしまう。←相変わらずの・・・おバカぶり[バッド(下向き矢印)]
売りに出るのは一月と、六月?の年に二回だけ。
数量限定ながら密林で、また楽天でも入手可能でした。
送料無料にするため、もう一本。←まんまと、ワナにかかってます[あせあせ(飛び散る汗)]
でも良いの。自分達ではそう呑めないのだけれど、息子に分けることを考えたら…。
本当は「赤霧」が良かったものの・・・在庫であった赤霧島は、一升瓶ボトルのみ。一升瓶から直接注ぐのって、重いから大変!
それに赤霧は最寄りのスーパーでも並んでいたから、態々取り寄せなくても大丈夫[パンチ]

その様な経緯からの、黒霧島。
                         霧島1.jpg
呑んだ夫曰く・・・「芋焼酎って以前は苦手だったけど、今は慣れたからか、旨いなぁ」って。黒でも良かったわん。
原料にオレンジ芋「タマアカネ」を使用、都会向けの印象が強い・・・との「茜霧島」、これからながら、華やかな香りと旨みが楽しみです[るんるん]
nice!(84)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パンあれこれ・・・Ⅱ [食]

          ラフランス5.jpg
数年前、市内に出来た石釜工房「パンテラス」さんです。チョッとしたレストランを思わせる店構え。
広い駐車場、新しくて綺麗な店内。棚にはパンが沢山並び。中にはイートインコーナーもあり・・・。
パンを購入したらすぐに食べられるだけでなく、コーヒーサービス、レモン入りのウォーターサーバーがあるなど一見魅力的ながら。。
肝心のパンが???
焼いているのは店内ながら、生地をこね成型しているのももここでやっているの?って思ってしまう。
デニッシュ系は割と少な目かな ?
いかにもありきたりな味わいがしそうなパン達。・・・って、それ程多く食べている訳ではないけれど。
そこで無難でコスパの良さそうな、フランスパンにしておきました。
                      ラフランス6.jpg

その後しばらく行っていなかったのだけど、夕方遅く買い物に出かけた夫。
パン屋さんがどこも終わってしまっていて、ここしかやっていなかった・・・、購入してきてくれたのがこちら。
be-guru.jpg
プレーンベーグルに、餡バターをサンドしたプチバケット。ブドウパン半斤・・・以上買ったら、塩パン一個のサービスがあったのだけれど。。
うーん、どれも焼きが甘い、小麦の香ばしさが足りない気がします[あせあせ(飛び散る汗)]

パンテラスパン / 西川田駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5



みどり野にある人気のパン屋「PanePane/パネパネ」さん。店舗があるのは先日の「コメダ珈琲」店の後ろ側です。
「PanePane」の方がずっと以前からあり、先日コメダに来店した折も、「PanePane」さんのパンを買いたいと思ったものの生憎お休みでした。
しかしその前に、panepaneさんのパンも買って食べていたのでした。
平日に関わらず次から次へとやってくる買い物客、人の多さも相変わらずのよう。
m_E381ADE3818CE38184E8B1867-fc6b2.jpg

アップルデニッシュにベーグル、ハードタイプのミニフランスパンなど、など。
パネパネ1.jpg
この店のパンはどれも間違いなく、美味しい[グッド(上向き矢印)]


最後は、那珂川町にある「天然工房 flat」さんのハード・チーズ。塩パンです。
         那珂川1.jpg
北海道産小麦に天然酵母を合わせて焼いた、flatさんのパンも納得のいく味わい。あれで店主の奥さんにもうチョッと愛想があったら言う事ないのだけど[あせあせ(飛び散る汗)]

こうして改めてみたら気づかない内に、天然酵母や国産小麦の味わいに慣れてしまっているせいかもしれない。
それでなのか・・・以前はお気に入りであった〇連川の温泉パンも。
我が市から近く、桜の時期が素晴らしい、素朴な温泉地。〇連川温泉で作られている、懐かしい味&素朴さのある温泉パン。
丸い形、モチッとしたパン生地が、他のパンとは違う独特の個性となっています。
しかし久しぶりに食した時、あれ!?と感じてしまったのだ[バッド(下向き矢印)]


一年の内で最も寒い月・・そんなイメージの月、二月が終わりました。
福寿草1.jpg
                  DSC02574.JPG
いっこピカッと開いたら、次から次へと開花をした・・・福寿草。春よ来い、早く来い♪・・・。

朝日が眩しい爽やかな日々が続きます。
雨戸をあけた途端にあびる朝日は眩しいほど、真冬とは確かに違う光を感じるこの頃。
先日の散歩中、目にもとまらぬスピードで飛んでいった鳥・・・カメラを出すとかどころの速さではなかった。目で追うのがようやくだったけど、あのコバルトブルーの輝き[ぴかぴか(新しい)] あれは確かにカワセミだったと思う。
nice!(68)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パンあれこれ・・・Ⅰ [食]

いつの話なの?・・・シリーズですみません。
ほったらかしにしていたものの、在庫も尽きかけてきたので。そしてこのところお出かけもしていないから、過去記事をまとめておきたいと思うのであります。

ラフランス4.jpg
昨日のいちごジャムに続いて…こちらも夫自作の「ラ・フランスジャム」のUP。作ったのはラ・フランスの方が先でした。
鹿沼市にあるフルーツ専門スーパー「あさの」で大人買いてきた、ラ・フランスをの皮を剥き、刻んで煮込む。
香りよいフルーティな、ラ・フランスジャムが出来ました。
…ちなみに、孫のこっちゃんが好きな果物も「ラ・フランス」。だからラ・フランスジャムも大好きなんで♪・・って・・・婆バカの独り言です[あせあせ(飛び散る汗)]

ナトリパン.jpg
この外観・・・雰囲気はまさに「昭和」、タイムスリップしたような店構えは・・・鹿沼市内で古くから店を構える「ナトリパン」さん。
こちらはサラダ、コロッケ、焼きそばなどをサンドした総菜パンで知られています。
惣菜系は嫌いではないけれど、全くお腹が空いていなかった為、買ってきたのは普通の食パン。
オーブンから出したばかり焼きたてホカホカの食パン、少し厚めである6枚切りのカットでお願いしましたが。写真はなし。
サッとトーストして、自家製ジャムをタップリコンのせて食べる。ささやかな幸せを感じる一時ですね[るんるん]

同じく鹿沼にあるパン工房「せいげつどう」さんのパン。
せいげつ堂.jpg
パン好きを自認しつつ、こんな切り方をしている[あせあせ(飛び散る汗)]仕方ないよね、片手で切ったのだもの。
                        ベッカライ2.jpg
栃木県産の小麦粉と那須御用卵を使った、無添加パンがウリ!
甘いビスケット生地がサックリ・・・左は、メロンパン風のビス生地ですが[るんるん]
ふんわりやさしい風合いのシンプルな生地との相性は抜群。ブルーベリーを練りこんだブルーベリーブレッドになっていました。
そして見るからに素朴な味わいが感じられる・・・カステラパン、どちらも美味しかったです。
次はお店へ行って、自分で選びたいな。

以下どれも以前紹介済みのお店「ベッカライ・ディシュトラーセ」さんで購入した、パンたちであります。
訪れた時間帯が遅かったこともあり肝心のパンは大半がなくなっていたそうながら、それでも・・・レーズンの入ったブドウパン。
見るからに好みのルックス、ハードタイプのミニフランス。
モッチリパツンパツンのベーグルは・・・シンプルなプレーンとチョコベーグル。見るからにムチ~っと盛り上がったまん丸ベーグル。パンパンのビジュアルに気分が高まりまする。
ベッカライ1.jpg

ベーグル大好きなのに、ご近所ベーカリーでこれ!と思うベーグルに出会えずにいる私[あせあせ(飛び散る汗)]
納得のベーグルが食べられずにいる、ベーグル難民なのです。
これは日光・大沢のtomozo-さんへ買いに行くか、それとも新規店開拓か!?
好みのパンが並ぶのを目にしたら…テンションの上がる私[グッド(上向き矢印)]

ところでアナタは・・・どんなパンが好きですか?
 
次回もパンネタになります[あせあせ(飛び散る汗)]                        
nice!(63)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

オニカサゴのお造り [食]

またまた届きました。。
相模湾で釣れた、今が「旬」・・・である、トレトレのカサゴちゃん。
          カソゴ1.jpg
今回のものは、体長40センチ超えのオニカサゴだそう。↑・・・は違いますよ、オマケで付いてきた小さい方。
お電話を頂いた時、「嬉しいけどそんな大きなカサゴ、家では到底手におえません」と。
そこで頭を落とし、三枚に下ろす。そこまでして下さってから箱詰めを。そうして送って下さるなんてなんと手間いらずな、…と言うか40センチもの大カサゴを目の前にしたら、もうどうしよう…想像しただけで恐ろしいわぁ。嬉しい限りでございまする。

     カソゴ2.jpg
皮付きなれど三枚おろしの身の部分、二つ割りにしたお頭。
ヒレは天日干しして、フグと同じようにヒレ酒にするとタマラナイ旨さとか[るんるん]
写真写り見栄えを考えて、中サイズのカサゴちゃんも二尾入っていました。
こちらは後で、煮付けにして食べましょうっと[グッド(上向き矢印)]


夫が皮を引き、中骨を取り除いて、お造りにしてくれました。
素人も素人、普段料理などした事のない人がやったのだから、見た目はヒドイ??

この日は毎回お土産を持参して下さるO川さんをお呼びし、三人で夕ご飯に。
カソゴ3.jpg
こうして見たらパッとはしませんけど、気持ち薄目に切ったせいか、アッサリ淡泊ながらコリコリした食感。口に入れたら、ホンノリとした甘みが楽しめました。
一見少なめながら…三人で食べても満足のいく量です。
                    カソゴ4.jpg
そして、こちらもメインの一品!
上州のすき焼き!! 美味い[グッド(上向き矢印)]  利根川水系の豊富な水資源、赤城山・榛名山・妙義山・・・と言った上毛三山に囲まれた群馬は畜産が盛んな土地です。
火を通した時に柔らかく溶けだし、 口の中でとろけるような食感を生む・・・細かく入ったサシ=霜降りの上州牛を堪能す。

すぐに食べられるよう、先にキッチンで煮ていった分も含めて、三人で食べた、食べた。
彼が車だから、アルコールなしなのは寂しい限りながら…。
オニカサゴの頭、それにアラの部分はお味噌汁の具として、これまた美味い[グッド(上向き矢印)]

相模湾で釣れたカサゴのお造りに、お味噌汁。そして群馬産のお肉。ご飯は当然、栃木米・・・と。ビールもお酒もなかったけれど、自画自賛と呆れられそうながら[あせあせ(飛び散る汗)] 贅沢な夜でした。
nice!(82)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「札幌雪まつり」のお土産~~♪ [食]

夫の後輩さんO川さんから、またまた・・・頂きもの。本当に何時もありがとうございます。
今回は、北海道旅行土産でした。
あれ?その前の電話では3泊4日で雪まつりに合わせたチケットを取ってあったものの、風邪を引いてしまい無理のよう。大人しく近場の温泉へでも行き、体調を良くします。・・・って仰っていたのに。
1~2日経ったら大丈夫になったらしい、急ぎチケットを取り直して、短い日程で期間中に行ってこられたとか。
良いなぁ、やるなぁ~~!サスガは独身貴族[ぴかぴか(新しい)]
・・・と言う事で、今回の賜りものは・・・。
大好き[るんるん]「北華楼」の「北海道 開拓おかき」。
一目でわかっちゃった!オレンジ色のビニール袋から「わぁ~、開拓おかきって大好き!美味しいよね」と食いしん坊魂炸裂!口走ってしまったのである。
     開拓おかき1.jpg   開拓おかき2.jpg
今回は「松前いか味」「増毛甘エビ」味ヴァージョン。当然、どちらも本当に旨いっす[るんるん]
見た目はただのおかきなんだけど、香ばしさと言い、軽い食感と言い、北海道土産でそっくりの、なんちゃって~~おかきも売られてはいるけど、別物の美味しさ。
特に気に入っているところは、フレーバーおかきそれぞれに、味の基本原料となる肉厚の「真いか(スルメ)」「甘エビ」のチップスおつまみが入っている点です。


そして北海道土産の定番である「北海道産 真昆布」と、北海道玉ねぎ、その名も「スマイルボール 」。
「玉ねぎが3個あるんで、これから遊びに行っていいですか?」って言うから、その辺の農家でもらった玉ねぎだろうと思って待っていたのに。。
開拓おかき3.jpg
ハウス食品が開発した涙の出ない玉ねぎ「スマイルボール」、聞いたことはありますか?

