So-net無料ブログ作成
検索選択

青森県が誇るブランドとうもろこし「嶽きみ」! [食]

          野菜1.jpg
青森県弘前市の岩木山麓・嶽高原で栽培される、とうもろこしを・・・「嶽きみ(だけきみ)」と呼びます。
「きみ」 とは津軽弁で「とうもろこし」。
出かける度ごとにお土産を買って来て下さる…夫の後輩のOさん。先日のお休みに態々届けて下さいました。
それも二人なのに、6本も[るんるん]

「嶽きみ」は他のとうもろこしに比べて糖度が高く、生食も出来る甘さを持ったブランドとうもろこしです。
「嶽きみ」が生産される嶽高原(嶽地区・岳地区)は、「お城と桜とりんごの街」弘前市の西部。津軽富士として有名な「岩木山」の南麓に位置します。
標高450mの昼夜の気温の差のある高原だから、甘く濃厚な味わいのとうもろこしが育つのです。
野菜2.jpg
みずみずしいシャキッとした歯ざわり、あとを引く甘味は、嶽きみの最大の特徴。

初めにかぶりついた瞬間、「甘い!とにかく甘くて、こんなの初めて!」と感じた。
岩木山の大地の恵みから生まれた・・・嶽きみの甘さは、とうもろこしでありながら・・・・さながら、フルーツみたい。一度食べたらもうやみつき!・・・とは、オーバー?

嶽きみの甘さを活かした茹で方で・・・。5分ほど茹でてから、塩を投入。そしてまた5分茹でると言った・・・レシピ通りに忠実に。
     野菜3.jpg
添えてあった名前「恵味」の名前に嘘はありません[グッド(上向き矢印)]茹でたてを撮ったものだから・・・ピンボケ[たらーっ(汗)]
フレッシュさが命、採りたてを楽しむとうもろこしだけに、青森まで行かないと食べられない訳ながら。。
旅行中に依頼した宅急分が届いた、その日に我が家まで届けて下さった。O様、本当にありがとうございました。
青森へは何度か旅している私達ですけど、まさにその時期にしか出会えない、真夏の味わいを堪能!
とても美味しくいただきましてございまする。。


          野菜6.jpg
そして、今年も届きました…「川中島の輝々(キラキラ)桃」。
見て、見て~~この大きさ、美しさ[ぴかぴか(新しい)]
信州北部、善光寺平の中央を流れる千曲川と、犀川の合流地。
川中島の地名は、歴史ファンなら誰もが知る。
甲斐の虎・武田信玄と、越後の龍・上杉謙信・・・戦国時代を代表する両武将が激突し、戦いを繰り広げた川中島古戦場。
長野市小島田町にある史跡は・・・上杉政虎(後の上杉謙信)と武田晴信(後の武田信玄)の1561年の川中島の戦いで、武田軍が本陣をこの地においたことにより…現在に至るまで史跡が残されている。
その場は来訪しているはずなのに、その光景をスッカリ忘れている私でした[あせあせ(飛び散る汗)]

ルックスの良さ。甘くてみずみずしい中に、シャキッとした歯触りも特徴のひとつと思える桃です[グッド(上向き矢印)]

果物と言えば、栃木が誇る梨「幸水」も忘れちゃダメ。
毎年、なにかと頂いている夫の友人、そして孫娘こっちゃんへも、8月中旬過ぎは梨を送る。それは毎年の恒例。
なんセットか宅配を依頼。梨ゼリー&ジュースも買ったら、オマケに貰ってきた幸水梨です。
          野菜4.jpg
宇都宮市、芳賀町、大田原市を中心に県内各地で930ha栽培され、生産量は26,400トンと全国で5位を誇るのです。
県内をドライブしたら・・・冬はいちごだらけ。夏の時期は梨の畑、幟だらけですものね[ひらめき]
「今年のは小っちゃいね」と言いましたら。。梨の実が大きくなる時期に雨が少なすぎて、今年は生育が遅れているとの事。

ブランド野菜と言えば…枝豆にも幾つかのブランド豆がありますね。
山形県庄内地方、鶴岡市周辺の限られた地域で地元農家の手によって、古くから大切に守り育てられてきた在来種の枝豆「だだちゃ豆」。
それからその「だだちゃ豆」をルーツにした・・・新潟県黒埼村小平方の農家が明治末期、鶴岡の親戚からもらって栽培を開始したと言われる「黒埼茶豆」もあります。

野菜7.jpg
ビールのおつまみに、夏の時期大活躍をする枝豆。
冷凍の枝豆を解凍したものと、生の枝豆を自ら茹であげるものでは風味、食感ともに雲泥の差があります。
特に収穫したての枝豆は格別の美味しさです。
新鮮な物を求めてその日の内に食べたい。
…茹でてしまうと…こんな感じ。色合いの鮮やかさは大分落ちますが・・・[バッド(下向き矢印)]
                        野菜8.jpg
私でも連日食べ続けていたら。どこの豆が美味しいのかわかるようになりました。
同じように見えるものの、生産者によって美味しい豆と、美味しくないものかはハッキリしているのですから!
しかし考えることは皆同じなんですね。
だから朝市会場でも、美味しい農家さんの豆は激しい争奪戦なのです。枝豆ひとつに恐ろしい[がく~(落胆した顔)]

・・・これで最後。バジルが大量に並べられていたものだから、オリーブオイルとミキサーにかけてバジルペーストを作っておきました。
          野菜5.jpg     
とりあえず・・・の冷凍庫。その内パスタソースとなって・・・登場するでしょう。

お盆休みもあっと言う間にが終わり、普段の生活に戻っています。

まだ猛暑が続いているけれど、それでも夜は涼しく・・・。

空の色、周囲の空気が少しずつながら・・・秋が近づいている感じがします。ここ数日続く暑さには、めげそうになりつつも・・・。

明日からは、その前のお盆休みの出来事など書く事といたしましょう。
nice!(77)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ひまわり畑・・・ [食]

        ひまわり6.jpg
先日の実家への途中。道路脇にひまわり畑を見かけて撮った一枚。

ひまわり1.jpg
梅雨明け前の、どんよりした空模様。そして撮影時刻もひまわりには相応しくない・・・夕方の時刻。スマホでパシャパシャっと適当に撮ったものです。
しかし・・・これには、理由があるんですの。
笑われる事確実[わーい(嬉しい顔)] ドジで間抜けなオマケが付いた一日でした[バッド(下向き矢印)]

まだ朝の内、行きに見つけたひまわり畑。
ひまわり2.jpg

この時にはハイコントラストな青空、もっと鮮やかな写真が撮れていたはずながら。。
ひまわり3.jpg

途中他でも数軒のお店でお買い物して・・・そこでも数枚の写真を撮りました。←これぞ、ブロガー魂と言うか!ネタとあれば撮らずにいられない、卑しい根性[あせあせ(飛び散る汗)]
そこで車に戻ってから、気がついたのでした。下蓋が開いているではありませんか[バッド(下向き矢印)]
これまでのものはそんな事なかったのだけれど、このおニューのカメラはチョッとした隙にSDカードを差し込む部分の蓋がパカーンと開いちゃうのだ[たらーっ(汗)]
そして、ハッ!
オゥ、ノー!!・・・SDカードが入っていないではないか[バッド(下向き矢印)]
カード自体よりも、問題は中身だ!
まだほとんど書いていない、北海道旅行の画像が入っていたのだから。。
そこで、冷静になれば良かったものの・・・もう、すでにキテイマス・・・。
ない。ない。
ないんだよ~~ってことで、真っ青[がく~(落胆した顔)]

だって写真のないブログなんて、ホントに行ったの?状態じゃありません事?
その時はそのまま実家へ出かけて行ったものの、「早く、お家に帰りたい!」・・・な気分、私は子供か?
そうした経緯から、早々と帰宅の途へ。
帰り際に、もしかしたら・・・と言う事で、立ち寄りしたお店の人にも尋ねました。
しかし考えてみれば、SDカードが勝手に落ちるはずはない。家にあってくれたら良いな。いや、あってくれ~~状態でした。

ひまわり4.jpg
そんなこんなで・・・朝カメラを構えたこの場所、ダメ元ながら道路上をひと回り探しました。
それだけでは悔しいので、手持ちのスマホで再度撮ってきた…と言う訳なんです。もう、おバカぁ[ダッシュ(走り出すさま)]

一人でない、ないと大騒ぎして、自宅に戻った割りに…その後は、ニンマリ。。
そう、パソコンのところにあったのです。
でも我が夫さん、怒りませんでしたよ。そう言うところはエライ!そう言うところだけだけどね。。なーんて事もないか?
ひまわり迷路のある「野木町ひまわりフェスティバル」、ずっと行きたいと思いつつ、今年も行けないまま終了してしまいました。

ここ数日、異常なの暑さが続いてます。
先月、7月30日は「土用の丑」でしたね。
家も愛知三河産の鰻を、お取り寄せして食べました。
  うなぎ1.jpg  うなぎ2.jpg
しかしこの危険を感じるほどの暑さ、この中でお仕事、通勤するのは本当に大変かと想像致します。
暑さは体力、気力を奪います。
そんな中、私のオヤツは冷たく冷やした蕨餅。つるりんプルプルで大好き♪

                うなぎ3.jpg
家庭菜園で咲いた白い花、一見カラスウリの花みたいな・・・一日花。
ミニスイカと言う事で購入した苗だけど、未だ一個も生っている様子はありません。この花だけでも、まぁ、綺麗だからいいですけど。。
nice!(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ゼリーの季節ですね~~♪ [食]

昭和の時代から長く愛され続けている、人気の「カスタードプリン&ゼリーでお馴染み…神戸市東灘区に本社を置く洋菓子メーカー。
ドイツ菓子メーカーユーハイムと並ぶ、神戸二大ブランドのひとつは「モロゾフ」です。

モロゾフ3.jpg
お皿に移さずそのまま食べる、グラス入りのモロゾフプリン。
今のようにオシャレなデザインのグラスが気軽に買えなかった昔、・・・ってどんだけ前なの?と言われてしまうけれど。。
中身を食べてしまった後も、あのプリンの容器は捨てないで、洗って使っていたなぁ[あせあせ(飛び散る汗)]
サスガに今はないですよ。

そんなモロゾフの「RUYS DAEL」です。
アール・ヌーボー風、淡い色調ながら爽やか[ぴかぴか(新しい)]洋風モダンな図案の箱入り。

          モロゾフ2.jpg
ラ・フランス、白桃・みかん・ピオーネ…の「果汁入りゼリー」は・・・その名も「涼果の恵み」。
山形県産ラ・フランスのシロップ漬けにマスカット果汁。
同じく山形産の白桃シロップ漬けにピーチジュレ。
みかんは和歌山のうんしゅうみかん、ピオーネは岡山産ピオーネといった。国産フルーツ を贅沢に使用したゼリー なのでした。
                       モロゾフ1.jpg
チュルンとしていて、見るからに…涼やかでしょう。

次も同じモロゾフから、アプリコット・バレンシアオレンジ・ピーチ・ストロベリー・メロンの「凍らせてシャーベット」。
ゼリー1.jpg  ゼリー2.jpg
こちらは、メロンを食べてみました。
う~~ん、色が薄い!しかし冷たい!
イマイチな食感でした。そしてフルーツの味は感じるものの、とにかく甘い[バッド(下向き矢印)]
どうやら私の食べ方が間違っていた模様[あせあせ(飛び散る汗)] 凍らせた後はスプーンでふわりと軽くなるまでよくかきまぜ、口どけを良くしてからが・・・正しい食べ方らしい[眠い(睡眠)]
常温で保存、食べたい時に冷凍庫で凍らせると・・・・フルーツシャーベットが出来る。そのような利便性がありますから、次回はもっと上手に食べたいと思います。

次の「にっこう豆かん」は、とってもリーズナブル!
先日も登場した業務スーパーで買ってきた…自分でお買い物する時はお安いものしか買わない[ダッシュ(走り出すさま)]
黒蜜も付いて100円なのに、豆(赤えんどう豆)の量の多い事ったら[るんるん]
豆がこれでもかと入っているから寒天が見えないくらい、こんな食べでのある豆かんは、初めて!

          DSC09691.JPG

今日は涼しいけれど・・・夏場は冷たいスィーツが恋しい季節です。
たまにはお腹の中からヒンヤリも、良いものですね[るんるん]                
nice!(68)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鮃ちゃんですよ [食]

      ヒラメ1.jpg
いきなりで・・・驚きました?
真っ黒々でグロテスクな、頭部のドアップ[グッド(上向き矢印)]

でも白身の高級魚といえば…そしておもてなしやお祝い料理にもぴったりなお魚、鮃です。

はい、海釣りの師匠からまた送って頂きました[グッド(上向き矢印)]
      ヒラメ2.jpg
全体の姿はこんな感じ。でも大きいよ!
体長、約50センチ。身も厚くて、手にしたら・・・ズシリとくる重さ。
こんなのどうやって釣り上げたのかしら?
全体に透明のぬめりもありますから、こうして持つだけでも大変なのに。。

この外観に反して・・・脂、甘み、歯ごたえの良さと、三拍子そろった高級魚です。食して美味しいのは当然ですね。
またもスーパーの鮮魚コーナーへ、夫がお皿持参で持ち込みしました。
しかし、何分にもこれだけの大型サイズ、二人ではとても食べきれるはずもなく・・・。

半身はお刺身に、また白身のお魚は昆布で〆ると美味しいから・・・残り半身は、サクの状態での昆布じめに。
ヒラメ3.jpg

                     ヒラメ4.jpg
昆布が良い昆布じゃなくて、ショボイですけどね[あせあせ(飛び散る汗)]
さばいてくれた職人さん、「良い友達がいていいなぁ。住所を教えるから、家にも送るよう言ってよ!」ですって。オイオイ・・・。
ヒレの部分に当たるエンガワには、美容に良いとされるコラーゲンが豊富に含まれている鮃。
そのエンガワ部分もちゃんと残してありました。
ラップを敷いてその上に昆布を広げ、そこに水気を拭いた鮃をのせて、もう1枚の昆布ではさみラップでくるんで冷蔵庫へ。
1晩~1日置いて昆布をはずし切って完成!昆布のうまみが鮃に入って、更にねかせた分の味わいの良さがアップ[グッド(上向き矢印)]
レタス・ベビーリーフミックスのサラダに鮃をトッピング♪
いつものサラダが豪華に変身なんちゃって[るんるん]まだやっていないけれど。。。
またはオリーブオイル、ハーヴソルトをパパッとかけて、鮃の簡単カルパッチョも良いわね。


孟宗竹の筍が終わって・・・6月に入ってから何度か、口にしていしたのは真竹でした。
筍大好きな夫は、次に出る真竹の筍を待ってました!とばかりに・・・買ってきていたのです。
真竹は日本の竹を代表する青竹です。

m_E79C9FE7ABB91-ba7cb.jpg                    
(こちらの画像はお借りしてきたもの)
※それから・・・今日もまた夫が買って来てしまったものですから、画像を追加しておきますね。
家の近所にある農家さんの直売所、最近スッカリ親しくなって、今や常連さんなんです。

