So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の6件 | -

避暑を求めて北海道旅行・・・④「十和田市現代美術館」 [2018・8月岩手・青森・北海道・新潟]

7月31日(火)
この日八幡平から向かうのは、青森県の下北半島です。
青森でも最北の地を目指す訳ながら、一か所くらいは観光もしたい。そこで選んだのが、「十和田市現代美術館」でした。
青森県十和田市にある著名な美術館ながら、これまで機会がなく訪れたのも初めて。

※十和田市現代美術館は、「アートを通した新しい体験を提供する開かれた施設」として、Arts Towada計画の中核となる現代美術館。

まず目についたのは・・・ 美術館の周りに並ぶ楽しいオブジェの数々。道路を挟んで向かい側にもカラフルな草間彌生の展示あり、フラワー・ホース、アッタ(巨大アリ)など野外展示もあり。入館前からいくつかの作品には触れあえるのです。

美術館3.jpg
「愛はとこしえ十和田でうたう」 草間彌生
アート広場の一角に広がった色鮮やかな水玉世界は、カボチャ、少女、キノコ、犬たちの8つの彫刻群。
しかし青森とは言えこの日はとにかく暑くて、駐車場からここまで歩くだけで汗が流れました。道路を渡って行くだけの気力など到底ありません。

美術館と言っても子供も親しめそうな雰囲気、身近にアートに触れる機会がもてるのは幸せな事。
美術館1.jpg
建物は中外共にシンプル過ぎる白い四角形の箱型、平日でも意外に多い来館者数。女性に子供連れの家族の姿が多く感じました。

入館してすぐに展示されていた彫刻作品「スタンディング・ウーマン」・・・これまでも写真では見ていたものの、大胆にして迫力のサイズ、しかしよく見れば表情はあまりにもリアルで、繊細な人体の作り・・・にも圧倒されます。
        美術館2.jpg
「スタンディング・ウーマン」 ロン・ミュエク

美術館4.jpg
「オン・クラウズ(エア-ポート-シティ)」 トマス・サラセーノ

        美術館5.jpg
「光の橋』 アナ・ラウラ・アラエズ

美術館7.jpg
「闇というもの」 マリール・ノイデッカー
林立する木々の間から光が差し込む、幻想的な風景・・・は、実際に森で樹木をかたどって制作した。巨大なジオラマは、本当に森に迷い込んだのかと錯覚するリアルさがあり、壮大な自然を目の当たりにした際に人が抱く畏怖の念を喚起してくれます。

美術館8.jpg
「夜露死苦ガール2012」 奈良美智
美術館の壁面に描かれているのは、弘前市出身のアーティスト奈良美智の作品。白いカンバスに見立てた壁にシンプルなブラックのラインで勢いよく描かれていました。
青森市の県立美術館にある「あおもり犬」も有名ですね。

          美術館9.jpg
「ゴースト」 インゲス・イデー
以上2点は3階から眺めたものだったと思います。作品数はそう多くはありません。他にも「ファット・ハウス/ファット・カー」エルヴィン・ヴルムのユーモラスな作品の展示等。。土産コーナー併設のカフェもオシャレなスペースでした。
展示内容については理解したとは言えないものの、パワーをチャージしたところで今宵の宿のある下北半島へ向けて出発!
美術ファンには外せない場所であり、世代を問わず楽しめる「現代美術館」でした。

避暑を求めて北海道旅行・・・③八幡平「全5室の小さな宿 Beaver」食事編 [2018・8月岩手・青森・北海道・新潟]

