So-net無料ブログ作成
検索選択

GW後半は・・・お家ご飯で [食]

弟の家からのもらい物です。「使い回しで悪いんだけど、それもそれ程良いものじゃないけどスパークリングワインを貰ってくれる?」と、「そんなの当然よ~~、喜んで~~!」。
今春、就職が決まった甥。それまで予備校講師としてアルバイトをしていたところから頂いたものとか。
ググってみたら「イタリアベルスター キュヴェ・ロゼ」「スペインエノテカ クワトロ・カヴァ」でした。
          GW1.jpg     
一本開けても二人では呑みきれない、冷やしておいて遊びに来る息子と三人で呑むことにします。
息子とこっちゃんと4人で過ごしたGW後半、ママも一緒のはずだったのが、腰痛&通院とでお留守番なんですって、お気の毒にね。・・・・気持ちが感じられないですって?だって息子とこっちゃんと二人の方が気楽なんですもの。たぶんお互いさまかも[あせあせ(飛び散る汗)]

何時ものように駅に迎えに行っら、お昼ご飯です。
ただのカレーだと手抜きご飯になってしまうから、サフランライスとキーマカレーに。野菜の刻み方がザツですけどね。キーマカレー.jpg     GW3.jpg
花形卵は、こっちゃんと爺じの合作、息子が幼稚園のお弁当の時使っていたお花型卵カッターが未だキッチンにあるって、物持ち良いわぁ。
評判がイマイチであった・・・クスクスとひよこ豆のサラダ、味付けが薄すぎたからでしょうか。
美味しいクスクスサラダの作り方、だれか教えて!!良きアドバイス、求む[るんるん]

だってこの為に密林で、箱入りのクスクスを買ってしまっているのですから。←相変わらず、後先考えず突っ走るタイプ[バッド(下向き矢印)]
GW2.jpg
まとめて買った真ん中の「ドックダオ パクチー焼きそば」は、昨日のお昼に食べましたが確かにパクチー味、しかし塩分が多過ぎました。次はスープの量を減らさないと。。
ご存知「カルディオリジナルパンダ杏仁豆腐」これは一度で食べきるサイズなので便利、家にあったパイナップルを刻んでオヤツに食べました。                            
                           GW6.jpg

夕ご飯は、当日の朝買って来たタケノコで、筍ご飯を。
それからこっちゃんが好きな春巻きへも入れます。
春巻きは巻く作業が楽しいらしくて、彼女得意なんです。←婆バカ全開[あせあせ(飛び散る汗)]
C国産なんかじゃない朝採りの筍、豚肉・玉ねぎ・椎茸を刻んで炒めた具・・・・、巻いたのはこっちゃん、爺じ、パパの合作だけに見た目は???でも、美味しく出来ましたよ。
GW5.jpg     GW4.jpg
夜のポテトサラダと一緒に作ってみたのは、[右斜め上]
ソネブロのまゆみっふぃさんのところで拝見して真似っこ。「アイスの実 with生ハム」。
期間限定「アイスの実 メロン味」を生ハムで包んで、簡単生ハムメロン[るんるん]
アイス&生ハムはどちらも大好き♪ 見つけた途端、喜んで「早くやりたい~~!」だって。大好きなお味見までするこっちゃんでした。
実際に食べた感想としては、甘さがかったアイスそのもの。子供が喜ぶのは確実な味です[揺れるハート]

それから知ってました?
ポテサラは茹で卵をたっぷり入れると美味しい。そしてお塩代わりに乾煎りした桜えびを投入したら、味わいが更に増して美味しさが一段アップするって[グッド(上向き矢印)]
          
途中から、ビールに移行・・・。このグラス欲しさに買ったモルツ。他に地ビールの小樽麦酒や、銀河高原ビールなど、皆で呑むと呑み比べも楽しい[るんるん]
ビール.jpg   ビール2.jpg
一日目は、庭で野菜の苗の植えつけ。それから公園で遊んだだけながら・・・二日目はドライブ、近くへ出かけました。
nice!(61)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日光ベーグルさんへ [パン&ベーグル・スィーツ]