下ごしらえや料理の方法は基本的に孟宗竹のタケノコと同じながら。。朝採れの真竹は、灰汁がないのでそのままで食べられるらしい、だからお湯で茹でるだけ。
真竹1.jpg 


m_wrapper.jpg   m_E982A3E78F82E5B79DE794BA2-115dc.jpg
夫は筍ご飯大好き!
これさえあれば、何膳でも食べられるのだそう[exclamation&question]
なんと言うわかりやすさ!こんなので良ければ・・・毎晩だってOKよ!
さぁ、食べて、食べて~~[るんるん]

夏野菜は私も大好き。そこで新鮮トマトは常に買い置きしています。
野菜3.jpg 野菜4.jpg

突然ながら・・・家の近くに業務スーパーが出来ました。
業務スーパーというくらいだから業者さん向けながら、私達の様な一般客が行っても大丈夫[るんるん]
お買い物に一度行ったら、癖になってしまうの~~。その後も何度か出かけております・・・。
売り場を眺めていると、私でも居酒屋さんが開けるのじゃないかと。また旅館やホテルの朝ご飯ビュッフェって、こういうのを使っているのね。ってわかってしまう[ひらめき]
その辺りが楽しいのだけど、それ以外に思わぬ掘り出し物に出会える機会もある。

先週のヒットは、こちら↑。
ヒマラヤピンクソルト(岩塩)は、ちゃんとミル付きの優れもの。密林とかで購入する金額の10分の一程度とは、スゴク得した気分[グッド(上向き矢印)]
もう、単純なんだけど・・・主婦感覚としては仕方ないよね。
先日偶々知り合いとの会話の途中にしたら、その方も何度も買いに立ち寄りしているそう。。買っているものもほぼ同じでした。
お店は何時も賑わっています。

一見、つながりのないように見える今回の記事。ないと言えばないのだけど、梅雨時の我が家の食糧事情ということでいいかしら?
nice!(67)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

栃木のイモフライ、ジャガイモ焼きそば [食]

佐野の実家から家へと向かう途中でした。
息子:「久しぶりに、佐野のイモフライが食べたいな。出来たらでいいから、どこかへ寄って」ですって。

※佐野市のユルキャラ「さのまるくん」が、はかまの腰に差しているいるのがイモフライ・・・もう、お馴染みかな?
佐野といえば佐野ラーメンが有名ですが、 佐野にはもうひとつの"B級グルメ"「いも フライ」がありまして・・・ 観光協会でいもフライマップなるものも作成しています。
蒸しじゃがいもに小麦粉を溶いた厚めの生地、そこにパン粉をまぶして揚げる。仕上げには地元産のミツワソースをつける。
モチモチとした食べ応えを重視した、いもフライ・・・一般的なポテトフライとは違うのです。

しかし土曜日に関わらず、実家近くの出井商店←ランキング上位店がお休み。
「イモフライの店は佐野じゃなくても、通る途中の栃木にもあるぞ」と夫。
そう言えば、毎回通る道沿いに、何時も目にしていた派手派手なお店がありました。
私も「じゃがいも入り焼きそば、食べてないなぁ~」と思い・・・栃木市にある、大豆生田商店で買う事に。
         実家から3.jpg
イヤでも目に入る赤を多用した・・・アヤシゲな外装。
ホントに美味しいのかな?と思いつつ・・・息子と二人で入店。
しかし店内は、昔ながらのまったりのんびりな雰囲気。イモフライ、焼きそばの出来上がりを待つ数組の客。
店内で食べている人の姿あり。
そして私達のあとからも、次々やってくる人たち。人気あるのね。
焼きそばを焼くソースの良い匂い、炒める軽快な音[るんるん]
オーナーの奥さんらしいオバちゃん、若干声は大きめながらテキパキと慣れた動きで注文をとり、イモフライ、焼きそばを包んでいきます。
店内を見渡せば・・・県民ショーや旅番組、「アサいち」といった取材時の写真が沢山張られていて・・・こんなに来ているんだと初めて知りました。
人気があり次々と売れていくに関わらず、丁寧で気さくな応対にも感心させられました。

実家から4.jpg
・・・そして、これがそのイモフライ。
これだけでは、その大きさがわからないかと思われますが・・・。
一串にささった芋一個が、中くらいのジャガイモを半分にカットしたサイズなのです。それが4個もさしてある迫力[ダッシュ(走り出すさま)]
一人一本として5本も買ってしまったけれど、食べきれるだろうか?
つけるソースは甘いのと、甘酸っぱいのと、二種類のソースから選べるようになっていました。
さのまるラベルの佐野ミツハフルーツソースは甘め。
せっかくなので、甘酸っぱいと言う「蔵の街=栃木のことね」ソースでお願いしました。

衣がしっかりと厚めな佐野いもフライ、その衣のもっちりが美味しいのだけど。。・・・少々違っていて、いもとソースの味わいで勝負している!・・・と感じられた栃木市のイモフライ。
食べ応えもあり、これはこれで旨い[るんるん]

具材は蒸かしてカットしたじゃがいもに、キャベツ。お肉は使わず、じゃがいも、キャベツ、麺にソースという・・・シンプル構成の焼きそばです。
蒸す水の代わりに、肉だしをかけ回して焼いている様子でした。
素朴な風味の感じられる・・・同じくB級グルメである焼きそば。こちらのソースも食べていると甘酸っぱさがあるので、蔵の街ソースが使われているのかもしれません。


お昼が遅めでシッカリ食べてしまっていたから・・・、
イサキを焼き、サラダを作って、お漬物を出したくらいでご飯は炊かなかったけれど、それで正解。
          実家から6.jpg
この日、呑んだのは「ジェイコブス・クリーク シャルドネピノノワール」。
スパークリングワインが好きで、常に買い置きしておきたい私。
リーズナブルな物を選んで多く飲んでいますが、オーストラリア産は初めてです。
厳選されたシャルドネとピノ・ノワールを使用したプレミアムワインだそうながら・・・。
のど越しが良くてドライな辛口は、こうしてゆっくりしたい週末のみにピッタリ、デイリーシャンパンに最適に思いました。
この後は、ビールに移行・・・言うまでもありませんね。


実家から1.jpg
実家の庭で咲いていた、サツキ。

そして、アジサイも。実家から2.jpg
アジサイは行く度に切りとって、家で飾って楽しんでいます。

※実はこの翌週だったかしら。実家の佐野へ母の様子を見に出かけて行った帰りの事。
「夕ご飯はなんにしよう。なんか作るの面倒くさいなぁ~~。お弁当買っていっちゃおうかな」
「それとも、また栃木の焼きそばとイモフライでもいい?」・・・という事で、再訪しました。
この日も、両手に包みを下げたお客さん達が次々と。皆さん、リピーターさんね[グッド(上向き矢印)]
「一体どのくらいの量のジャガイモを仕入れているんだろう」って夫。
確かに静岡で行った、焼き芋とおでんのお店「大やきいも」を思い出してしまいました。お店の脇にコンテナ入りのお芋が大量に並んでいましたっけ!


関連ランキング:焼きそば | 栃木駅



nice!(80)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

また食べたい~~♪ [食]

前々回の続きです。
夜に慌ててアップしたので、「「LAU LAU」ネタと前後しちゃいました[あせあせ(飛び散る汗)]

築地1.jpg 築地3.jpg
築地ちとせの人気 商品「天ぷらせんべい」と、江戸前海苔・すじ青のりを使用した「のり天せんべい」の二種類の詰合せ。
天ぷらせんべい 16 枚、のり天せんべい 8 枚の二種類計 24 枚入った詰め合わせです。

のり天せんべいは以前も食べていて…その時は磯の香りが強すぎたから、こんなものかなと言った感想しかなかったものの・・・。
春先に水揚げされた、甘みのある「鷹爪海老」をふんだんに使用。日本三大葱の一つ「岩津ねぎ」の他 5 種のこだわり食材でかき揚げを表現した・・・このサクサクの食感はクセになる旨さ[グッド(上向き矢印)]
                          えびせんべい.jpg


東北自動車道のPA「パサール羽生」には、モロゾフのスィーツショップの出店も。
「モロゾフ 生ブッセ プリンサンド」はふわふわのブッセ生地に、プリン風味のカスタードクリームをサンドした商品と言う。
          築地4.jpg


ふんわり焼き上げたやわらかなブッセ生地に、プリン風味のクリームをサンド。
中のクリームはプリンを謳うだけにとろけるような口あたり、クリームのたっぷり感はありながら・・・くどさは感じません。カラメルのほろ苦さが、ほど良いアクセントになっています。
                          築地5.jpg
ブッセ生地はホントにふわふわ、口の中でなくなってしまうんじゃないかと思うぐらい・・・ふわっふわっ。
不思議な柔らかさのスポンジです。
あっと言う間に完食!
これ程すぐに食べ終えてしまったと言うのに・・・定番の「カスタードプリン」とは違った美味しさを堪能[グッド(上向き矢印)]
先の「むらさきふわり」」同様・・・一人占め!
ライバルのいない我が家。あっと言う間に食べてしまったのだ。
高速道路で毎日買えるのは、パサール羽生店のみ。限定販売なので、午前中で完売してしまうこともあるそう。
パサール羽生の脇は、月一くらいで通っているものの、午前中というのは無理っぽい。
それでも・・・ああ、また食べたいなぁ[るんるん]

特にオチもなく、失礼。。←ブログに限らず全てにヤル気が失せつつある、今日この頃[あせあせ(飛び散る汗)]この蒸し暑さのせいかもね。
nice!(67)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ジャストカフェ(JUST CAFE)で、ランチ [食]

これまた、先月出かけたお店ながら。。
        ジャストカフェ1.jpg
息子達を何時ものように駅で出迎えた後、ランチをしに行ったのは下栗にあるジャストカフェさん。

ジャストカフェ2.jpg   
一年前に友達と入ったジャストカフェ、比較的駅からも近く、お野菜好きなこっちゃんが沢山食べられるかなって思い決めました。
12時前に到着。しかしその時間さえ、すでに多くのお客さんで賑わっています。
車内で待っている方もいたような・・・。
私達も名前を書いて車の中で待っていました。席が空き次第、スタッフさんがお迎えに来てくれます。
曜日に関係なくランチの時はすぐ満席になってしまう、人気店なのです。

ジャストカフェ3.jpg
偶々空いた一時[カメラ] お水は店内のウォータージャーから、テーブルまでセルフです。

今回も人気の「01 ランチプレート」は売り切れにつき、それぞれライスボウルランチ、ジャジャヌードルランチを。
こっちゃんには、フォッカチャサンドをオーダーしました。


お野菜の栄養たっぷりランチ丼、ヌードルランチ、どれも野菜スープが付きます。
ジャストカフェ4.jpg
どちらのメニューも・・・、レタス・水菜・トマト・カリフラワーにブロッコリー。
カブ・カボチャ・ゴボウ・サツマイモ・ズッキーニやキャロットラペ、ホウレンソウの合えたもの・・・等々。十種類以上のお野菜が雑穀米or麺の上に盛りつけられて・・・、相当ボリューミィーな感じ。
よく噛まなくてはならないから・・・蟹を食べる時と同じで、黙々と・・・って感じになっちゃいますね[あせあせ(飛び散る汗)]
ボイルやグリルをした素材への味付けは薄くて、野菜本来の味わいがしました。食感も活かされていて、そこに温卵、お麩や厚揚げの煮物、蕨までのって・・・ベジタリアンな気分は間違いなし[グッド(上向き矢印)]
店内を占めるのは、圧倒的に女性たち。人気があるのは伺える内容です。

ランチをオーダーすると、ドリンクがプラス150円で追加OK!ながら……息子の「別にいいよ」と言うのをを真似て私達もドリンクのオーダーはせず。
しかしお隣のテーブルで飲んでいた、カップから溢れんばかりのカフェラテはとても美味しそうだった。

こっちゃんがポテトばかり食べていたから、ほとんど残ってしまったフォカッチャの卵サンド。お包みしてもらって夜食べましたが、それでも十分美味しく食べられました。
また機会があったら、こちらのモーニングも食べに寄ってみたいな。


…とにかく、この季節。どこへ行っても目につくのは、薔薇、薔薇。薔薇の季節なのであります[ぴかぴか(新しい)]

薔薇1.jpg
↑・・・はどちらも、家の庭の薔薇よ。

お店シリーズは続きますね。。
nice!(76)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

青森土産~福岡まで [食]

このところブログネタがたまってしまって・・・嬉しい悲鳴?・・いえ本人もなんだか?よくわかりません。
だって、覚えていられないの[あせあせ(飛び散る汗)]

GWのお土産・・・その一。
夫の後輩さんから頂きました、青森土産です。今回も彼は青森県を一周してきたそう、幾度訪ねても青森にはそれだけの魅力がある・・・同感します[揺れるハート]
北西にある街、弘前を訪ねての一品は・・・一口サイズの可愛いお菓子、「しかないせんべい」の「らぷる」です。
     青森1.jpg   青森4.jpg
リンゴの「アップル」に因んだネーミング・・・?「らぷる」の呼び名がまず可愛いらしい。「津軽の手仕事」と書かれたキャッチコピーも良いなぁ。
丸いお菓子の表面には、ワンポイントで「リンゴ」のマークが押されていますよ。
煎餅の生地を半生の状態でほっこりと焼き上げた・・・ソフトな生地に包まれているのは、シャリシャリ感の残る煮リンゴです。
当然、津軽で収穫された新鮮なリンゴ100パーセントだそう。
甘酸っぱい味わいで、リンゴの食感も残されている。甘さ控えめながら、その風味はキチンと伝わってきました。

その二、その三は・・・。
青森2.jpg    青森3.jpg
真っ赤に熟したリンゴのラベル、青森県産リンゴをたっぷり使ったストレートジュース、1リットル瓶です。
青森らしさが感じられるリンゴジュースを、沢山飲めるって嬉しい[るんるん]

陽の光をいっぱい浴びて育った完熟無袋りんごのみ。
砂糖、防腐剤、酸化防止剤など・・・一切使わず、青森リンゴ果汁だけで作ったこだわりの無添加天然果汁100%。
※果汁100%のジュースには、「ストレート果汁」と「濃縮還元果汁」の二種類が存在していますが・・・。
スッキリ飲みやすいストレート果汁は、一般的に販売されている濃縮還元ジュースとは味わいが違います。

右にあるのは、JAアオレンこだわり製法「密閉搾り」ねぶたラベル。
完熟青森県産りんご「ふじ」を主体に「王林」「ジョナゴールド」などをブレンドすることで、香り豊かな「コク」のある、果肉感ただようりんごジュースに仕上がっています。
※「密閉搾り」とは製造工程において・・・空気に触れない状態で、破砕・搾汁することで、酸化防止剤(ビタミンC)を使用しない、アオレン独自の特殊製法です。

より生の果肉に近いリンゴジュースの味わいは、「リンゴそのまんま」。手軽に飲める缶入りはおすそ分けするにもいいですよね。
本場のリンゴジュースはやっぱり美味しい!青森らしいお土産に感じられました。
 
次は搾りつながりで…ちょうど届いたばかりの・・・。
青森5.jpg 青森6.jpg
日本全国各地にあるキリンビール工場!
そのそれぞれの味わいを支える…醸造家が誇る一番搾りを揃えた限定ビールパックの一部ながら。。
大自然がイメージされる北海道づくり、千歳工場限定。横浜工場限定。
酒米・山田錦を使ったフルーティーな香り?の神戸づくり…と。各工場ごとに味覚&コンセプトが違うとのこと。
どのような地域密着型の商品となっているのかも楽しみな・・・全国それぞれの地の恵みが生かされた、一番搾りの限定セットです。

