So-net無料ブログ作成

「ハートロッカー」キャスリン・ビグロー監督作 [映画・DVD]


ハート・ロッカー [DVD]

ハート・ロッカー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


先週末に加えて、今週も家で一人お留守番の為、ブログの方も映画週間となってしまっています。
レンタルしてきたDVDのうち…日本ではそれ程話題にもならなかった事から、最も期待せずに見たのが本作品「ハートロッカー」でした。
しかし、面白かった!! 戦争ものはあまり好きではないけれど…意外と楽しめました。
2時間強の長尺な作品ながら、全く飽きもせず見入ってしまいました。

作品の舞台は、2004年のイラクのバグダッドです。
アメリカ軍の爆発物処理班が爆弾処理の最中に、中隊のリーダー・トンプソン軍曹=ガイ・ピアースが殉職しました。
代わりにやってきたのが、ジェームズ軍曹=ジェレミー・レナー。
死への恐怖などないかのよう、行動し続けるジェームズ。仕事の手腕は認めるものの・・・仲間のサンボーン軍曹=アンソニー・マッキーや、年若いエルドリッジは不安を抱く。

イラクに駐留するアメリカ軍の中でも、最も危険を伴う爆発物処理班の兵士達。
緊張感あふれる爆発物処理の現場をリアルに映し出しながら、命知らずな主人公と仲間との友情。感情の擦れ違いを描いた、戦争アクション映画です。
気になるこのタイトルは、アメリカ軍の隠語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」を意味するものと言う。

監督はキャスリン・ビグロー。
元夫であるジェームズ・キャメロン監督の「アバター」と共に、本作でアカデミー賞ではノミネートをされ・・・
本作の「ハートロッカー」が、オスカーの作品賞に輝きました。
主演のジェームズ役のジェレミー・レナーをはじめとして馴染みのないキャストばかりの中、私のご贔屓であるレイフ・ファインズが数シーンのみに登場するカメオ出演。でもやっぱり素敵です!
脇役と言えばこの人って感じ、驚異の出演作品の多さを誇るデヴィッド・モースも爆死してしまう大佐役として脇を固めました。

ジェームスは命知らずな男、そして熱いハートの持ち主。
行き過ぎたジェームスの行動に怒って、殴りつけるサンボーン軍曹= アンソニー・マッキーもいい男。
         img_557220_12800654_5.jpg
ホントどちらにも、ほれてしまうぜ!!
また別のシーンでは・・・
日が沈むまで長引いてしまった砂漠の中での銃撃戦。見ていてこの場面も、非常に緊迫感の感じられるシーンでした。
ジェームスは、エルドリッジにジュースを持ってくるよう命じる。
しかしジェームスの手が向かったのは自分のところではなく、隣りにいた狙撃中のサンボーンの口だった。
ふたりよりも若く経験も浅いエルドリッジは、そんな事も知らずにひとりでジュースを飲む。この皮肉の効いた対比。
ここ以外でも、エルドチッチの未熟さは目立ってしまうのだが・・・
そんな中、次第に慣れていく様子、兵士として成長していく様子が描かれていく。。。

任務の終了後、家に戻ってからの日々。
スーパーマーケットで買い物をするジェームズは、妻に即されてシリアルの並ぶ棚へ向かって行く。すると棚には何十種類ものシリアルが並べられていた。
整然と並ぶ様子と数に圧倒され、戸惑ったかのように一個をカートに投げこむ彼。
妻にイラクで経験した話をするジェームズだったが、二人の間にはわかりあえない距離が感じられるのでした。

映画のラストには、再び戦場へと向かうジェームズの姿が見られます。
ジェームズは、再び防爆服を着る。命知らずの男は、自分自身のいる場所に戻ってきたのだった。
豊かで物に溢れたアメリカから、荒涼とした砂漠の最前線へと!

サスペンスものやアクション映画には度々、登場をする爆発物。
すぐに爆発すればただのアクション映画にしかならないけれど・・・
いつ爆発するかわからない状況の連続には、ただ鑑賞をしているだけのこちら側も、見ている間中緊張にさらされます。
リアルな爆発処理と戦闘のシーン。
それに対して、イラクの人々が背景の一部となってしまっているところに不満が残る。
爆発シーンや銃撃戦の最中、大人はおろか小さな子供達まで逃げずにその様子を見てるのは非情だ。
それは彼らの台詞の中でも「イラク人は、みんな同じに見える」とあるくらいで・・・あまり感情を表さない、狡猾なだけのイメージで描かれています。
アメリカ人が主役でアメリカが作った映画だから、アメリカの側の方に感情移入をしてしまう出来になっているのでししょう。

thanks(70)  コメント(15) 

thanks 70

コメント 15

コメントの受付は締め切りました
sumairu

戦争ものも好きなsumairuです(^^
ハートロッカー機会があれば見たいと思います
by sumairu (2011-12-03 12:14) 