日光へ仕事(アルバイトながら)出かけている夫、初めてのベーグル屋さんがあったからと買って来てくれました。
ベーグル大好き♪ 新店と聞いただけで羨ましいのだ。
日光ベーグル1.jpg 日光ベーグル2.jpg
プレーン、クリームチーズ、レーズン入りベーグル・・・味の詳細は忘れてしまっているものの・・・表面の「N」の刻印が可愛い。

そしてGW前半の日曜日に、ようやく私も。
先のランチをする前に、むかったのはここ[右斜め下] ・・・て、もうタイトルに書いてしまっていますけどね。
日光のベーグル2.jpg
前記事の「あおざい」さんと同じ、昨年4月にオープンしたと言う・・・「日光ベーグル」さんです。
日光市木和田島と言う場所らしい、そうした場所柄ゆえ車でしか来られないから、店舗前は広い駐車場になっています。
他のお客さんが帰られたあとに、店の人にお断りして撮った一枚。
日光のベーグル3.jpg
中央と、壁際と、平台にズラッと並ぶベーグルたち。これ以外にも、調理ベーグルを売るショーケースもあり、そのどれもが美味しそうながら・・・どれも皆お高い!

    日光のベーグル4.jpg   日光のベーグル5.jpg
存在感のある手作り風のドッシリとした木の看板。ベーグルと同じ〇です[るんるん] オーナーさんがもう一軒宇都宮で「ノスタルジア」という店を営んでいるのもあり、色々なパンフレットが置かれたコーナーなど。


日光のベーグル6.jpg
こちらの店は素晴らしいロケーションを目の前にして建っています。
木々の新緑。農作業をする人々はちょうど田植の真っ最中でした。清らかなの水田の輝き、水と緑の匂いに満ちた今だけの光景・・・と感じました。

日光のベーグル7.jpg
うっすらと雲のかかった左端の高い山は、日光男体山です。山頂近くはまだ白い雪渓が残っている様子。

最後に立ち寄りしたのは、杉並木街道沿い七本桜信号脇で、こんにゃくの製造販売をする「のぐち屋」さん。
    日光のベーグル8.jpg

そう、この後は・・・こんにゃく大好き娘のこっちゃんが遊びにやって来るのでした。
玉こんにゃくを買って行って、煮て食べさせたい[るんるん]
自分用には、刺し身こんにゃくと豆寒天も。豆寒天は駅や物産展て購入するより安いの、直販だものね。

           日光のベーグル9.jpg
白いラッピングペーパーに押された[NIKKO BAGEL」のロゴ入りキッチンカーマークが可愛い[かわいい]
手前から、クリームチーズ入りシナモンロール、餡子がたっぷりの抹茶餡バター、残りの2個の名前は・・・失念!
素材&食材を厳選して、心を込めて焼かれたベーグルたち。
今回も美味しくてあっと言う間に食べてしまいまいました。もっと買ってくれば良かったな~~!
毎週水曜、数量限定の「コッペパンの日」もあるんですね。また、夫に頼もう[グッド(上向き矢印)]

場所的に〇OMZ〇Oベーグルさんも近い事から、良きライバル現るって感じかしら?

NIKKOベーグルベーグル / 下野大沢駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



nice!(68)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日光で「シンチャオ」、ベトナム料理? [ドライブ・栃木県北]

今年のGWは普段の休日と変わりなく、初日は前記した通り、実家へ行って母とランチに出かけただけ。
しかしその翌日も、これまた素晴らしい好天です[晴れ]
ベトナム1.jpg