地震による影響で、観光客の減少している・・・九州を応援する意味合いも込めて・・・「麒麟一番搾り福岡づくり」を呑んでみました。←安易でささやか過ぎる、応援内容でゴメンネ。
      青森7.jpg  青森8.jpg
「一番搾り 福岡づくり」は福岡の食を引き立て・・・コミュニケーションを活発にし、ワイワイ飲むことができる・・・地元福岡の誇りがつまった、一番搾り福岡工場限定醸造。
九州麦芽で仕込んだだけのうまみが引き出された、九州の色に合った、しっかりとしたうまみと華やかな香りが特徴と言います。
活気あふれる福岡の街、福岡を愛する人々を思い浮かべながら、呑んでみました[グッド(上向き矢印)]
販売地域は福岡県を中心とする福岡工場の出荷エリアとなります。。

それにしても、どうして一番搾り 福岡づくり」だけスチール缶なんでしょうか? 他の8ヵ所はアルミ缶…。福岡には八幡製鉄所があって、「鉄」には特別な思い入れがあるからなのかしら。


          DSC09173.JPG
「JAみっかび」より・・・みかんジュース[かわいい]
こちらは、こっちゃんに[るんるん] 冷やして飲んだら・・・とにかくフレッシュ、これからの季節は特に美味しく感じられるはずです。
nice!(77)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

旬の味が~~♪ [食]

またも大漁ですよ。
・・・って、もうおわかりですね。
毎回釣りたて!夫の友人Mさんが送ってくださる魚たち。
今回、どちらの海で釣ったのか伺っていないものの・・・たぶん駿河湾と言う事で。。
旬の味5.jpg
                    旬の味3.jpg
まずは産卵前の初夏、5月頃から7月頃までの梅雨頃が最も美味しいとされている・・・イサキです。
イサキが3尾に、カサゴは大小2尾。
右下の・・・青いヒレに小さめな尾がついた、こちらも夏が旬との説あり・・・ウマヅラハギ。
名前の通り間延びした長い顔は、笑ってしまうくらい・・・馬面。ウロコがないかわりに堅い皮はザラザラしてます。
皮を剥でから料理するから、カワハギの名が付いたよう。
ウマヅラハギはカワハギの仲間、中でも数少ない食用となる魚なんですって。


          旬の味4.jpg
上の黒っぽくて大きい方はメジナ、その下が一匹だけお刺身にした…大き目サイズのイサキ。
淡白な白身に良く脂がのった魚メジナは、お刺身が美味しいと言われます。

そして、ジャジャジャーン[exclamation]
出来ました!
旬の味1.jpg旬の味2.jpg
自分で?など・・・絶対に無理だから。。何時ものように・・・スーパーの鮮魚コーナーへの持ち込みです。

旬の新鮮なイサキは刺身にすると、鯛にも勝るとも言われる味の良さ。
また、食べ方をググってみましたら・・・皮と身の間に旨みの脂が多いメジナは、ウロコを落とした後、皮を残したままマツカワ造りにするのがお勧めとか。
ウマヅラハギは、薄造りでお願いしました。
淡白な白身の魚です。その刺身はフグにもたとえられる美味しさ[グッド(上向き矢印)] 肝が美味しいことでも知られています。
関東より、関西や中国地方で人気がある魚だそうです。
日本各地の浅い磯や岩礁地帯に生息している、ウマヅラハギ。
「海のフォアグラ」と呼ばれる生の肝をお刺身と和えて食べる…これも、釣りたて新鮮だからこその贅沢[グッド(上向き矢印)]

クロっぽい皮がどうかなぁ~と気になったものの・・・その皮と身の間に脂のノリが感じられた・・・メジナでした。
どうしても残ったものは、酒とお醤油で漬けにしておいたものの・・・翌日さっと炙って食べたら、これまた旨し!
ふんわり柔らかなので、皮付きで下ろしてもらって正解でしたよ。

家に滞在していた母と3人で食べても、これだけでお腹いっぱい!
海から離れた当地では珍しい、希少価値の高いお魚を、堪能致しました。

小型のイサキ3尾は塩焼き用に、内臓、鱗エラをとって・・・とりあえずは、冷凍庫へIN。
鋭い棘、赤くグロテスクなルックス、しかし食べると旨いカサゴは煮付けようかと・・・。同様に処理し冷凍しておきます。
以前訪れた門司の居酒屋さんでは、カサゴを「アラカブ」と呼んでいたっけ・・・と思い出しました。

5月が旬の食べ物と言えば、空豆も同様な食べ物。
旬の味6.jpg 旬の味10.jpg
5月の空に突き出る形で実る、大きな空豆のさや。
こういった食材は手をかけずに、素材そのままで味わうのが一番!
せっかくなので、孫娘こっちゃんにむいてもらった時の一枚で。昨年やった時の事を覚えていたのか・・・むき方の説明をしなくても、一人で出来ました。
得意げな、決めのポーズなのです。
空豆のホクホクした食感、かすかに土の香りまで感じられる・・・意外に野趣あふれる食べものなのだ[るんるん]


日本橋蛎殻町の老舗佃煮店「遠忠(えんちゅう商店」の・・・ちりめんオリーブ・国産しょうがとおかかのふりかけ・ダイヤモンド乗り佃煮の詰め合わせセット。
佃煮、お惣菜、ごはんの素、東京湾でとれる海の幸の佃煮シリーズ等で有名なんだとか。
ネイビーのスッキリとしたパッケージに、お店のロゴ◎がオシャレです。

※素材を限りなく吟味し、醤油をベースとした調味料においてもそれぞれ国産の原料で作られたものを使用。化学調味料をはじめとする添加物は一切使用せ、ず国産素材の持ち味を充分引き出した商品のみを取り扱う。。
旬の味7.jpg
                          旬の味8.jpg
横須賀佐島産のちりめんをオリーブオイルとりんご酢で和えています。瓶から出しただけ、簡単オードブルに。薄味だから素材の味が生きる、松の実の食感、バジルの風味が食欲をそそる一品です。
ウェットタイプに仕上げられているから、サラダのトッピング、スパゲティーに混ぜても良い感じがしました。


対して間もなく終わり…と言えば、こちら。「端午の節句」前から店頭に並んだ・・・柏餅の時期は終わりですね。
          旬の味9.jpg
nice!(81)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

GWが終わって・・・ [食]

薄い紫というか、ピンク色の花が、ここ数日の好天&温かさで咲きはじめています。一輪開花したと思ったら、あっと言う間に次から次へ。
          GW2.jpg
ムギセンノウ(別名麦撫子)、アグロステンマ・・・は名前通り、ヨーロッパではムギ畑の雑草として扱われている為園芸植物としての価値は認められていないと言う。
しかし日本では、ぼかしが入ったような大輪の花が切り花や花壇に利用され・・・細い茎と葉、可憐な花が風に揺られる様子は中々風情を思わされまする・・・。

GW1.jpg
次のジャーマンアイリス、ドイツあやめは・・・いかにも西洋風の大きな花が咲く。
花弁のめくり上がった上のひらひらが、大きくて華やかです。しかしこの姿に反して、匂いだけはとにかく苦手[バッド(下向き矢印)]


          GW4.jpg
アメリカ石楠花こと、カルミアの花です。開花をした花は「おわん」のよう…その前の蕾はお菓子の「金平糖」の形。
色合いも可愛らしいから好き[るんるん]毎年同じ時期に咲くものの、それでも毎回写真に撮ってアップしてしまうのでした。
GW後半となる週末、遊びに来ていた息子ファミリー。孫娘こっちゃんも手に取って、「かわいいぃ~~♪」ですって。
                    GW5.jpg
普段のよりチョッピリ多目となる家事、こっちゃんのお喋りやちょこまかした動きとに…近頃は歳のせいか疲れが中々とれずにいる私です。
翌日は、3時間もお昼寝をしてしまいました[眠い(睡眠)]

      GW6.jpg
手土産でもって来てくれたのは、希少な日本酒だそう。山口県岩国市のお酒「獺(かわうそ」)」に祭と書き「獺祭(だっさい)」と読む。
酔うため、売るための 酒ではなく、味わう酒を求めて、真に美味しい酒を目指している・・・蔵元「旭酒造」さんの「獺祭スパークリング50」。
少々甘口、臼く濁ったスパークリング系の淡々したお酒ながら、口にしてみるとやはり日本酒。珍しいものがいただけました。

GW3.jpg
もう一個は「北海道開拓おかき」が人気である、「北菓楼」さんのバウムクーヘン「妖精の森」。メッセージ入りでした。
昔ながらの製法をもとにして独自の釜で手間ひまをかけてじっくり時間をかけて焼き上げたバームクーヘン・・・だけに、上品な甘さとしっとりとした口当たりが優しい味わい[ぴかぴか(新しい)]
                          DSC08921.JPG


・・・とにかくGWが終わって・・・ほっ!
年々体力の低下が原因なのか?こうした長いお休みが苦手になってきたのを実感しています[あせあせ(飛び散る汗)]

          DSC08919.JPG
3種類のカーネーションは、夫が買って来てくれました。
母の日が終わったから安くなっていたそう。あなたのお母さんじゃないけど…それでも、お花は嬉しい[るんるん]サンキュです。

GW前半は、予定していた熊本からはじまる南九州旅行の代わりと言う程ではないものの・・・近場の山形へ出かけて行ったものですから。。
その辺りについては、次回から少しずつ書いていくつもりでおります。
nice!(81)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

甘いもの…色々 [食]

          ラスク10.jpg
今月に入ってから、庭の薔薇が咲きはじめています。しかし今日は、お菓子の話[るんるん]
でも5月5日だからと言って、和菓子ではありません・・・。

ラスク8.jpg ラスク9.jpg
手土産で下北沢で買ってきたからって、息子から手渡された。リング型の持ち手からもわかる通り、中身はドーナッツでした。
                 ラスク11.jpg
しかしこのドーナツ、パッケージの裏側を眺めたら…製造は「文明堂壱番館」となっています。
カステラで有名な文明堂壱番館は、こうして焼きドーナツも作っていたのですね。

プレーン・抹茶・シナモン・ストロベリー・チョコの5種類。
今やスッカリ定番スイーツの仲間入りを果たしている焼きドーナツ、でも私は初めての出会いでした。
焼きドーナツは名前通り、油で揚げずに型に流した生地を焼きあげたドーナツのこと。
家で揚げ物をするのは面倒なもの。
特にこれから迎える・・・夏場のキッチンは暑い、油の準備&片付けも考えただけで大変!
そんなハードルを越えても「ドーナツを揚げよう!」と思うのは余程の時だけかも。そこでショッピングセンターのフードコートにあるドーナッツショップは何時も混んでいる訳ね。
ほど良い甘さで、しっとり!上品なドーナツは油で揚げていないから、ヘルシーと良い事尽くし・・・でありました。

   ラスク6.jpg  ラスク3.jpg
次も栃木SCのホームグランド、グリーンスタジアムでサッカー観戦してきた時のお土産。
中身はラスクです。パッケージデザインからして、「日光」感」ありありな・・・「日光ラスク」。
日光山内、紳橋傍に店を構える「日昇堂」さんの商品には・・・日光東照宮の三猿、眠り猫、男体山など・・・観光名所をモチーフにしたカラフルで可愛らしいイラスト。そこにあるのは「日光を楽しんでいただきたいという想い」が込められているのだそう。。

プレーン・メイプル・抹茶の3種類の味わいがする、ひと口サイズのコロコロラスクが入っています。
サクサクのラスクに定番のシュガーをまぶして焼き上げたシュガー味は、幅広い年齢層にウケそうな感じ[グッド(上向き矢印)]
樹液を濃縮させた美味しいメープルシロップを浸み込ませたメープルシロップ味もイケますよ。
そしてほろ苦い大人の味が、 甘さを引き立てる抹茶味。
どれも軽い口当たり、その上こちらのラスクは一口サイズだから食べやすい。食べながら周りを散らかして汚す心配もありません。
ANA国内線の機内販売としても扱われていると言う。

日光の二社一寺が世界遺産として登録されたのは、1999年。
国内はもとより海外からも多くの人々が訪れる栃木を代表する観光スポットであります。
その日光で東照宮献上品として認定された、日光の老舗和菓子店「日昇堂」の職人さんが作る。コロッ・サクッ・ウマッ!・・・ の三拍子揃った可愛いラスク[るんるん]
全てのフレーバーのコンプリート!って、良いかも?

                 ラスク5.jpg
北海道十勝産カマンベールチーズケーキ、二個セットで届きました。
カマンベールが香る北海道十勝産チーズケーキです。←そのまんま[眠い(睡眠)]
どこかの株主優待品だったのかもしれません。実は、これはまだ食べていないのだった[あせあせ(飛び散る汗)]


ラスク7.jpgラスク12.jpg
埼玉銘菓「彩果の宝石(さいかのほうせき)」は名前が示す通り…、さいたま発祥のフルーツゼリー。
埼玉県さいたま市に本社工場を構える、トミゼンフーヅさんの看板商品であり。十万石まんじゅう、十勝甘納豆くらいしかなかった埼玉県では貴重な土産品のひとつとなっています。         
果物をかたどったゼリーは29種類。↑・・・は、トミゼンフーヅさんのサイトからお借りしてきました。

果汁とジューシーな果肉を厳選して使用しているものだから、濃厚な果汁と果肉がたっぷり凝縮されていて味が濃い!
果物の形以外にも、花や葉のかたちをしたゼリーたちだって[ぴかぴか(新しい)]

ゼリーよりも歯ごたえがあり、グミよりは柔らかな絶妙の食感。
ゼリー菓子なので基本的には甘いのですが、それ程くどくなくて、甘さより果物のジューシーな爽やかさの方がが勝っています。
オホホホ・・・ラグジュアリーなお姿をした、薔薇の花ゼリーもございますのよ。

どうしても欲しくて昨年買い求めた、白花のモッコウバラ。
蕾が膨らむのを毎日チェックするのが楽しみで仕方がない私。って、ハードル低っ[バッド(下向き矢印)]
DSC08763.JPGラスク2.jpg
本来はもっと密集した花の付き方で咲く品種ながら・・・なんと言っても、今年は初めてですので[るんるん]
nice!(92)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

初めてのふるさと納税 [食]

これまた先月中に下書きをしておいた記事。遅れに遅れて申し訳ありませぬ。
以前から気になっていた・・・ふるさと納税に、初チャレンジしてみました。地方の活性化につながればと思い購入。…と言いたいところながら、本当は違う[あせあせ(飛び散る汗)]
もうバレバレである、ねらいは勿論!返礼品である地方の特産品なり[パンチ]
「地方を応援する」ねらいが、寄付者への返礼品競争に。高所得者が得をする方向性には問題ありますが・・・。

今回は偶々見た。
〇天のふるさと納税サイトから欲しい自治体の商品を選べば、あとは登録してあるクレカで支払いOK!の手軽さに惹かれてのものでした。
まだ実施していないものの・・・
・申告特例申請書(専用様式)に記入する
・寄付した自治体へ郵送する
・・・以上の手軽さゆえ。