スマイル(笑顔)+ボール・・・・可愛らしい名前の由来は先の通り。
玉ねぎは切る時、普通であれば目にしみるものです[たらーっ(汗)]
※涙の出ない玉ねぎ、涙を流さなくなることで、全てのお客様が笑顔になる新しいタマネギでありたい。これまでのタマネギにとらわれず、新しい食べ方や食シーンをお客様と一緒に(キャッチボールをしながら)創造できるタマネギでありたい。
きっかけとなった研究を開始したのは1990年代で、2002年に涙の出る成分に関する研究が進み、涙の出ない玉ねぎを作り出したのは2012年。

翌2013年、研究成果に対して、ハウス食品の研究チームは「イグノーベル賞」を受賞。その後の育成を経て、2015年3月に作物としての生産結果や研究成果を発表した。

根本的に辛み成分(涙を誘発する成分)が少ないことから、切っても涙が出ない。玉ねぎ特有の臭いが少ない、水にさらす必要がないなどが特徴とされる。
https://housefoods-group.com/activity/smileball/index.html
そうした玉ねぎ…であるから、↑・・・にアップした右端の食べ方はダメダメ、間違っているのです[バッド(下向き矢印)]
こんなスライスなどする必要などなし、一個を4分の一カットし・・・その皮を一枚ずつはがしていく。
普通では考えられない状態での生食が可能なだけでなく、実際甘くて美味しいのですもの[グッド(上向き矢印)]
スマイルボールは数量限定品、なくなり次第販売終了だそうです。
昆布はまだ開けていませんが、お出汁に、煮物に、おでんの具に・・・・と。重宝するのは間違いなし!
今回も珍しくて、良いもの貰っちゃったわぁ[るんるん]

nice!(79)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホッピー、デビューしました。 [食]

前菜のあとは、お酒[ダッシュ(走り出すさま)]・・・って訳で、アルコールシリーズを。←はい、おバカです[あせあせ(飛び散る汗)]

まずは、人生初のホッピー。前に呑んだような気がしますが記憶にないので、初と言う事にしますね。
      ホッピー1.jpg
アルコールに弱い人でも飲める・・・ビール風低アルコール飲料のホッピー。
ホッピーとは、コクカ飲料株式会社(現・ホッピービバレッジ株式会社)が1948年に発売した炭酸飲料、ビールテイスト飲料の一種だそうです。
いつもお邪魔しています…「ヒコーキ工房 ワンモア」さんのところで拝見!
飲んだ事ない、食べた事のないものに・・・興味シンシン。果敢にチャレンジしたい私[わーい(嬉しい顔)]
早速近所のスーパーまで走り・・・ホッピーと、合わせるならこれ!「キンミヤ焼酎」を求めて参りました。

キンミヤの「宮」のゴールドが鮮やか、空色をしたラベルデザインが華やかで綺麗。
クセのないスッキリとした味わいから、関東地方の下町居酒屋では定番の焼酎とか。←同じく全く知りませんでした。でもご近所スーパーにも置かれているくらいだから・・・納得の思い。
          ホッピー4.jpg
甘くない、飽きない、糖質脂質カロリー少ないと良い事尽くめながら、肝心の味わいはと言えば・・・ウーム!私はイマイチな感じだったような[たらーっ(汗)] 大体注ぎ方からして下手だけど。。
本物のビールと比べてしまいますので。。
それでも・・・。
お酒が弱くて飲み会ではウーロン茶の方も、ホッピーの「外(ボトルだけ)」を注文すれば、周りに合わせてビール感覚が楽しめそう[るんるん]
残ってしまったキンミヤ焼酎も、そのままロックで飲んでしまいました。

      ホッピー2.jpg
息子が取り寄せてくれた、「名城酒造」の「播州 男山」。口当たりがとにかく軽くて、すすっと喉越しの良いお酒でした。

隣りはまだ開けてない地元栃木の銘酒「旭興(きょっこう)」です。
大田原市(旧黒羽町)須佐木という小さな集落に位置する、小さな地酒蔵「渡邉酒造」。
八溝山より流れ出る武茂川伏流水を仕込水に、地元産の高品質な酒造好適米。 厳寒期にはマイナス10℃以下にまで下がる冷涼な気候の下で醸し出される。
旨味がありながら、辛さの中に深みを感じさせる酒質から、地元では 圧倒的な支持を得ているのです。
生産量の9割以上が県北で消費されてしまい・・・栃木県内でさえ希少なお酒です。

最後は琉球泡盛。沖縄県名護市にある「ヘリオス酒造」の長期熟成「古酒(くーすー)くら」です。
      ホッピー3.jpg
二年前の沖縄の旅の途中、偶々目にした工場見学のパンフレット・・・・
「ヘリオス」と言ったら「ヘリオスビール」かと思いつつ、出かけて行ったヘリオス酒造。
http://hana2009-5.blog.so-net.ne.jp/2015-03-03

工場の敷地へ立ち入っただけで漂ってくる良い香り、説明を受けた後製造工場内では更に強くなっていく。
沖縄本島北部「やんばる」と呼ばれる自然の森、その恵みを受けて、泡盛の伝統的な製法に基づき造られる「古酒 くら」
酒造所紹介の映像も素晴らしくて、泡盛に関心のない私達でしたのに・・・一時間強の滞在だけで泡盛ファンに!
専用の樫樽をつかって熟成された、琥珀色のロングセラー泡盛なのでした。

ヘリオス酒造その他 / 名護市)

昼総合点★★★★ 4.0



最後に、

 

▼私を構成する成分は・・・
\あなたはなにでできている!?/

 


え・え、なんですと~~~~~!?
私って、私って!?「カルテット」での、ありすちゃん?
いくらなんでも、こんなのアリエヘン!! 

もし、お暇でしたら、あなたもお試しを。
nice!(89)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

フェンネル売ってます♪ [食]

フェンネル1.jpg
中々味わう機会がなく、馴染みのない…珍しい野菜フェンネル。
葉やタネに芳香があり、ハーブスパイスとして利用される方が一般的であると思えますが・・・。
原産地は地中海沿岸、古くから世界各地でスパイスやハーブとして使われてきたフェンネル。私たちが目にするフェンネルと言えば・・・フェンネルシード=種子。
限られた生産量だけに、フレッシュなものはレストランで使われる事がほとんど。一般家庭の食卓にはまだ馴染みのないお野菜であるかと。。
実はこのフェンネル、葉、茎、種と・・・上から下まで余すところなく食される、「スパイスハーブ界の優等生」だそうです[グッド(上向き矢印)]

隣りは「赤チコリ」とか「レッドレタス」と呼ばれる、イタリア原産の赤い葉野菜「トレビス」です。
遊びに行った道の駅で、セット売りになっているのを見っけ[目]
フェンネルを薄くスライスしただけで、香りたつ華やかな香り[ぴかぴか(新しい)] セロリ程強力でなくて、爽やか、上品な匂いって!?…この表現でわかって頂けますか?

          フェンネル3.jpg
「人参の千切り サラダ=キャロット・ラぺ」、市内の人気イタリアン「[kojimanese」シェフ直伝「フランスパンのオリーブオイル炒め・チーズサラダ」と盛り合わせてみました。
スマホで撮ったのでイマイチな画像ながら[あせあせ(飛び散る汗)]
メインであるフェンネルの香りの強さが和らぎ、ビストロの前菜のような・・・とは言い過ぎ。オーバーそのものだけど[バッド(下向き矢印)]
たったのひと皿で生のフェンネルの食感や味わいを堪能!一緒に買い求めた赤&オレンジのミニトマトも甘くて美味しかったわぁ。
どちらにしても、ワインが進みます。テイクアウトしてもOK!と思いました。
野菜スィックにして、バーニャカウダソースで・・・バーニャカウダでも美味しいのは確実だから・・・売っていたら、また買おうっと。

そして今、ハマっているドレッシングはこちら。
          ドレッシング.jpg
「JAふらの特製 にんじんドレッシング」、人参の生産量・品質ともに日本一を誇る北海道の富良野市。
「富良野」が付くだけで即、買いです[ダッシュ(走り出すさま)]
にんじん特有の匂い、クセが少ないからか食べやすい。孫娘こっちゃんも野菜サラダにタップリかけてモリモリ食べておりました。

                         セレブレタス.jpg
またまた・・・こちらは「セレブレタス」とな[目]
新しもの好きだから目新しいものがあると。すぐ買っちゃいます。←ミーハ―オバちゃんですものね。
セレブレタスはレタスの品種名ではなく・・・赤&緑のオークレタス・緑フリルレタス・シルクレタス・ロメインレタス・・・以上のセット。
どれも初めてくらいのお野菜、その辺りがセレブレタスと銘うつ所以かもしれません。

                       
大根や白菜、長ねぎと言った冬野菜は、寒さがもたらす効果でググッと甘くなります。
それでも・・・今は心浮き立つ季節の訪れが待ち遠しい。春はもうすぐ。間もなくのようですね。

nice!(94)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

甘くて、幸せ♪ [食]

数日前の・・・ある夜の事。自宅のポストに、ケーキが入っていたのです。
これって、誰の仕業?二か月遅れの・・・サンタさん?

足利ケーキ.jpg
ケーキも買えない・・・ボンビーな我が家、プレゼントを置いていってくれたのは・・・。
旅行に出かける度毎回のように家に珍しいものを買って来て下さる、夫の後輩O川さんなのでした。
謎の「MR.POSTMAN」は彼だったのですね。ピンポーンを押したのに、お風呂に入っていて気づかないでいたのです。
夫の退職後すでに3年も経つと言うのに。。ホントありがたいわぁ[グッド(上向き矢印)]
足利市内に業務用ケーキのアウトレットショップがあると言います。
作りすぎたシュークリーム、ロールケーキ、カップ デザート。その日によって並ぶスイーツは変わるそうながら・・・。

今回のラインナップは[るんるん]
プチ ティラミス・抹茶モンブラン・ストロベリー&チョコケーキ。右側のプレートは、絹ごしプリン・とろける生ティラミス・プチ フルーツプリン・・・。どこかで見た気がすると思ったら、コンビニに並ぶスィーツたち。
これが噂の、工場直営のアウトレットショップ「ロピア」の商品なのね。

ロピア足利工場ケーキ / 県駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


お風呂に入っている間に美味しいものが届いている・・・って、なんと素晴らしきマジック[グッド(上向き矢印)]


お馴染み高知の「ミレービスケット」←駄菓子の様でいて後を引く美味しさからこれも大好き[るんるん]・・・一緒にお取り寄せしたものは、1708年創業、京の老舗「伊勢源六たちばなや」さん「つるべの水 小豆」。
お椀にあけてお湯を注ぎ、軽く混ぜて頂きます。
昔ながらの即席しるこの出来上がり[グッド(上向き矢印)] 
わ~~!甘さが上品、包みも上品だけど…。口の中ですっと溶けいく感じが、とにかく美味しい。
身体も温まりまする。寒い日でも…口元からほっこりしてきます。

     甘いもの2.jpg  甘いもの3.jpg

モノクロームなオシャレ箱は、東京ラスクの「ショコラスクミックス」。
    甘いもの4.jpg    
ミルクショコラスクと、ラズベリーショコラスの二種類。

ほろ苦いココアパンのラスクにベルギーミルクチョコレートのコーティング。
ミルクとホワイト・クーベルチュールに、ラズベリーの甘酸っぱさが見え隠れするラズベリーショコラスク。
どちらもさくっとした食感、滑らかなくちどけのチョコがけラスクでした。
残る一つのフレーバー「宇治抹茶ショコラスク」も食べてみたいわぁ[るんるん]

・・・京都つながりで次!
甘いもの1.jpg
京和菓子「 然花抄院」=「 ZEN KASHOIN」」。
白と黒のシンプルな構成、巾着風包み入りの「結」・・・「和」のオーラぷんぷんです。
「ZEN」の御菓子・・・すぃーとぽてと×2、幻月×2、栗入り銅羅焼ほんわか丸×2。
意外にシンプル、素朴な和菓たちながら。。
ネーミングも凝った「幻月」のしっとり柔らかなクッキー生地。頬張ればサンドされた甘いクリームがふわっと広がる感じ。
香ばしい匂いと、クリームの香り[ぴかぴか(新しい)]
どれも素朴ながら、懐かしさもある・・・そして、ホッとする味わいが感じられました。

・・・と言う事で、これにて終了。本日は来客あり。
なんのオチもございませんが、お許しくださいね[あせあせ(飛び散る汗)]
nice!(85)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アマリリス咲きました。そして舞鶴から・・・ [食]

        あまりりす.jpg        
♪みんなで聞こう 楽しいオルゴールを ラリラリラリラ しらべはアマリリス~~♪

教科書に載っていた唱歌「アマリリス」・・・、誰もが知る一曲です。炊飯器の「ご飯が出来ました!」と知らせるメロディとしてもお馴染み。しかし、なぜにこの曲?