7月30日(月)
夕食は午後7時より、時間に合わせて私達もしずしずと参りましょう。
Diningへ入ると、テーブルに案内されます。・・・と言ってもこの日は二組だけ。
プランニングの時、大間までの一泊であればこちらしかないと予約した私。しかし一組と貸切なのは良いようようでいて、この予約さえなければオーナーファミリーもお休みだったはず・・・って思うと、申し訳なくて。。その後に、もう一室埋まった時にはホッ!
ママさん何時も通りの・・・キレの良い動きで、前菜を各テーブルに配膳中。
食1.jpg
テーブル中央に置かれたプレートのマシュマロみたいの、気になりますよね[目] ボトルの水を注いだら…あら、不思議!ナプキンに変身です。それも今回はハーヴの香り付きとか♪
          食2.jpg
[ぴかぴか(新しい)]本日のディナーメニュー 「旬彩フレンチ・八幡平杜仲豚ベーシックプラン」
◆前菜 (上から時計回りに)・八幡平産ズッキーニのフラン ・穴子のフリット ・八幡平杜仲豚のパテ・デ・カンパーニュ ・(ピンクの最中の皮の中は)三陸産鯖のリエット ・八幡平マッシュルームと安比舞茸のオイル煮  
食3.jpg   食4.jpg
毎回ながらどれも凝っていて・・・彩りも良く美味しそうな前菜から、あとの料理への期待も高まります[るんるん] アルコールが飲みたい気持ちになる品々。早くお酒をください!
迷った末に「紫波自園自醸ワイン メルロー」を。夫は、盛岡市内の醸造所「ベアレン」で造られる「ベアレン・クラッシック」のオーダーです。
パテやリエットは勿論、とっても滑らかで、彩りも綺麗なフランが夏を演出しています♪
食11.jpg
ドリンクメニューの一部です。

◆スープ 八幡平産とうもろこしの冷製ポタージュ
◆プチカンパーニュ & じゃがいもパン と、パンは2種類
食5.jpg  食7.jpg
Beaverさんのパンは何時だって美味しい。ただ美味しいだけでなく、料理を引き立てる感じがするのです。

◆お魚 三陸産GV真鯛と帆立のポワレ 酒粕とシードルのソース
食8.jpg     食6.jpg
身の厚さがフワッ、旨みのある真鯛と帆立は、繊細なソースで味わいもアップ!
先にこちらで美味しいのを食べてしまっていたからでしょう。大雪山のホテルで食べた同じメニューは違う味で美味しくなかった??
ベアレンの黒ビール、「シュバルツ」を追加。
◆お肉 八幡平杜仲豚肩ロースの低温ロースト 黒にんにくソース 
白いのはにんにくパウダーだったと思う、玉ねぎ、ポテト、しし唐が添えられて。
食10.jpg    食9.jpg
※八幡平杜仲茶豚とは…
 杜仲茶葉を飼料に育成された、臭みがなく柔らかい肉質のブランド地豚だそうです。
豚肉でもここのは美味しいから大丈夫、火の通り加減も絶妙です。

お肉を食べるにはアルコールが足りないと・・・「ベアレン・イングリッシュサイダー」を追加。
※イングリッシュ・サイダーと、リンゴの果実酒シードルとの違いは?
リンゴのお酒なのに、シードルとサイダーとは何が違うのか?
本場・英国のパブで飲まれているエール。そうしたパブでエールビールと共に、文化を作り上げてきたのがサイダーだそう。
歴史のあるパブ文化を支えてきたサイダーはやはりお酒、シードルとは違うと言います。

シェフ渾身のフレンチは・・・旬の味を吟味し、地元の素材を拘りの調理法でアレンジの内容でした。
特に肉料理の低温調理や、ガストロバック(減圧調理器)を使用したメニュー。スープに添えられた雪泡にしても凝りに凝ったもの。彼は料理やスイーツに雪泡を添えるのが、お好みよ・・・ヽ(^∀^*)ノ

◆スィーツ チーズケーキと季節のGV果実 八幡平市・藤枝夢ジェラート キウイ
食12.jpg 
ガストロバック調理で、透きとおって甘味の増したスイカと桃。隠れてしまっているチーズケーキ、キウイジェラートもサッパリとしているから、満腹ながら完食。
◆コーヒー・エスプレッソ・紅茶・ハーブティー・・・より
エスプレッソを選びました。夫はカモミールティで、ゆったり安眠するつもり?
最後まで手抜きなしの、期待を裏切らない美味しさ。ごちそうさまでした[グッド(上向き矢印)] あとは寝るだけね。