本来の応援する意味合いから言えば、沖縄県が良かったのだけれど。。
見つからなかったので、今回は次の三カ所。

山形県寒河江市のふるさと納税は、「特選」山形牛すき焼き用お肉。
肥沃な土壌と気象条件に恵まれた米どころ山形の・・・もち米を与えた、さがえ西村山産「もち米給与牛」すき焼き肉・・・ももスライス300g、山形牛肩スライス300gでした。
ふるさと3.jpg ふるさと1.jpg
どちらもまだ凍っている状態です[たらーっ(汗)]もう少し解凍後に撮ったら良かった[バッド(下向き矢印)]
息子達が遊びに来た時の、夕ご飯はすき焼きにしました。
サラダでお腹いっぱいになってしまったこっちゃんはほとんど食べず、それでも大人3人で十分な量。お肉は厚めながら柔らか、美味しくただきました。
このお肉は家族にも好評で、寒河江市のふるさと納税はコスパが高いです。

次は香川県琴平町のふるさと納税品。日本酒「金陵 濃醇純米」1.8ℓ。
香川のお酒は見たのも、呑んだのも勿論初めて。
日本酒の味わいについて語る程詳しい訳でも、豊富な語彙をもつ訳でもないながら。。
一口呑んで、「いかにも、じゅんまいな感じ」って[わーい(嬉しい顔)]
純米酒好みがハマりそうな味に思えます。
ふるさと4.jpgふるさと5.jpg
「旬」の食材をいかした料理、和食に合うのはやはり日本酒だなぁ~~ッて、最近特に感じます。


次はまた鰻の蒲焼が食べたくて、チョイス・・・〇天市場うなぎ部門で、5年連続グルメ大賞受賞!和歌山県有田市から・・・国産うなぎ蒲焼3種セット。
①特大国産うなぎ蒲焼き170g~199g×1本 ②国産うなぎカット40g×2枚 ③きざみうなぎの蒲焼き75g×1食・・・といった内容。
冷凍庫に入っていると安心便利という理由で・・・ふた口、二セット分の申し込みです。
ふるさと2.jpg pd_171fee634410cf46427804ce55731c0636e56404 (1).jpg
国産うなぎがスッキリとしたタレで焼き上げられている。 冷凍ものでも鰻の風味は感じられて・・・これまで鰻と言えば浜名湖産と思い続けてきましたけれど。。
周囲を海に囲まれて、多くは深い緑の山々が占める。紀の川、有田川、熊野川と山間を蛇行して流れる・・・自然に恵まれた和歌山県。そんな和歌山産だけに、じゅうぶんイケる気がします[るんるん]

日本酒は新潟などの北信越地方が有名であり。我が家は県内産、または東北地方のものを買い求める傾向がありますけど・・・実際にはどこのお酒が美味しいんでしょう?…と思いググってみましたら・・・「北信越地方の歴史は意外と短い」という。
「美味しい酒は西日本に多い。中でもお勧めは高知県と静岡県!」

高知には四万十川をはじめとする四つの河川が流れ・・・。静岡も大井川や富士川など大きな川が数多く流れる。
高知は四国を代表する山・石鎚山の恵み、静岡は南アルプスからの恵みを受ける。
日本酒はやはり水だ。勿論、米も重要だが・・・高度が軟らかい軟水が重要である。
山河に恵まれた両県はともに気候も温暖で、気温の年較差もよく似ている。その上、海の恵みが身近である為に舌も肥えている。・・・とあり。これは間違いなしと納得した次第。

なんのオチもありませんが・・・とりあえずの報告です。
最後は、先日見た菜の花畑の画像で〆ることとしますね。
ふるさと6.jpg
以前の画像で失礼[あせあせ(飛び散る汗)]
・・・・・・・・・・・・・
ここまで前に下書きしておいたもの。
熊本県を中心に甚大な被害をもたらした今回の大地震。発生から10日経っても、依然として続く余震は、余震とは呼べない規模の大きなものです。
熊本市、益城町宛に義援金と共に、「ふるさと納税」の寄付をしようとする動きがはじまっています。

それなのに、こんなノー天気な記事を書いて。とおしかりを受けるかもしれません[あせあせ(飛び散る汗)]
          DSC08421.JPG
庭に咲いた八重咲きの水仙と、釣鐘水仙。この透きとおったようなシルキーな花の色が好きです。
nice!(63)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山と水の恵み・・・山菜! [食]

春の山菜が採れ始まるのは、桜が満開となる時期以降・・・。
山の木々が一斉に芽吹き、緑の衣をつけはじめる・・・「春」。そして辺り一面若緑色になると、山道に車が停まり、山へと分け入る人の姿が目立ち始めます。この季節の山は、山菜採りで賑わうのであった。

かつて山菜は緑黄色野菜の乏しい北国の人々にとって、なくてはならない貴重な食材であったと言う。
家々によって調理の仕方が伝えられた「おふくろの味」であり。。保存方法、戻し方、食べ方に工夫を凝らしたり…と言った生活の一部であったものに思われます。
現代の我々にとってそこまでではないものの…それでも春は新緑と、山の幸=山菜の両方が楽しめる季節なのである。

冬が終わり春の光を浴びると、一斉に地上でほころぶフキノトウ。その後のカタクリ、ギョウジャニンニク。
コゴミをはじめとする山菜として食べるシダ植物は、他にもゼンマイ、ワラビ等があります。

山菜3.jpg
しかし誰もが知っている山菜の王様と言えば、これね[グッド(上向き矢印)]

山間の林、原野、林道沿いなどに見られる落葉低木であるタラ。その新芽、タラの芽は誰もが知る人気の山菜で、温室栽培までされているくらいなのです。
ハカマを取り除いて生のまま、天ぷらにして食べるのが定番の食べ方[るんるん]

知り合いから・・・タラの芽、コシアブラとどちらも大量。ドッサリコン!頂いてしまいました。
家ではとにかく食べきれないから、近所の親しいお宅へ。偶々出かけて行ったさいたまの弟のところへ持って行くくらいにタ~クサンでした[グッド(上向き矢印)]

              山菜2.jpg
同じような木の芽で、コシアブラの若芽も、目にする機会が多いかと思います。
コシアブラの別名はシラキノメ。タラノメと同じウコギ科の仲間。

せっかくなので頂いてすぐに、天ぷらで食べてみましょう。
山菜6.jpg 山菜4.jpg 
出始めたばかり、太くて立派なタラの芽は、もっちりとした食感。口にした瞬間に感じる「モチッ」とした食感から、葉先のシャキッリ感まで、一つ一つが大きくて立派だから・・・こその味わいが嬉しい。
コシアブラも天ぷらで食べるのが一般的なようで・・・香り&味わいの良さはタラの芽よりも上。コシアブラの方が美味しく感じられます。
それはこの日遊びに来ていた息子も同意見でした。
                            山菜5.jpg
天ぷらが美味しいのは勿論ながら、ごま和えや油炒めにしても良いとのこと。
食べ方をググっていたらヒットした、シラキノメご飯にチャレンジしてみました。
…と言っても、刻んだものをゴマ油でいためて、煮立てておいた醤油・酒・ミリンの合わせ調味料に浸して、炊きたてのご飯に混ぜただけ。
チョッとした「アク」なのかな?独特の風味が特徴となって、書かれていた通りに・・・これはいくらでも食べられそうよ[グッド(上向き矢印)]

広義で言ったら山椒やクレソンも、山菜の一種。
またこれから先、初夏に向けて笹竹の間から出る、ネマガリタケも忘れてはならない山菜の一種。
でも一昨年だったかしら?
遊びに行った、山形県北部に位置する・・・雪深い秘湯の肘折温泉辺りでさえ、すでに近場で根曲り竹が採れない。
月山の山麓近くまで分け入らないと採取できない、貴重なものと宿の仲居さんが教えてくれました。

          山菜1.jpg
地元で採れた山菜には、地元のお酒と言う事で・・・湯津上にある「天鷹(’てんたか)酒造」の特別本醸造「生」を合わせて頂いてみました。
那須の地酒といえば天鷹。「辛口でなければ酒ではない」との信念により、辛口の酒一筋 の酒蔵が造る・・・日本酒本来の味わい!違いのわかる、大人の酒ですね。

※追記します。
今朝起きたら、キッチンの出窓の上に山ウドとアスパラガスが置いてありました。
早起きした夫が、近所の朝市で買い求めてきたと言う。
彼は、この山ウドが大好き。見たら必ずと言うくらい買っちゃいます。
これまた天ぷら、キンピラくらいしか、食べ方を知らないけれど。。
しかし市販の白いウドよりも香りの高い・・・山ウドも今が美味しい季節であるのでしょうね!
          DSC08603.JPG
nice!(75)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

~初ものさ~♪ [食]

今月の初めからずっと待っていた・・・それはなーんだ?って、タイトルと画像ですでにバレテマス。
筍そのものはその前からスーパーの野菜売り場で並んでいたけれど、当然ながら地物ではなくて、温かな九州生まれの筍さんでした。
…と言いつつ、残念ながらこれも地元産ではなて。。先日行った浦和で買ってきたもの。
でも手にとって掘りたてだと感じた、瑞々しさ。新鮮よ[グッド(上向き矢印)]
          筍1.jpg

我が県は首都圏からそう離れてはいないものの、ローカル色が強すぎてあまりにもパッとしない。海もないしなぁと思っていたけれど、それでも野菜の美味しさだけは自信がありました。
しかしそれは栃木だけじゃなかったのね。
日本一広い関東平野、その中で北関東4県は農業が盛んであり、都市近郊型農業として首都圏の支えもあって一大生産地とされている。
潜在的な可能性が高い為、盛んな野菜栽培・・・地元に住む私達は当然、その恩恵にあずかり続けていると言う訳でした。
どの商品でもスーパーの売り場に並ぶには採れてから数日かかります。
しかし朝生産者が畑から採ってすぐの物を運んでくる、野菜の直売所=市内だけでも数か所あります。・・・当然より新鮮な状態で食べる私達。

・・・前置きが長くなってしまいましたが、「春」の食材、筍!穂先部分を含め細かく刻み、筍ご飯で頂きます。
                            筍2.jpg
残った根本の部分はカツオ節を入れて、土佐煮に。こちらも香り高く、食感も柔らか。どちらも美味しく頂きました。
筍もこれからは目にする度に、お安くなっていくでしょう。
しかし今の季節、考える事はどなたも同じで・・・。朝一番で行かないと、早々と売れてしまうから忙しいのだ。スピードと行動力が必要なのです。

ちょうど前日修学旅行の沖縄から帰ってきた、姪っ子のお土産はこれ!
          筍3.jpg
地元沖縄では「マース」と呼ばれる塩、沖縄の塩と言えば宮古島。。と思ったものの、久米島産の焼塩、食卓塩です。
海洋深層水ショオーって、シォーもないダジャレ言っちゃいました[ダッシュ(走り出すさま)]

そして和菓子を持っていって、和菓子をもらってきた[あせあせ(飛び散る汗)]
さいたま市浦和区仲町にある「高砂や」さんはご家族で営む、手造りにこだわっている昔ながらの和菓子屋さんとの事。
筍6.jpg
       筍7.jpg
柏餅は、こし餡・つぶ餡・京みそ餡・・・とあり、柏の葉っぱをめくると一目でわかるように、食紅で丸い点が付いています。
私は白餡にほんのり白味噌が香る、みそ餡が一番好き[グッド(上向き矢印)]
nice!(88)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年も、湘南ゴールド [食]

3月中旬から4月に旬を迎える、神奈川生まれの黄色いオレンジ「湘南ゴールド」[ぴかぴか(新しい)]
私のブログではもうスッカリお馴染み…と言うか、もう飽きたと言われてしまうくらい、毎年登場しておりまするが。。
今週水曜、今年も忘れずに送られてまいりました。本当にありがたいことです[グッド(上向き矢印)]
          湘南ゴールド1.jpg

一般的にはそれ程出回っていない、湘南ゴールドながら・・・神奈川県内のデパート、販売イベント、県内大型農産物直売所などでは購入可能だそう。。
神奈川県内の西湘バイパス沿いに並ぶ、ミカン屋さんに並んでいるのを買って食べた事もありましたっけ。
しかし今はこうして茅ヶ崎在住の夫の友人から送られてきますので…居ながらにしていただける訳ながら・・・。

                           湘南ゴールド2.jpg
写真用に半カットし並べましたけれど、食べる時は更に半分の4分の一カット。普通のミカンより小さ目なので、スマイルカットをして口に入れたら・・・手も汚さず、食べやすく思えました。
※スマイルカット・・・とは、 まずは上下半分にカットし、それをくし形に。1/8のサイズに切りますと、ニッコリ笑ったスマイル形になりますから・・・そうして食べましょう。レモン、グレープフルーツも同様に。。

卓球ボールくらいのコンパクトさ、さわやかな黄色い色。
一口頬張ったら、とにかくまずはジューシィであり。瑞々しさ、香りの良さと爽やかさがきます[グッド(上向き矢印)]
小さいめだから一度に3~4個はあっと言う間に食べてしまう美味しさなのです。

相模湾に面した神奈川県の西部地域。温暖な気候の海岸沿いに、「幻のオレンジ」と言われた「ゴールデンオレンジ」という名の柑橘があったそうです。
しかしゴールデンオレンジは美味しさに関わらず、あまりにも小さくて食べにくい上、見栄えが悪かった。
生産量も少なく、ほとんど市場に出回ることはない果物でした。
そこで農業技術センターの技術により開発されたのが・・・ミカンの食べやすさ、ゴールデンオレンジの味と香りを合わせもった・・・湘南ゴールドなのです。

湘南ゴールドの主産地である小田原市一夜城には、パティシエ鎧塚俊彦さんのお店もあります。
小田原市早川の一夜城歴史公園前に地元の農産物を使用したスイーツショップ、レストランを構え、農産物直売所や体験型農園の整備された・・・その名もズバリ!「一夜城ヨロイヅカファーム」。
一夜城ファームは湯河原旅行の帰り、息子達と共に訪れましたが・・・小田原市街から山間を上っていく途中、周囲全てがミカン畑でした。
ヨロイヅカファームでも旬の時期には、湘南ゴールドを使用したスイーツが提供されるそうです。
今回送って頂いた湘南ゴールドも、一夜城のものとか。

食べられるのは、春先のほんの一時だけ。しかし普通のミカンが姿を消す、4月頃に「旬」を迎える点は貴重で嬉しく思います。

・・・とこれだけではなんですので、庭に咲いたお花も貼っておきますね。

昨年はチューリップの球根を買いそびれてしまった私。
チューリップに限らず、球根の買い時、タイミングを計るのは意外と難しいもの。
それでも花壇に残っていた、いくつかの以前の球根から蕾が出ています。
同じく一昨年だったかしら?植えたアネモネが、今年も開花してくれました。
先週の温かさで・・・葉っぱの間から花芽が一気に上がってきているのでした。
          湘南ゴールド3.jpg
両方とも貧弱で花も小さめながら、それでも春の香りを運んでくるような気がしてなりません。

          DSC08372.JPG
こちらは週末に開かれる、地区の青空市で購入した「サフィニア」の花。

家の近所にはまだ結構農家さんが残っているのですが、都内向けに栽培出荷をしていると想像される・・・花卉農家さんのものです。

サフィニアはペチュニアの新品種、見た目だけでは違いがわかりません。
1989年にサントリーが開発して生まれたサフィニア、暑さに強いために花期が長く、姿も美しいように感じられます。ペチュニアと比べたらブランドだから!なんちゃって?
サフィニアは今からずっと・・・夏まで咲かせてやるぜ[パンチ]
nice!(80)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お彼岸だったから・・・ [食]

固く閉ざしていた蕾が、気温の上昇と共にほころび始める。するとサンシュユの可愛い花がそっと顔を出し・・・春を知らせてくれます。
          菓子5.jpg
この黄色の花が咲きだすと…春本番と・・・感じる。
一見地味ながら、彼岸の時期に咲きほこる姿は、離れたところからも目に入る。サンシュユは意外と存在感を感じさせてくれる花なのである。

連休中、特に外出はしませんでした…唯一出かけたのは、実家だけ。スイマセン、一週間ほど前に下書きしておいた記事なんですの[あせあせ(飛び散る汗)]
佐野7.jpg

実家への途中、立ち寄りした場所はこちらでした。
佐野2.jpg    佐野1.jpg
日本名水百選にも数えられる・・・「出流原(いずるはら)弁天池湧水」近くで作られるお豆腐が買いたくて。。以前頂いて食べた・・・ヨシコシ食品さんの「名水すくい豆腐」は忘れらない美味しさでした。そこで今回改めて、お豆腐を求めて行ったと言う訳です。

初めてのところなので、探しながら・・・、近づくにつれ看板が出てました。
工場奥にある、至ってシンプルな店頭販売の売り場「丁庵 」です。
思いのほか広い店内、中に並んだ・・・お豆腐、ゆば、油揚げにがんも、厚揚げと・・・種類も豊富!

