So-net無料ブログ作成

「柔らかな頬」桐野夏生著、佐野洋子さんを悼んで・・ [本]

気がつけばここしばらくの間は、お気楽なドライブ日記ばかり書き続けてきてしまっています。
それでも一応は本を読んだり、映画を見たりはしていたのです。
気がつくまででもなく、それをこうして書くのを面倒に思っていた。どう書いてよいのかわからないでいただけの事なのでした[バッド(下向き矢印)]
近頃は以前のようにまとまった内容を考え、文字にして書くことが困難になってきてしまってます。これも年と言うことなのかしらね・・・

そこで読後に覚えているものだけを簡単に紹介しておきましょう。自分自身の覚書代わりに。

作家としてデビュー当時から、発売と同時くらいに購入して読んでしまっているのは桐野夏生作品です。
今日紹介するのは、初期に書かれた「柔らかな頬」。直木賞受賞作です。
この本も当然再読となるのであるが、私の記憶にあるのは冒頭の部分だけだった[あせあせ(飛び散る汗)]

主人公の森脇カスミは高校卒業時に北海道の寒村から家出をし、その後は東京でずっと暮らしてきた。
製版業を営む夫には内緒で、大手広告代理店のグラフィック・デザイナー石山と不倫関係にある。
石山は北海道に別荘を買ってそこにカスミの家族を招く。その別荘内で密会をするのが二人の目的であったのだ。
カスミにとりそこは十数年ぶりに踏んだ故郷の地でもあった。

石山との情事の翌朝、カスミの長女が神隠しにでもあったように失踪をしてしまう。
母親にとってそれはある日突然に、理由もわからないままに最愛の存在を失ってしまうこと。
時間の流れとともに失踪事件が風化していく中でカスミだけは一人、わが子への思いに囚われて娘の姿を追い求めます。
一時は家族を捨てることまで考えていた母親にとって、日常生活の中から子供がいなくなるということがどのようものなのか。。。
親や過去を捨てた人間であるカスミ、それがその後自分の子と過去に囚われていくのは人生の皮肉。

後半に登場するのは、数十年ぶりに捨てた故郷に戻ったカスミをむかえるその母。
これまでの桐野作品同様に、ここでも主人公のイメージはハッキリと描かれています。
最愛の娘を失ったことにより生きている時間を止めてしまった女は、娘を捜すことに人生の全てを捧げますが。
時を失ったままで、その先をどのようにして生きていくのか・・・・

カスミと共に娘探しの旅に出るのは、ガンを患って余命幾ばくもない元刑事の内海でした。
この男、過去には目的の為であれば何でもしたという。
道警一課の刑事まで自らの力だけでのし上ってきた内海。
今は死に向かいあいながら、これまでとは違った意味で野心の為ではなく事件に向かい合うのだ。
事業に失敗し妻とも離婚して借金取りに追われている、風俗嬢のヒモでしかない石山の変貌ぶりも心に強く残ります。

真実は最後まで明らかにされない。
本作のテーマは登場人物達の心情の変化、魂の漂流が描かれたものと思う。
人が人として生き続ける意味は?
桐野作品は毎回、暗くて重い。
それでも読まずにはいられない何かがあると思ってしまう。主人公たちの生きようとする姿勢は私の欲するものかもしれないのだから。
読み終わってみて、読後感は非常に重たいものの・・・作者の筆致はやはり冴えているものと感じられました。

ソネットに越してきて1年半程になります。
その間、ブログレポートにより送られてくる私の注目記事不動の一位は、桐野作品「東京島」なのでした。もしよろしければ[次項有]http://hana2009-5.blog.so-net.ne.jp/2009-09-03
短編集の「アンボス・ムンドス」についてはこちらへ[次項有]http://hana2009-5.blog.so-net.ne.jp/2009-10-13
柔らかな頬

柔らかな頬

  • 作者: 桐野 夏生
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1999/04
  • メディア: 単行本