昔から愛されてきた・・・可憐で愛らしい響きの歌詞に対し、ダイナミックで鮮やかな存在感を放つアマリリスの花。
色彩の乏しい冬の屋内で育てる、オランダ産の球根ポッドを頂きました。

アマリリス4.jpg
12月の初め頃だったと思います。
育て方と言っても、簡単の一言♪ 二週間に一度決められた量の水を上からそっと注ぐだけ。
茶色い球根の中からひと月ほど経つと、濃い色あい、シッカリ太い数枚の葉が出てきました。
それからまたひと月弱、蕾のついた花茎も顔を出し・・・。

アマリリス2.jpg
なにを間違えたのか?花芯が葉の真ん中からでなく横っちょからなのは変ですけど??
一月中旬は更にとどまらない生育のスピード・・・左側は1月25日。
適度な日差し、水分、室温によって、見事な開花状況に。
1月30日には最初の一個が、その後も一輪ずつ…順調に開花。
最後の一輪も2月2日には開いて、一週間経った現在も同じ状態を保っています。淡く優しい色あいながら・・・置いて飾っているだけで、華やかな美しさを感じます[ぴかぴか(新しい)]
ユリに似た形の見る人を惹き付ける大きな花。アマリリスの原産国は南アメリカ、ヒッペアストラム属ヒガンバナ科の花だそう。
思いがけず、良いものを頂いちゃいました[グッド(上向き矢印)]


頂きものと言えば、もういっこ。
舞鶴観光協会「ハイカラまいづる施設周遊スタンプラリー」さんから、プレゼント到着[るんるん]

昨年10月の下旬遊びに行った京都府舞鶴市、最終日の「五老スカイタワー」で最後のスタンプを押したのは覚えているものの。。
舞鶴引揚記念館、舞鶴赤れんがパーク、まいづる観光ステーション等を訪問時に集めたスタンプ、その後応募していたみたい。。
          舞鶴1.jpg
同封されていた用紙を読みましたら…キャンペーン期間中の応募総数、どのくらい・・・と予想されますか?
  ・ 
  ・
  ・
  ・
100? 200? いいえ。
  ・
  ・

なんと!たったの46件と[がく~(落胆した顔)]
厳正な抽選の結果、見事あなた様をはじめ10名様に「舞鶴特産品つめ合わせ」が当選しましたのでお送りさせていただきます・・・・ですって。
これって、微妙[あせあせ(飛び散る汗)]遠い栃木から出かけて行った私達。当ったのは当然と言っても良いかと。
今回応募した中で、たぶん最も遠距離からの応募ではなかったかしら!

舞鶴かにPRキャラクター「チョキまる」は、舞鶴漁港で水揚げされるズワイガニ、冬の味覚の王者と言われる舞鶴かにをPRしている男の子。舞鶴かにを多くの人に知ってもらい舞鶴にもっと足を運んでもらえるように頑張っています。・・・との事。
チョキまるグッズ・・・であるクリアファイル、キーホルダー、シールが入っていました。
舞鶴2.jpg   舞鶴3.jpg
でも、嬉しかったのは舞鶴名産蒲鉾の方でした。
京都・舞鶴かまぼこの特徴である「天白」とよばれる紅白の染め分け板「練りの極」と、香ばしい焼板の2種類。
やっぱり食べられるものが良いね[グッド(上向き矢印)]

頂いておいて余計な一言ですけど・・・
「チョキまる」くんにはもっと、もっと、舞鶴の魅力を広める努力をしていただきたいと思いました[あせあせ(飛び散る汗)] 頑張ってよ!!
nice!(84)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

いちご・さくらんぼ・ラ・フランス~~♪ [食]

栃木のいちごは「日本一!」
綺麗な水、豊かに降り注ぐ日光。肥沃な土地に恵まれた…栃木。夏と冬、昼と夜の寒暖差をもたらす・・・内陸型の気候により、大きくて甘~いいちごが育つと言う。
大消費地である首都圏からの距離の近さも、理由のひとつ!
頂きもの4.jpg   DSC02409.JPG
今月初めに頂きました、栃おとめです。右はこちらも頂きものの、スカイベリー[ぴかぴか(新しい)]
栃おとめは言うまでもなく・・・。いちご王国栃木で誕生した、新品種「スカイベリー」はスゴイ品種なのです。
大果なスカイベリーは、綺麗な円錐形をした実も特徴のひとつ。
糖度と酸味のバランスが良くて、ジューシー!それでいてまろやかな味わいをもつ。
いちご農家さんにとっても育てやすい・・・最強の新いちごだそう[グッド(上向き矢印)]

次は家に何時もお土産をもって来てくれる・・夫の後輩君。彼が遊びに来たことは記事にしましたが・・・その時のお土産スィーツの紹介、忘れるわけにはいきませぬ(`・ω・´)

盛岡市八幡町にあるお菓子屋さんの「タルトタタン」←岩手、盛岡もりんごの一大生産地ですからね。
頂きもの1.jpg

              頂きもの3.jpg
地元産のりんごを使った焼き菓子が美味しいと、評判のスイーツ店なんですって。
タルト・タタンと言えばフランスの「Tarte Tatin」 。型の中にバターと砂糖を炒めた(キャラメリゼ)、生のりんごを敷きつめその上からタルト生地をかぶせて焼いたフランスの菓子。
その後、型をひっくり返してトロリと煮詰まったリンゴの部分を上にして食卓に供する。
アップルパイと似ているものの、アップルパイよりも使うりんごの量、そしてオーブンで焼く時間も長いのでは?と思われます。
100年前のフランス♪ タタン姉妹の失敗から生まれたタルトタタン♪ りんごの旨みが凝縮した、りんごをたっぷり使ったタルトタタン♪
そんなタルトタタンの店名からも、素材への拘りが強く感じられました。

今回はタルトタタンの「しっとりスィーツポテト」。スィーツポテトの画像は、撮る前に食べてしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]
サツマイモだけに洋菓子でありながら和のテイストを感じさせつつ、バターの効いた焼き菓子。お芋の重さが主張し過ぎてない、洋菓子の風味も満点に感じます。

もうひとつは・・・。
頂きもの2.jpg   頂きもの5.jpg
「杵屋本店」さんの、果樹園だより、山形旬香菓の詰め合わせでございます。

駄菓子みたいなキッチュな色合いの包装、「果樹園だより」。
さくらんぼとラフランスのソースが、ふわっわふなスポンジケーキに包まれている。中のフルーツソースもながら、四角いスポンジのふわふわ感が信じられないくらいにスゴイ!
ふわっふわで、シットリとた優しさに、食べてる最中のお口が喜ぶ・・・ってオーバーだけど。
でもホントそのくらいにふわふわ、その上シットリ。
まるで赤ちゃんのホッペをつついた時のような、幸福感に包まれるお菓子でした[揺れるハート]

オシャレな和風ラッピングの方は、さくらんぼゼリーとラ・フランスぜりー。
ゼリーの容器に入る目一杯の大きさで、山形県産「ラフランス」の果実4分の1が入っているラフランスゼリー。
さくらんぼゼリーの中にも、山形県産のさくらんぼ「ナポレオン」を丸々4粒も入れた贅沢さ。

果樹大国・山形を代表する…ラ・フランスやさくらんぼ、しかし旬が短いだけに実際に食す期間は短い。
その美味しさをそのまま、瑞々しいまま楽しめる。地元特産の果物と、それを包んだゼリーの食感にも拘った、こだわりのゼリーです[ぴかぴか(新しい)]
自慢の果物は勿論!なめらかな食感のとろけるゼリーはこれまたかなりの美味しさを感じました。

          ぜりー.jpg
ラ・フランス、さくらんぼ以外に、桃を入れたゼリーもあるそう・・・。
ぜりーは先週末遊びに来ていた、孫のこっちゃんと一緒に食べました。パッと見て、子供心にも「これはきっとおいしい」と思ったに違いない。
良き後輩に恵まれ・・・(って、私のじゃないけどね)、そうして美味しいぜりーが食べられる幸せ[るんるん]

杵屋 エスパル山形店和菓子 / 山形駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


nice!(84)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017年、新年は・・・③実家でも呑んだ! [食]

さて、新年三日目は、我が実家へ。

しかし実家の母も、暮れから弟のところへ出かけていて帰宅したばかりら・・・それに今回行くのは、私達二人だけと話しておきました。当然、ご馳走はありません。
弟のところでも今年大学受験を控えている下の子とママは自宅に、それもあって来たのは弟と甥の二人でした。
実家1.jpg
                     実家2.jpg
就職の決まった甥には、最後のお年玉を。
4月からは超高給取りになるのがわかっているだけに、抵抗あるわぁ[たらーっ(汗)]

新年を祝い、皆で乾杯です[ビール] 暮れに母が作っておいてくれたお煮しめに、なます←これ、美味しかったです。定番の品いくつか。
マカロニサラダに熟したアボガドをのせたら、訳のわからないグリーンサラダになっちゃった[バッド(下向き矢印)]でも食べると美味しいんですけどね。

何時ものお寿司で、お腹いっぱいです。


実家3.jpg
それでも少し経ったら、甘いものは、別腹などと・・・。
創業40年世界一位のフランス洋菓子。 1日6万個売れてる、最高級フィナンシエで知られる・・・「アンリ・シャルパンティエ」の円形ボックス[るんるん]
・・・代表商品フィナンシェ、マドレーヌフィ。一口サイズマドレーヌ選べて楽しい8種類の詰合せ。
そんな知識もなく知らずに食べてみたものの、フェナンシェはサスガの美味しさでした[グッド(上向き矢印)]

                       実家5.jpg
そして、こちらもお味見。ココナッツの素材の風味をいかしたマカロンが美味しい。

                       実家4.jpg
帰りのおミヤは、プレモル[グッド(上向き矢印)]弟が用意しておいてくれました。
スッカリ落ちぶれて…何しろ今や、年金生活者ですからね[眠い(睡眠)]
最近は安い「のどごし生」で我慢している我が家、ヱビスもプレモルも買わないのであ~る!

今年の迎春、年末年始の家事もせず、無事に終わりました。良いお正月でした[ぴかぴか(新しい)]
nice!(69)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

頂きものシリーズⅡ [食]

          ラフランス1.jpg
頂きものシリーズⅡは、果物編です。

30年来のママ友であるMさんが毎年、送ってくれる…季節の味わい[るんるん]
ご両親の出身地である長野から、毎年我が家の分も取り寄せてくださっている・・・美味しい林檎「サンふじ」。
りんご1.jpg  りんご2.jpg
真っ赤に色づいた立派なおリンゴ!箱いっぱいに20個も入ってます!

実はこちらのと前後し、別ルートで夫宛に同じ長野産の「サンふじ」到着。同じだから、写真はなし。

長野県善光寺平の自然で生まれ育った・・・サンふじは果汁タップリ、引き締まった果肉。
ふたつに割ったら、中心には黄色い「蜜」。・・・これって、ソルビートなる水分物質だと言う。この水分物質が酵素の働きにより果糖にかわり…甘くなるのだとか。
ここまで具体的に知らなかったから・・・いっこお利口になった感じ。

・・ここまで書いていたら・・・またも、ピンポーン[るんるん]
息子からの荷物は・・・どうやら、こっちゃんへのクリスマスプレゼントのお返しらしい?

気になる・・・中身・・・・。
プレゼント1.jpg
濃いネービーの包みで、もうおわかりですね。

そう、GAPのニットです。
プレゼント2.jpg プレゼント3.jpg
夫へ薄手のVネックセーター。私には霜降り柄のザックリとしたロングカーデ[グッド(上向き矢印)] 地味目ながら・・・ふわふわしていて温かそう!!