佐野3.jpg
豆腐作りで最も大切な「水」は・・・栃木県佐野市の出流原弁天池の名水。
大地の恵み、湧き水から生まれた「名水豆腐」、これが欲しかったんだ[グッド(上向き矢印)]
その下はクーポンで頂いた生揚、他に油揚げやミニがんもなど。買ったもののこんなに食べきれないから、半分は実家に置いてきましたけれど。。
以上の商品、なんと三越銀座店でも売られているのだそう!あまりにも身近である佐野生まれの食品が・・・・高級食品だらけの銀座!三越で!本当に買う方が?と知ってホント驚きました。
丁庵
昼総合点★★★☆☆ 3.0


関連ランキング:その他 | 田沼駅吉水駅




お彼岸だから、「ぼた餅」ならぬ和菓子も[るんるん]
佐野4.jpg                  
              佐野5.jpg
・・・以上どれも、私が買ったものではないのです。
実は頂きもの、待ち合わせた途中の駅で受け取ったばかりのものでした。
何時もの夫の後輩君Oさんがその日、我が家の分まで買って来てくださったのです。
パカッと開いたお餅の口から驚くべき大きさの完熟イチゴが顔を出す、ふわふわのイチゴ大福が美味しかったわぁ[グッド(上向き矢印)]
鹿沼市口粟野にある「小磯菓子店」は、「双体道祖神まんじゅう」で有名なお店。以前にも買って持ってきてくださったのは覚えておりますとも!
山菜まんじゅうは餡の入っていない、山菜を生地に練り込んで蒸したおまんじゅう。こちらもふかふかの皮の食感が良かったです。


午前中は雨降りだったせいもあり、母がこの前「一度も食べた事がない」と話していた・・・タコライスでお昼にしました。
作ったと言っても、炊きたてのご飯に市販のタコスミート、スライスしたレタス、トマト&チーズをのっけただけながら。。
                     佐野6.jpg
一味変えてとのせたアボガドがチョッと大き過ぎた感じ・・・それでも、初めての味!「作り方が思っていたよりも簡単!その上、美味しいのね」と言って喜んでくれました。
タコライスの元があれば手軽に作れるから、さいたまに住む弟の子供達=孫が遊びに来たら、食べさせると張り切っています。


佐野8.jpg
走る車窓からは至るところに・・・開花をした梅や杏、花桃の木。またミツマタ、椿に、ユキヤナギ。レンギョウの黄も目立ちます。
地に目を移せば、土筆が顔を出し、タンポポやスミレの開花など。これまでと空気が違ってきたのがハッキリと感じられました。確実な春の到来を実感します。
暑さ、寒さも彼岸まで・・・とは、今さらながら・・・まさにと思ってしまう。
自然に寄り添う暮らしの中、私達の祖先たちも・・・暑さや寒さに伴う辛さが彼岸頃には和らぎ、日々の暮らしも楽になると励まされのであろう。

                         菓子4.jpg
ご存知、人気のゆるキャラ「さのまる」君も食べてます。
中細のちぢれ麺、青竹打ちで知られる佐野ラーメン、「鶴里つるり」のラーメン。
見かけたら・・・つい、買ってしまうのでした。
麺の茹で時間はたったの45秒、つるつるした青竹打ちラーメンが自宅でも簡単に食べられるのです。
nice!(73)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日も、アッタカインダカラ~~♪ [食]

まつきさん0.jpg
「三寒四温」・・・とも言われる早春の頃。我が身の周りでも、春の陽気を感じはじめております。
だいぶ春めいてきて、ハクモクレンの花も開花しました。

そんな中、ドーンと送られてきた・・・プレゼント[るんるん]
          まつき1.jpg
ヒヨコちゃんのメッセージカード入りです。
だれかな、だれかな、・・・って、勿論、私はわかっておりまするが。。

我ら午年軍団の中の、紅一点!(おかさん様ゴメン。私達だってまだまだオンナを捨てている訳ではございません事よね)
それは才色兼備として名高い、我らが「まつき」嬢からでございました[グッド(上向き矢印)]

箱いっぱいに詰め込まれている・・・キラキラした、美しいお菓子達。やっぱり美人はセンスが良い!私とは違うわね。
まずは、こちら。
まつき2.jpg  菓子1.jpg
(相変わらず、写真が下手でスイマセン)
「Beans Nuts sakura デギュスタシオン・サクラ」。
ビーンズナッツ(Beans Nuts)は、鹿児島に本社をおくナッツブランドだそう。
まるでジュエリーボックスみたいな? 外見からして…かわいすぎっ! 
さくら・小梅・わさび・紫いも・きなこ・シナモン・いかすみ・ポルチーニまで・・・・。
BeansNutsのお洒落なナッツは、食べるのがもったいないくらい。でも豆菓子大好きだから食べちゃいますけど。。。

七福さんのイラスト袋の中身は、「七福神あられ」。七つの味がデザイン別の包装、味を包み込んで全種類。
幸煎餅さんは、歌舞伎座の正面真向いに構える店舗とか。
まつき6.jpg

発売当時から長い人気が続いている・・・東京ばな奈がチョコレートになりました。「東京チョコばな奈チョコ「見ぃつけたっ」。
チョコにサンドされているのは勿論!バナナのクリーム。 ふたつの味が出会って出来た・・・まろやかなチョコレートです。

シンプルな二色使いからも、高級感漂う・・・「茶の環(cha-no-wa) お濃い抹茶さくろーる」。
このルックスで想像される、抹茶スイーツのお味は・・・とても上品。かと言って甘すぎる程でもなく・・・ネーミングの通り抹茶が効いているのです。
抹茶の薄い生地をロール状にし、その中に薄く抹茶のチョコレートが入っている。このサクッとした食感はあとを引く美味しさ!そこが困りまする[あせあせ(飛び散る汗)]


麻布十番あげもち屋さんの「桜の花あげ餅」。
     まつき3.jpg  菓子2.jpg
個別になった一袋ずつに、桜の花を模したおかき&アクセントとなるピーナッツが入って・・・。
桜葉の風味の効いた揚げおかきが、これまた美味しくて…食べ始めたら止まらない。
またしても、写真も撮らずに完食をしてしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

可愛いパッケージの「鎌倉紅谷」さんの「ク ルミッ子」は、上品な一口サイズのお菓子です[グッド(上向き矢印)]
これ、前にまつきさんのところで観たやつだ!気になっていた・・・「ク ルミッ子」が食べられるなんて嬉しい。
…と思ったら、その前に夫が「食べてもいい?」だって。「どうぞ」と言いつつ、これ私のよ[ちっ(怒った顔)]なーんてね。

神奈川県菓子コンクール「最優秀賞受賞」、主婦と生活社「手みやげ書きとめ帖」に掲載。
角川書店「シュシュアリス」掲載。おいしいもの好きの編集者やカメラマンが料理家の家に持ってきたお菓子たち。
「おいしい可愛い鎌倉さんぽ」・・・鎌倉のおいしいかわいいもの特集でも、この「クルミッ子」は紹介されているそうです。
香ばしい胡桃がタップリと入ったキャラメルを、バター生地のクッキーではさんだ・・・独特の味わいは、コーヒー、紅茶、日本茶・・・と合わせるものを選ばずに頂けるのでござる。

菓子3.jpg
どちらかと言えばチョコレートが苦手という方にお勧め・・・和菓子のティーストが入った、年代・性別を問わずに楽しめるチョコはこれ。
「メリーチョコ趣々あつめ 花林糖チョコレート」。
日本を代表するチョメーカーであるメリーチョコレート、和風を意識したチョコレートは・・・かりんとう?と思って口に入れたら、やっぱりチョコであったと初めて感じる。それはどちらの良いところも、絶妙にマッチしているから・・・。

全く知識のなかった・・・セゾンドセツコ(Saison de Setsuko)とは・・・
私、調べました。
http://www.setsuko.co.jp/setsuko.html
季節を呼ぶ「節」から名づけられた・・・日本の四季の素晴らしさを国際的な視点で表現するためのブランド。


私の毎日など、週を通しても同じ事の繰り返し。
なにも代わり映えしない、日々の明け暮れながら・・・。
それでも、こうして嬉しい事があると・・・って、それは単にモノを頂いたからではなく。・・・いやしかし少しはあるな^^
これからも前向きに生きていきましょう…と思える、エネルギーも共に頂いたって感じがします。色々・・ありがとう。
いいよね、そういうのって[揺れるハート]
nice!(88)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お手軽です・・・優食キッチンさん [食]

しばらくご無沙汰であった・・・優食キッチンさんhttps://twitter.com/yushoku_kitchen?lang=ja
偶々駅へ出かける用事があり、お昼やっているかなぁとググってみましたら・・・。営業しています・・・その上日替わりランチメニューが、今シーズンラストのカキフライと知り・・・これは行かねばと食べに行ってきた訳でした。2月下旬頃です。


          優食キッチン1.jpg
宇大の脇、学生街エリアの一角。久部街道を入った先にある小さな定食屋さんです。
店頭には焼き芋コーナー。並んでミカンや柑橘類、野菜などが販売されています。空き箱がそのまんまだから、かなりゴチャついた感じ[バッド(下向き矢印)]
ここへやって来るのは大学生、または常連さんがほとんどだから大丈夫って?・・・しかし食べもの屋さんで、これは~~~。
店内も同様に気さくな雰囲気、色々な意味でアットホームなお店でした。

テーブルに着いたら、お水もお茶も基本的にセルフ、その後はカウンター前にある冷蔵ケースのところへ。

優食キッチン2.jpg
日替わりもある、ズラッと並ぶ小鉢から、好きなものを二品選べるのが嬉しい[るんるん]
サイドメニューでは珍しい揚げものも置かれていました。
自炊している学生さんでも、手軽にお総菜が食べられる状況って良いですね。

優食キッチン3.jpg
下にはサラダやお浸し、冷奴、納豆までずらりーー。慣れているとはいえ、これだけの品数を作るのは大変だと思います。

          優食キッチン4.jpg
お店のウリである選べる小鉢・・・私は切り昆布の煮物、他に春巻きとコロッケ。
なぜか冷奴まで。夫よ!なぜ、この場でこれを選ぶ?、態々冷奴が食べたいかなぁ?

そうする内に、店内は満席。まだお昼前なのに、オバちゃんもオジサンも大忙しです。

優食キッチン5.jpg
揚げたてふっくらサクサクのカキフライは勿論、ウマウマ。ご飯、お味噌汁も熱々で美味しい。
見ていたら・・・来店したほとんどが、カキフライをオーダーしていました。
息子がいなくなって二人暮らしになってから、我が家もトンカツをはじめとしたフライものを揚げて食べる習慣がなくなっています。

もう一品、こちらも定番メニューである、「京子の万能だれ」を使った「京子の万能だれ炒め定食」。
たっぷりのお肉、たっぷりのタマネギ、そこに白ゴマ。
京子の万能だれがからんだ柔らかなお肉は相変わらずの美味しさ。付け合わせには生野菜も付いてます。
「京子の万能だれ」は宮城県の山元町「京工房」で作られている「震災復興商品」。

デザートのミカン、節約で半分にしちゃったのかなと思ったら・・・。普通のおミカンではなくて、ジューシィなポンカンでした。
主婦である私が言うのも変だけど、小鉢もお味噌汁も家庭的な味付けで良い。そして特筆すべきは、そのお値段。
定食は600円なり!ご飯をひとつ大盛りにしたから?それともカキフライだけは700円?
それでもじゅうぶん安く、良心的に感じられました[グッド(上向き矢印)]

駐車場に停めた我が家の軽、そして隣にはシックな色合いのBMW。お隣のテーブルにいたカップルさんね。
BMに乗る人も、こんなところで食べるんですね。
何時行っても満足出来る、お財布にも優しいランチが頂けるお店でした。
nice!(80)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北の国から・・・やってきた♪ [食]

先週末は連日、雪がちらつきました。細かな雪なので積もるまではいたらず、静かに降りつづけていた・・・。
しかし気づいたら、すでに3月も半ば、今は一日も早い春の到来が待たれまする。

ところで今年2月4日に発売されたばかりの・・・マルセイバターケーキバターを、ゲット!
・・・と書いたものの、自分が買った訳ではなくて・・・。北海道旅行のお土産で頂きました。
      六花亭1.jpg

「六花亭」のマルセイバターサンドといえば・・・しっとりしたビスケットに北海道産クリームとレーズンがサンドされた…誰もが知る北海道土産の定番。
同名のケーキはマルセイバターサンドと比べたら、一回り大き目のサイズ。
「春」がイメージされる黄色いパッケージながら、デザイン&ロゴは馴染みある従来のものが使われていて親しみを覚えました。
六花亭2.jpg
シンプルなスポンジケーキはバターがたっぷり使われている為か重たい、真ん中にサンドされているのはチョコレート。
いざ、実食!
シッカリ食感のスポンジは甘さ控えめ。チョコのアクセントが効いて良い感じです[るんるん]


六花亭3.jpg
「春色」桜カラーのパッケージ、「花の大地ひろびろ」って、これまた可愛いでしょう。
イチゴのクランチチョコとパイを合わせ、ストロベリーチョコレートでコーティングした・・・「花の大地ひろびろ」。
「ひろびろ」のネーミングは北海道ならではと思えるもの[グッド(上向き矢印)]
サクサクを超える、サックサクの食感でした。

「ひろびろ」にはココア入りのビスケットにパイを重ねた、セミスィートチョコでコーティングした「畑の大地ひろびろ」ヴァージョンもあるらしい。。


次は・・・お豆腐パックみたいなプラケースに、7種類のチョコ菓子の入った・・・その名も「Royceおつまみチョコ ピンク」。

ロイズ2.jpg
ロイズの人気商品を少しずつ、気軽に食べられるようにセットした「'おつまみチョコ」。
全く知らずにいたのだけれど・・・
おつまみチョコシリーズにはピンク以外に、ブラウン、レッド、ブルー、イエローとあるんですって[グッド(上向き矢印)]
サスガは「ロイズ」、考えてるわぁ。
ビターからベリーまで5つのテイストでラインナップされたチョコ菓子の詰め合わせは、それぞれ6~8種類入っているとか。

いろんなおいしさ、チョコっとつまんで[るんるん]

丸い覗き窓から中身が見えます。
開けてみると・・・パッと見た目は、なかなかボリューミー!
ひとつの味がドバーっとより、可愛さ全開!、ワクワクします[揺れるハート]
容器の底の部分にリーフレットがあったのは優しさを感じました。確認しながら食べるのは楽しい時間ですね。

          ロイズ3.jpg
すでにチョコっと食べてます。
ロイズアールショコラ・ストロベリー、同じくミルクココアのプラリネは食べてしまった後ながら[あせあせ(飛び散る汗)]ナッツとフルーツのバー。カラフルな包み紙のプチボールはオシャレ、スイスのプレミアムチョコレート、リンドールLindorみたい。
ドライクランベリーをヨーグルト風味のチョコで包んだ、クランベリーチョコレート。
右端のストロベリー風味ミルクチョコは、ラズベリーとブルーベリーのソースがトロトロです~~。

中身の可愛らしさ、味のラインナップ、どちらも女子には・・・ってもう、女の子とは呼ばれないけど。気持ち的にはOKよ![パンチ]嬉しい内容に思えました。


番外編ながら・・・「ひよ子のいちごタルト」。同じようにパッケージも中身も、ピンク系です。
       ロイズ4.jpg  DSC08048.JPG
ほのかに甘酸っぱい、かわいいタルトはこんな感じね[るんるん]

                         ロイズ5.jpg
同じく…番外編で、すっかり飽きられているのはわかっておりまするが。。栃木のイチゴも付けちゃいました[るんるん]
nice!(89)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「サワディカー」・・・微笑みの国タイランドでランチ [食]

こっちゃんと一緒だと辛い料理はNGなので・・・せっかくなら3人でしか行けないお店へ行きましょう。・・・思い出したのは、昨年9月夫と食べに行ったタイ料理屋さんでした。
          クルンテープ1.jpg
看板の文字が逆さまのままって、「マイペンライ」の国ならでは?