東京島

東京島

  • 作者: 桐野 夏生
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本



最後に、すっかり時期を逸してしまっているものの・・・絵本作家の佐野洋子さんについて書いておきたいと思います。
30年以上も前に刊行された絵本である「100万回生きたねこ」。
この本は手にとった方、またお母さんに読んで頂いた思い出をもつ若い方は多いのではないでしょうか。
これでもこうして病気になる前は私も、子供達に本の読み聞かせのボランティアをしていました。
ボランティア活動を主としていたと言うより、自分の楽しみの為に絵本や子供向けの本をずっと読み続けてきたと言った方が正しいような気もします。

この本は、100万回死んで生き返っていたねこが主人公。
自分自身を生きていくことの困難さ。誰もが一人だけでは生きていくことは出来ない。
自分自身よりも愛するものに出会った時。その死に向かい合うと言うことなど・・・
ねこが主人公の絵本ながら、大人の心にも十分届く内容のものでした。

人生の後半からはエッセイストとして「神も仏もありませぬ」。
老いの日常生活を書き記した「役にたたない日々」。
歯にきぬ着せぬ表現で日常を綴ったそれらのエッセイからは、飾らない人柄、ユーモラスな感覚が大いに感じられるものでした。
一時は詩人の谷川俊太郎さんとパートナー生活をおくるなど、常に本音で生きる爽快感と軽やかさも。
佐野さんは先月、72歳でお亡くなりになりました。書かれたものをもっと読んでみたかったものと思い残念でなりません。

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

  • 作者: 佐野 洋子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1977/10/19
  • メディア: 単行本



神も仏もありませぬ

神も仏もありませぬ

  • 作者: 佐野 洋子
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: 単行本



役にたたない日々

役にたたない日々

  • 作者: 佐野 洋子
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2008/05/07
  • メディア: 単行本



thanks(54)  コメント(31) 
共通テーマ:

thanks 54

コメント 31

aka

あら~!! 桐野夏生さんの記事だ~♪嬉しいですね~☆
私も「柔らかな頬」読みましたよ!!
でも、けっこう昔に読んだので何となくしか覚えてませんが、女性がたくましかったことは覚えてます。彼女の作品はどれもそうですよね。

「東京島」は賛否両論ありますが、私は好きでした。
本当、リアルな感じがします。
国の始まりってこんななのかな?っていう…

これもまた、女性がたくましい…。
by aka (2010-12-02 17:51) 

らびちゃん

桐野夏生さんと聞くと、OUTが頭にパッと思いついたのですが。
普段、小説系は殆ど読まないのですが興味はずっとあり、
でも本屋さんへ行っても悩むだけでして^^;
hana2009さんの紹介文を読んで、柔らかな頬他、桐野さんの作品を
読んでみたくなりました。明日、早速本屋さんへゴーです♪


by らびちゃん (2010-12-02 19:07) 

mimimomo

こんばんは^^
桐野さんの本は以前数冊読みました。
仰るように重い本ですよね。読み始めると結局読んでしまうのですが、
読後感が重いため、結局読むのは止めました。
佐野洋子さんのは読んだことがないようです。記憶にないです。
by mimimomo (2010-12-02 19:32) 

hirochiki

現在の自分は、「柔らかな頬」はちょっと重すぎて読めないかも・・・と感じました。
「100万回生きたねこ」は、きちんと手に取って読んだことはありませんが、
その内容は、以前にどこかで目にしたことがあります。
hana2009さんは、本の読み聞かせをされていたのですね。
子供さんたちは、きっと目を輝かせてその読み聞かせを聞いていたことと思います。
(mhirochiki)

by hirochiki (2010-12-02 20:06) 

hatumi30331

桐野夏生の作品は・・かなり読みました。
最近は読めてないけど・・・目が・・ね。
柔らかな頬は読みました。
女性の奥底を描く凄腕ですよね。
佐野洋子さん・・残念です。  
多くの素晴らしい本を残されましたね〜♪
by hatumi30331 (2010-12-02 20:42) 

