So-net無料ブログ作成
検索選択

デッカイドウ北海道旅行・・・⑦景勝地「タウシュベツ川橋梁」 [2017・8月北海道・千歳~帯広・釧路。霧多布]

          タウシュベツ0.jpg
700mほど離れた距離ながら、手軽に見ることの出来る「タウシュベツ展望台」からの眺めです。
タウシュベツ6.jpg
「ぬかびら」とはアイヌ語で「人の形をした岩」という意味だそう。今では人造のダム湖とは思えないくらい、東大雪の自然に調和をした糠平湖。


終着駅十勝三股駅まで走った旧国鉄「士幌線」、そして帯広市街地から糠平。山岳森林地帯を南北に貫く国道273号を走行時、所々で見かける。
かつて国鉄士幌線で使われたコンクリート造りのアーチ橋。
上士幌町九ヵ所の「旧国鉄士幌線アーチ橋梁群」の中、最も知られるコンクリートアーチ橋が「タウシュベツ川橋梁」なのでした。
旧国鉄士幌線アーチ橋梁とは言え、タウシュベツ川橋梁までの林道は許可車両以外通行禁止。
ぬかびら源泉郷から旭川方面へ8km進んだ地点にある、「タウシュベツ展望台」から眺めることに。

駐車帯らしき場所があり、そこに一台の車が停車中。・・・奥から歩いてきた男の人の腰には「熊除けのベル」が。
          タウシュベツ1.jpg
こんなに無防備で大丈夫かしらと思いつつ、林の中へ。木道らしき階段もありますが、古木の立ち並ぶ風景はまるでジャングル。
    タウシュベツ5.jpg
そこから林の中の散策路を200メートルほど歩いて、辿り着くことが出来ました。
途中の苔むした石、ビッシリと厚い緑色に覆われた幹、幻想的な光景はどこも美しい[ぴかぴか(新しい)]

タウシュベツ2.jpg
橋はダムの水が少ない1月頃から凍結した湖面に姿を現し、水位が上昇する6月頃から沈み始め、8~10月頃には湖底に沈みます。
今では9月に入って、水際が大分橋脚まで近づいて来ている様子。ちなみに平成28年は降水量が多く、7月末でほぼ水没していまったそう。。その年の雨量など複数の要因により、時期は毎年変動するとの事でした。

タウシュベツ3.jpg
古代ローマの水道橋を思わせる高架橋は、鉄道橋としての活躍の時代を終え、今は東大雪の開拓の歴史を伝える近代産業遺産としてのみ・・・その姿を見せています。
タウシュベツ川に架かる・・・長さ130mのコンクリートアーチ橋「タウシュベツ川橋梁(通称めがね橋)」は1937年完成。
糠平湖の水かさにより湖底に沈み、水かさが減ると湖面に再び姿を現す。季節によってその姿が見え隠れするアーチ橋はここだけ。幻の橋といわれる所以でしょう。

タウシュベツ4.jpg
背景の東大雪の山々の稜線、ニペソツ山も霧に覆われたままながら、それでもこの光景には感動しました。
それ程メジャーではない、素晴らしい光景がひっそり残されている。それも東大雪なのですね。
冬場の糠平湖では冬の風物詩である「ワカサギ釣り」体験も出来ると聞きました。

橋をもっと近くで見たい場合は、NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターの有料ツアーを利用。橋脚の下から眺める光景は迫力と美しさでより深い感動がありそう。でもそんなに歩けないから、これでも満足なのです。
nice!(53)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

デッカイドウ北海道旅行・・・⑥「森のふくろう」食事 [2017・8月北海道・千歳~帯広・釧路。霧多布]

食事スペースはフロントのすぐ横であり、夕食・朝食はそこでいただきます。
子供連れの家族はまとめられてお座敷に、また男性一人旅の人達もお隣同士の席で、時折オーナーが相手をして退屈しないような・・・配慮がありました。