私達はタイの首都を「バンコク」と呼んでいますが・・・正式名はとにかく長い、タイ人でも覚えてないと言ったジョークがあるほど。。
「バンコク」は正式名称ではありません。
「クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・・・・・・・・」
「天人の都 雄大なる都城・・・・・・・・」
そこで一般的には、頭の「クルンテープ(Krungthep)」を首都名として呼ぶとか。。

初めての息子は外観から「怪しい雰囲気だなぁ」って。しかし彼は新大久保のタイ料理店へもよく出かけているのです。
地元の栃木にあるのが不思議なのかもしれませんが・・・宇都宮にはタイ料理店、タイ式マッサージ店が意外に多くあるのでした。
ドアを開けると・・・プーンと香ってくる香辛料とパクチーの臭いに、代々木公園のタイフェスへ毎年行っている彼は「タイだね~~」と。
そう、こちらのお店はスタッフもタイの人・・・タイへ旅している気分が味わえるお店なんです。

クルンテープ2.jpg
案内されて一番奥のテーブルへ。とりあえず席に着きまして…
今回は3人でしたので、@2000円のコースに好みでなん品かオーダーしました。

          クルンテープ3.jpg
ブルー&ホワイトの普段使い用の取り皿、エンボス装飾のアルミカップのお水は同じ。

先ずはドリンクが到着。グラスビールは当然、私と息子の元へ。彼はこの後も「生」を追加オーダーをしていましたけれど。
テーブル上のチリペッパー、ナンプラー、お酢の三点セット。
華やかな色あいと柄が目を引く「ベンジャロン焼き」の器に入った・・・辛味噌やニンニク、唐辛子など、タイティーストの必須アイテムの調味料たちも前回同様。

クルンテープ4.jpg
季節の野菜炒め・・・空芯菜炒めは「パクプン・ファイデン」。
一束100円前後で売られているのは知っていますが・・・自分ではこんな綺麗な緑色にはなりません。火力の違いか、慣れやコツもあるのか、どちらにしても無理です。
春雨サラダ「ヤムウンセン」はエビにイカ、トマトや小さな紫タマネギ等・・・の野菜。インゲンもほぼ生のままで入っていました。挽肉、ピーナッツに干しエビの風味もするサラダは期待通りの味わい・・・パクチーも効いていますよ。

ソフトシェルクラブのカレー炒めは、名前の通りソフトシェルだから殻ごと食べられます。
カニの美味しさプラス、ココナッツミルクのまろやかなハーモニー[グッド(上向き矢印)]

クルンテープ5.jpg
トムヤムクンには大きなエビが二匹、キノコなどの具が入り・・・レモングラスやコブミカンの葉効果で・・・酸っぱ辛くて旨い、スープは本場の味わいです。
世界三大スープのひとつとしても、トムヤム クンは有名ですね。

パラパラのタイ米で仕上げた炒飯「カオパッドグン」・・・・。グラスビールも入れた以上6品は、@2,000円コースでした。

          クルンテープ6.jpg
そこにタイメニューでは外せない、青パパイヤサラダ「ソムタム」。
タイ米の白ご飯「カオスアイ」は炊きたてなのかな?美味しい[グッド(上向き矢印)]
ソフトシェルクラブの唐揚げ。
香草バジル牛肉炒め&ご飯に目玉焼きののった「パッドガパオ」は、せっかく来たんだし・・・とオーダーしたものの・・・食べきれずに、パックに入れてお持ち帰りになってしまった[あせあせ(飛び散る汗)]

単品で頼むより、コースの方がお得なのは・・・「クルンテープ」さんのメニューでも納得です。
食べるのとお喋りで忙しくて、ナンプラーやお砂糖、チリソースで味付けして食べるのも忘れましたが・・・。辛くて、甘くて、酸っぱくて・・・の美味しいタイ料理が味わえました[グッド(上向き矢印)]
「コ ップクンカー」の声におくられて・・・店の外へ。
食べに来ているお客さん達の恰好もラフそのもの。タイのムードたっぷりで良かったです。

          m_DSC05122.jpg
レストランの裏側には系列のお店があるので、忘れずに立ち寄りをしないと。
         
入口は小さいけど中は広いのです。外観は倉庫みたいながら、内部はチョッとしたスーパーマーケット。
クルンテープ9.jpg

床にドーンと置かれた段ボール箱がいくつも、アバウトだわぁ[バッド(下向き矢印)]蛍光灯全開って感じも微笑ましい。
タイの食材や調味料がズラッと並ぶ棚。特に目立ったのは大量の唐辛子でした。
「食品庫も兼ねているんだね」・・・と息子。それは確かにね。

          クルンテープ8.jpg
それにしても冷蔵庫にはパパイヤ、マンゴー、香菜、空芯菜や様々な食材がズラリと並んでいて・・・魅力的、素敵な光景なんです。

「酸+辛+甘」の絶妙なバランスと、様々なハーブや調味料がおりなす味。
那須ナンバーの高級車で来店したマダムも、食事の後こちらでお買い物をしていました。
宇都宮は餃子だけじゃありませんから、時にはこんなリトルタイランドへ旅するのも面白いですよ[グッド(上向き矢印)]
アメージング・タイランド、伝説の店「ミナトング」でも、もう一度食べいわん。息子夫婦と食べに行った時の日記は⇒http://hana2009-5.blog.so-net.ne.jp/2011-08-31

タイは、アジアで初めて訪れた国でした。
結局その後、他の国へ行く機会はないまま・・・アジアで唯一の国となってしまった訳ながら。。
最初に母と二人の時は格安ツアーであったから、バンコクに到着したのは真夜中の12過ぎ。
初めて旅する異国に、夜、到着する。・・・って、まして海外旅行にも慣れていない頃であったから、尚更、緊張を強いられたように思います。
それも新しくなったスワンナブーム開港前の、ドンムアン空港。
とにかく暑くて、薄暗くて、日本の空港とはまるで違った空気が流れていた。。
・・・初めて降りたった場所の、気温や湿度、匂いと言うものは・・・夜の闇の中でいっそう強調されるように感じる。
入国するのに時間がかかった私達。
待ち構えていた現地のガイドさんに押し込まれるようにして乗ったのは、深夜のバンコクを疾走する車だった。
私達の他には二組の日本人客、一生懸命たどたどしい日本語で説明するガイドさんの言葉さえ、上の空であったような。
ホテルをほんの少しの料金でグレードアップしたお蔭で、結果的には6人だけの専用のガイド、運転手さんがつく快適な旅が出来た訳ながら。。
この経験があったからこそ、私はタイに魅せられ・・・この後も足を運んでしまったように思えるのだ。
nice!(79)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ふぐ刺し、ふぐ鍋を囲んで・・・ [食]

結婚して都内で暮らす息子が土曜日に一人、泊りがけで遊びに来ていました。
本当は孫娘のこっちゃんも一緒のはずでしたが…なんとインフルエンザ!お熱があるそうで、それは無理させられない。スゴーク寂しいけれど、事情が事情だけに仕方がありません。
昨年から地元栃木のサッカーチームにハマっている息子は・・・日曜日に開催されるチームの集会にどうしても行ってみたいのだとか。。

その夜は、彼が少し前に送ってくれた山口のフグを食べることにします。
先に食べちゃって…と言われていたけれど、美味しいものは皆で食べたい!と思ったから・・・来るのを待っていたのでした。
まずは家にあった白相酒造の「福壽 松乃井」で、ヒレ酒。
サッと炙ったヒレに熱燗を注いで・・・乾杯!
器を温めたり、日本酒のお燗をしたりと・・・色々する事があり過ぎて・・・写真は撮り忘れました。
癖のない辛口のお酒で・・・うん、大丈夫。熱燗も美味しいわぁ[グッド(上向き矢印)]

それでもって、ジャ・ジャーン!
          フグ1.jpg
山口県の青島の綺麗な海で育てられた・・・「とらふぐ刺し」。
中央には「ふぐ皮の湯引き」も盛り付けて。。
実は私、白状してしまいますと、人生3度目?のふぐ刺しなんです[あせあせ(飛び散る汗)]
関西圏の方達に比べたら、こちらで「ふぐ」はそう身近な食材ではありませんので。。
食感の面白さ、繊細で上品な旨みが、後を引く味わいですね。

ふぐの切り身、ふぐのアラ、ふぐ皮つみれの・・・ふぐちり鍋は勿論しました。
ふぐの身のアラから出るダシ、そこに切身、ツミレと野菜類も入れて・・・いただきます。

フグ2.jpg フグ3.jpg
「ふぐの白子」も、美味しかった[グッド(上向き矢印)]
トロトロッとした食感が好みです。
〆は当然、ふぐ雑炊。でもお腹がいっぱいで…その上、酔っぱらいさんになってしまっていたから[あせあせ(飛び散る汗)]

フグ4.jpg
彼が途中の「成城石井」で買ってきたと言う、「喜楽長(きらくちょう)」。びわ湖をのぞむ城下町・長浜より・・・。喜多酒造は近江の蔵元なんですね。
そして買い置きしてあった、烏山の酒蔵「島崎酒造」さんの「東力士 本醸造 辛口」。
日本酒なんて若い頃は呑もうと思わずにいたけれど・・・日本人に生まれたら、やっぱり日本の酒だ!なーんちゃって。
・・呑めない方には失礼。

※日本酒と言えば・・・主原料となる水とお米の美味しい新潟などの北信越地方、または福島や宮城が有名ながら。。
実際のところ、本当に旨い酒があるのはどの辺りなのか?といった疑問が湧きます・・・。

すると、北信越地方の歴史は意外と短い。美味しいお酒は、やはり西日本に多いとか。
中でも高知県と、静岡県・・・とはよく言われます。
河川に恵まれている、
山に恵まれている、
気候に恵まれている。
海の幸が身近にあるから、舌が肥えている。。・・・とあります。
海なし県に住むものとしては、何となく納得してしまいますね(^^ゞ

親子三人で大いに飲み、大いに食べた一晩。
楽しかった[るんるん] こっちゃんがいたらまた別の楽しさがあるけれど、でもこうして大人になった息子と水入らずの時間がもてる喜び。
彼がこの家を出てから、すでに10年以上経つけれど・・・これまで私は、こんなに明るくて温かい家族に恵まれていたんだ・・・とシミジミ。改めて幸せを感じてしまいました。
なんて言ったら良いのか・・・チョッとした言葉やらエピソード・・・共通の話題で盛り上がる楽しさは格別なのです[るんるん]

二日酔い?気分が悪くなってしまって、翌朝は早く目覚めてしまったと言う夫。

フグ5.jpg
それでも翌日はここまで、送っていきましたよ。←いつになっても、親バカです[あせあせ(飛び散る汗)]
nice!(88)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

美味しい頂きもの♪ [食]

          明太子2.jpg
とりあえずの…スカイベリー。また頂いてしまいました[ぴかぴか(新しい)]
噂の最高級イチゴ、スカイベリー・・・って名前の響きも素敵だけど。実際に食べてみても爽やかな甘味、風味も格別なのです[グッド(上向き矢印)]
すでに終了してしまった後ながら・・・「いちご王国とちぎ」のイチゴが1/6~1/12までの期間、日本橋三越に登場!当然、その中にはスカイベリーも。
1/11には店内で、いちご狩りのできるイベントが開催されたそう。


…そんな訳で・・・ってどんな訳で? 自分たちの旅行ではお土産らしきものは何も買わずに来てしまったものの。…その辺りについては、後日書きたく思います。
帰る途中、夫の元後輩君から「今朝、お宅へお土産を持って行ったら留守でした。どちらかへお出かけなんですか?」と連絡あり・・・。
駅から自宅へ戻る途中・・・とある場所で落ち合い、お土産を頂いてしまいました。
彼も九州から帰ってきたばかりと言います。
九州と九州の温泉をこよなく愛する、彼ならではの…お土産ですね。
その前に二人で、「後輩君=Oさんは、この年末年始どこへ行くのかな」と話していたばかり。
だから、彼には買って来ましたよ。神戸土産のチーズケーキ、うどん県=香川の讃岐うどんセットをね。

          明太子1.jpg
福岡、博多といえば明太子は定番中の定番土産です。 福岡市博多区に本社を置く辛子明太子のメーカー「ふくや」は、日本で初めて明太子を製造・販売 した会社だそうです。

ナボナ3.jpg
もうひとつの「めんツナかんかん」。これって今、明太子の風味が活きたご馳走ツナ缶として話題となっている…とか!
そうなんだ、全く知らなかったわ。
食べ比べ3缶セットは、プレーン、辛口、プレミアム各一個ずつ。

                                    ナボナ4.jpg
どう食べたら良いのでしょう?
とりあえず・・・缶から出してみました。
お皿に盛りつけただけ。それなのに・・・ピリ辛のツナは、お酒にピッタリだわ~ん。こんな簡単なおツマミに、ご飯のお供にしてもウマイであります[るんるん]



赤いものつながりでは・・・同じく栃木のブランドイチゴの「とちおとめ」もね。
          ナボナ1.jpg
こちらは、ご近所友達Uちゃんのお婆ちゃんから頂きました。優しい心遣いが温かいです。これまた甘くて、美味しくて…嬉しいわぁ~~♡