JAZZのBGMが流れる中、この料理を味わいたくて、、、こうした贅沢な時間が忘れられなくて、、、また来てしまう[るんるん]

しかし夕食を完食してしまったから、翌朝は入らない。
朝1.jpg
7月31日(火)  朝食前のダイニングの様子です。

朝2.jpg
焼きたてパンをはじめ、濃厚な田野畑牛乳に、特製ブルーベリースムージー、
地場卵のふわふわオムレツ、八幡平杜仲茶豚のホワイトソーセージ。お野菜のココットは二種。
地元食材を使った美味しいメニューは、このまま夜の食事にしてもいい。
それなのに食べられないのって勿体ない[あせあせ(飛び散る汗)]
朝3.jpg
後から運ばれるベーコンと根菜の熱々スープ。前夜と同じくGV調理されたリーフサラダがキラキラです。そこにドレッシング。食後のコーヒー、紅茶はセルフで。
                         朝4.jpg
朝のパンも焼き立てなのは勿論、バターロール・ミニクロ・セサミだったな?・・・はとても食べられず、ママに包んでもらいお昼に頂きました。

ここでまた、我が採点を再開。
     部屋 ☆☆☆☆☆
     設備 ☆☆☆☆  
     風呂 ☆☆☆☆☆
     料理 ☆☆☆☆☆ 
     接客 ☆☆☆☆☆ 
     総合 ☆☆☆☆☆
・・・と、ほぼ最高点となった次第。つかず離れずの絶妙な接客も、毎回わかっているなぁと思わされるもの。
再訪したい度も同じく最高ながら・・・サスガに6度目となると新鮮味が!?次回は少し期間を置いてからとします。
thanks(71)  コメント(9) 

避暑を求めて北海道旅行・・・②岩手・八幡平「全5室の小さな宿 Beaver」 [2018・8月岩手・青森・北海道・新潟]

      beaver1.jpg
先月で連続6回、毎年泊まりに行っているこちらの宿。ペンションと銘うつものの、提供される食事の美味しさは格別[グッド(上向き矢印)] 私達が6度もリピートをしているのはここだけなのです。

beaver2.jpg
建物の外観こそ古さが感じられるが、昨年12月の館内リニューアルにつき、どう変わったのか?期待も増すと言うものです。
beaver3.jpg


beaver4.jpg
お決まりの・・・大女将の出迎えを受けてチェックイン。
(旧101号室)は一階にある唯一の部屋で、元々広さあり居心地の良さから人気、専用トイレ洗面付きの離れ感覚が味わえる和洋室でした。
        beaver5.jpg
ドアを開けると中庭の臨める廊下です、その先には新設となった洗面とおトイレ。
洗面台、トイレ共に最新式のものに変わっていました。
beaver6.jpg
        beaver7.jpg
8帖のリビング+8畳フローリングベッドスペースと、間取りは同じながら・・・座卓テーブルがより落ち着いたローソファ&テーブルに、寝室にはマッサージチェアも設置。
クローゼットの中に浴衣と羽織。籠バックにバスタオルとタオル、歯ブラシの用意あり。
テーブル上の茶器セット、コーヒー&ティーパック、小型冷蔵庫にはミネラルウォーターとウェルカムプリンが入って、プリンは言うまでもなく美味しい!
                           beaver8.jpg
FreeWi-Fiの利用は可能、9泊した中でWi-Fi利用不可であったのは、増毛の宿一軒だけでした。

安らぐ大人だけでの時間を過ごす、、、、私達にとっては初ペンションであり、ペンションの良さを気づかせてくれたのがこの「Beaver」さんでした。
ただし夕食タイムが2時間と長くなってしまうせいもあり、12歳未満の子供は宿泊不可。そのせいもあってか、夏休み中に関わらずこの日の宿泊は我々を含めてふた組だけ。

