So-net無料ブログ作成

「星間商事株式会社社史編纂室」三浦しをん著 [本]


星間商事株式会社社史編纂室

星間商事株式会社社史編纂室

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2009/07/11
  • メディア: 単行本


昨日に続いて・・・今日は、最も最近になって読んだ本の話。なーんて書くと、またドン引きされてしまいそうですけれど・・・
今回の主人公は、中堅商事会社の社史編纂室に席を置く川田幸代。
実家の親からは暗に結婚はまだかとせっつかれている、そのうっとおしさから親とも距離を置く崖っぷちの29歳、同棲する彼は居るものの結婚の予定はなし。。。
そして彼女は、「同人誌作りこそが我が人生」なオタク。
飛ばされた社史編纂室は・・・・定時に出社する事のない給料泥棒の名がぴったりな本間課長。
可愛くてグラマラス、しかし仕事は出来そうな・・・不思議な子・ミッコちゃん。
仕事そっちのけで女遊びに忙しい毎日をおくっている矢田先輩。その上、姿をあらわさない謎の部長まで・・・と、スペサルな面々が揃っていたのだった。
この設定からは、以前ヒットしたテレビドラマ「ショムニ」が思い出されました。

幸代がオタクである事がばれてから、「社史編纂室でも、同人誌を作ろう!」と柄でもなく何時にない程に積極的な本間課長。それは彼のただの気まぐれか、それともその真意はどこかにあるのだろうか?
この面々が本業である星間商事の社史作成に当たって調べを進めていくと、過去の関係者だれもがが口を濁す時代があった事に気づく。
高度経済成長期の最中星間商事には秘められた過去があり、それが現在の発展につながったと言う・・・
謎の社用原稿用紙に付けられた、月と星のマークの意味するものは何!?
それは実在することのない架空の国「サリメニ」と、国王に差し出された姉妹である日本女性二人。
現在の専務である柳沢もそこに関わっている事実を、つきとめたのだった。

この長い堅いタイトルに反して、ゆる~~い内容。
しかし次第に活き活きと活躍を始めるそれぞれのキャラ。
ただのダメ親父にしか見えない本間課長が、意外と出来たりするのは・・・・この手の作品のお約束!
仕事も女性関係もいい加減に生きている様に見えた矢田も、最後にはキッチリと決めてくれるのだった。
星間商事の空白の過去、サリメニ共和国で行われた取引が書かれた裏社史は皆の協力の上にようやく完成をする。

皮肉やつっこみどころ満載の面白い会話。
ストーリーもテンポよく軽快で気持ちの良い、楽しく読めた一冊です。
コミケ(コミックマーケット)=同人誌即売会の存在も知って、こういった世界が多くの人に支持されている事実も興味深く思いました。
読んでいる最中から「同人誌」や「コミケ」に、一度でいいから参加してみたくなる内容でした。
ストーリーの途中、途中に絶妙のタイミングで挿入される幸代の書いた小説、本間課長の書く痛快時代劇があります。
課長の時代劇は、荒唐無稽で馬鹿馬鹿しいのだけれど楽しめました。もっと読みたかったなぁ~~
この辺りにも、オタクムードがプンプンしてとても楽しめます。

三浦しをん作品は、直木賞を受賞した「まほろ駅前多田便利軒」を随分前に読んでいました。
過去の日記から探し出しましたので、よろしければこちらへ[次項有]http://plaza.rakuten.co.jp/simarisuu/diary/200608310001/#comment
この時には、この程度でも「直木賞」受賞となるのね。・・・くらいにしか思えない内容でした。
どちらも軽いけど、「星間商事・・・・」の方がずっと楽しめるかと思います。
本の装丁とカバーは、読んでいくとそれぞれが本作の中でどうして使われたのかその理由もわかって、その辺りも楽しめる仕掛けとなっています。


まほろ駅前多田便利軒

まほろ駅前多田便利軒

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本



thanks(26)  コメント(12) 
共通テーマ:

thanks 26

コメント 12

YUTAじい

はじめまして。
ご訪問、nice!ありがとうございます。
by YUTAじい (2010-09-08 14:43) 

ラン

hana2009さんの読まれた本の内容読ませていただくと
私も読んでみたくなります!かたそうに見える題名なのに
楽しく読めそうです♪読書はいいですね~^^
by ラン (2010-09-08 15:16) 

nano

全く存じ上げませんが、レビューを拝見してると
赤川次郎っぽいですね(。・w・。 ) ププッ
by nano (2010-09-08 15:49) 

デルフィニウム

確かにショムニの設定に似ていますね。
あと うーん 思い出せないけど だんだん出世していく女性社員の物語・ドラマがあって
それにも似ています。
by デルフィニウム (2010-09-08 16:50) 

hirochiki

こんにちは、こんばんは(笑)
今日は、台風の影響は大丈夫でしたでしょうか?
この記事を読ませていただいたら、
思わず「星間商事株式会社社史編纂室」を読んだ気持ちになってしまいました^^
とっても面白そうな内容ですね!
「ショムニ」は、私も観ておりましたよー。
読み終えた後に、楽しい気持ちが残る本は良いですよね(^^ゞ
(mhirochiki)
by hirochiki (2010-09-08 17:51) 

hana2009

YUTAじいさんへ 様の方がよろしいでしょうか~~

こちらこそ、はじめまして。ご訪問下さりまして、nice!&コメをありがとうございます。

by hana2009 (2010-09-09 14:20) 

hana2009

ランさんへ

この長ったらしい漢字ばかりのタイトルは、確かにとっつきにくさを感じました。
それでも読み始めると、面白い~~
あっという間に、読み終えてしまいました。

これからは、夜が長くなりますもの。一人の時間を楽しみたいものですね~☆
by hana2009 (2010-09-09 14:23) 

hana2009

nanoさんへ

赤川次郎作品を、これまで全く読んだ経験のない私です。
だから、図書館などに赤川次郎のコーナーがある事自体が不思議で仕方がないのです。

確かに軽い、この作者のものと、似ているのでしょうか。
by hana2009 (2010-09-09 14:26) 

hana2009

デルフィニウムさんへ

他所の課から邪魔者扱いされている設定は、似ていますけれど・・・


幸代ともう一人の友達との、オタク道を生きるその生き方の方も面白かったです。
by hana2009 (2010-09-09 14:30) 

hana2009

mhirochikiさん、こんにちは。

こちらは内陸なので、それ程の雨も降らず、風も弱くて。
静岡や愛知の方が大変ではなかったでしょうか。

本にしても、映画にしても、そこに描かれる世界は現実には体験できない事がほとんどです。
詳細に描写される内容を読んで、その世界に身を浸す、想像力を全開に出来る・・・その辺りが魅力かと思うのです。

私が書いたのは、あらすじのホンの一部のみ。
もしよろしかったら、とっても気軽に読めるものですから、そうお嬢さんともご一緒にいかがでしょう!
by hana2009 (2010-09-09 14:38) 

hana2009

nice!を下さった皆様へ

いつも、ありがとうございます。
by hana2009 (2010-09-09 14:39) 

黒執事 BL

もう見ました、面白いですね

by 黒執事 BL (2010-11-12 17:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。