DSC06482.jpg    DSC06488.jpg
おかき専門店「赤坂柿山」の、お好あられ「七糯子(ななこ)」です。
富山県産のもち米を主原料にした・・・軽い食感の一口サイズのあられ、7種類を詰め合わた。
食べきりサイズのバラエティーに富んだ、ひとくちあられ。
お米ひと粒ひと粒の美味しさと食感を生かした・・・定番の、薄焼きあられ「赤坂慶長」に加え、醤油・サラダ・海苔巻、ざらめなど・・・甘い辛い味のバランスが絶妙に感じます。


同じく次も…東京土産の定番お菓子。
「お菓子のホームラン王」←これって、古い?歳がバレバレ[あせあせ(飛び散る汗)] 東京土産のロングセラー商品である亀屋万年堂の「ナボナ」。
ナボナが誕生したきっかけは、創業者である引地末治氏が1963年(昭和38年)に観た、イタリア・ローマのお菓子祭りだそうです。
大勢の市民が参加して、子どもたちが思い思いにお菓子を楽しんでいる光景に・・・心をうたれた彼。お菓子文化の素晴らしさと、洋菓子の美しさに感動をした[るんるん]
ナボナの名は、そうした原点となったナヴォーナ(NAVONA)広場からとられたもの。当時は日本でも、洋菓子がようやく一般に広がりはじめた頃。
そんな時代を背景に、気軽に味わえるモダンなケーキは大いに喜ばれたと言います。
      ナボナ5.jpg  ナボナ2.jpg
「バニラ」「ミックスベリー」「チョコレート」の3種類。
家に居ながらにして、世界中のお菓子、スィーツが入手可能な現在。今ナボナを食べてみると、懐かしい郷愁の味。素朴な味わいが感じられました。
nice!(70)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「カフェレストラン Tajika」 [食]

お茶会の後の新年会、皆で食べに行ったのは「カフェレストラン Tajika」さん。
目の前に大きな公園が広がる、普通の住宅街に佇む小さなお店です。
          カフェレストラン1.jpg
一見普通の民家の外観ながら、一歩店内に入ると明るくてオシャなレカフェレストランである・・・こちらのお店。
以前の別のお店、和食店であった頃は知っていたものの、リニューアルされ経営が変わってから入るは初めてです。
ドアから続く通路を真ん中にして、左右の一段上がったところ・・・それぞれにテーブル&椅子が置かれています。
いずれにしても小ぢんまりとした店内。私達の予約席以外はどのお席もすでに着席済みで・・・。これまた見事に女性ばかりでした。
ランチメニューが意外に豊富で10種類くらいありました。こうした小さなお店はあまり選べないところがほとんどだから、それだけで嬉しい[るんるん]

選んだ和牛ハンバーグセットは1500円なりで、サラダ・パンorライス・デザート・ドリンク付き。
          カフェレストラン2.jpg
そしてやってきた。これで前菜!?と思ってしまった・・・新鮮な地場野菜をこれでもかと使用したサラダには刻んだサラミソーセージ、チーズもかかっていて美味しい。スゴイ盛りの良さながら、完食!
レーズン入りのマッシュしたサツマイモのサラダ&フランスパン。カップに入っていたミネストローネスープの粒々は「クスクス」で良いのかしら?
和牛ハンバーグはふっくら柔らかで、ジューシーな味わい[グッド(上向き矢印)] 肉の食感が楽しめて、食べごたえも十分です。
ハンバーグは2種類あって、チーズINのデミグラソース味の方も美味しそうでした。
カフェレストラン3.jpgカフェレストラン4.jpg
素材そのものが持つ風味や旨みを大切にした料理は、そのどれもが、食べるとホッとするような優しい味わい
添えてあるグリル野菜・・・オクラ、ベビーコーン、ジャガイモ・・・も火の通し加減が絶妙でこれまた美味しい。

20年以上、洋食を手がけてきたシェフの真心こめたおもてなしが感じられる・・・見た目と味わいは期待以上で、とても良いです。
右はオリーブオイルのかかったバゲット、ライスを選んだ場合は五穀米です。

                                   カフェレストラン5.jpg
カシスのジェラート、手作りティラミスのデザートの盛合せに、ドリンクメニューから選んだカフェオレで〆。


茶色を基調とした店内は居心地の良さも抜群です。落ち着いたムード満点!ながら・・・お料理の提供される時間の長い事。どれも丁寧に作られていて、美味しいから赦しちゃいますけど。。
我々の様な女子会・ママ会での利用がベストで、夫婦二人とかでしたらきっと間が持たないと思う[あせあせ(飛び散る汗)]

     カフェレストラン0.jpg
帰り際に誰もいなくなってしまった店内で、慌てて撮った一枚。

お店の前で次回はなにを食べようか。・・・って思ってしまったくらい、気にいりましたが。しかしその人気ゆえに、普段は予約しないとほとんど無理とか。
「Tajika 週替わり Dinner SET が 2,100円〜」 と夜もリーズナボー、お得なメニューを食べに夜来るのも良いなぁ[るんるん]
Tajika
昼総合点★★★☆☆ 3.5


関連ランキング:カフェ | 江曽島駅西川田駅



nice!(70)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

週末ランチは、「石の蔵」さんで。 [食]

昨年の事ながら。。。
年が明けたと言うのに・・・まだ旧年ネタを引きずっています。とある週末の日曜日に出かけたのは、市内にあるレストラン「石の蔵」さん。
          石蔵1.jpg
私も参加している食べログでも、常に高評価の付いたお店です。
随分前に友人と食べに出かけて行った事があったのだけど、その時もムードの良いお店と言った印象は心にあったものの、食べたものが特に美味しいとまでは感じなかった。。
そこで今回は久しぶりに、その辺りを確認するために。←イヤらしいわね!?
美味しくなっているか、期待しつつのランチタイムでした。

特に予約まではしなかったけど、人気店なので12時頃に一応電話をしてみた。
「ただ今満席でして、お待ち頂きましたら・・・1時半からでしたらご用意できると思います」との事。かけた携帯に連絡が入ると。その時に座るのがテーブルか、ロングテーブル席か、カウンター席か、二階にある個室のうちどれが希望であるか…と言った確認があり。細かな気配りが感じられたのは良く思えました。
店名となった石蔵の周りにグルリと植栽された竹、これは店の全面、前を流れる「田川」との境界、そして竹の間をぬける小道などと言った遊び心もあり。。

※大谷石とは宇都宮市西部に位置する、大谷町付近で産出される緑色凝灰岩。掘り出した地名にちなみ、そう呼ばれています。
大谷石の名を決定的にしたのは、大正元年(1912年)に完成した・・・フランク・ロイド・ライトの設計による旧帝国ホテルの建物。

60年ほど前に建てられたこの蔵は、砂糖や小麦粉などの食品原材料の業務用倉庫として長くその役割を担ってきました。
その後倉庫が郊外に新設され、役目を終えた蔵はひっそりと休息の時を刻んでいました。その眠っていた空間が現代のクリエイターたちの手により、創作和食の店「石の蔵」としてよみがえり・・・。2006年秋には、個室、カフェ&ショップを増築し、現在の形となりました。

          石蔵2.jpg
夫は初めて、私は・・・久しぶりの石の蔵さん。
奥は併設されたカフェ、 食品や雑貨のショップとか。入店して真っ先に、おトイレをお借りしたのです。勿論、トイレの中もスタイリッシュそのものでした。

          石蔵3.jpg
テーブルの上のメニュー表もオシャレで、写真に撮ろうと思っていたのに片づけられてしまった[あせあせ(飛び散る汗)]
8種類の中からメイン、ドリンクを選んだら、前菜とデザートはビュッフェ形式で好きなように持って来るシステムです。

石蔵4.jpg
お店のもうひとつのシンボル、小型のヒョウタンの照明が下がる・・・前菜コーナーで誰もいなくなったので写真を撮ってみた。
何個もの可愛いヒョウタンの灯り、丁寧にカットされて、くり抜かれた部分から灯りがもれるシーンは相変わらず素敵。
前菜だけに野菜、野菜・・・のオンパレード。煮物と作りたて寄せ豆腐、卵焼き、舞茸の天ぷら等がありました。
豊富なメニュー、なくなるとすぐに出来立てが補充されます。

石蔵5.jpg
こちらは、デザートコーナーです[るんるん]

          石蔵6.jpg
盛り付けてきた、前菜はこんな感じで・・・呆れた感じの・・・てんこ盛りだ~!

石蔵7.jpg
メインに選んだのは、白鯖河豚と里芋の餡かけは基本料金+150円。
同じく+150円で、和豚もちぶた肩ロース柚子胡椒焼きを。
上蓋は河豚の顔になっているオシャレな器、可愛らしい器は蓋を開けてしまうと・・・。これまた撮る前に持って行かれてしまって、普通になっちゃいました[あせあせ(飛び散る汗)]
担当のスタッフさんはどうも「せっかちさん」だったみたいです。
白米とどちらか選べるご飯は、雑穀米の方で、ナメコとアオサの赤出汁味噌汁と。

私は食べるのが遅いから、夫が前菜をおかわりに行ってちょうどくらいに食べ終わります。

      石蔵8.jpg   石蔵9.jpg
抹茶ティラミスや純米吟醸のジェラート、ブラマンジェ、イチゴのパンナコッタ、自家製わらび餅等・・・。
近くのカップルが飲んでいたハーヴティが素敵に見えたので伺ってみたら、それは4000円のコース「瓢箪」内のドリンクメニューであった模様。
しかし普通のコーヒーでもじゅうぶん美味しかったと思います。

石蔵10.jpg
つい見上げてしまう高い天井、そこまで延びた巨大な木のレリーフや竹を組んだ「和」の間仕切り、和紙の灯りや木製オブジェ。・・・と言ったお店の雰囲気が一番の魅力と、今回も感じました。
肝心の料理は、味も見た目も上品。量的にもお上品です[たらーっ(汗)]
悪い訳ではないけれど、特に美味しいかと言われたら???
ランチビュッフェの価格も、少し前が1600円、そして1800円、現在は2000円と値上がりをして…やはりランチとしては少々お高めかなぁ~と。
それでも自宅にはない、素敵な時間が過ごせました。古いものと新しいものがベストマッチした空間で、そこそこ美味しいものが食べられて幸せでした。

大谷石造りのカウンターでお会計。預けておいたコートを受け取り、お店を後に。
披露宴なのかしら?若いカップルを中心にして、皆さん記念撮影の真っ最中でした。
こうした利用に予約客だけで満席の場合がありますから、電話連絡をしてからの方が良いかと思われます。
石の蔵
昼総合点★★★☆☆ 3.0


関連ランキング:創作料理 | 宇都宮駅



タグ:石の蔵
nice!(90)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

すでに、三日ですが・・・ [食]

          新年0.jpg
例年より温かくて、穏やか、晴天続きのお正月を迎えております。
新年を迎えて…本日は三日。

今回、息子一家の帰省はなかったものの、年末にプレゼントが送られてきました。
このGAPのプレゼントパッケージは、もうすでにお馴染みのもの。
気になる・・・中身は・・・。



新年1.jpg新年2.jpg
私にはまっ白なショート丈のダウンジャケット。
先程のskypeによりますと・・・「婆ばには、これがいい!」って、こっちゃんが選んだものだそう。。勿論、ジャストサイズざます。
夫には、厚手のニットセーターを。こうして何かと気にかけてくれる優しい息子です。何時も、ありがとう[グッド(上向き矢印)]
それからお菓子も。
中身はフレンチトーストダクワーズですって、裏側に九十九島グループと書かれています。
                                        新年3.jpg
昨年旅した九州では悪天候の為、佐世保のホテルから九十九島を観る事は、残念ながら出来なかったけれど。。
それでも九十九島の近くは通過しているのだから、それだけで親しみを感じてしまうというもの。
九十九島グループの、フレンチトースト専門店「Ivorish(アイボリッシュ)」。
 ↑ 当然どちらも、お初でございました。
「メープル」「チョコ&バナナ」「ベリーDX」のダクワーズ、「Ivorish」ファンには見逃せない3種類とか?・・・セットで入っています。
ダクワーズって県内足利市の洋菓子店「ロア」しか食べた事ありませんけど、「Ivorish」で人気の味が、サックリ&フワフワのダックワーズに変身してるのは魅力です!
一個食べてみたら、かなりイケました!一口のはずが・・・3種類を一気に食べてしまったくらいに[あせあせ(飛び散る汗)]


昨日、二日は例年通り・・・我が実家にて、新年会。送ってもらったダウンジャケットを早速、着て行きました。
テーブルはすでにセッティングが完了。
          新年4.jpg

ささやかながら・・・母手作りの味を満喫!この歳になって、82歳の母親に作ってもらっているとは…ホント申し訳ない。
この後にも、ボリューミィなサーロインステーキ、手打ち蕎麦等も…。
呑み過ぎ、食べすぎで・・・食後はお昼寝をして、起きたのは夕方。そしてまたもダラダラ・・・・。
実家で過ごした一日は・・・昼も、夜も大いに飲み、大いに食べた~~!

                             新年8.jpg
そして、お土産も・・・うふふふ・・・家はまず買わないおビール。買えないのでしょうって?!プレモルよ。


日本酒に飽きて・・・家で呑むのは沖縄のお酒、名護市許田にあるヘリオス酒造の「三年熟成古酒くら」です。
ヘリオス酒造の「くら」は一般的な泡盛と違い、樫樽で熟成させた長期熟成泡盛。琥珀色と香り、古酒ならでは深い味わいが特徴です。
それまでずっと苦手であった泡盛、しかし去年の沖縄旅行で工場見学をしてから…。今や、すっかり泡盛のファンになってしまったのでした。


            新年6.jpg  新年5.jpg
くせの強さから敬遠していたものの、泡盛も呑みつけると美味しい[るんるん]そして一升瓶入りの「くら」まで買ってしまったのである←おバカです。

・・・そんな食っちゃ寝の、ぐうたらお正月。ここ数日で確実に太った気がする[バッド(下向き矢印)]
こんな生活を続けていたら、この先どうなることやら!?呑み過ぎ、食べ過ぎないよう少しは気をつけないとね。
でもそれは、普段の生活に戻ってからとしましょう。


          新年7.jpg
今年も、何事もない一年過ごせますように。
そして、たくさんのドキドキワクワクが待っていますように[ぴかぴか(新しい)]
改めまして・・・2016年もよろしくお願いいたします。
nice!(88)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明けましておめでとうございます。 [食]

          amimono_photo_bigframe.png
初春のお慶びを申し上げます。

本年もよろしくお願い致します。

                       初春2.jpg 初春3.jpg初春4.jpg
昨夜も一年の終わりに、ここまできた事実に、これまで色々あったなぁ・・・と、去来するものが多々。
なーんてね。
おせち料理作りもろくにせず。昨日は頂きもののサンふじ…その前後にも頂いたものだから、とても食べきれず。ほぼ半日近くをリンゴジャム作りに費やしておりました。
右は・・・今回初チャレンジした、皮と芯の部分←捨ててしまう部分ですね。その部分を煮だして作ったジュレ。
思っていたよりも煮詰めてしまい、時間が経ったら固まってしまいました。何分にも初めて。
でも綺麗な、澄んだ真っ赤なジュレが出来て、嬉しい!これ、なんに使いましょうか?