森のふくろう1.jpg
う~ん、撮った写真がボケボケでゴメンなさい。
すでにテーブルに並べられていた料理、民宿(ペンション)にしてはちゃんとした夕食だと思いません?山の幸をメインとした料理が並べられています。
・前菜~季節の五点盛り~
茹でエビを中心に、山ウドののあえ物、、エゾシカのソーセージ、女将の実家が「えりも」だそうで「えりも産ツブ貝」。
初めて食べたエゾシカは、思ったより食べやすかった。若旦那曰く「血抜きの仕方が上手なんでしょうね」と。
モロッコインゲンとジャガイモの煮もの、実はモロッコインゲン、煮たジャガイモも二人とも得意ではないのに、味付けが良くて美味しかった!
山の中なのでお造りらしきものはありませんが、地元の食材を使った料理の数々。

森のふくろう3.jpg    森のふくろう6.jpg
・芽室町産温泉卵入りサラダ、
写真よりもタップリの量ながら、シャキシャキの新鮮な野菜の本来の力、そしてドレッシングの美味しさでなんなく完食。
・大きめにカットされた浅漬け、こういうの好き。ウマウマなのでこの一品で一杯呑めてしまいそう。
・食前酒は自家製と言うハスカップ酒。薄めていないから濃くて強い、効きますよ。

「十勝ポークステーキ付きのグレードアッププラン」での宿泊です。サッと調理しただけのようながら、デーンとのった十勝ポークは200グラムとか。ボリューミィだけど食べやすく、脂の部分が甘くてウマーイ、これは是非食べないとね[グッド(上向き矢印)]
上のコショウ塩・ポン酢・行者ニンニク&ハチミツ入りのタレで。後で伺ったら、タレは勿論、ポン酢まで自家製とか。
森のふくろう4.jpg
・お汁代わりには肉&野菜入りの豆乳鍋、●ゲ鍋(十勝産ホエー豚・厚岸産カキ使用)と・・・それぞれ鍋が選べました・・・まだ早いと思ったものの電光石火の速さで火が点けられてしまった[あせあせ(飛び散る汗)]
美味しかった豆乳鍋、後から燃料を足してもらって熱々の状態にしてから食べました。
・長芋のチーズ焼き。
焼きたてで後から運ばれてきましたが、シャキシャキの長芋にチーズがたっぷりかかって、ミニトマトの甘酸っぱさが良いアクセント。
 
森のふくろう7.jpg                           
・釜めしは、山菜おこわ、ホタテ、カキから好きなのをチョイス。・・・・そこで「帆立御飯」「山菜御飯」に。炊き立てだから当然美味しいはず・・・とは思うものの、お腹の方がもう無理です[あせあせ(飛び散る汗)]でもせっかくだからホタテの部分だけ一口だけ味わってみます。
残っても大丈夫、各テーブルから戻されたお釜からママさんが手際よく握っていきます。「明日のお昼にも食べて」と。大きなおにぎりが一人当り、二個ずつも!
翌日食べましたけれど、少し濃いめに味付けされていたせいか美味しかった。
ちゃんとデザートもありますよ。
            森のふくろう9.jpg
・上士幌町にある「アイス工房ドリーム」のアイスクリーム、ママさん同士がお友達なんですって。
生乳を使った、卵不使用のジェラートはサッパリしているけど、あとを引く美味しさ。書いていたら、もう一度食べたい気分になってきます。
北海道滞在中の夕食で、ここが一番美味しかったですし、心に残る内容でした[るんるん]


翌朝タバコを吸いに出た夫「また一人に一個ずつ釜めしのご飯を炊いてる」って。え~~!嬉しいけれど、そんなに食べられませんから[あせあせ(飛び散る汗)]
朝0.jpg
夕食と同じ席でまたも色々味わいながらの食事。こじゃれた旅館なら、それぞれ凝った小鉢に盛り付けされて丸籠などに並べられ提供されるのでしょうね。
残念ながらピンボケだけど→えりもシャケの特製付けはママさんが特にお勧めするだけあって、ジャストの塩加減です!タラコに日高昆布の佃煮、十勝の煮豆、山菜の佃煮、美味しい野菜の煮ものもありました。
  朝1.jpg     朝2.jpg
芽室町の生卵は「生でも大丈夫ですか?目玉焼きにしましょうか?」って。手早く焼いてきてくれました。
お味噌汁は夫には大きなお椀で、地元産ふきのたっぷり入ったお椀。
他に十勝産納豆もあって、これだけオカズがあったらご飯3膳はイケそう!・・・て、軽く一杯しか食べられませんでしたけど。。 
朝5.jpg朝6.jpg
四葉牛乳など飲み物も何か所かに置いてあり、最後にはコーヒーを頂き十分な内容でした。朝食も満足!美味しかった[るんるん]
食材にもそれなりにお金がかかっていると思うし、どれもまた味が良い。