                          プレゼント4.jpg
それから富山のお酒、「立山 特別本醸造」。先日の富山旅行で、家の分まで買って来てくれたんだワン。
酒名の由来は、日本三名山のひとつ立山から、良質な米と清冽な仕込み水に恵まれ作られた、北陸の淡麗辛口酒です。
開けずにとっておいて、お正月に呑もうっと[グッド(上向き矢印)]

お荷物にはこっちゃんのお手紙が添えてある。←これは、想定内。

中には可愛い折り紙です。
カワウソさんとウサギさんかな?裏側がお手紙になっておりましたよ[グッド(上向き矢印)]
何時の間に?こんなちゃんとしたものが折れる、お姉さんになっていたのですね。
日々過ぎゆく中、頭も身体も衰えゆくのみ・・・である私達[あせあせ(飛び散る汗)] 追いつき、追い越されるのは間もなくのよう[たらーっ(汗)]
困ったものだわ[バッド(下向き矢印)]
などと書いていたら、またもとりとめない内容になってしまいました。

トップの、ラ・フランスは年越し後に登場しま~す。
nice!(76)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

頂きものシリーズⅠ [食]

すでに賞味期限切れのものばかりながら…本日は、頂きものシリーズ。
年内にアップを完了させたい…それが目的の記事なり。
次郎柿1.jpg
すでにひと月も前ながら・・・夫の友人から、豊橋の「次郎柿」が送られてきました。
段ボール箱には2Lサイズの大玉がビッシリ、三段入っているのです。
次郎柿2.jpg
                      次郎柿3.jpg
豊橋市が生産量日本一である、次郎柿。それを毎年、毎年送って下さるのですもの、本当ありがたいわぁ[るんるん]
国内では代表品種である「富有柿」、「種なし柿=ひらたねなし」に次いて食されている柿だそうです。
次郎柿は種がなく。口に入れたら…果汁少なめ、パリパリとした歯応えも特徴のような・・・。フルーツ大好き娘こっちゃん用に一段分を郵送・・・、二段目は実家の母、残りは自家用で消費しました。

柿に含まれるビタミンCの量は、よく食す果物の中で意外にもトップクラスだそうです。
ただ美味しいだけでなくて、風邪予防や美肌効果にも期待出来る柿!
だからなのか…今のところ、我が家は風邪知らず。元気です[グッド(上向き矢印)]

そして、こちらも同じ方から・・・。
イカ1.jpg   イカ2.jpg
一見しただけでは、何が何やら???

中身は・・・駿河湾であがったイカです。
駿河湾ではイカも釣れるのですね。知らなかったわぁ~~!?
ヤリイカはお刺身、天ぷらに。
もう一種類のスルメイカは、煮付け、天ぷらにしたら良いよ・・・とのレシピ付き。オマケにイラストまで描かれています・・・相変わらず、マメなオジサンねぇ[わーい(嬉しい顔)]
家の夫も、他所の方と比べたらてマメな方ながら。。こうした彼のマメさはありがたい限り!これからも大切にしなくっちゃ、なんちゃって[るんるん]
                     イカ3.jpg
解凍後、皮をむいてお刺身にしたヤリイカ・・・。何分にも素人なので雑、出来栄えはイマイチながら・・・。
肉厚で食べごたえあり!美味しくいただいております。
スルメイカの方は大根や、里芋と一緒に煮たりして。。
ただイカの天ぷらは・・・主婦ならおわかりと思いますが、匂いがキツイ。揚げ油の傷みが激しくて一度でダメになる。。
それでも、美味しいものは美味しいのだから・・・天ぷらだって、頑張りますとも[ダッシュ(走り出すさま)]

最後は、同じマメ男クンである我が息子から…山口の「ふぐ」。
イカ4.jpg
ふぐのお刺身、ふぐちりのセットでした。
山口県長門市仙崎…と言えば、童謡詩人金子みすゞの故郷として知られてます。
「大漁「お魚」」「わたしと小鳥とすずと」など・・・大正12年(1923)から「金の星」「童話」などの雑誌で作品を発表。
西条八十に認められ、童謡や詩作も多数。しかし結婚後、夫に詩作を禁止され断筆。
昭和5年、26歳の若さで短い生涯を閉じた。

・・・などと。思わぬ脱線!・・・、ごめんなさい。
息子が取り寄せてくれたお店「きらく」、長門市内でも有名飲食店らしい。

そこで早速・・・クリスマスだと言うのに、一昨日の食卓はふぐちり[あせあせ(飛び散る汗)]オシャレなムードなど一切ないわぁ。
当然、画像もないんだなぁ[バッド(下向き矢印)]

nice!(67)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

本日のランチは、「鉄板焼ツキノウサギ」 [食]

ツキノウサギ0.jpg
お洒落なムードが漂うお店、市内にある「鉄板焼ツキノウサギ」へランチに行ってきました。

新しいお店なのでナビにも表示されず、・・・ところが着いてみれば、「ここは、毎日通っているところだ。車がよく入っていくから何かなぁ~~って思っていたんだ」ですって!?・・・オイオイもう少し早く気づいてよ、夫さん[バッド(下向き矢印)]
ツキノウサギ1.jpg

知り合いから「素敵すぎてテンションがあがりますよ!是非ともお勧め!」されて・・・の、訪問。
          ツキノウサギ2.jpg
確かに店の外観、エントランスから店内へと続く様々なシーンで感じる高級感!センスの良さ[ぴかぴか(新しい)]栃木にもこんなお店が!?
…と最初は思ってしまった・・・。
入店して後すぐに案内されるウエイテングスペース、そこで食べるメニューやドリンクを決める・・・のは、悪くない。接客も感じ良かった。
     ツキノウサギ4.jpg

鉄板カウンターに着席し、ランチBセットをいただきました。ランチBは、@1980円なり。
Bセットは国産牛ハンバーグ、豚ロース、チキンソテー、白身魚のソテー4種類から選ぶことができます。
グラスのお水は炭酸水と、普通のものとどちらか選べるところもいい。
ツキノウサギ3.jpg

炭酸入りのお水が美味しい[るんるん]
ツキノウサギ5.jpgツキノウサギ6.jpg
       
むかーし海外旅行によく出かけていた頃、現地で買うのはノンガスばかり。
間違って炭酸入りを買ってしまったら、「まず~い、失敗したな~~」って思ったものながら。。慣れたら美味しいのね[あせあせ(飛び散る汗)]
初めに蒸しサラダが出てきます。
ミニ蒸篭に入った蒸しサラダは量が少ないのであっと言う間に食べ終えます。蒸してあるからと言うのもありますけど、それにしても少なぃ!

      ツキノウサギ7.jpg
メインは当然、どちらも目の前で焼いてくれます。
魚メニューはカサゴと聞いていたのに、思いのほか大きな切り身、それを見た夫「カサゴにしてはサイズが大きめじゃないですか?と。
シェフ「大きいものをお願いしているんです。ない時には茨城から取り寄せてもらったりする事もあります」
私「それは、やはり中央市場からですか?」、「はい、魚類はそうですね」
「こちらって、駅東のあぜ道の向かい側にある日本料理店「月の兎」の二号店ですよね」…と言ったチョッとした世間話はあったものの・・・対面式のスタイルではホテルセントレの「懐石天ぷら 治兵衛」のカウンター天ぷら方がCPも良くて、楽しかったな。

ツキノウサギ8.jpg
カサゴにブラックタイガーのソティ、夫は目玉焼きのせハンバーグステーキ、付け合せのモヤシ炒め(モヤシ・ニラ・スライスポテト入り)。プリーツレタス・トレビス・水菜、マカロニサラダ少量、ローズソルトは共通です。
焼き過ぎでは?と見ていてハラハラ[あせあせ(飛び散る汗)]・・・食べたら普通に美味しかったです。
ソースは二種類、なんとかと?栃おとめを使ったソースと説明を受けましたが・・・バカ舌なので味の違いはわからず。

とっても上品な量のお新香、ご飯に豆腐とわかめのお味噌汁、これはかなり塩分多め、濃いめの味付けでした[バッド(下向き矢印)]


ツキノウサギ10.jpgツキノウサギ11.jpg
デザートのフレンチトーストも、目の前の鉄板で焼き焼き。
最後は美味しかった。もう一個いけた気がします。
ポーションじゃないミルク&ブラウンシュガー、コーヒーに添えてあるコーヒースプーンは良いアクセント、凝ったデザインで可愛い[るんるん]

女性スタッフは容姿で選ばれたのではないか?と思われるスラーとしたスタイルの良い、綺麗な人が多く感じました。
客が少なかったからか、そんな彼女達に食べている間中ずっと見られているのは好きじゃない。

メニュー単価が高いのは人件費?立派な店構えの為?食材そのものは大したものを使用している訳じゃないから。。
入店時からずっとクロークにいた中年男性。荷物やコートはクロークに預けるのがマナーかと考えていましたが、一言もなくて???
皆さん慣れていないだけなのかしら?

帰り際立ち寄ったおトイレ、すぐ側に立っていたスタッフがドアを開けてくれたのは良いけれど・・・。
女性用の個室はいっこ、私が入っているのに関わらず、すぐに誰か入ってきた気配あり。
すでに一人使用中に関わらず、狭い空間に平気で案内するのは如何なものであろう。
全く気配りのないホールスタッフなど無駄、単に気がついてないだけかもしれませんが・・・ただ立っているだけって仕事をしていないと同じではないか[バッド(下向き矢印)]←辛口コメントでごめんなさ~い。

それでも他の方とはその前。
グラスのデザインが「Baccarat」のもの似ていたから尋ねてみると、わからない…との事。
「上のものに聞いてみましょうか」「いいえ、そこまでじゃはありませんので結構です」と言ったものの、後から「Baccaratほど高級ではないとの事です」といったやり取りがあるなど。口コミに書かれているほど悪くないかもと感じたばかりであったばかりなのに、1~2人のスタッフの為に店全体の印象が悪くなってしまうのってどうなんだろう?

コスパの悪さを感じたのは・・・我が家の個人的な事情も関係しているのです。
釣りたて新鮮なカサゴは夫の釣りの師匠から度々、送って頂いて食べている。また昨日も相模湾から捕りたてのヤリイカ、スルメイカが届けられたばかり。早速にさばいて、イカ刺しにしたら想像以上に旨かった[グッド(上向き矢印)]…と言った理由も関係しているのでありました。


関連ランキング:鉄板焼き | 東武宇都宮駅南宇都宮駅鶴田駅


nice!(77)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「パニフィカシオン・ユー」 [食]

本日もパンシリーズ!
何時の間に・・・シリーズ化したの?・・・って細かい事は言いっこなし[わーい(嬉しい顔)]
オープンして3年余り。今月3周年を迎えた・・・赤いひさしがオシャレなパン屋さん「panification U パニフィカシオン・ユー」です。
          パニフィカシオン0.jpg
中央にパンが並ぶ対面カウンター式の平台が特徴・・・の店内には、バケット、ハード系からスィーツ系まで、センス溢れる商品が溢れんばかりに並んでいます。http://ameblo.jp/ujiujinopan/

その中で、今回買い求めたのは・・・国産新麦を100㌫使用したバケット。
          パニフィカシオン1.jpg
パリンと焼けた外側の部分、気泡の多さからも美味しさが伺えます。
バケット・ トラディショナルは、名店「VIRON渋谷店」同様、フランス ヴィロン社の粉を使っているそうです。

パニフィカシオン2.jpg
黒豆にオレンジピールの効いたスコーン、さつまいもとレモンのパン・オ・レザン。そしてなぜか、ピカピカのルックスに惹かれて買ってしまった・・・クリームパン。
クリームパンと言っても、バニラビーンズの効いた濃厚なクリームにビターチョコチップが良いアクセント!市販のパンとは別物に感じました。

お店の看板商品である・・・クロワッサンは売り切れ。そこにに使用されるのはレスキュールバター。
※「レスキュール(Lescure)」とはEUの特別な認定を受けた発酵バターのこと。
※店名となった・・・「~Panification U~」は、粉をこね、発酵させて焼き上げる・・・パンのプロセス。
こだわりのパンたちはそれぞれが、自家製の天然酵母を使用しているのだそう。
また9月22日には「十勝小麦ヌーヴォー」が解禁されたとか。
ボジョレーヌーボーはすっかり定着しているものの、小麦ヌーヴォーなるものもあるのですね。新蕎麦の季節です!みたいな。
キタノカオリ・ゆめぶれんど・ゆめきらり…と言った・・・北海道十勝産の小麦たち。
どのパンにもそのしっとりした新麦が使われ、焼かれるそうです。どれもお値段的には高いかな?と思われるものの・・・そうした拘りから生まれると考えたら、決して高くない。
実際、口にしたら・・・納得のいく美味しさ[グッド(上向き矢印)]
我が街のような地方において、高レベルなパンが手軽に求められ、そして食べられるのは貴重に思えます。
こちらのパン目当てに、態々来宇するマニアさんも結構いらっしゃるみたい[るんるん]


北海道つながり・・・で。
このところ、ハマっているビールがこれ!
          クラシック.jpg
この夏の北海道旅行・・・でも飲みました。北海道へ行ったら、サッポロクラシック[グッド(上向き矢印)]
…と言う訳で、忘れらないあの味わいをもう一度!…北海道内ではないけど、サッポロクラッシックって訳です。
購入したのは市内のスーパー、「北海道フェア」をやっていたから、思惑にのっちゃいました。

