So-net無料ブログ作成

福岡・山口紀行・・⑦萩観光「松下村塾」と吉田松陰 [2017・10月九州・福岡~山口]

小休止してしまった為に、やる気減退と言うか、記憶が薄れた…と言いましょうか[あせあせ(飛び散る汗)] でも中途半端は嫌なので続けますね。

山口県と言えば、長北エリアにある萩の町。
幕末の志士たちへ思いをはせつつ、山口を観光するなら外せないところのひとつ。
まずは観光スポットNO.1とされる「松下村塾」へ。
    松陰神社5.jpg

松陰神社の中にある私塾跡、「松下村塾」イコール吉田松陰ながら…始めたのは叔父、玉木文之進であった。 また開塾期間も一年1か月と非常に短い。
          松陰神社2.jpg
木造瓦葺平屋建ての質素な小屋は、国の史跡に指定されています。
ここから高杉晋作や伊藤博文等(後の初代総理大臣)、義弟となる久坂玄瑞、吉田稔麿・・・と幕末動乱期から活躍、新政府樹立へ関わった多くの逸材を輩出。
多数の門下生が育っていく・・・8畳の講義室には松陰像と机が置いてあり、部屋の机を囲んでの熱い議論を交わす当時の様子が想像される場所です。

明治政府で活躍、我が県とも縁深い山形有朋(目白の椿山荘然り、栃木県・矢板の山縣農場 には「山縣有朋記念館」があり、私が訪問した時は子孫にあたる方が居住していました)も門下生の一人であった事に感慨を覚えました。
・・・以上わかったような事を書いているものの・・・大河の「八重の桜」「花燃ゆ」の影響が大なり!

松陰神社4.jpg
          松陰神社3.jpg
伊豆下田で海外渡航に失敗した後、江戸の「伝馬獄」から、萩「野山獄」へ収容され・・・後に自宅謹慎となり過ごした実家である「杉家」。謹慎の日々を読書と著述に専念し、やがて松下村塾で教えるようになるのでした。

次は、奥の「松陰神社」へ。
          松陰神社6.jpg
吉田松陰を祀り、明治23年(1890)創建された社。現在の拝殿は昭和30年に完成、学問の神様として、年始には勧学祭(合格祈願祭)が行われるそうです。しかし私達は年齢的にもこれ以上の進展は見られそうもないから、簡単に参拝して終わり。

最後に夫は興味がないと、私だけ一人で「松陰神社宝物殿至誠館」を鑑賞。
          松陰神社7.jpg
松陰が遺した著述、物品の永久保存を目的とし、生涯や萩市内のゆかりの地を紹介したパネル展示も。
国防に関心をもち、全国の国防施設を視察するのが旅の目的であった・・・「東北遊日記」のルート表示から・・・松陰は脱藩覚悟で宮部鼎蔵と、江戸から140日間に及ぶ東北遊学へ旅立った様子が明らかに。

※江戸出発から嘉永5年(1852年)江戸へ帰るまでの視察状況を記録したのが「東北遊日記」です。
自らの足しか頼るものない交通手段のない時代、青森県の外ヶ浜まで足を伸ばしていた事実があったのを再認識させられた。
以前食べに行った津軽平野を走る津軽線の終点駅「三厩」の寿司屋の店主が、「ここからそう遠くないところに、吉田松陰の歩いた「みちのく松陰道」があるんだ」と話していたのは印象に残りながら・・・170年後の今日でさえ訪れる人が限られる・・・地の果てであるのにと、半信半疑でうかがっていたのは失礼なはなし。
刑死の前日に書き遺された、門下生・塾生へ松陰の思いを伝える遺書「留魂録」の展示等。。
吉田松陰は安政6年(1859)「安政の大獄」により江戸で刑死。短くも激しい生涯を終えたのであった。

nice!(66)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

極早生みかん・次郎柿・ブリの子イナダのしゃぶしゃぶ [食]

記事的にはすでに賞味期限切れギリギリのものばかりながら…本日は、秋の頂きものシリーズ[るんるん]
我が友人Sさんが送って下さった、紀州の旬マルシェ「紀の」みかん。
みかん1.jpg
                   みかん2.jpg
橘の花をモチーフにした「KINO」のロゴマークからして可愛い[るんるん]
橘は日本固有の柑橘類で、みかんの原種と言われているとか。。
極早生みかんは・・・甘味がぎゅっと詰まった薄皮みかんで、さっぱりした甘味の果汁がたっぷりこん!
サイズもちょうど良く食べやすかったです。
自宅の取り寄せ用のオーダーで、我が家の分も頼んでくださったとか。Sさん、何時もありがとね[揺れるハート]