前夜でした。ロビーの奥、暖炉の前で漬物をツマミに気持ち良く呑んでいたオーナーさん、お風呂から上がって冷水を飲んでいたら、夫に「ビール呑むか?」だって。
それを機に、色々お話をさせて頂いちゃいました。
突然出なくなってしまった温泉の事。楽しみな山菜取りに夏の渓流釣り、冬のワカサギ釣り。
ここぬかびらでも後継者がいないからと、廃業していく同業者が後を絶たないとか。
帯広から北に位置する為気温も下がるこの土地、そこで温泉宿を続けていくるのは大変で廃業せざるを得なくなったところががあちこちに・・・勿体ないと思うし、辛い話でもあります。
あんな風に見えても仕事には、客の立場にたった真摯な姿勢であたっている事。お互いの家族の事など。

@11000円なりの宿泊、我が採点は・・・。
     部屋 ☆☆☆
     設備 ☆☆☆  
     風呂 ☆☆☆☆
     料理 ☆☆☆☆☆ 
     接客 ☆☆☆☆☆ 
     総合 ☆☆☆☆☆5個目は半分
リーズナブルなペンション(民宿)なので、部屋に関してはお値段なりです。
また旅館のようなスマートな接客を求める方にも不向きな宿泊施設だと思います。宿のお風呂は物足りなさがあったものの、近隣の宿のお風呂の利用がOK!と言う点を加味しました。
朝夕の食事が質、量共にこの価格帯の宿としては相当充実している点が最も印象的です。
温泉宿ならではの風情はありませんが、リーズナブルな料金設定。渓流釣りで連泊されている方、ツーリングを楽しむ数年前にも宿泊したリピーターさんと・・・豪華さを求めない代わり、リラックスして気軽に温泉を楽しむ。・・・そんなアットホームな宿です。
細かな気配りや心のこもった声がけをどの家族、お客さんにもされていました。最後は私達へもご夫婦揃って温かな笑顔でお見送りしてくれました 。
今回の行程中で一番心に残った宿、ここを選んで良かったと思えた「森のふくろう」さんでした。

まだ続きますよ。
nice!(84)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

デッカイドウ北海道旅行・・・⑤「森のふくろう」Ⅰ [2017・8月北海道・千歳~帯広・釧路。霧多布]

一度だけ温泉も入りました。自然を間近に感じる開放感いっぱいの露天風呂です[いい気分(温泉)]
          ぬかびら0.jpg          
「六花の森」の後は帯広市内をぬけて、二晩目の宿のあ「ぬかびら源泉郷」を目指します。
付近に見どころもあったのでしょうけど、何分にも雨降りでしたから。
ぬかびら1.jpg
帯広から北へ60kmほど、東大雪の麓山間の小さな温泉地である「ぬかびら源泉郷」、国道237号線沿いに数軒の宿が建ち並んでいました。
          ぬかびら2.jpg
泊まった「森のふくろう」は比較的新しめのペンションらしい外観、実際は(良い意味でもって)民宿そのものながら[あせあせ(飛び散る汗)]
「2015じゃらんアワード泊まって良かった宿 大賞1~50室部門一位!」に輝いたのが、決めてのひとつになったのでした。
15時過ぎに到着。荷物を持って玄関に向かうと、オーナーさんらしきオジちゃん「家に泊まるんか?」だって[あせあせ(飛び散る汗)]
すぐに女将さんらしき女性も迎えに出てくれました。そしてチェックイン手続きをしながら・・・「どーもねぇ」だって!あまりの客との距離の近さにハモってしまった私[わーい(嬉しい顔)]とーっても気さくなオーナー夫妻の出迎えにまずはビックリ!
女将さんが慌てて「こういう人なんですよ」って。
濃い~!オーナーのキャラには笑わされっぱなし、でもしっかりサッパリとした性格の女将さと、宿泊客を喜ばせたいとする・・・考えの上で営んでいる。そして自らもこの状況を楽しんでいる様子が伝わってくるのでした[グッド(上向き矢印)]
家族経営で結婚されたばかりという息子さんが調理、料理を運んでくれた時も説明してくれました。
翌朝は、帯広のホテルで働いていると言う若い奥さんもお手伝いされてましたし・・・。