家でじっとしているのはもったいない、かねてから行ってみたかった日光のベーグル屋さんへ連れて行ってもらう事にしました。
          ベトナム2.jpg
この辺りの農家さんは、GWの連休を使って田植をされるお宅が多い…。
新緑から益々深く色づき緑の色合いが増した山々と、水を張った水田が並ぶ光景。
ベトナム3.jpg
そこにまだ幼くか弱い淡緑の稲たちが一斉に並ぶ様子、田が水鏡となって周りの風景を映す、この期間だけの美しい景色が続きます。
だから今の時期のドライブが、一年で一番好き[るんるん]
自宅から日光と言っても、旧今市市の大沢地区だけに近い。家をユックリ出ても目的の店へはすぐ着いてしまいました。
ベーグル店については、次の記事で紹介させていただきましょう。
お買い物が終わったら、って他にお野菜なども買ったものの・・・近くに幟の立っていたお店「そば処 水無湧水庵」さんで美味しいお蕎麦をお昼にして帰ろうって決めました。
・・・ところが、ガーン!
DSC03790.JPG
周囲にはこんな田んぼと、杉林しかないロケーションのところだと言うのに、駐車場には溢れんばかりの車、当然順番を待つ人の多さも半端じゃない。
これでは何時食べられるかわかりません[バッド(下向き矢印)]
第二候補としてチョッと面白いかなぁとメモしておいた、JR大沢駅前のお店へ。
          ベトナム4.jpg
「ベトナム料理&Cafe あおざい」さんです。
日光でベトナム料理を食べるって、ある意味貴重かも。隣り合ったスーパーに車を置いて行ってみます。
想像していた通りの小さな店ながら、派手派手なブルーのペイントを施した外観からして怪しげ。その上店内はシーンとして人の気配も感じられず、ドキドキしながら入店しました。

        ベトナム5.jpg
おーーーっ!!外に反してシンプルイズベストな白い店内。あえてチープと言う言葉を使うのはよそう、元はスナックだったのかしら?ところどころにベトナムの小物が飾られて、手作り感あふれる内装です。
ベトナム料理はなぜかタイのバンコクで、その後、友達とプランタン銀座の「ベトナムアリス」で食べたのが最後かも。
夫に至ってはたぶん初めての経験だったのでは?
※ベトナム人オーナーが本場の味を再現する、アットホームな味がウリのお店♪ ランチはもちろん、練乳のたっぷり入った甘いベトナムコーヒーも提供する。

初めての私達の顔に、店のママさん「どうして?」って怪訝な表情でお出迎え…忙しそうだったから、色々話せなかったけれど、彼女日本語はペラペラです。
「二人ともエスニック料理が好きだから、特にパクチー好きなので食べに来ました」と理由を話したら・・・。納得をしたのか、ニッコリ[揺れるハート]

メニューを見ると、主なランチは2種類。
        ベトナム6.jpg
ベトナムのお好み焼き「バインセオ」と、ベトナム麺「フォー」をそれぞれオーダーして分けて食べる事にしました。
どちらも700円、そこにプラス300円で生春巻き・揚げ春巻きセットの前菜が付きます。
冷たい緑茶の次に、「どうぞ」と大盛りのパクチーサービス!
※パクチー=香菜=英語のハーブ名はコリアンダー。
ベトナム7.jpg
海老と大葉、お野菜がギッシリ詰まった生春巻はしっとり美味しい、揚春巻はサックサクでこれまた美味しい。
それに、挽肉とキクラゲ入りのもちもちの蒸し春巻と、どれも豪快にフレッシュなパクチーを添えてエスニック味が嬉しいわぁ[グッド(上向き矢印)]
一口にライスペーパーと言っても、厚みや塩加減、ライスペーパーのもちもち感に違いがあるのを実感。

※誰もが知るベトナム料理である生春巻き、昔自分でも作った経験があったものの、パリパリのライスペーパーを戻す、それを広げて中身を綺麗に巻くのが面倒で。。手間がかかる割に家族は喜んでくれないし[たらーっ(汗)] こういうのはお店で食べるか、買うものと、その後二度目はなかったです。