みかん6.jpg みかん7.jpg
次は毎年、この時期に夫の友人Mさんが送って下さる・・・同じく秋の味覚「豊橋の次郎柿」。
こうした季節の便りが送られ始めて、もはや20年あまり。一緒に仕事をしたのは一年ちょっとであったに関わらず、長くお付き合い頂いてます。本当にありがたいです。
毎年11月に入ってからが多いような。2Lサイズの10センチ近い立派な柿が、箱の中に三段[グッド(上向き矢印)]
36個も入っています。大きいだけでなく種がないから食べやすい、甘くて上品な味わいが特徴の柿です。

これだけの量、私ひとりではとても食べきれませんので、実家へ行く時持参し母に。また息子が遊びに来た時にも、こっちゃんに持たせる予定です。
先のみかんも、三等分して食べましたから。。

ご本人がグルメであるMさんだけに、送ってくださるのは毎回美味なものばかり・・・我家にとって、とてもありがたい存在であります。
また釣りの師匠だけに、これまた続けて・・・大漁のお魚が送られてきました。
みかん3.jpg
イサキが、8尾。
メジナと、イナダが一尾ずつ。←こちらは大型だから。お刺身でいただきました。
丁寧なレシピ&食べ方のメモ書き入りです・・・。ホントマメ男さんですね。
          みかん4.jpg
イサキは夫がエラと内臓を取ってくれたので、とりあえず・・・綺麗に洗ってラップで包み、塩焼き用に冷凍保存。

お刺身はこれまで同様、スーパーの鮮魚コーナーでお願いします♪…と思いましたら、持ち込みの場合出来るのは三枚おろしまでと[あせあせ(飛び散る汗)]食品衛生法とかで厳しくなっています。
ま、仕方がない。
三枚おろしの身は、夫が刺し身包丁で←出刃と刺し身包丁は一応そろっはいるんです。
しかし何分にも素人だけに、出来上がりの見た目がイマイチだ[バッド(下向き矢印)]
・・・だから美味しかったのだけど、画像はありません。

          みかん5.jpg
イナダの残りの半身ですが、イナダはブリの幼魚だから、翌日はブリしゃぶならぬブリの子・イナダしゃぶ。
冷蔵庫の中にあった食材、野菜と共におろしポン酢でサッパリと・・・見た目はブサイクながら、良質な脂がのったイナダの旨みが口の中にホワァ~~!
私の個人的な感想としては、お造りよりしゃぶしゃぶの方が美味しかった[グッド(上向き矢印)] 一晩寝かせたのが良かったのかもね。

お魚つながりで・・・知り合いの方から、天然鮎を頂きました。
「関東の四万十川」の異名をもつ、清流「那珂川」で釣れた鮎だそうです。
とにかく塩をふって、家のグリルで焼いてみたものの・・・こちらも見た目はイマイチ[たらーっ(汗)]
鮎1.jpg  鮎2.jpg
味としては悪くなかったのですけれど。
その「四万十川」産の鮎の塩焼き、このところありこちで開催される、地域の収穫祭で出店されていたもので、本物の四万十の鮎だそう。味の違いはわからなかったけれど、サイズ、焼き方で差がついてしまいましたね[あせあせ(飛び散る汗)]
他にもお菓子類が色々・・・食欲の秋、到来ですよ!
nice!(79)  コメント(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

最後の紅葉Ⅲ高原大根を求めて・・・ [ドライブ・栃木県北]

さて、さて、これまたもうひとつの目的・・・塩原高原大根を買わなくちゃ[ダッシュ(走り出すさま)]
          大根1.jpg
塩原温泉郷の位置するエリアは、言うまでもなく面積の8割以上が森林地帯。

大根2.jpg
東から西へ、大網・福渡・塩釜~上塩原まで続く温泉街を通り過ぎて、山間へ上ってゆく。
道路脇の山肌から煙や硫黄の匂いが漂ってきたり、温泉が自噴する様子も見られます・・・新湯(あらゆ)温泉では浴槽の石の割れ目から源泉が湧きだしているなど…元湯まで走っていく行程は、温泉好きにはたまらないところ。
車内にいてさえ結構な硫黄臭が漂ってくる←クンクン、これは好きな匂い[るんるん]
元気でいた頃は暇さえあったら、この辺りへも浸かりに来ていたなぁと懐かしく思い出す・・・遠い目[たらーっ(汗)]

晩秋の風物詩である、大根の購入目的で一度は出かけたい!塩原は全国でも珍しい高原大根の生産地です。
天候に左右されやすく、ちょっとしたことで割れたり、曲がったり、肌に傷がついたりと、実はとっても繊細な野菜である大根。
この地で売らている大根は、塩原の清涼な空気と農家の方たちが愛情をこめて育てたもの。

大根3.jpg
私達のお気に入り店は、新湯温泉の近くの「みどり園」さん。
400円くらいから・・・重さと大きさにより、ランクわけされた大根が並びます。
大根4.jpg
寒さから身を守るために糖分を蓄え甘くなる、まっ白な大根。ここまで瑞々しい食感はチョッと他では味わえません。…味わう為には、生食で!
だから毎回、唐辛子をタップリ使った「辛味噌」も一緒に購入するのがお約束です。