客室は2階。カギは当然、ふくろうさん。
    森のふくろう0.jpg  ぬかびら3.jpg シングルベッドが二つ並ぶ洋室。反対側に椅子と小さなテーブル、テレビ、冷蔵庫、電気スタンドくらいで・・・本当にシンプル、小ざっぱりだけれど、想像していた以上にゆったりとした広さ、飾り気はないけどタオルに浴衣と必要なものは揃ってじゅうぶんです。 温泉宿の巾着袋や籠はない代わり、入浴時には100均のかしら?ビニールバッグを貸してくれます。 ペンション(民宿)なので部屋には付いていませんが、共用で使う洗面所、トイレは清潔で問題ありません。 一息ついて、他の宿のお風呂に入浴可の「 外湯めぐり」で、お隣の「中村屋」さんへ。 ぬかびら4.jpg 一人でお風呂に入れない私、この宿には混浴露天風呂があるのです。 平日であるし、まだ時間的にも早いから、お風呂に浸かっている人はたぶんいないと思い、せっかくだから思い切って行ってみる事にしました。 かつてはここも団体客で溢れていたであろう…昔ながらのお宿。館内の至るところに時代の感じられる・・・味のある雰囲気のお宿です。 一番奥まで行くと、タイル張りの内湯。露天まで向かう廊下も味があり、このアプローチは秘湯感を盛り上げてくれます。 奥に4~5人は入れそうな浴槽がありました。山の木々が迫る、緑濃い開放的な露天風呂。           ぬかびら6.jpg 幸い誰もいなくて、自分達だけの貸切で入浴出来ました[グッド(上向き矢印)] 風情たっぷりの源泉かけ流し温泉です。 このお湯が、かなり良い[るんるん] 含重曹-食塩泉。お肌に良い重曹分と、身体が温まる食塩分が含まれている、クセのない優しい肌触りの温泉なのでした。 真冬には温泉郷全体が雪に囲まれて、白一色の世界へ。この場所も雪に覆われて雪見風呂になるのか?それとも閉鎖してしまうのかしらね。 無料の日帰り入浴に関わらず、お風呂から戻って来たらラウンジに用意されてるお茶、フリーの?ポテトチップスを勧められました。この辺りも大らかだわ。 ぬかびら5.jpg ここでも「タウシュベツ川橋梁」を撮った写真が素敵[ぴかぴか(新しい)] 「無事入れました」と宿に戻ってきましたら、「それは良かった。エゾ鹿は出てこなかったかい?」 山菜取り名人のオーナーさん、熊にはこれまでも出会った事はないけれど、鹿はチョコチョコ遊びにやって来るとの事でした。 夫が同じ名前であるのを指摘しましたら・・・お隣の中村屋さんとは、従妹同士だそうです。 「森のふくろう」では小さな家族風呂がひとつだけ、以前は温泉だったものが、6年前の東北大震災を機に全く出なくなってしまったとか。これ程離れているのに、地底の奥の部分が余程大きく動いたのでしょうか。こちらは食後にゆっくり入りました。       森のふくろう10.jpg ウッドデッキにはハンモックもあり、夜星を眺めに外へ出たファミリーの奥さん「短時間ながら、星がとても綺麗に見えました」ですって。・・・そう言うのは早く教えてよ[あせあせ(飛び散る汗)] フロントのすぐ横には食事スペースがあり。夕食・朝食はこの場所で。               ぬかびら7.jpg これは食べ始めてから撮ったものながら。5泊中、こちらで食べたご飯が一番心に残るものでした。サービス精神にあふれたふくろうさんは面白い宿[るんるん] その様子については、次回になります。
nice!(86)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

デッカイドウ北海道旅行・・・④「六花の森」へ [2017・8月北海道・千歳~帯広・釧路。霧多布]