爽やかな喉越しが・・・とってもリッチ[ぴかぴか(新しい)]
プレミアムビールのような、コクのある味わいは…サスガ!北海道限定サッポロクラシックですね。
缶のデザインも、まさにクラシック!高級感あります。

副原料を使用しない北海道産麦芽100%を原料として、高温短時間仕込みにより、麦芽本来の旨味を生かしたドイツ古来の製造方法で作られる生ビール。
サッポロビールと言えば・・・黒ラベルながら。北海道では黒ラベルよりもこのクラシックが愛飲されていて、各店、スーパーでも大量に陳列されていました。
道外で売っていないこのビール、この時とばかりに・・・大人買いです。
nice!(65)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パン、パン、パン [食]

鹿沼5.jpg
都内での修行を経て自身の生まれた鹿沼市に2005年、ベーカリー「ベッカライ ディ シュトラーセ」を開業した店主。
店名が示す通り・・・本格的なドイツパンが人気!市内で唯一の本格的なパン屋さんです。
写真には撮りませんでしたが・・・店内はドイツの田舎町を感じさせるムード。可愛い小物たちも温かみを醸していました。
          鹿沼4.jpg

素材はドイツ産のライ麦を使用、小麦については国産だけに拘るなど、素材の味わいを大切に、安全・安心の美味しいパン作りがをモットー!素材の良さを活かせる様にシンプルなパン作りを心掛けているベーカリーだそう。。

以下どれもベッカライ・ディシュトラーセさんで購入してきた、パンたちであります。
これは見るからに、好みのルックス[るんるん]・・・ハードタイプのミニフランス。モッチリパツンパツンのベーグルたちは・・・シンプルなプレーン、抹茶大納言。
鹿沼8.jpg
        鹿沼9.jpg
ブドウ入りの角食パンもよく買うもののひとつです。
しかしなんと言っても、ベーグルが好き♪
美味しいベーグルが食べたくなったら、すぐにまた買って来てもらいます♪
パン1.jpg
チーズにまたも抹茶、緑の種がアクセントであるカボチャも。
                             ベーグル.jpg
アクセントとしてセサミ=胡麻、赤いクランベリーが入っているタイプも好きで買います。


次は黒磯駅前に店舗を構える、「KANEL BREAD(カネルブレッド )」のパン。
黒磯って栃木県内ながら…購入したのは私達ではなくて、お嫁ちゃんなのでした。
パン3.jpg パン2.jpg
本格的な、カンパーニュ。
パン好きならたまらない一品なんでしょうけど、天然酵母独特の酸っぱい香りは好きながら、歯ごたえの強力さは玄人好みのような[あせあせ(飛び散る汗)]
朝食にスライスして、コーヒーと。穀物の香りと、シッカリとした歯ごたえを感じつつ食しました。
気になるBOXの中身は・・・十勝産小豆の入ったあんぱん、ナッツとフルーツのスコーン(一般的な丸型のパックリ口の空いたスコーンではなくて、三角形型)。
そしてこれ大好き[るんるん] 香りのシナモンロールは、白いお砂糖のアイシングが効いています。
     パン4.jpg    パン5.jpg
パンの種類によって、粉のブレンドを調整したり・・・。常に探究心をもち続けているKANEL BREADさん。「地産地消」の精神で、製造する小麦農家さんを応援する。新鮮であることイコール、エコロジーである。
バゲットやルヴァンなどのハード系は、生地を手でこねることもあるとか。日本人の感性や嗜好に合ったパン作り・・・を目指し続けているベーカリーだと言います。

カネルブレッドパン / 黒磯駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



最後は、息子が帰省している時でした。・・・爺じとこっちゃんは車でデート[るんるん]
ホントにラブラブなふたり、出かけたのは市内のベーカリー「ルピナス」さん。
ルピナス0.jpg  ルピナス.jpg
来店した時刻が遅かったものだからこれきりしかなかった、山型食パン一斤。一個だけ残っていた、食べきりパンもゲットしたので、満足顔の二人でした。
nice!(74)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

横浜と言えば・・・ビールに、シウマイ [食]

またもお土産シリーズ、ネタに困ったらお土産だ!って訳ではないのですけれど[あせあせ(飛び散る汗)]

まずは、先の日本酒「湘南」に続いて・・・神奈川の地ビールから。
横浜ビールの ‎「ヴァイツェン」。
羽を広げた鳩がシンボライズされた・・・隣りのビールラベルは、鎌倉ビールです。
グラスに注いだものの、冷やし過ぎなのかメチャメチャ泡立ちの悪い、残念な見た目[バッド(下向き矢印)]
横浜1.jpg
熟成ビールを思わせる、やや濃いめの色合いをしてます。
「横浜ビール」と大きく描かれた特徴あるラベルもながら・・・欧米の横文字文化が浸透してくる以前の、右から左への横書き表記だったらもっとムードが出たのに!黒い王冠にもビール麦、ホップの実が描かれていました。

横浜で初めてビールが醸造されたのは、140年以上も前である明治3年。
山手居留地でアメリカ人が「スプリング・バレー・ブルワリー」を創設、ビール醸造を開始した。 その横浜の地でビール作りの歴史と伝統を受け継ぎ、クラフトビール造りをしているのが横浜ビール。

横浜ビールの定番商品であり、同社で最も受賞歴を誇るのがこのヴァイツェンだと言う。
開港の歴史、横浜の街並みと、潮風をイメージしてしまう・・・とは、飛躍し過ぎ!?しかしビールに詳しくない私でも深い味わいを感じました。
苦味よりも、豊潤さが勝っているビールって感じ。
苦味はそう感じない、フルーティな香りが特徴の白ビールです。だから女性に、地ビールビギナーさんにもお勧めかな[るんるん]
国内の大手メーカーのものと比べて、地ビールは丁寧に造るものだけに味わい深く思えるのである。

そしてまた、横浜と言えば・・・この味も忘れてならない、「崎陽軒のシウマイ」。
          DSC00379.JPG
崎陽軒のシウマイ「おいしさ長もちシリーズ」は、ご近所友達であるU〇ちゃんから。
お母さんと二人で遊びに行ったのでと。。外出先でも我が家を思い出して、買ってきてくれた気持ちが嬉しい[揺れるハート]ありがとうね~~!
赤ちゃんの頃から知っている彼女、今では立派な看護師さんですもの。歳とるはずよね。

横浜本社地下工場、横浜都筑工場、東京江東工場の3カ所の工場で1日に作られるシウマイの数は約80万個とか。
稚内へ旅した時のガイドさんの説明では・・・崎陽軒のシウマイに使われるホタテは北海道の猿払産だそう。
ホタテの漁獲量日本一!オホーツク沿岸に位置する、日本最北の村・猿払はまさにホタテの町。

従来の駅弁の定番「幕の内弁当」をベースとしながら、崎陽軒ならではのオリジナリティあふれた・・・崎陽軒のシウマイ弁当はつい買ってしまうも魅力ある一品。
また「真空パックシウマイ」を開発するなど、果敢な新商品開発へのチャレンジ精神も!
真空パックを開発したのも、実は崎陽軒なのだそうです。
真空パックシウマイは従来のものと比べたら、味わいは落ちるかな?…しかし我が家の様な少人数家族にとって利便性が高く感じます。

いずれにせよ興味の尽きない・・・崎陽軒のシウマイ。羊羹の「とらや」の工場見学同様・・・どちらも夢見る工場見学のひとつ。でもど人気だから、ハードルが高いのである。
そして横浜へもしばらく足を向けていないわねぇ。

そこで、過去記事より・・・
そんな横浜の風景を、オマケに。
横浜.jpg
横浜港の大桟橋うから眺めた・・・停泊中であった大型客船の勇姿をパシャッ[カメラ]


横浜2.jpg
こちらはクルーズ船「ロイヤルウィング」の船上から、夕暮れ前のMM地区のホテル群、横浜赤レンガ倉庫を望む・・・。
この広場で開催される「横浜オクトーバーフェスト」、国内でくり広げられるビール祭りの中で、人気の高いイヴェントであると思います。
nice!(83)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

こちらは久しぶりの・・・「ののじ坂の下店」 [食]

主婦なら日々実感している、お昼ご飯。毎日の事だから・・・作る、食べる、後片付け・・・と、本当に嫌です。
なににしようか考えつかない、思考停止状態に陥る・・・も度々。
そこで食べに行こうと言う事に。
Open時刻に合わせ少し早めに出発、しかしその前の買い物に手間取ってしまい・・・ちょうどランチタイム。

ののじ1.jpg
駐車場はお宿の前に広くありますが、店内はすでにほぼ満席状態でした。

住宅街の坂道を上って行った先にある、寿司屋さんとは思えない佇まい「ののじ坂の上店」(本店)へは、むかーし友人と食べに。
本店であるあちらの方が、メニューもお値段も少し上等みたいながら・・・普段のランチであれば2号店の、大衆的な「坂の下店」でじゅうぶんです。

ほぼ女性客ばかりで占められた店内。・・・寿司店と言うよりも、カフェのような造り。夫曰く、以前イタリアンのファミレスだったと。。本店近くに空き店舗が出たので、二店目を開店したみたいでした。
見ておわかりの通り・・・隣りの建物はドラッグストアです。
平日のお昼だからと余裕でいたら…。その後も次々とやってくる車と、人と。。何時の間にかスッカリ人気店!お昼でさえ予約が必要なくらいになっていたよう。。
それでも、応対のスタッフさん「カウンターのお席でも大丈夫でしすか?」と。
「はーい、全然大丈夫です」(*´σー`)エヘヘ

清潔感のある白木のカウンター席。ただし清潔を保つためでしょうか?高すぎて、職人さん達の手元が全く見えない[あせあせ(飛び散る汗)]

シッカリ濃いお茶が運ばれてきて・・・、お勧めの日替り定食は秋刀魚だったかしら。。
ランチメニューから、私は寿司定食、夫はちらしをオーダー。

ののじ2.jpg  ののじ4.jpg
地味なビジュアルの・・・「寿司食いねぇ~~!」[あせあせ(飛び散る汗)]

寿司はネタもしゃりも上品サイズながら、ちらしはご飯を大盛りにしたら…プラス料金ながら、中盛りならサービスとの事。
にぎりもちらしも、内容はちらしとほぼ一緒でした。マグロやハマチはそれなり(・`ω´・;)ゞ .. んん??
かんぴょう巻きが一番美味しかったかも(・∀・)イイ

ののじ3.jpg
お鮨7貫にかんぴょう巻き4貫。
ミニサラダにわたりがにのお味噌汁、茶わん蒸しが付いて・・・税込みでジャスト1000円。お手頃ですよね!
廻るお寿司を食べたって、そこにお味噌汁、茶わん蒸しを付けたら・・・簡単にこのくらいの金額に。
一人前ずつで・・・文句なし。
客は大半が女性であるのも納得・・・・お得感のある内容だと思います。
子連れでもOK!・・・の気楽な店内、「ののじ坂の下店」と名付けた店名もセンス良し[グッド(上向き矢印)]


関連ランキング:寿司 | 東武宇都宮駅


nice!(78)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新潟県阿賀野市「しょこら亭」のお菓子たち [食]

グロキシニア.jpg
先日購入したグロキシニア、一番花が終わって、これでお終い?と思ったら・・・下から出てきたつぼみが膨らんで、小さめながら開花しました。
その隣りは小菊の仲間なのかな?前の苗がひっそり寄せ植えポットに残っていた模様。何時の間にか咲きはじめていた姿が…健気[るんるん]地味~~に可愛らしい。
※花の名称が判明しましたので追記します。・・・八重咲きクジャクソウ、宿根アスターの名もあり。
冬に地上部が枯れると、株元から「冬至芽」と呼ばれる、新たに伸びる芽が発生すると言います。来年も咲くよう大事にしましょう。

さて本日も、頂きものシリーズなり!