高原大根はずっと下にある、塩原温泉入口「道の駅 湯の香しおばら」でも購入は可。
それでも夫曰く・・・年に一度なのだから、何時ものこの場所の大根でなければ気がすまないとか。

※購入してきた大根は市販されているのと比べたら、比較にならない大きさ、重みもある立派なもの。
スティックにしてディップソースを付けても、スライスしてサラダにしても、味と食感は一味もふた味も違うと感じます。
自宅でも、翌日持って行った実家でも一本は即、食べきり!
今は、二本目をいっている最中なり。。

大根5.jpg
「日塩もみじライン」を通って、鬼怒川へとぬけて帰りましょう。
鬼怒川温泉と塩原温泉を結ぶ標高1,000mを超える高原道路です。ネーミング通り沿道には紅葉が多く、最盛期は辺り一面が真っ赤に染まるのが常ながら・・・今年は来るのが遅かったから、ほぼ終わってしまっておりました。

10月の声を聞くと、旅好きはそわそわしはじめであろう・・・。
北から紅葉が南下してくるのはいつ頃だろうかって、それでも週末が一定レベルの好天と重なるのはむずかしい。

大根6.jpg
途中にある展望台からの眺め、遠くに見えるのは「川治ダム」だそう。

大根7.jpg
この辺りは、ぼちぼちといった感じ。散りはじめている中にも艶やかさは少しだけ残っていました。
          大根8.jpg

大根9.jpg
県内では西の鹿沼市辺りでも観られるものの、色づきの美しさは日光、塩原が勝ると思います。
今回の日光~塩原は、ブログを始めてから恒例となった・・・秋の一日でした。
          
来年もまた美しい紅葉が見られますように。
nice!(56) 
共通テーマ:日記・雑感

最後の紅葉Ⅱ「塩原もの語り館」前で [ドライブ・栃木県北]

国道121号線「会津西街」から、尾頭トンネルを抜けて塩原温泉郷へ向かうも、山々の色づきは見頃とは言えません。どこもイマイチな感じ。

一見地味で冴えない佇まいの温泉街ながら、その実11種もの異なった泉質をもった源泉が湧きだしている。。周囲の渓谷の美しさ、紅葉スポットとしても外せないのが塩原。
紅葉1.jpg
塩原温泉で最も人気のある「塩原もの語り館」の駐車場から、渓流展望台を眺める。

                   紅葉2.jpg
そして名物であるのが密生する温泉旅館内をトテトテ・・・トテ馬車(観光馬車)、地元ゆえ乗った事ありませんけどね。

温泉街のシンボル的なこの場所、多くの観光客の姿がありました。
おぉ~、スゴイ!まだ少し早いのかな?と思ったのは昨年の訪問時。今回が一番素晴らしく思えます。
紅葉3.jpg
対岸の紅葉もながら、橋の欄干に大根が下がっているのがわかりますか?
          紅葉4.jpg
深まりゆく秋だからこそ、美味しくなる「塩原高原大根」、本格的な味の良さを観光客にも味わって頂くキャンペーン。
毎年この時期は宿泊施設や飲食店、直売所などで、塩原高原大根の料理を提供。収穫体験や大根大鍋振る舞い等のイベントが行なわれます。
また街灯や橋の欄干に大根をぶら下げる・・・その名も「大根ぶらさげ祭り」と、大根にちなんだ企画が盛りだくさんなのでした。
「大根大鍋ふるまい」はまだお鍋が置かれたままだったから、前日あたりに行われたらしい。

          紅葉6.jpg
川沿いにある「塩原もの語り館」に来たら、デッキに座って川沿いの景色に見入るのはお約束ながら、
「紅(くれない)の吊橋」からの眺めも見事!綺麗ですよ。

    紅葉7.jpg
もの語り館の対岸は新緑と、紅葉の名所。例年11月初旬から中頃にかけては紅葉の見頃の時期となる。

紅葉8.jpg
箒川(ほうきがわ)を間にして・・・昨年(10月22日)よりは色づいているように感じた。

紅葉9.jpg
綺麗な木々を楽しみ、水の流れを眺めながら10分くらい歩きました。
水面もに映る紅葉も見事!目の保養!目の保養!・・・わ~ん。空気まで綺麗に思えるわん。


          紅葉10.jpg
今が盛りの・・・紅葉です。この反対側には公共の露天風呂「もみじの湯」があるのですが、その様子については以前書きましたので省略。

紅葉11.jpg
対岸から眺めた「塩原もの語り館」、二階の開口部=大きなガラス窓に写った色づいた木々が美しい[ぴかぴか(新しい)]
私達の訪問した翌日だったかしら?塩原温泉街がまさに見頃として、この場所からテレビの中継がされました。
日塩もみじラインへと続きます。もう一回だけお付き合い下さいね。
nice!(64)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感