天然温泉である硫黄泉、掛け流しのお風呂が24時間自由に貸切利用出来るのも魅力なのです。
          beaver9.jpg
貸切風呂へ向かう廊下もムーディに演出されています。

到着後すぐに浸かったのは、露天風呂付きの「マグマの湯」。
beaver10.jpg
ここの脱衣所は広さの関係もあってか簡素、ドライヤー、基礎化粧品に、カミソリと言った必要最低限なものだけ置かれていました。
   beaver11.jpg
御影石の内湯も、浴槽周りの雰囲気がウッディに変わって、よりナチュラルな感じ。
         beaver12.jpg
周囲の緑がお湯の表面に写って美しい露天。お湯は以前はもっと白かった印象があるのだけれど。。
紫陽花が咲く緑に囲まれて息を吸うと、身体の中までリセットされる感覚♪
蝉しぐれに時おり聞こえてくるウグイスの鳴き声と、全てが短期間にやってくる北国の夏を感じさせてくれた露天風呂でした。
前は松川温泉からの引湯だったけど、変わったのかしら?
東八幡平温泉の源泉温度は68度もあるとのこと、この後も硫黄泉のお風呂に何度か浸かったのだけれど、こうした宿では硫黄の成分により水道、浴室内は勿論、部屋の家電にしてもすぐにダメになってしまうと聞く。
源泉パイプの詰まりや浴室内の手入れ、目に見えないところにかかる費用や手間。温泉宿を維持管理していく苦労は並大抵なものではないと、泊まる度に思わされます。

DSC09877.JPG
翌朝の・・・個人的には、こちらの浴室も嫌いじゃない。
beaver13.jpg
「hiva湯」の洗面所にはドライヤー・コットン・綿棒・コットンフェイスマス ク・クリーム肌水の用意が。

   beaver14.jpg
二人では勿体ないくらいな・・・広めの朝風呂にゆっくりと入った、気持ちの良い時間でした。

次回は毎回目で、舌で楽しませてくれるお料理たち。ロクなお昼を食べていないからお腹が空きました、
Diningへと参りましょう。
thanks(65)  コメント(10) 

避暑を求めて北海道旅行・・・①岩手・八幡平を目指して [2018・8月岩手・青森・北海道・新潟]

この夏の暑さはひとしおである。
まだ7月、夏休みに入るか入らないかと言う時期に関わらず・・・猛暑日が続いたと思えば、今度は台風まで次々と。
そこで今年も「涼」を求めて北の大地まで。
しかし飛行機ではなく、東北各県を通過した後は青森の大間港からフェリーで渡ると言うもの。
プランニングは何時も通り私でございましたが、勿論楽しい旅に。まぁまぁの出来ではなかったかしらん^^
帰路も小樽から新潟への日本海を南下するフェリーながら、台風の影響もなく、また10日間ずっと快晴続きと天候にも恵まれました。
自家用車だから荷物は沢山積めます。大きなクーラーボックスへは次々と食べ物を入れたり、持参したドリンク類、保冷剤も重宝して大活躍。

岩手へ0.jpg
7月30日(月)
自宅を出発したのは、ゆっくりタイムの8時。高速の東北道で走る事5時間あまり、宿のチェックイン時刻に合わせて、早過ぎてもと思い手前の「紫波インター」で下りる。

途中に食べたのはマックのコーヒー&マフィン、そして岩手の誇るブランド牛肉「前沢牛」ではなくて、前沢牛入りコロッケと…寂しい限りながら、全てはこの日の夕ご飯を美味しく頂くためなのであ~る。なんちゃって!ホントは違うのよ。
      岩手へ1.jpg  岩手へ2.jpg
おトイレを借りた西〇〇さんでは、こっちゃんの甚平の購入もしてしまいました。