なかせ

ハートロッカー見たかったのですよ~
TVでやらないかな・・・
by なかせ (2011-12-03 13:34) 

まつき

昔、映画館で突然の音にビックリし、座ったまま
10センチほど浮き上がった事がありましたww
>こちら側も、見ている間中緊張にさらされます
私、緊張感が足りませんでしたね(^◇^;)
by まつき (2011-12-03 15:13) 

nano

期待以上のものがあると
見終えた後、満足感ありますね♪
by nano (2011-12-03 15:28) 

ミッチー

読みふけりました。もちろん内容もよくわかりましたがhanaさんの文章力に感動
by ミッチー (2011-12-03 18:13) 

hirochiki

ハリポタのレイフ・ファインズ、グリーンマイルのデヴィッド・モースの両俳優が出演されているとは、見逃せない映画ですね。
私も、戦争映画はほとんど観ませんが、今度観賞してみます。
by hirochiki (2011-12-03 18:14) 

hana2011

sumairuさんへ
戦争映画については私も一応、数本は見ているかと思います。
以前見た「プライベート・ライアン」など期待をして見たのに、どこが良いのかさっぱりわかりませんでした。
この映画は、結構わかりやすかったですよ~

なかせさんへ
テレビ放映はどうでしょうね!?これは面白かったです~~

まつきさんへ
映画の最中に、空中遊泳ですか?
それって、どんな映画だったのですか。

nanoさんへ
荒涼とした砂漠地帯の中、登場するのも汚らしい軍服姿のおじさんばかり。
予備知識としては、それだけでしたから・・・

ミッチーさんへ
最初は全く興味をもてずに見始めたものだった映画でした。

hirochikiさんへ
レイフ・ファインズについてはかなり思い入れのある俳優さんなので、「ハリポタ」ではチョッと???なのですけれど・・・
二人ともどちらも、実力のある俳優さんに違いはありません。
これを書いてくださったのは、ご主人のhirochikiさんの方でしょうか?
by hana2011 (2011-12-03 22:35) 

non_0101

こんばんは。
静かな狂気が伝わってくる、見応えのある作品でした~
最初から最後まで緊張しながら観ていました。
戦争の怖さをしみじみ感じました☆
by non_0101 (2011-12-03 22:46) 

はなちゃん104M

朝から雨模様でしたから、DVD鑑賞されるにはもってこい(?)。
私も○天からレンタルをして、この冬はDVD鑑賞楽しみますョ。
hanaさまが惚れた俳優さん、早く見なくちゃ(^^)。
by はなちゃん104M (2011-12-03 23:08) 

くまら

今度DVD借りて来るつもりです
あえて、記事読んでません
スンません^^
by くまら (2011-12-03 23:09) 

KEI

アバターよりこちらの方が好きなのでオスカーも当然と思います。
ただ・・・アメリカでは評価されても、中東の国の人が観たら違和感を感じる作品でもあると思いますね。
by KEI (2011-12-04 03:00) 

馬爺

こんな戦争映画を見るとコンバットを思い浮かべます(古いですね)
でも最近は映画は見ないテレビも見ないましてやDVDなど借りた事も無い
生活に成ってしまいましたね。

by 馬爺 (2011-12-04 05:46) 

pandan

これ映画館に見に行きました〜
迫力ありましたね。
by pandan (2011-12-04 06:56) 

hana2011

non_0101さん、こんにちは。
戦争の怖さ、人間の弱さや愚かさが伝わってきた内容ですね。
爆弾にしても、もともとはアメリカの方に問題がある事ですし・・・
私も見終えてから、どっと疲れが出た映画でした。

はなちゃん104Mさんへ
これからの時期、お家の中で過ごすにはピッタリですね。特に○天は一番リーズナブルで!
私の場合は見るのは良いのだけど、こうしてネタにしようとすると結構忙しいものがあるのです。
でも、はなちゃんの感想も教えてくださいね。

くまらさんへ
時間の経っているものだから、ラストまでの種明かしをしてしまってます。それでも、より楽しみたいのであれば…読まずにいるのが正解です。

KEIさんへ
映像的には素晴らしかったアバターですけれど、描かれたテーマは古い。今さらと思うものでしたから。
本作も、アメリカが一番!とする、他の国や文化に対して容認する事のない、アメリカの驕りが感じられるものながら・・・
娯楽映画としてはよく出来た作品であったと思いました。

馬爺さんへ
いったい、お幾つなんでしょう。古っ!
テレビは見ない方がよいと、私も思ってまーす。

pandanさんへ
ちゃんと映画館でご覧になったのですね。
本作は仕方がない事なのだけれど、キャストの地味さがネックとなっているものと思います。それでもじゅうぶんに面白かったです。
by hana2011 (2011-12-04 09:53) 

hana2011

nice!を下さった皆様へ
いつもありがとうございます。
by hana2011 (2011-12-05 16:42)