今年もこのような何気ない日常を。何にもない幸せを感じていけたら…と思っております。

二度とない人生。可能であれば・・・心に響く良き風景、良い出会いを目指して。
nice!(100)  コメント(53)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

何にもないけど・・・ランチに行こう~♪ [食]

12月ですね。、早すぎますね。
だって私、またひとつ歳とってしまったのですもの。一年がどうしてこれ程早い!ってつくづく思ってしまうのでした[あせあせ(飛び散る汗)]
今年は、今年もかな? 誕生日だからと言ってなにもしません。
        誕生日3.jpg
今年はお花もショボイです。
以前の様なバラの花束、なーし。ましてやどこかへお泊りなど当然なーし[バッド(下向き矢印)]
無駄は省くのみ。経験したらわかる・・・年金生活ってやはり厳しいのだ。


特別な事はしないけれど、せめてご飯くらいは食べに行きましょう・・・って先週末、前倒しで行ってきました。
それも、手軽なランチですけれど。

そこは8席のみ、しかも人気ゆえ予約で埋まっているかも? しかしダメもとで2~3日前に電話してみたら、OKだそうです。ラッキー[グッド(上向き矢印)]
お店は、ホテルザセントレ宇都宮の3階にある「懐石天ぷら 治兵衛」。我々世代ではワシントンホテルと言った方がわかりやすいかも?

天ぷら4.jpg
エレベーターを降りるとホテルのロビーが目に入ります。

その奥。店構えはチョッと高級そうながら、表に出ているメニューを見るとリーズナブルで、実際にもお安く食べられるのです。
エントランスから、和服姿の女性に案内されて店の奥へ。意外とお洒落だわ。
          天ぷら5.jpg

座った天ぷら処です、誰もいなかったからパチリ。カウンター越しに目の前で揚げる天ぷらは、贅沢ね。
天ぷら6.jpg
本当は全く贅沢なお値段ではないものの。←金額は安くて、お得感がある。主婦として、ここ大事ですから。

プライベートな個室、それぞれに仕切りのあるテーブル席。テーブルとの境はすだれで仕切られているので他所の視線を気にせずゆっくり出来そうな雰囲気が感じられました。
そして天ぷらカウンターでは職人さんが一品ずつ揚げてくれる、贅沢なシュチュエーションを満喫!

カウンターには、ドリンクメニューしか置いてありません。
          天ぷら7.jpg
私は、白のグラスワインで、運転のある夫はアルコールフリーのビールで乾杯。

天ぷらはどれもサクッと揚がっていて、揚げたてだから当然、美味しいです。
食べるペースに合わせて、食材を一つずつ丁寧に揚げてもらえます。天つゆにこだわりの塩もありました。

エビはブラックタイガー、このお値段ですものね。
天ぷら9.jpg
エビに丸茄子、イカとしし唐、北海道産のワカサギ。
          天ぷら8.jpg

天ぷら11.jpg
このお魚はサワラだそうです。舞茸に、最後の〆もエビでした。
どれも当然、熱々サクサクです[グッド(上向き矢印)]
サラダ、香の物とご飯、赤出汁の味噌汁がついて・・・ふふ・・・ホテルの和食なのにリーズナブルです。それも嬉しくて[グッド(上向き矢印)]

私達二人の貸切状態でしたので、板前のお兄さんと色々…世間話をしながら頂きました。
どの食材も美味しくて・・・家で揚げるものとは一味も、ふた味も違っていた。美味しいのは勿論ながら・・・素材一つ一つ手間を惜しまず丁寧に調理、かつ的確な仕事ぶりは見ていて楽しかった。
聞けば・・・銀座の天ぷら店で、その後は新橋の老舗ホテルで働いていたとの事。

「夜はスゴイお客さんも来るでしょう?」と聞いたら、やはり〇〇ダの重役さんとか、社用族の利用が多いみたいです。
ご本人もお父さんの転勤であちこちお引越しした関係から、都内で修業した後は地元栃木に帰ってきたのだそう。
年齢は違うものの、偶然にも息子とは同窓生でした。

一見量が少な目に思えるものの、時間をかけて食べたせいでお腹いっぱいになりました。
水槽の中で動いていた、九州から空輸されたとの車海老に心が動いたものの・・・次回のお楽しみにとっておきましょう。
食後はデザートのミニあんみつと、コーヒーが出てきて。。
          天ぷら12.jpg

カウンターランチの気になるお値段は・・・@1440円なり。そこに消費税はかかるものの、サービス料がないのは良心的に思えます。
一般的な天ぷらコースは@5000円からと・・・それなりながら、カウンター天ぷらとしてはリーズナブルではないでしょうか。
こちら、大通り沿いに離れて建つホテル丸治さんが経営するお店なのです。
丸治さんの「和堂あさひ坂」と比べても高級感があって、静かに過ごせました。
ロビーフロアーの窓際のソファからは、大通りのマロニエ並木が綺麗に見えます。
治兵衛
昼総合点★★★☆☆ 3.5


関連ランキング:天ぷら | 東武宇都宮駅


この日の夕ご飯、立ち寄ったショッピングセンターで「駅弁フェア」をやっていたから、お弁当を買って来てお終い。楽チンな一日って、それだけで幸せ[かわいい]

今日の夫のお土産は、先のシクラメン。もっと大きい方が良かったのですけど、良いのがなかったのだそう[たらーっ(汗)]
代わりにプリムラポリアンサを、紅白で一鉢ずつ。天ぷら1.jpg

ロウソクを消す訳ではないから・・・ホールケーキはいらないので、ショートケーキを二個。定番中の定番である、イチゴのショートにモンブラン。
誕生日1.jpg誕生日2.jpg
サービスに、和菓子も買ってきたと言います。
いいわよ~~!もう、何でもOKよ。
私、来るものは拒まずの精神で生きております。残るは息子からのプレゼントね。
今年は何かなぁ~!?
孫のこっちゃんはお手紙をくれるのだそうです。それも、「素敵なお手紙を書いてあげるね」ですって。
彼女は今、「素敵」って言葉がお気に入りらしい・・・。
では婆ばからは、クリスマスプレゼントとおリンゴを一緒に送りましょうか。今日の夕方届いたばかりの「長野サンふじ」。山に囲まれた盆地・善光寺平の自然に育まれた、蜜たっぷりのサンふじです。

                                       天ぷら2.jpg
どれも大した事ないけれど、ここには何もない幸せがある。
何もないって、本当はとても幸せな事なんだって、今は・・・心から思える私なのでした。
nice!(93)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

[CACOAOSTORE」のチョコレート [食]

          チョコ0.jpg

渋谷区の手作りチョコレートの専門店「テオブロマ」、日本屈指のショコラトリー・土屋シェフの・・・新店[CACAOSTORE」。
店のテーマは「Bean to Bar&Chocolate Bar」だそう。。
そちらの人気商品は・・・「リス」のイラスト、タブレット型の・・・黄&茶色のパッケージ。中身は当然、チョコレート[グッド(上向き矢印)]

          チョコ1.jpg
日本のショコラティエの先駆け的存在である「ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ」のオーナーシェフ、土屋公二氏による新店[CACOAOSTORE」は、代々木公駅駅の近くに開店をしました。

ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマのチョコは、これまでも何度か食す機会があったものの・・・。
[CACOAOSTORE」のオープンにより登場した新作チョコレートは、可愛いらしいパッケージが真っ先に目を惹くものです[るんるん]

樋上公実子さんの描く動物たち・・・「動物タブレットシリーズ」はトレンド商品とか。。
ウサギ・カバ・ネコ・ヤギ・・・と、可愛い動物のイラストが描かれたパッケージ。当然、パッケージ毎に味わいもそれぞれ。
リスのパッケージ・・・は「レ フィグ」。無花果入りのミルクチョコレートです。
少しずつカットして食べましたが、とにかく半端なくマイルドな、口どけの良いチョコレートでした。
そこに甘酸っぱくて、プチプチとした無花果の食感が、プチアクセントとなっていて美味しい[グッド(上向き矢印)]


チョコ2.jpg テオブロマ.jpg
クッキーの周りには、粒の大きな砂糖=ザラメ?砂糖の結晶がビッシリ付いています。
そしてクッキー生地の黒い点々はカカオニブ。
チョコレートの原料であるカカオ。
焙煎したカカオ豆、焙煎した後に粗く粉砕したカカオ豆が・・・カカオニブだそうです。
そのカカオニブがいっぱいです。
アーモンド風味のサクサククッキー・・・ほど良い甘さにプラス、含まれたカカオニブを噛む[ぴかぴか(新しい)]
全体の甘さがカカオニブの美味しさも引き立ていて、カカオのカリッとした食感も楽しめたクッキーでした。

[かわいい]ちなみに…カカオニブをさらに砕き、パウダー状にしたものがカカオパウダーだそうです。
カカオストア
昼総合点★★★☆☆ 3.0


関連ランキング:チョコレート | 代々木公園駅代々木八幡駅代々木上原駅



nice!(65)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「まちだ庵 若葉堂」の薬師池、それから・・・ [食]

薬師池1.jpg  薬師池2.jpg
町田にある「まちだ庵若葉堂」の詰め合わせです。

薬師池3.jpg   DSC06281.JPG
町田名産品推奨品認定であると言う、「薬師池」。
町田市の景勝地、薬師池公園とその花菖蒲をイメージして作ったお菓子との事だから・・・包み紙にも花菖蒲のイラストが描かれています。
北海道手亡豆をもとに、胡桃が刻み込まれた焼き菓子は・・・バター風味の柔らかな皮、その皮も花菖蒲の模様で焼かれています。
同じく、茶巾になった薬師池銘菓撰。
薬師の栗もちはお餅の中に丹波栗が一粒、周りは白いこし餡で包まれています。
左手の 「薬師の梅ぞの」は、甘く煮た青梅を小豆餡で包み・・・同じく卵を使った黄味餡で周囲が包みこまれていました。
一個右の「薬師の黒柿」は中心に白い求肥餅、小豆餡に干柿が練込んであると言うものです。干し柿の甘さと食感がアクセントなんですね。

まちだ庵 若葉堂和菓子 / 町田駅玉川学園前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



同時期に食べたものは、郷土料理百選に選ばれた・・・宮城県の郷土料理「ずんだ餅」。
先の牛タン、カレー&シチューと同じように、宮城のふるさと割でお安く買い求めたものでした。
ツルンとした滑らかなお餅と、味わいのある「ずんだ」の組み合わせ。
かつてはつきたてしか食べられなかったものが・・・今では作ってすぐに急速冷凍をして出荷する。。そこで家に居ながらにして・・・出来立て新鮮なおいしさが楽しめるのでした[るんるん]

                             DSC06113.JPG
お部屋でゆっくり味わう、柔らかなずんだ餅。

宮城と言えば「ずんだ」と言われるくらい人気のものだから・・・ずんだ餅以外にも、「ずんだパフェ」「ずんだロール」「ずんだクリームケーキ」と色々。
茹でた枝豆の薄皮を剥いて潰し、砂糖で味付けした・・・ずんだ餅。
南東北の宮城県、山形県、福島県を中心にした、また北に接する岩手県南部、秋田県南部などの家庭料理であったものだから。スィーツとした場合は、非常に素朴でシンプル!
しかし、そのシンプルさが魅力[グッド(上向き矢印)]
時にはこうしてお取り寄せしてでも食べたくなる、味わいに感じられます[るんるん]
夏だけの味であったずんだ餅がこうして一年中、何時でも食べられるのも、そうした意味では贅沢ですね。

今日23日は・・・二十四節気の「小雪」。
北国・盛岡では今朝、雪が舞ったのだそう。しかしまだ本格的な冬の訪れではありませんし、雪といってもさほど多くないことから・・・「小雪」なのでしょう。

nice!(76)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋は終わりだ…炭水化物~~佐野ラーメン♪ [食]

さて11月も中旬過ぎ、寒くなってきて・・・ラーメンが美味しい季節の到来です。
先日の実家で、食べに入ったのは、「佐野ラーメンいってつ」さんでした。
常に行列が出来ているお店だそう。しかしこの時は偶々並んでいる様子がなく・・・それでは食べに入りましょうって。
          炭水化物2.jpg

珍しく・・・メニューの写真も撮ってあります。
                          m_E782ADE6B0B4E58C96E789A93-3b56f.jpg          
ご覧のように・・・どのラーメンもリーズナブルそのもの。
オーダーしたのは、しょうゆラーメン、そして餃子。
「いってつ」さんの麺は青竹打ち。この時も入ってすぐのブースでは、麺打ち作業の最中でした。

厨房内の作業をボォッーと眺めていたら、あっという間に着丼。
白い丼に、赤い「一徹」の文字が鮮やかです。

炭水化物4.jpg  炭水化物5.jpg
メンマ・なると・叉焼、刻み葱・・・と言ったシンプルなラインナップながら、目を惹くのはやはり大きなチャーシューです。
柔らかく煮込まれたお肉が、美味しい。
餃子は皮も自家製だから、もっちもちで・・・皮自体も旨いです。
母は何度もリピしていると話していましたが、私は初のお店。久しぶりの佐野ラーメンでしたが・・・。
ちぢれ麺に絡んだ澄んだ醤油スープ、そのスープがしょっぱ目に感じられました。
ツルツルの手打ち麺は美味しいし、出汁も効いていると思うのですけれど。。偶々かもしれませんが、とにかく塩分強すぎです。母も「これじゃ駄目ね」って[あせあせ(飛び散る汗)]

佐野ラーメン いってつラーメン / 佐野市駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



この記事は書くつもりのなかったもの。それなのに、なぜ?と言いますと・・・。
先日息子達を都内まで送っていった時。東北自動車道の事故渋滞により、帰りの予定時間を大幅にオーバーしてしまって…仕方なく途中にある佐野SAのレストランで夕食を済ませる事に。
SAの食事と言えば、高い、マズイのイメージが強くあったものだから・・・写真などいらないと、カメラは車の中に置いたまま。。

しかしオーダーした親子丼を一口食べたら…あら?普通に美味しい、どうしてかしら[exclamation&question]
予想を超えた味わいの親子丼でした。
息子達が頼んだ佐野卵ラーメン&炒飯セット。煮卵がのったラーメンです。
同じく、なんちゃって~~な佐野ラーメンではなく、ごく普通の佐野ラーメンだったとか。
一緒に頼んだ餃子の方は、やはりそれなり。冷凍ものと感じたそうながら。
私が気づかないでいた間に、SA内のレストランのレベルも上がってきている事実。

ですものラーメン専門店なら尚更、客の期待に応える一定の味を確保して欲しいと思うのでありました。
味、内容にバラつきのない・・・基準を満たすのがプロの仕事。
人気店だからと気をぬいたら、黙って離れていきます。実家の近くでも、接客の悪さからもう食べに行きたくない。
佐野ラーメンの美味しいお店として、勧められないところがあるのでした[バッド(下向き矢印)]

以上二度続けての・・・炭水化物日記でした。
しかし炭水化物だって身体に必要な三大栄養素のひとつですから。。食生活を高めてくれるものって事にしておきます←ムリクリ感は否めませんけれど[あせあせ(飛び散る汗)]
鏡と相談しつつ、食欲の季節を楽しみましょうか。
nice!(90)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理