So-net無料ブログ作成

大人の休日倶楽部旅・2016.冬の陣・・・⑥弘前市内から十三湖へ [2016・11月秋田・青森・新潟・群馬]

津軽の秀峰「岩木山」です。
十三湖1.jpg
さて午後は、せっかく借りたレンタカー。
津軽半島ドライブへ・・・訪問する季節がもう少し早かったら、龍飛崎まで行けたと思うものの…。
三厩で入った「秀鮨」さんの本マグロ三昧!美味しかったなぁ[るんるん]
しかし見知らぬ土地、雪道で事故でも起こしたら大変!ですから・・・五所川原までのドライブ。

十三湖2.jpg
五所川原観光での定番、金木町にある「太宰治記念館 斜陽館」はすでに訪問済みであったので、その先の十三湖まで走る事にします。

十三湖3.jpg
先に記した通り、弘前はりんごの町。
以前鰺ヶ沢まで行った時もそうだったように、道の両側はりんご畑がひたすら続くのであった。
そして所々で目にした・・・この光景。
これ、何だかわかりますよね?

そう、一定の年齢以上の方ならピンとくる!りんごを入れて運ぶりんご箱。
戦後の食べ物のない時代にも・・・歌に歌われたくらい、身近な果物であったりんご。
りんごの歴史が始まって以来、出荷&運搬には一貫して木箱が使われ続けてきました。
ダンボールやプラスチックが流通し多くが様変わりする中、なぜ木箱は作り続けられているのだろう!?
その答えは・・・
松の木箱は香りが良い。松の成分によって、りんごの実の赤みが増すと言うのだ。また白い木箱に赤いりんごの色彩が美しいから・・・といった理由もあるみたいだ[ぴかぴか(新しい)]
十三湖4.jpg
道路脇のフェンスにだって、並ぶのは・・赤いおりんごちゃん♪

古くから津軽の象徴として崇められてきた、青森県内最高峰の山、「岩木山」。
十三湖5.jpg
まっ白な雪の世界、道路には当然、雪避けの壁に、積雪を記すポール。
特別な信号機←セラミック製らしき薄型のものが設置されていました。・・・降雪地域ならではの雪対策ですね。

1時間半ほど車を走らせて…津軽半島北西部に位置する十三湖にようやく到着。
十三湖6.jpg
十三湖は南北7km、東西5km、周囲31.4kmと青森県で3番目に大きな湖。
白神山地から注ぐ岩木川をはじめとした、十三の河川が流れ込むので十三湖と言われています。また海水と淡水が混合した汽水湖で、ヤマトシジミの生息する自然豊かな湖です。

十三湖畔にかかる大橋のたもとに、「しじみラーメン」を作った元祖ドライブイン「和歌山」があります。開発に伴い、ラーメンレシピを近隣の食堂にも惜しみなく伝授。・・・十三湖のシジミが全国的に知られるきっかけとなったと言われています。

ロード脇に佇む、まさにドライブイン風の造り。
十三湖7.jpg

雪道を遥々十三湖まで走る観光客はいないのか、はたまた時間が時間だけに?駐車場はガラガラ・・・。
暖簾をくぐって、いざ、入店。
十三湖8.jpg
広い店内、テーブル席は十卓もなかったかと思うけど、奥がお座敷になっています。
食べているのは常連さんらしき、ジモティのお爺ちゃんばかり。。
少し気おくれしつつ、…と言ってもそうは食べられないから、「シジミラーメン」「シジミ汁」のオーダーをしました。
待っている間は店内をキョロキョロ。
お風呂の案内が見えたから、入浴施設を併設しているのか尋ねましたら、「お泊りのお客さん用なんですよ」と。店は民宿も兼ねているのでした。

旅番組をはじめとして、料理人・熊谷喜八さん等の著名人。こちらには、あのさかな君のサインも。
・・・その割りに、店のおばちゃんは皆親切。
それぞれわけて食べられるよう、小鉢を用意してくれるなど、フレンドリーな接客が温かでした。

十三湖9.jpg
塩ベースのスープの中に、十三湖特産品大和シジミのエキスがたっぷり入ったラーメン。細麺にトッピングは茹で卵、わかめ、メンマ、シジミ貝は当然!
プリプリの大和シジミの旨みたっぷりスープが温まる[グッド(上向き矢印)]

お味噌汁をイメージしていた、シジミ汁。シジミのエキスが効いて白濁した、うっすら塩味のスープながら、これまたコクが強く感じられまする。。

十三湖10.jpg
奥に停泊している船、シジミ漁らしき採取網と…店の裏に作業場らしき建物あり。


満潮時には海水が流入、干潮時には「岩木川」から栄養のある淡水が入り込むため、シジミにとっては「最高」の環境だそうです。
・・・その美味しさ、貝の美しさから全国有数の産地に!ちなみに十三湖は、生誕100周年を迎えた 太宰治の生まれ育った五所川原市金木町の近隣に位置。
十三湖のシジミは、小説「津軽」の中にも登場するそう。。


関連ランキング:定食・食堂 | 五所川原市その他



青森産のシジミパック、帰ってきてからお汁にしましたら、良い出汁が出て美味しい。
数年前の宍道湖産のシジミパックは全く旨みがなくてガッカリしたものだけど、やはり青森!シジミも本物ね[るんるん]

十三湖11.jpg

夕方近くになって、ようやくの青空!
暗くならない内に、弘前市内へ帰らなくちゃ[ダッシュ(走り出すさま)]
十三湖12.jpg

時間がなくて省略してしまったものの、五所川原の「立佞武多の館」へは入ってみたかったな。
        十三湖0.jpg
スイマセン、年明け後もまだまだ続きます[あせあせ(飛び散る汗)]

thanks(62)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

thanks 62

トラックバック 0