先の味噌プリンが微かに・・・であったと比較したら…ガッツリ効いた味噌味・・・と感じた[ダッシュ(走り出すさま)]
見て・・・このオシャレなパッケージ[ぴかぴか(新しい)]
新潟県阿賀野市で、「和と洋の融合」を概念として商品開発、販売をするチョコレート専門店「しょこら亭」。
「しょこら亭」って今回頂くまで全く知りませんでした。
    新潟2.jpg
「和」の黒に、鮮やかな「朱」を効かせた・・・形、色共に斬新なパッケージ!思わず、「おお!」ってなるのは私だけではないはず。
                            新潟1.jpg
ガッツリ味噌味のラスクです!
雪国・越後高田の厳しい風土で育んだ味噌を今に伝える蔵元の「杉田味噌」、上にまぶした砂糖の甘味が絶妙なコラボレーション。
本場の味噌がクセになる「 MISOーRUSK」は・・・軽い口当たりだから、当然一枚では止まらない。。。

お次は・・・一見鮮度の良い生卵、黄身ような・・・ルックス。
          新潟1.jpg
梅酒のゼリーには、仕込みに使った梅の実が入っています・・・その梅は驚くほど柔らかで、まろやかで[グッド(上向き矢印)]
口に入れたら・・・
  懐かしい夏の記憶が甦ってきそうな・・・
    そんな深い味わいが強くしました。

このパッケージも同じくらいに…オシャレでしょう[グッド(上向き矢印)]
新潟1.jpg
黒をバックに、UMEの花を配したデザイン。・・・女子力感じるわぁ~~!

※麒麟山(きりんざん)は、新潟県東蒲原郡阿賀町津川に位置する、標高191mの山。麒麟山に棲息していた狐。
毎晩のように狐の声が聞こえ、狐火が見られた・・・言い伝えが由来の「狐の嫁入り」。
毎年5月3日に開催される、「狐の嫁入り行列」は津川地区のお祭りです。花嫁、花婿をはじめとして狐メイクをした人々の姿が練り歩く、江戸時代の嫁入りを再現した・・・。そうしたお祭りもながら、麒麟山は温泉と、日本酒「麒麟山」で知られているのです。

新潟の地酒、麒麟山の吟醸酒を練り込んだ生チョコ、麒麟山テリーヌショコラが「しょこら亭」の主力商品たち。
この「麒麟山梅酒ゼリー」も、麒麟山の梅酒を贅沢に使った、大人向きの一品に思いました。


「代官饅頭」はモチモチとした皮が特徴の、つぶ餡のお饅頭。
          新潟2.jpg
こちらもアッサリしているから…何個でも食べられそう[あせあせ(飛び散る汗)]
          新潟4.jpg

しょこら亭チョコレート / 水原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


持ってきてくださったのは・・・改めて言うまでもない、毎回我が家にお土産を運んで下さる、O様。
美味しいオヤツが食べたい、何か欲しいなぁ~~って思う。そうした気持ちが、どうして通じるのか?
いや、これはプレッシャーじゃありませんから。
彼は我が貴重なる読者の一人であるのだ[わーい(嬉しい顔)]
それにしても、ひと月の間に続けて同じ温泉へ遊びに行ってしまうとは…サスガは独身貴族様!
いいなぁ[グッド(上向き矢印)]出来るなら・・・あやかりたい。
そして彼は、これからも大切にしないと。なんちゃって!・・・調子いいなぁ~~[わーい(嬉しい顔)]
nice!(80)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

市内の沖縄、「願寿亭」さん [食]

新井や1.jpg
秋の空に、飛行機雲。それも三本もなんて、珍しい!
今日の話は、飛行機にチョッとだけ関係するかもしれません。

地元サッカーチーム「栃木SC」のサポーターである息子ですが、ただ今神奈川県の某所に長期出張中(罐詰生活)にて、スタジアム観戦の機会が中々得られない訳ながら。。
前回に続き、お休みが頂けた先々週またも来宇。今回は日帰りにて一人旅。
10月初め開催される・・・第24節「FC琉球 vs 栃木SC」の試合。沖縄の空の下で観たい、現場の空気を肌で感じたいの願いもむなしく、見送らざる得ない状況となった次第。
会場には、ワンコインで食べられる爆盛り弁当なるものがあるらしい。
我が経験からも、物価が安い沖縄。食べ物全般が安い、美味しい・・・で外れなし。大好きです。

この日も「やっぱり、沖縄行きたかったな。沖縄のスタジアムで爆盛り弁当が食べたかった。応援席を一人でも多く黄色で染めたかった!」と。
そんな息子の気持ちを少しでも癒したい。いえ、見方によっては煽ってる?イヤガラセしてる?なんちゃって[わーい(嬉しい顔)]
お昼は沖縄料理店で食べる事に。
          願寿亭1.jpg
駅東にある「願寿亭」さんです。車を停めるスペースは店先に3台くらい、道路をはさんで広い駐車場があります。
靴を脱いで上がるお座敷スタイルの店内は、7割くらい埋まっていたものの、奥のテーブル席でいただきました。

          願寿亭2.jpg
沖縄の映像が流れるテレビの前がライブ演奏ステージ、ライブの時は@1500円のテーブルチャージがかかる模様。
赤&ブルーのオリオンビール提灯が下がり、出窓からは「宮古まもる君」が店内を見守り中・・・と、店内全て沖縄です。
食べに来ていたお客さんも、泡盛Tシャツを着用。または、ランニングシャツ姿だったりして、ムードあるわぁ[グッド(上向き矢印)]

願寿亭7.jpg
メニューを眺めたら…これは予想外です。
ランチの時間帯は定食メニューが中心、もう少し選んで食べたかったのですけど、単品メニューは頼みにくいムード。
夜用にキープしてあるのか、メニューが暖簾で隠してあるんですもの。
道をはさんですぐの〇ルモール内に、沖縄食品を扱っているお店があるのに、買いに行っている時間と人手がないのかな?
親切で感じの良い接客なのに、そこだけがちょと残念[たらーっ(汗)]
※サイトを見たら、食材は全て沖縄から空輸しているとか。

願寿亭3.jpg
息子には泡盛「残波 黒」、ブルーの琉球ガラスはお約束ね。一口飲ませてもらったら、30度だけに強い!結構キマス!
ラフテーに、ジーマミー豆腐。
ジーマミー豆腐は現地のスーパーで買うと安いのだ。一度に2個は食べてしまうくらい好き。
他にはSPAM、A&Wのルートビア缶、タコライスの素、それから「オキハム」の、コンビーフハッシュはとても便利でした。
次回の沖縄では、さんぴん茶も忘れずに買ってこないとね。

願寿亭5.jpg
    願寿亭6.jpg
「鳥手羽元と冬瓜の定食」、豆腐チャンプルーが付きます。
スープは昆布の消費量が多い沖縄らしく結び昆布入り、島唐辛子を泡盛につけた「コーレーグース」を振って食べました。
チャンプルーはサスガ美味しい。
息子の頼んだ「中身定食」、沖縄産豚モツと筍、シイタケ等を炒めたもの。見た目は???ながら、味は良かったと。そこにご飯と、お味噌汁が付いていました。
夫は、沖縄そば。とろとろに煮込まれた豚肉、かもぼこが二切れ、澄んだスープ・・・。これまた沖縄へ行きたくなります。
お会計の時に気がつきました。
入口すぐの壁きわに「海ぶどう」の水槽あり。海ぶどうも食べれば良かったかな、海ぶどうはプチプチの食感が好き。


関連ランキング:沖縄料理 | 宇都宮駅


ところで当日の「ガンバ大阪U-23」には「0-2」で負け、翌週の沖縄戦の結果は「1-1」の引き分け。
チーム順位は首位であるものの、「大分」が迫ってきている現在。かなりヤバイらしいです。
nice!(84)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

簡単!チーズフォンデュ [食]

あっと言う間に今月も最後の週。
これ程雨ばかり降った記憶はない・・・9月だけれど、周囲の景色も今ではすっかり秋色。外に出てみたら、金木犀に蕾が付いていて驚かされました。

この夏は、息子が子連れで頻繁に帰ってくると…先日も書きましたが。。
これは10日前の3連休の事。
最近料理に意欲がわかないのは、皆さんご存知の通りながら・・・それでもなににしようかくらい考えます。
皆で食べるのに準備が簡単!手軽な食材でと思えたのは、チーズフォンデュでした。こっちゃんが好きなたこ焼きはサスガに飽きましたものね。
          チーズフォンデュ1.jpg
そこでまずお鍋、これは何時もの楽天さんで購入、予想したより高かった・・・元をとるには10回以上使わないと[あせあせ(飛び散る汗)]

チーズフォンデュは、チーズを白ワイン等で煮込んだ家庭料理。同じようなスイス料理に「ラクレット」があります。
チーズの切り口を温めてトロリンとなったところを削いで、茹でたじゃがいもにつけて食べる・・・素朴な料理であるところは似ていますが。。そんなラクレットチーズよりはこちらの方がリーズナブルな気がしませんか?

ただしおチビさんがいるから、ワインは入れないでホワイトソースベースのフォンデュ鍋。
ホワイトソースを作るのだって、最近は缶入りを温めるだけだったりながら・・・。
しかし私だって、その気になれば出来るのだ。
バター、小麦粉(小麦粉がなかったので天ぷら粉で←どこまでも適当です)牛乳と・・・いずれも計量さえしない。手抜きながら・・・、デ・キ・タ!
そこに市販されているピザ用シュレットチーズを足していくだけ。

チーズフォンデュ2.jpg   チーズフォンデュ3.jpg
具材はフランスパに、お芋。エビ、ウィンナー、彩り野菜としては・・・ここにきて高値のブロッコリーはやめて、代わりにオクラとアスパラ。人参、茹でトウモロコシ←これが意外に美味しかったです。
チーズフォンデュはジャガイモでしょうって思いがちながら、サツマイモも合いました。
他にはカボチャ、プチトマト、バナナなどもイケそうな感じ。
お肉大好きな息子用にはステーキ用のお肉。でもあまりにレアは心配だから、さっと焼いたものを並べておきました。…そうしたら、そのままお肉だけで食べてしまっている[あせあせ(飛び散る汗)]
いろんな美味しいを味わいたいと思ったのに。。でもそれもまた良し[グッド(上向き矢印)]
チーズフォンデュ4.jpg
爺じのお隣に座って、こっちゃんもモリモリ食べていました。
                     姿.jpg
とりあえずビールのあと。冷えたワインもあったものの、当然…「姿」でいきます。


昨年も記事にしましたが、家のミョウガは今年も豊作。
秋ミョウガだから出てくるのは、市販のものより遅め、だから芽を出す前のものまで掘って食べていたくらいながら。。
雨続きのせいで、意外に大きく育ってきました。
連日採りつづけているけれど、少し目を離すと花が咲いてしまう。
栗ごはん3.jpg  DSC00431.JPG
穂先に透きとおるように薄い、クリーム色した蕾がツンと出ているのわかりますか?
1~2日放っておくと、開いてしまうのです。
勿体ないので、残りは全て甘酢漬けにしてしまいました。。独特の香りの強さ、シャキシャキの食感が美味しいです。
これぞ、大人の味ですね。

今年初めての栗ごはんも。
栗ごはん1.jpg 栗ごはん2.jpg
市販の栗ではなくて、山栗だから味が濃くて旨い。その上、タダが嬉し!
・・・もう間もなく、…と言うか、すでに新米の季節ですね。

身体は楽になったけど・・少し寂しい。。とワガママな言葉が出てしまうこの頃。
外からは虫の音が聞えてきて・・・。
午後から今日もまた雨降りだけど、金木犀はスッカリ開花しています。
nice!(81)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

休日ファミレス・・・二題 [食]

都民ファースト・・・ならぬ、誰もが知る食のファースト。今月行ったファーストフード店です。
あえて名前を出さずとも、見ただけでわかるかも?・・・ちなみに〇ストでも、〇イゼリアでもないですよ。

・・・ある休みの日の、お昼。
ハンバーグが食べたくなって…。最近は呆れる事にハンバーグさえ作らない。
…と、その前に一人だけビールを。これは割引券があったから。ラッキー[るんるん]
日曜日1.jpg 日曜日2.jpg
「ビールは、料理と一緒に持ってきてくださいね」と、念押しするのを忘れなかった私って偉いわぁ[グッド(上向き矢印)]
ライス代わりに頼んだ、ミニピザと共に[ビール]
ファミレスと言っても、注ぎ方は雑ながら・・・ビールとピザは美味しかった。

奮発して頼んだ、フォアグラのせのハンバーグ。
ファミレスだから、奮発と言ってもタカが知れていますけど[あせあせ(飛び散る汗)]
三大珍味のひとつであるフォラグラ、美味いに決まってます…と言いたいところながら。
一口食べて、あれ?どうした?焼き方が悪いのか、チョッと生臭い感じ[バッド(下向き矢印)]
期待した訳ではないけれど、正直お値段なりでした。
それでも完食してしまう、口の卑しさ。どうして壊さないんだろう?我がお腹の強さも悲しい[たらーっ(汗)]
ここ数年でフォアグラも随分身近な食材になったと思う。
デパ地下なら普通に売っているようになってきたし・・・。ファミレスのメニューでもある。ただし、安く買えるのは切り落としとかみたいです。
次回もしここで食べることがあっても、フォアグラはやめておきましょう!