          十勝へ.jpg
千歳東ICから道東道で十勝まで約2時間半、距離にして約200キロあまり。
あっと言う間に通り過ぎてしまい、写真は撮れずじまいだったけれど・・・美瑛の丘のような美しい光景もありました。
その後も真っ直ぐ伸びた、気持ちの良い道がずっと続く。十勝平野は広いです。
帯広JCTから南下国道をを走っていたら、「幸福駅」跡への看板が見えた。あのブームは何十年前だったろう?
広尾線は40年以上前、昭和62年廃線となったと言う。夫と訪れた時鉄道はまだ走っていたのだ。
それから私達の出発した同じ21日、新千歳空港でANA機の出発が遅れた時のサプライズ、松山千春が機内で即興のライブ♪・・・その「神対応」は話題となりましたが・・・彼の出身地である「足寄」へもその時は足を運んだのだった←10日間の滞在、それにしてもミーハーだよねぇ。

    帯広へ2.jpg
「お菓子は、大地の恵み」…とする、北海道を代表するお菓子メーカー「六花亭」。
マルセイバターサンド、大平原、カラフル・マンス、ストロベリーチョコ・・・と言ったお馴染みの商品たちはどれも高品質であり美味しさも確かなものに思える。

[ぴかぴか(新しい)] 六花亭の文化擁護・支援により生まれ、維持されている風景式庭園、正式名は六花亭中札内ファクトリーパーク・・・「六花の森」です。
旭川-富良野-十勝を結ぶ北海道ガーデン街道の南端である地に、花柄包装紙に描かれた草花でいっぱいの森をつくりたい。・・・との理念の元。
手入れの行き届いた100,000平方メートルの敷地内に、「十勝六花」のエゾリンドウ、ハマナシ(ハマナス)、オオバナノエンレイソウ、カタクリ、エゾリュウキンカ、シラネアオイの花々が開花する。

雨の為に見学者も少ない中、ソロリソロリと散策する。木製チップが敷かれた道路は歩きやすいものでしたが‥‥心細いくらに静かな雰囲気が漂っていた。

                     帯広へ3.jpg
六花亭包装紙に描かれた・・・シラネアオイの花、残念ながらとっくに咲き終わっていました。

帯広へ4.jpg
毒草であるが紫の袋状になったガク片が美しい、「エゾトリカブト」。

帯広へ5.jpg
「六花」のシンボル、この地だけでなく北海道そのものを代表する「ハマナス」、ここでは「ハマナシ」と表現されています。

          帯広へ6.jpg
丘の上の彫刻「考える人(ロダンから)」、彫刻家・板東優氏による作品だそうです。

帯広へ7.jpg
森があり、小川が流れる、丘もある…かつては存在していた自然風景を活かした園内。中心的な存在のハマナスの花が一斉に開花し、濃いローズ色に覆われたらどんなに見事であろう。

帯広へ9.jpg
ツリガネニンジン、ヤブカンゾウ、キキョウがすでに終わりかけている中、薄紅色をした花を多数つけたミゾソバ?白いのはシシウド?
ミソハギ、オミナエシの花はわかりました。

     帯広へ8.jpg
十勝六花に代表される山野草の他、十勝の山々を集めた原画の並ぶ「坂本直行記念館」内は、撮影禁止との事。

帯広へ10.jpg
                  帯広へ11.jpg
坂本直行が描いた六花亭の花柄包装紙で壁画を埋めつくした「花柄包装紙館」、児童詩誌「サイロ」の表紙絵を一面に飾った「サイロ五十周年記念館」と、クロアチアの古民家を移築した美術館が点在しています。
キキョウの花の開花は2~3輪で寂しかった。
土の上に沢山落ちていた胡桃の実、北国の短い夏の終わりが感じられました。
帯広へ12.jpg

お菓子類以外にも、カラフルで可愛い「六花亭」の包装紙でおなじみ・・・坂本直行画伯の花柄をちりばめたデザインのボールペン、メモ帳、クッションカバーまで・・・オリジナルグッズ類が並ぶショップ。奥にはカフェも併設されています。
今はこんなに静かながら、一週間前のお盆期間中は大勢の客で賑わっていたのでしょうね。
雨に濡れてなので短時間で周ってしまったのだけれど、今思うともったいない空間でした。

入館時にパンフレットと手渡されたポストカード。だれ宛てで使おうかな?
                      帯広へ13.jpg
続きます。
nice!(87)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行