岩手へ3.jpg
岩手県盛岡市内から、岩手山を眺めつつ北西へ。秋田、青森、岩手の3県にまたがる・・・アスピーテラインと樹海ラインをめぐる一帯は八幡平と呼ばれる。また湯量豊富で、湯治湯としての歴史もある八幡平。
岩手へ4.jpg
それでもまだ余裕であったから、八幡平温泉郷でも名湯として知られる松川温泉、峡雲荘が並ぶその奥。「松川地熱発電所」の見学をする事とした。

          岩手へ5.jpg
昭和41年に日本で最初に運転を開始、世界でも4番目となる地熱発電所。山中にそびえ立つ・・・高さ46m、巨大ドーム型の「冷却塔」と、たち昇る蒸気に圧倒されました。

    岩手へ6.jpg
資料の展示及び見学施設の松川地熱館があり、地熱館はPR施設となっており、内部に展示された映像・パネルにより、地熱発電のしくみが理解できるようになっています。
岩手へ7.jpg
                岩手へ8.jpg
八幡平のもつ地熱のエネルギーの凄さ!
地下から噴き上げる蒸気でタービンを動かして発電する、ドライスチーム方式で作りだされる100%クリーンエネルギーの様子。八幡平へはこれまで何度も足を運んでいたのに、見たのは初めてでした。

        岩手へ9.jpg
さて16時も過ぎた事ですし、何時もの例のお宿へと参りましょうか。
thanks(53)  コメント(9) 

すしの田丸家 [食]

退院後の再診の日でした。
9時に家を出て、会計まで済んで時計を見たら12時・・・は、仕方のない範囲でしょうか。それにしても、なんと病人さんの多い事。
      田丸家1.jpg
無事終えてのランチは、すぐ近くの「すしの田丸家」さんで。
ラーメン店「幸楽苑」と隣接する形で建つ同店。この前を月に数回は通っていたと言うのに、これまで全く気付きませんでした。

12時過ぎであったから満席かと思いきや、意外に空いていた。埋まっていた席は2~3割、意外と穴場的な存在なのかもしれません。
田丸家2.jpg
外観からは想像できないカフェのような店内は…一人でも気兼ねのないカウンター席から、家族、グループで食べられるコーナー風の個室まで様々。
カウンター奥には、日本酒、焼酎、ワインに果実酒。多彩なアルコールの取り揃えも伺えます。

ランチメニューから。
      田丸家3.jpg
1000円(税別)からあるランチメニューより、沢山は食べられないからこれと、一番安い「凪」で。・・・と何時もの節約精神が顔を出してしまった私。だってこの直前に、入院費用の支払をしたばかりで懐がサビシイの~~。

案内されたテーブルに着くと、「温かいお茶と、冷たいお茶、どちらが良いですか」ですって。・・・選べるお茶なんちゃって。
初めに和風ドレッシングのかかったサラダ。もう一品は山形の「だし」ののった冷奴、サッパリで嬉しい[グッド(上向き矢印)] 冷奴は好きでも嫌いでもなかったけれど、最近美味しく感じるお年頃。
田丸家4.jpg

※山形の「だし」とは、きゅうりやなすの夏野菜とみょうが、大葉、生姜などを刻んで、 そこへ細切り昆布を混ぜて、ねばりをもたせた・・・ご飯によし、豆腐によし・・・とする山形県の郷土料理。
地元山形は勿論、関東のスーパーでも普通に売られているものながら、使われている食材からも一目瞭然、何もない時にサッと作る、本来は手軽な家庭の味である。

そうする内にカウンターの内側で、まだ若いけれどオーナーさんなのかな。
寿司ネタが並ぶのは四角い木箱、そこから一品ずつ出しては丁寧に仕事をしていく。一切れ切っては、包丁を布巾でぬぐい、また次のネタへと。
他のグループ客も女性が多かった為か、私達とたぶん同じメニューのオーダーであった訳です。店側としてみれば利益も少ない訳ながら、そう感じさせない一生懸命な仕事ぶりに好感をもちました。