最後は良いところを書いておきます。
          日曜日3.jpg
食後は、身体に優しいノンカフェインのルィボスティー。ドリンクバーでも時間を計る砂時計付きなのね。


次も同じく家族連れの利用が多い、チェーン展開のトンカツ屋さんながら・・・。
テーブルで冷たいウーロン茶を飲みながら、オーダーをします。
待つ事、数分。千切りのキャベツがボールに山盛りでドーン!
とんかつ1.jpg
用意されている、自家製ドレッシングは梅ドレと、ゴマドレの二種。
セットは薄味のお新香、お替わり自由のご飯、豚汁か赤出汁のアサリ汁かを選べるお味噌汁。
ロースかつにエビフライのセットにしました。
          とんかつ2.jpg
衣はサクサクでお肉もジューシィ、専門店の味わいにはとても及ばないものの、これはこれでイケました。
                       とんかつ4.jpg
最後には、ドリンクorアイスが付いてきます。

二人暮らしになってから、夕ご飯の支度の手抜きは増すばかり。。特にここ数年・・・家で揚げ物はしたくない。時間がかかって、油の汚れるフライ類、トンカツであればなおさらです[あせあせ(飛び散る汗)]
それがこの価格1000円チョッとで食べられるのであれば、外食してしまった方が手軽で、悪くないと思います。
近くを通る度、目にする駐車場の車。店内を見渡せば、多くの家族連れ。そう思うのはきっと我が家だけではないと実感しました。

nice!(82)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

こんなところに・・・パリ5区 [食]

気がついたら9月も半分以上過ぎて・・・。
まだ暑さは戻るかもしれないものの、ここ数日は寒いくらい。ホッとする部分と、日暮れの時刻が早まって寂しい気持ちと両方です。

      ルピナス1.jpg
一粒摘んで味見をしたら…野生の味[あせあせ(飛び散る汗)] 酸っぱいけど味が濃い、これは日本固有の山ブドウと思いました。


ルピナス3.jpg    
市内の環状線沿い・・・小さな森の中、木々の間にログハウスが点在しています。…このシュチュエーションからは、富良野のニングルテラスが思い出されますが。。それよりも暗くて、人も少ないため・・・チョッと不思議なムードが漂って近寄りがたい感じ。

でももっとスゴイの!こちらの名前、なんと「パリ5区ストリート」ですって。立派過ぎてビックリだわぁーん[わーい(嬉しい顔)]
          ルピナス2.jpg

甘い香りに誘われてか先日、夫が買って来てくれた…小倉デニッシュパンです。
      パン1.jpg
道路を走りながらいつも気になっていた、林の中に立つお店たち。
そんなのズルイ、私も行かなくちゃって!一日置いて出かけてまいりました[ダッシュ(走り出すさま)]

          ルピナス5.jpg
アンティーク風雑貨のお店、クラフト小物が並んでいたり・・・、ここは、オーダーメイド靴店。
ありました、「パン工房ルピナス」の看板。
          ルピナス4.jpg

予約がお勧めだそうで午前中に連絡、人気no、1の6色ルピナスパン、ハーフ・レーズンを予約しました。
          
今にも雨が降り出しそうな・・・曇り空の下。ほっこりとした灯りが温かい、可愛らしい店です。
ルピナス6.jpg

入店してみると、意外に広くてゆったりしているのは、天井が高いせい?
           ルピナス7.jpg
パン工房ルピナスさんのOPENは昨年3月だそう。。
レディオベリーで放送されるなど、今注目のエリア。
ルピナスさんもにタウン誌「twin」、「monmiya」9月号 別冊パン特集にも掲載されているとの事。

ルピナス8.jpg
奥まった広いスペースには、広場のオーナーご夫婦が営むフランスアンティークのお店。
パリだけに停まっている車は当然、、真っ赤なPeugeot。
お店の中には・・・小物、レース、アンティークドールなど、現地で買い付けてきた小物が並んでいました。
ルピナス9.jpg

歩いて駐車場へ戻る途中です。日光天然氷四代目徳次郎のかき氷でお馴染み・・・「和人堂アンシャレ」さんでランチをしていたお姉さまお二人、「ここのフレンチトースト、スッゴク美味しいですよ~!」ですって。
メニューはかき氷とドリンクのみと思っていました。…なにかを食べている気配は感じておりましたけれど。。
使われているパンは勿論、ルピナスさんのだそうです。
私達にも「デート気分で食べていきませんか?」って・・・オイオイ[あせあせ(飛び散る汗)]
一時はあんなに、かき氷、かき氷…と言っていた割りに、今年は一度も口にしないで終わりそう。
この涼しさです。かき氷はパス!と思っていたけど・・・次回は「和人堂」さんも良いわね[揺れるハート]

※本物のパリ5区は、・・・って一度しか行った事ありませんが。。セーヌ川の南岸に面した、シテ島、サンルイ島の対岸・・・「カルチェラタン」と呼ばれる地区ですね。
ツアーのフリータイム、母と乗ったタクシーは当然ながらプジョー、車内で流れるのだって演歌じゃないわよ。
BGMはシャンソン[るんるん]
なん車線も走るだけに運転が結構荒くて、でも降りる時ドライバーから「さっきはゴメンネ」(たぶんですけど・・・)って言葉がありました。

ルピナス10.jpg
1斤が大きいという方のための・・・「0.75斤シリーズ」のレーズンパン。小倉シナモン・胡桃・小倉・チーズ・ごましお・レーズンの「6色ルピナス」、どちらも柔らかでふわふわの食感。優しい味わいでした。

ルピナスパン / 江曽島駅鶴田駅西川田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


nice!(87)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

食欲の秋、その前に・・・ [食]

お米に焦点をあてたライフスタイルショップ・・・「AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)」。
店舗があるのは、JR有楽町駅近く。
全国から厳選した玄米、オリジナルブレンド米など、約20種類以上を店頭精米し販売。しかし米屋”であって“米屋”でないのがAKOMEYA TOKYOだと言う。

全国各地から厳選したいろいろな種類のお米に加えて、食品、雑貨など・・・こだわりの商品が多数ラインナップ!
          トング2.jpg
オリジナルのギフトBOX、ご覧の様な・・・米袋の包装。息子一家からお土産でもらいました。
ギフトBOX仕様は、目だった赤のロゴ、水引もかかってます。

トング0.jpg
「オリエンタル 名古屋カレーうどんの素」フレークタイプ。
私達世代は知っている、カレーと言えばバーモントでありながら・・・その前、昔ながらのオリエンタルカレーがあった事を!
昭和30年代に音楽を奏でながら町を走り、人が集まってきたところでショーを見せる「オリエンタルカレー」の宣伝カー。
でかでかと「オリエンタル 即席 カレー」の文字の描かれたボンネットバスって、知っています?
その時にショーを見せた芸人さんたちは、すべて社員であったそう。。
バスが来た日の夕ご飯は、どこの家もカレーであったのを思い出します。・・・って、年がバレバレ[わーい(嬉しい顔)]
夢路いとし・喜味こいしの司会による、「10万円、7万円、5万円運命のわかれ道!”で人気を博した「がっちり買いまショウ」・・・の番組提供もオリエンタルでした。

未だに粉末なのは、創業者である先代社長による・・・ラードやショートニングで固めた固形のカレールー、「固形油脂は健康によくない!!」という信念より、粉末のカレールーにこだわり続けた・・・結果。

福岡県久留米市に本社をおく「穀物屋 森光商店」さん。全国ではじめての「穀物専門店」だそうです。
カリカリっとした食感を楽しめる新しいきな粉は、こちら。
食感を残すように粗挽き、香ばしく焙煎した大豆が香ばしい。先日作った・・・流行りのおにぎり「おにぎらず」にもトッピング、カリカリした大豆、きなこの風味が美味しかったです[るんるん]


意外に出番が多い、活躍しているのはこの「ゆびさき トング」。手のひらサイズの小ささが良いの[ぴかぴか(新しい)]
サラダが好きだから、サラダボウル。そして勿論、サラダをドレッシングであえる。取り分ける ためのスプーンとフォーク=サラダバーはあるのです。
ナチュラルテーストの木製、カラフルなプラスチック製と…しかし、どちらも大き過ぎる。収納も場所とりますしね[あせあせ(飛び散る汗)]

          トング.jpg
そこでゆびさきトング!ころっとした形が可愛くて、シンプルな形状がオシャレ[ぴかぴか(新しい)]
我が家の様な少人数の、ミニサラダでも邪魔になりません。
こっちゃん用に、茹で卵は花形にカットをしました。それ以外は・・・ごく普通ですけれど[あせあせ(飛び散る汗)]

「かりかりきなこ」は、オニオンスライスにトッピング。カリカリッとした食感が良いアクセントとなりました。

日本人ならではの細やかな気遣い、食の幸せを追及したアイテムは、内祝いのギフトに。また日々の暮らしに「基本のいいものを揃える・贈る」を目指す方へピッタリなアイテムって感じがします。



これまた、別の日ながら・・・。
地元のサッカーチーム、「栃木SC」のサポだけに、春先からしばらく我が家への子連れ帰省が頻繁であった息子です。
今回のお土産。まずその一!
茅ヶ崎市の熊澤酒造、茅ヶ崎にも酒造会社があるなんて・・・。神奈川でも日本酒が造られているの?と思いましたら・・・創業は1872(明治5)年。今年で140年を迎える、湘南に残された最後の蔵元と言います。
熊澤酒造は日本酒だけでなく、地ビールである「湘南ビール」の評価も高い。

丹沢山系の伏流水から生まれた、純米吟醸「湘南」。←そのものズバリなネーミングがウケるぜ。
しかし、実はまだ呑んでいないのです。
この時呑んだお酒については、後日報告させて頂きましょう。
          食欲の秋1.jpg
職場近くの成城石井で購入したからですって。日本酒なのに、ワインを思わせるラッピングがされていました[あせあせ(飛び散る汗)]

ママからは、「ブーランジェリー・パティスリー・ヴィロン」のパン。
食欲の秋2.jpg
   DSC00312.JPG
ドッシリとした重み、雑穀の入ったパン「セレアル」は、なんと木箱入りのパン!でもこれ以前も貰って食べた記憶が残ってます。
チョコのマドレーヌは、本場おフランスのものらしく貝殻型が美しく並び・・・。
一口サイズのマドレーヌは一気喰いざます。だって小っちゃいんだもの[バッド(下向き矢印)]
チョコチップがこれでもかと贅沢に使われた…ハードなパンも食べ始めたら…一本ひとりで食べきってしまいそう。。
「VIRON」は、元々はフランスの粉屋さん。
本場フランスVironの小麦粉を独占輸入してバゲットを作っている。国内ではここ「VIRON」だけだそうです。
http://www.retrodor.com/

nice!(85)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

まだ、あります~♪ [食]

気がついたら、スッカリ涼しくなって・・・。
ひとりもの思う・・・秋、でも気がつけがもう夕方。昨日も、空を見上げていました。
「中秋の名月」は昨夜ながら、満月となるのは明日の夜。雲に邪魔されないで見られるかな?
…と言った前置きはさておき。。

また、また頂いちゃいました[るんるん]
毎回、我が家にお土産を持ってきて下さる夫の元勤務先の後輩であるO様、何時もホントにすいません!
退職して間もなく3年になろうと言うのに…私達を忘れないばかりか、こうして頻繁にお届け物をして下さる気遣いには頭が下がるばかり。。
ブログネタの提供者として、これからも大切にしなくてはね!なんちゃって[あせあせ(飛び散る汗)]
        ヤスダヨーグルト1.jpg
先週末は新潟にある咲花温泉へお出かけされたとか。「僕は今、緑色(エメラルドグリーン)の温泉に凝っているんです」ですって。
この青い牛さんマークで、わかる人はわかるはず!
新潟県阿賀野市の、…と言うか、新潟と言えば・・・定番であるヤスダヨーグルト[るんるん]
生乳100パーセント使用のヨーグルトは、阿賀野産コシヒカリと共に、阿賀野市のおすすめコンテンツとして紹介されているくらい。

自宅からチョッと一泊・・・圏内である新潟県、頻繁に出かけているのは確かながら・・・。
ヤスダヨーグルトの工場&直営ショップも一度は行かねばと思いつつ、立ち寄りするには帰路に関越自動車道、または磐越自動車道から出なくてはならない。
それでかえって遠いものとなっているのでした。
新潟平野のほぼ中央に位置する五頭温泉郷、大河・阿賀野川近くで製造されるヨーグルトです。