デルフィニウム

100万回・・懐かしいです^。^
送りました。
by デルフィニウム (2010-12-02 21:59) 

nano

「100万回生きたねこ」は今も大切に残してます♪
by nano (2010-12-02 22:56) 

Allora

佐野洋子さんが逝ってしまわれたことは、本当に残念です。
谷川俊太郎さんのパートナーの時期があったという事は、逝去後の記事で知りました。
谷川さんの詩集「女に」 「はだか」の挿絵は佐野さんが描かれていて、詩とマッチしていて好きな本です。
「100万回生きたねこ」も読み継がれていく作品だと思います。
彼女の最後の本になってしまった、お母さんとの事を書いた「シズコさん」も良かったです。
by Allora (2010-12-02 23:41) 

ふぢた

100万回生きたねこは読みました。
ほかの作品は読んだことがありませんが、これを機会に手に取ってみたいです。
by ふぢた (2010-12-03 00:47) 

perseus

こんばんは。
読んだ本の感想ってすぐに書かなければ忘れてしまいます^^;
備忘録としての、こういったブログの活用方法もあるのですね。。。
非常に参考になりました!!桐野夏生さんの作品、読んでみたいですね^^/
「100万回生きたねこ」は非常に有名な絵本です。。
これはぜひ、これからもあせることなく伝えてほしい1冊ですね!!
by perseus (2010-12-03 01:00) 

pandan

100万回生きたねこは子どもが幼稚園の頃に読んでいた本で
大人でも充分に読み応えがある考えさせられる本ですよね。
by pandan (2010-12-03 08:07) 

ぷりん&りく

100万回生きてきたネコ、、、
もっかい、、読んでみたいな~~^v^v
by ぷりん&りく (2010-12-03 11:17) 

うしさん

にこにこは削除いたしました
アドレス変更のために
by うしさん (2010-12-03 11:36) 

hana2009

akaさんへ

「柔らかな頬」は、私もずっと以前に読んだものです。
ストーリーは覚えていたかと思いますが・・・
登場人物たち、カスミに絡む男たち一人一人のキャラがこれほど書き込まれていたことに改めて驚きました。
内藤の死の場面の描写の生々しさにも、人の命の終わりってこうなんだろうなと納得をしました!
ここに描かれたのは、ただ強く逞しい人間の生き様だけではなかったです。
by hana2009 (2010-12-03 15:57) 

hana2009

らびちゃんさんへ

「OUT」について、私もかなり前の過去記事で書いていました。
今、読み返してみると・・・あまりにも稚拙な文章!!
笑ってしまうくらいなのですけれど・・・よろしければ、どうぞ。
http://plaza.rakuten.co.jp/simarisuu/diary/200605180000/
by hana2009 (2010-12-03 16:00) 

hana2009

mimimomoさん、こんにちは。

桐野作品は、確かに・・・ここまで書くか!?と思ってしまうくらいですもの。
中でも、東電事件を題材とした「グロテスク」は相当読みでがありましたね。
読み終えて、疲れきった記憶があります。


by hana2009 (2010-12-03 16:05) 

hana2009

mhirochikiさんへ

今の子供たちは身の回りにテレビやアニメだけでなく、ゲームやもっと刺激的な事がいくらでもありますから・・・・
中々絵本や本に親しんでくれないように思ってしまいます。

読み聞かせのボランティアは、幽霊部員でまだ席のみは残っている模様です。
もう一人では行くことも叶わないのだけど・・・病気のことを話していないのです。
by hana2009 (2010-12-03 16:11) 

hana2009

hatumi30331さんへ

桐野作品は、つい読まずにはいられない魔力があるように思ってしまいます。
私も近頃は、長編ものやあまり難解な文章は読めない。つい敬遠してしまうものですけれど・・・

佐野さんのエッセイは、そうそう・・・。それでいいのねと、共感を覚える内容ばかり。
後10年は書き続けて欲しかったものと思います。
by hana2009 (2010-12-03 16:16) 

hana2009

デルフィニウムさんへ

「100万回」は、子育て中に一度は手にする本のひとつですね。

今朝、拝見しました。ご丁寧にありがとうございました。
週末に、発送致します。
by hana2009 (2010-12-03 16:20) 

hana2009

Alloraさんへ

Alloraさんのブログ内で書かれていましたものね。近頃何となく忙しくしていて、伺う事も出来ず申し訳ありません。
ご自身のエッセイの中に、谷川さんのことは書かれていたかと思います。