他に見ていたら・・・ガラス鉢にこんもりと盛り付けられたご飯、そこへ刻んだ海苔を綺麗に敷き、丁寧にネタを敷きつめていく。オーダーは見た目も華やかなウニ・イクラ丼でした。それには寿司ネタの小鉢も付いています。

田丸家5.jpg
さて、かんぴょうの卵とじと共に、運ばれてきました。
新鮮そうに見えないと言われてしまうかもしれませんが、鮮度は悪くありません。ランチでしたらじゅうぶん、「しゃり」が小さいところも良い感じ。
ネタの美味しさ、職人の技の光る繊細さもあって、くるくる回るお寿司なんかよりずっと良く思いました。
すしネタ7巻に、巻物・・・のはずが、会計時に「今日は鰹が入ったので、巻物の代わりに鰹なんです」って。
漁港や産地で直接買い付けている為に、リーズナブルな価格での提供が可能であるとも言います。

食後にはデザート、選べるドリンクまで付いてきました。
          田丸家6.jpg
手作りらしきトマトシャーベット、手間かかってます。
アッサリと甘くて、食べてる最中、時々感じる果肉の食感が美味しい。
たっぷりのアイスティを飲んで、まさにお口直しと言う感じで食べ終えました。
初訪問ながら・・・懸命さの伝わる接客は申し分なく、リーズナブルな価格、美味さとどれも満足しました[るんるん] 良いところ見つけちゃった、また食べに行きますよ~~次回は、彩りも鮮やかな「ばらちらし」がいいな。
ばらちらしは「monmiyaグルメ大賞」受賞だそう、興味シンシンです。
thanks(61)  コメント(12) 

フルーツ&フルーツゼリーの詰め合わせ [食]

庭のブルーベリーが順調に色づき始めています。
        ブルーベリー4.jpg

植栽してから10年チョッと、しかし植えた場所がまずかった。ガス給湯器から熱風が出てくる、まさにその真ん前なのですもの、計画性ゼロであるのは間違いなし。
        ブルーベリー3.jpg
なのに文句も言わず、毎年チャンと実を付けてくれる可愛い子。いいね、手のかからないブルーベリーって!

和菓子屋さんで「季節のフルーツ大福」を買ってみました。
ブルーベリー1.jpg
      ブルーベリー2.jpg
ブルーベリー餡を包んだ、皮にもブルーベリーが練り込まれている模様ながら、そこに粒よりなブルーベリーの実をトッピング。
もう一個はパイナップルだったかと思いますが、これまでも練乳苺、きんかん、うめ・・・と食べた中で・・・意外にもレモンの酸っぱさがサッパリして一番美味しかった、レモン大福が気に入りました。

和の次は、洋。
千疋屋総本店のピュアフルーツゼリー詰め合わせです。
まず伊勢丹の包装紙、、千疋屋のゼリーという訳で・・・高級感漂っています。
ゼリー2.jpg
千疋屋だけに、白桃、ピオーネ、ラ・フランス、さくらんぼ、黄金桃、ふじりんご・・・とこだわりの果実を、宝石箱のようにちりばめたゼリーの・・・・見るからに涼しげなこと[ぴかぴか(新しい)]
清涼感のある透明ジェリー、そこに包まれたフルーツ・・・子供から大人まで年齢を問わず好きかと思われます。

          ゼリー.jpg
よーく冷やしたゼリーを食べ勧めると、ゼリーの中から大粒の光り輝くジェリー達が顔を出します。
ツルリン・・・とした喉越しの良さのあと、口当たりの良さがやってきました。
これぞ、夏!と思える瞬間ながら。。
少し欲張るなら・・・地方に住んでいるとタイミングが合わなくて食べられない、千疋屋のフルーツサンドイッチは憧れのひとつ。←人間が小さいだけに、願いも小さいね[あせあせ(飛び散る汗)]
前の6件 | -