ベトナム8.jpg
サクサクの生地の中にもやしや、豚肉がたっぷり、玉ねぎ、エビも入ったバインセオは、甘酸っぱいタレをつけて美味しくいただきました。
食べやすくママさんがカットしてくれた卵焼き風の生地、ベトナム料理に欠かせない米粉とココナッツミルクで作るんですって。
ほんのり甘くて外はカリッ、中はモッチリとした食感がホントお好み焼きみたい。具材と生地のサックサク感、それでいてモチモチの食感も珍しくて美味しかった。
その上山盛りになったハーブ&野菜と食べるから意外にヘルシー。だから地元のベトナム人女性にも人気のメニューとか。
魚醤=ヌクマムを使った、オーナー手作りソースで食べましたけれど、クセになる美味しさです。
ベトナム9.jpg   ベトナム10.jpg
ベトナムの朝は、フォーで始まると言う。
これまたフレッシュな大サービスパクチーと、ベトナム唐辛子、レモンが別皿で付きます。レモンが絞りやすい形にカットしてあるのも嬉しい←これ、意外に大事よ。
レモンをしぼり、パクチーと唐辛子を投入。透明な塩ベースのスープ、牛肉も沢山入って出汁も効いていて美味しいなぁ。
しかし唐辛子はものすごく辛いらしい。間違っても夫の様に食べないほうが良いと思います。私はスープに浸しただけ。
                              ベトナム11.jpg
穏やかな薄味なので、自分流に調味料を加えて調整すると、好みの味わいに変化する。この辺りもタイ料理と同じかしら?
パクチーがよく合う味付け…と言おうか、ママさん大サービスのパクチーを全部入れてしまったから、最後はパクチー味のフォーになってしまいましたけれど。

※侵略や植民地化された歴史により、中国料理、フランス料理の影響を多大に受けていますが、民族意識の高いベトナムの人々は、固有の繊細な味付けと風味を妥協することなく現在に伝え続けてきたと言います。
          ベトナム12.jpg
〆のデザート、ベトナムぜんざい「チェー」は飲むと食べると両方出来て楽しい。
東南アジアを旅すると、日本では考えられない程リーズナブルなお値段で楽しめるのが、フルーツや甘いデザート。
多種類の煮豆、黄色いからトウモロコシを砕いたのかと思った・・・緑豆が沈んだチェー、煮たお餅みたいのも入って、ココナツミルクのほどよい甘さが優しく美味しい[グッド(上向き矢印)] もっと食べたかったな。

※緑豆(リョコウトウ)は、日本ではもやしの原料として利用されるのがほとんど。または春雨の原料となる。

最後にベトナムコーヒーも頼むつもりであった夫、しかし満腹になり過ぎて・・・「悪いけど、次回にしておこう」ですって。
コーヒーカップにのせるアルミ製ののベトナムコーヒーの器は、家のキッチンにもお土産でもらったのがあります。

私達の使ったテーブル席、小あがりのお座敷席も埋まり、カウンターまで同郷のベトナム人の男子グループでいっぱいになってしまいました。
オープンして一年、アルコール類を置いていない点も良心的だと思います。
オーナーであるグェンさん、厨房と接客で忙しいからでしょう、店名の「あおざい」姿でないのは残念。
※アオザイとは・・・ピッタリ身体にフィットした上着と、パンタロン風のゆったりパンツ。ベトナムの伝統衣装で、日本の和装と似た扱いである模様です。
しかし一生懸命な仕事ぶりが印象的で、優しい笑顔が素敵でした[かわいい]

あおざいベトナム料理 / 下野大沢駅

昼総合点★★★★ 4.0



訪問はないけれど、ベトナムですぐに思い出されるのは・・・元産経新聞サイゴン支局長であった、故・近藤紘一氏の著作「サイゴンから来た妻と娘」。
現地で出会ったベトナム人ナウさんとの再婚へ至る経緯。その娘であるミーユンさんも交えた心和むエピソードや、日本へ帰国後のナウ夫人のとった仰天エピソードの数々・・・、日本人の目から見た・・・いい加減そうで、そのくせ芯の強いベトナム人気質が描かれた一冊でした。
近藤氏は本書により、沢木耕太郎著「テロルの決算」と共に、第10回(1979年)大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。
作者に似た容姿の故・林隆三さん主演で、ドラマ化もされています。

メニューにはベトナム風フランスパンサンド=バインミーもあり、こちらも気になる。
ボリューミィで外はパリッ、中はジューシーなバインセオの味わいはリピ確実です。食事メニューが少ない為すぐには行かないけど、また食べに行きますからね[るんるん]
nice!(78)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