お母さんとの「シズコさん」、これはこれから読むつもりでおります。
未読でしたので、あえて書かずにおりました。

by hana2009 (2010-12-03 16:27) 

hana2009

nanoさんへ

お子様に「100万回生きたねこ」は読んであげていた中の一冊だったのでしょうか。
これから先も読み続けていきたい一冊ですね!
by hana2009 (2010-12-03 16:29) 

hana2009

ふぢたさんへ

やはり、そうですね・・・・

エッセイの「神も仏もありませぬ」は軽くて面白い本でしたから・・・
一番のお勧めです。
by hana2009 (2010-12-03 16:32) 

hana2009

perseusさん、こんにちは。

ネタ切れと言うのが、その訳のほとんどなのですけれど・・・

桐野作品は、ホントにどれも面白いですよ!!
「東京島」は、つい最近木村多江主演で映画化されましたね。

「柔らかな頬」も天海祐希主演でドラマ化されているようです。本を読んでしまった方が早い気がしてしまいますけど・・・

「100万回」はこれから先も読み次がれていく傑作ですね!
by hana2009 (2010-12-03 16:40) 

hana2009

pandanさんへ

pandanさんも、そうでしたか。

私も我が子が幼い頃には本を読んだものでした・・・それなのに、家の子は、本好きには育ちませんでした。
それって、どうしてなのでしょうね~~
by hana2009 (2010-12-03 16:45) 

hana2009

ぷりん&りくさんへ

一般的に、絵本=子供のものと言う概念があるものですけれど・・・
決してその様なことはありませんので、今からでもどうぞ!
by hana2009 (2010-12-03 16:47) 

hana2009

うしさんへ

了解いたしました。
by hana2009 (2010-12-03 16:47) 

hana2009

nice!を下さった、皆様へ

何時もありがとうございます。
by hana2009 (2010-12-03 16:48) 

ぎゃーちゃん

読み切りの性格なので、読み終わるまで眠れない自分。
読書は危険だ。
by ぎゃーちゃん (2010-12-06 20:14) 

hana2009

ぎゃーちゃんへ

まぁ私も、どちらかと言えばそうなのですけれど・・・・
ぎゃーちゃんはお仕事をされているのですから夜はちゃんと寝て下さいね!
by hana2009 (2010-12-07 15:40) 

バーバリー アウトレット

sujibuo
今日は~
^^またブログ覗かせていただきました。
よろしくお願いします。

バーバリー 帽子 http://www.burberry-outlet.jp/バーバリー-帽子-c-9.html
バーバリー 時計 http://www.burberry-outlet.jp/バーバリー-時計-c-8.html バーバリー 腕時計
バーバリー 財布 http://www.burberry-outlet.jp/バーバリー-財布-c-1.html
バーバリー アウトレット http://www.burberry-outlet.jpバーバリー 店舗
by バーバリー アウトレット (2010-12-10 11:47) 

バーバリー マフラー

sujibuo
今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^
興味をそそりますね(^m^)
バーバリー コート http://www.burberry-outlet.jp/バーバリー-コート-c-3.html BURBERRY コート
バーバリー ネクタイ http://www.burberry-outlet.jp/バーバリー-ネクタイ-c-5.html
バーバリー バッグ http://www.burberry-outlet.jp/バーバリー-バッグ-c-2.html BURBERRY バッグ
バーバリー ベルト http://www.burberry-outlet.jp/バーバリー-ベルト-c-6.html
バーバリー マフラー http://www.burberry-outlet.jp/バーバリー-マフラー-c-4.html BURBERRY マフラー
by バーバリー マフラー (2010-12-10 11:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。