牛の姿が描かれたブルーラベルのボトルは…誰でも一度は目にした機会があるはず[目]
だから保冷バックをチラッと見ただけで、ワ~~イ[わーい(嬉しい顔)]「新潟へお出かけしてきたんですか?」って。。
そして・・・出てくる、出てくる[るんるん]
工場敷地内にあるヨーグルトSHOPでは、ヤスダヨーグルトの全商品がズラーッと並んでいるとか。当然と言えば当然、でもあれこれ選んでいくのは楽しそうです。
      ヤスダヨーグルト2.jpg
まずは、500mリトットルサイズの・・・脂肪ゼロレモンがすきっと香る「瀬戸内産すきっとレモンヨーグルト」と、「期間限定商品 ヤスダヨーグルト蜜柑」。
「蜜柑」はミカンの粒々食感が面白くて、甘さも丁度良く感じました。

ヤスダヨーグルト3.jpg
「ヤスダヨーグルト林檎」は、信州りんごの蜜の甘さと果肉の食感が魅力!
生乳から脂肪をカットした無脂肪牛乳を95パーセント以上使用した、カロリー43パーセントオフの「脂肪ゼロヨーグルト」。
脂肪ゼロでも、とにかく濃いです。
シッカリ濃厚だから、ストローで飲むにも苦労してしまう程。
ドリンクタイプではない、普通のヨーグルトもありますよ。
レトロなパッケージの「プレーンMIX りんご」は、平べったい瓶の底の部分にりんごソースが入っています。
まずは混ぜずにプレーンを楽しんでから、次によく混ぜて食べました。美味しさの二重構造なのです。
生クリームの入ったとろける芳醇ヨーグルト「Primeプリーム」。
隠し味にフランス産ロレーヌ岩塩で味に深みを与えた、 日を追うごとに熟成し味わいが深くなってゆくヨーグルトなのだそう。
↑、まだ食べていない。
頂いたヨーグルト全てに言える事なんですけど、どれも剥がすとふたの裏側、容器の周りに濃厚なヨーグルトがタップリ付いている[グッド(上向き矢印)]それだけ濃いって事ですよね。


関連ランキング:アイスクリーム | 阿賀野市その他

毎日の食事で馴染みのあるものとなっているヨーグルトは、常に冷蔵庫に入っている食品のひとつであります。 だから私もこの中から、毎朝「今日はどれにしようか?」って楽しんでます。嬉しくて幸せ[るんるん] 地元産の搾りたて新鮮生乳が主原料。添加物を使わずに独自の製法で作り上げる・・・コクのある風味と濃厚な味わいが強いヨーグルトたちです。 新潟空港の売店のものがJALのCAさんの目に留まったのがきっかけとなり・・・当時はめずらしかった・・・濃厚で美味しいドリンクヨーグルトとして全国的なブランドとなりました。 ※数年前に泊まった瀬波温泉のホテル、夕食までのウェルカムドリンクとしてヤスダヨーグルトのドリンクバーで、ヨーグルトをポリ容器から補充しているのを見て、もっと飲めば良かったと思ってしまった。 でもいざその場になったら、そうは飲めない[たらーっ(汗)] 次は今三浦で仕事をしている息子のお土産。 マグロパイ2.jpg 三浦、三崎…と言えばマグロです。え~~?だからと言って、まぐろパイ? 鮮やかなブルーって、この色あいは明らかに食欲を刺激しないわぁ[バッド(下向き矢印)] それにマグロはマグロ、パイはパイで別々に食べたいって思うのは、私だけかしら[あせあせ(飛び散る汗)] マグロの街・三浦市のご当地パイらしいですけど・・・しかしこの、まぐろパイ。 個別包装のパッケージも・・・。まさに……浜松名物「うなぎパイ」を真似た商品みたい・・・? ところが「まぐろパイ」は、まぐろエキスを使用した、地元神奈川のメーカーが作ったオリジナル商品だそう。。                        マグロパイ1.jpg パイ自体の焼き色は「春華堂」さんのうなぎパイよ少し薄めかな。まぁ、普通に美味しかったです[あせあせ(飛び散る汗)] 三浦、横須賀と…何度か足を運んでいるので理解していますが・・・生鮮食品は豊富ながら、日持ちのするお土産と言うと「海軍カレー」など限られてしまうのでしょう。 最後北海道のお土産として・・・大定番である「六花亭」のお菓子。花柄包装紙に描かれているのは、十勝市郊外にある「六花の森」の花々。 六花亭1.jpg 六花亭2.jpg 定番商品である「マルセイバターサンド」、サクサクの「霜だたみ」。「チョコマロン」、「いつか来た道」、 チョコレート菓子「 ひろびろ」・・・と入っています。 六花亭3.jpg 一口食べてみて、北海道産バターがふんだんに使用されているのを実感!バター&ミルクのコクがとにかく濃厚であったマドレーヌ菓子「大平原」。 中はふわふわ、クリームと小豆餡がサンドされた、抹茶味の丸型ダックワーズ「おふたりで」が特に美味しく感じました。

nice!(95)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

青森林檎~~♪ [食]

アヤシゲな物体のあとは、お口直しと言う事に[わーい(嬉しい顔)]
話は変わりまして・・・青森県で真っ先に思う食べものは・・・りんごです。
弘前郊外ではこの季節、真っ赤なりんごの実がたわわに実った、美しい光景を目にします。
4年前の秋、海沿いの街・鰺ヶ沢から津軽平野を横断した折にも至るところで広がった・・・見事なりんご畑、木製のりんご箱の並んだ風景が思い出されます。
そんなりんごを使ったお菓子「らぷる」は、先のGWにも頂いたばかり。。

そして、今回は・・・これ!
リンゴ1.jpg
同じ「しかない」の製品である、「こあき」です。
薄く切った津軽産りんごの果肉スライスを、薄いおせんべいの生地にのせて焼いた、りんご煎餅。
リンゴ3.jpg
生のりんごをせんべいにするのは無理と言われていたそう。。りんごの色、香りをとどめることが困難とされてきました・・・。
そんな難題を一個ずつクリア、現在の商品に仕上げたのだそう。

一口頬張れば・・・サクサクの軽さの中に、パッと広がるりんごの甘酸っぱさ[グッド(上向き矢印)]その一口で、津軽の光景が思い出されるほど。。

リンゴ2.jpg
りんごのケーキである、「りんごがゴロゴロクーヘン」。
アップルパイみたいな・・・と思って開けたら、ズッシリと重たい焼き菓子。サイコロ状にカットされたりんごがゴロゴロ・・・と沢山入ってます。←商品名に偽りなし!
柔らかで崩れやすいものだから、カット面は汚くなってしまったものの・・・シナモンが香る、モチモチの食感が楽しめました。
りんご・小麦粉・バター・砂糖・ふくらし湖粉…といったシンプル過ぎる材料から・・・手作り感も強く感じられまする。 

青森には、まだまだある、りんごのお菓子[るんるん]到底食べきれませんけど、出来たらまた珍しいものを見つけて来て欲しいなぁ[揺れるハート]なんちゃって!・・・オイオイ


このお菓子を堪能していたところ・・・「嶽きみ」のきみが(・・・って上のりんご菓子も皆、同じ方からの頂きもの[あせあせ(飛び散る汗)])
私の思いが通じたのか?彼がまたも手にしてきたのは・・・JAアオレンの缶入りジュース「旬の林檎」。
リンゴジュース1.jpg   リンゴジュース2.jpg
味の良さは言うまでもなく、見るからに美しそうです[ぴかぴか(新しい)]
27年度産のりんごのみを使用。青森りんごの「王林」と「ふじ」を「旬」の時期に「密閉搾り」製法で搾った。美味しさへのこだわりから生まれた、りんごジュースと言います。

※密閉搾り」製法とは…空気に触れないよう、密閉した状態でりんごをすりおろし搾ること。
酸化防止剤(ビタミンC)を使用せず、コクと芳醇な香りを引出す製法の事。
この「密閉搾り」で搾った果汁…通常はドラム缶に詰めて一時保管しますが…。「旬の林檎」はなんと!!ラインを通ったそのまま・・・缶に充填!加熱殺菌の回数が減るのでより美味しく!りんごの香りを楽しめる!
搾ってから缶にダイレクト充填☆・・・は、特許取得製法とか!!

アオレンこだわりの【密閉搾り】は、平成19年新しいJAS法が施行されてのち・・・国内第1号として認定!だそうです。

普通のりんごジュースと比べて、薄めの黄色。匂いも生食する時のりんごにかなり近い[グッド(上向き矢印)]
実際に飲んでみると、りんごそのものを食べているような香りが口の中に広がるのでした。
こうしたジュースにありがちなベタつきも少なく、後味もスッキリして・・・これまでに飲んだりんごジュースでは、一番美味しいかな?と感じました。
またまた今回も居ながらにして、青森へ旅した気分になれたのも嬉しい。
本当に、ご馳走様でした。
nice!(75)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Myフェイバリット・ワイン [食]

          ワイン1.jpg
この夏・・・部屋の前に生ったブドウ棚です。
ブドウの品種はこれ程生るなんて・・・全く考えもせず・・・小粒で種もある「デラウェア」。
二十年近くただ植えてあるだけ、枝ののび過ぎを抑えて選定するくらいでずっとほっときっ放しながら。。
          ワイン2.jpg
今年は、思いのほか多く生りました。気温や雨の多さも関係するのでしょう?年によって実の付きにはバラつきがあります。
ほとんど食べずに、やってくる鳥たちの餌状態が長く続いていたものの。

数年前、試しにやってみた・・・自家製ワイン作りが成功。それを思い出して・・・
「今年も作って~~!」…お願いよ。なんちゃって!

しかし・・・ゲゲ~~!
ご覧のように、なにやらアヤシゲな状態[バッド(下向き矢印)]
Myフェイバリットなんて言いつつ・・・こんなの飲んでお腹は大丈夫?って思われました?
ワイン3.jpg   ワイン4.jpg

一応説明いたしますと。自家製ワインの作り方は意外と簡単!、必要な物も、手順も、環境もシンプル。
1摘み取ったブドウはバラします。
2ブドウの果皮に天然の酵母菌が付いているので、洗い過ぎない。ワイン作りには、種子と果皮が重要なのです。
3手でざっと潰します。
4そこに砂糖、発酵促進の為にイースト菌を少量足しただけ。梅酒用の瓶に詰めてそのまま一次発酵を待ちました。
ブドウの糖がアルコールに分解されて、ぶくぶく・・・気泡が現れるのを楽しみながら・・・一週間くらい。
5煮沸消毒した布袋で搾ったものが、右のペットボトル。約6キロから二本近く取れました。

素人ゆえに、濁りが。下には相当オリも溜まりましたが・・・。成功したようです[パンチ]
          5ワイン.jpg
はじめの頃はペットボトルのふたを開ける度、ポッと音がするくらい。まだ発酵しているって事ですよね[るんるん]
透きとおってはいないものの、一応はワインです。
「う~~ん!芳醇!」…とは当然なりませんが。。フルーティな香りはあるし、甘みも酸味もちょうど良い。
たぶんアルコール度数は相当低いと思います。飲料的にはブドウジュースに近いのかも?
それも含めて、一杯くらいで十分な晩酌にはピッタリ!
手間はかかったものの・・・(それも、自分がやったのじゃないけど[あせあせ(飛び散る汗)]) 毎晩、美味しく飲んでいます[グッド(上向き矢印)]

飲む果実酒を作るのって、違法では?って思われましたか?
例外として無許可でお酒を作ってもOK!なのは・・・
アルコール度数が1パーセント以上になると、「お酒」を製造した事になりますけど、1パーセント未満のワインなら醸造は可能。
より本格的に楽しむなら…手作りのラベルとかを張ったら、更に楽しめる気がします[揺れるハート]

[ぴかぴか(新しい)]最後に・・・「ペルレ」ってご存知ですか? ペルレとはドイツ語で「真珠」の意味。
収穫したブドウを仕込んで. 2日から3日目くらいの発酵途中のワインの事。 アルコール分は2~5%くらい、甘い、微炭酸のジュース・・は、表現しきれない美味しさ!!
収穫・仕込みのこの時期だけ、限られたワイナリーでしか出会えない・・・希少な飲み物です。
以前新潟県上越市にある、日本最古のワイナリー「岩の原葡萄園」で飲んだ、感動のペルレ[ぴかぴか(新しい)]
アルコール分は1~5パーセントの、ワインになりかけ途中のワイン。
シャンパンのような泡立ち、ブドウのフレッシュな甘み&酸味とがあいまって、一度飲んだら忘れられない味でした。…それには遠く及ばないものの、まずまずの出来となりました。
ひと足早いボジョレー・ヌーボーです!
nice!(85)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理