佐野で新規開拓は・・・またも??? [ドライブ・栃木県南]

先日の事。実家のある佐野で新規店の開拓だ!と向かった先は、像さんがシンボライズされたお店「神谷カフェ」さん。
キャッチコピーは
~ 緑と青空の下のお散歩道に佇む、アットホームなカフェ ~

          神谷カフェ1.jpg
土曜日のランチタイムとあり、向かう前に電話予約を。すると午後1時台はすでに満席であると、「それでは2時で結構です、3名でお願いします」と…出かけて参りました。

朝8時台のモーニングからはじまり、インドスパイスを使った本格的なカレーを中心としたメニューの用意あり。ランチセット、お弁当のテイクアウト、アフタヌーンティーまで楽しめるお店だそう。

神谷カフェ2.jpg
大きな通りから中へ入った住宅街に佇む、静かでなかなか良い雰囲気。天井も高く木の温もりを感じる素敵な店内・・・美味しそうなカレーの匂いが漂っています。

この日は、「4月の月イチビュッフェの日」とか。
神谷カフェ3.jpg
入ってすぐの壁際には幾つかのカレー鍋が並び、フードメニューにジュースなどドリンクが数本ありました。

入店しテーブルに着くと、「ビュッフェの品数が少なくなってしまったものですから、ワンプレートの盛り合わせにして、そこにドリンクを付けて〇〇円でよろしいでしょうか?」と。(一人1300~400円近くだったと思うのですけど、ハッキリした金額は忘れました)
それしか用意できないのでしたら仕方がありません、「それで結構です」と了解したものの・・・。

そして運ばれてきたものがこちら。母との3人分です。
神谷カフェ5.jpg
                                神谷カフェ4.jpg
カレーは、バターチキンカリーに、絹ごし豆腐入りのカレーの二種類、どちらも冷め気味[あせあせ(飛び散る汗)] ワンプレートには、スパイシーフライドチキン・イカのリングフライ・サツマイモサラダ・ミートボールとレンコンのトマトソース煮。
そこにカジキマグロのマリネ、五穀米ライス。
食後のドリンク、夫はスパイスミルクティー。私と母は、フルーツラッシーをオーダーして終了。
          神谷カフェ6.jpg

しかしハッキリ言って、素人っぽさの残るよくありがちなカフェ飯です。家で自分で作るものと、そう変わらないかな[あせあせ(飛び散る汗)]
その上これってビュッフェの取り残しでしょう。そう考えたら余計に美味しく思えなくなって、半分近く残してしまいました。
ドリンク付きにしても、この内容であの金額はないのでは[バッド(下向き矢印)]
お店の人は残されたプレートを見ても、何も感じなかったのかしら?
少し感じるものがあったとしたら、例え小さなパンケーキ一枚ずつでもいい。チョコッと焼いてフルーツソースソースにカットしたイチゴでも添えて出してくれたら、印象も違ったものになったと思う。
かかる材料費など数十円、手間だけですものね。そこまで気がまわらないのか、遠くからの客だから大切に思わなかったのかな。

芝生の庭の前にはテラスにも席があったり、凝ったデザインのソファ席があったり。また子供連れでの来店を見こしたお座敷があるなど、お店の雰囲気は悪くない。↓・・・の様におトイレだってオシャレ。
    神谷カフェ7.jpg        神谷カフェ8.jpg
しかし偶々でも訪問した日、時間が遅くなってしまったせいもあり、私達的にはイマイチでした。
明るくて感じそのものはそれほど悪くなかった、オーナーさん親子。
初夏からは神谷カフェ専用キッチンカーも走る予定とか。マルシェで見かけたら、買うかな?どうかな?
今回も失敗だったような!新規店の開拓って、難しいものね[あせあせ(飛び散る汗)]

神谷カフェカフェ / 堀米駅佐野駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5




DSC03746.JPG
でも家に帰る途中、車の中から虹が見えました。
それもうっすらながら、二重になった虹がずっと消えずにいてくれたのだから。。
虹を見たのは、ホントに久しぶり。なにか良い事があるかな?期待しましょうっと[揺れるハート]
nice!(71)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理