So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

バスで旅した、美ぬ島たち・・・②石垣島の夜は、マグロの「ひとし」 [2018・4月八重山、石垣・竹富・西表]

石垣島と言えば・・・石垣イコール「石垣牛」のイメージが強いものながら、石垣牛はこの後泊まるホテルで食べられる。。
そこで初日は、新鮮な本マグロの「マグロ専門居酒屋ひとし 本店」をチョイス。マグロをはじめとして、地元の海鮮メニューも豊富な居酒屋です。
観光客に人気の店ゆえ予約必須とあって、一週間前に電話しておきました。
空港到着時刻から予想して、「夜8時からで・・・」と席を確保したものの、到着したバスターミナルからも徒歩で10分近い距離とか。私のよろよろ足では到底間に合いそうもなく、ターミナルの事務所でタクシーを呼んでもらい・・・20分遅れで到着。
        ひとし0.jpg
特に南国っぽい雰囲気もない、普通の店構えながら・・・。

ひとし1.jpg
急いで入店したら、噂で聞いた通り満席、賑わっていました。テーブル席、カウンター席に、右側はお座敷が続いた・・・THE 居酒屋!な店内。↑・・・は帰り際に撮ったもので空き空きの状態です。
スタッフさんに伺ったら、この日も来店者の9割は観光客だと言っていました。

とりあえずは、ビールで・・・orionの生、いきまーす。
      ひとし2.jpg
沖縄へ来たら、orion!やっぱり良いよねぇ[グッド(上向き矢印)] お通しは枝豆。

ひとし5.jpg
「沖縄の県魚 グルクン」=タカサゴの唐揚げは身も厚くて食べごたえ十分、骨はパリパリ、頭の先から骨せんべいとして食べちゃいました。
フワ・サクッとした食感のモズクの天ぷらに、ジーマミ豆腐の揚げだし←これは中々食べられませんから、沖縄メニューがどれも旨い。

ひとし3.jpgひとし4.jpg
店名にあるように、はやはり「マグロ」は食べないと!
名物「刺身盛合わせ」は・・・「赤身」「中トロ」に「大トロ」・・・シッカリ厚切りマグロに、島の魚「イラブチャー」=ブダイ、「ミーバイ」=ハタなど10種類以上入った豪華なもの。イラブチャーの青みが残るお刺身を見ると、沖縄へ来たって実感します。
この上の3人前(3,000円)になると、ウニ・シャコ貝が入るとの事。

          ひとし6.jpg
石垣島で泡盛と言えば、請福酒造(せいふくしゅぞう)の「直火請福」。空港と離島ターミナルを結ぶ路線バスからも、工場の建物は見えます。
また一昨年の小浜島でも、請福の味は数回経験済み。泡盛用の陶製酒器=「カラカラ」から注ぎ水で割って呑む。1合サイズでも呑みごたえはあった模様、酔った夫はお風呂に入れないくらいでした。

ひとし8.jpg ひとし9.jpg
ミーバイ、鰻の握り、値の張る「石垣牛握り」は一 貫からでもOK!と、またタレor塩から選べたのでそれぞれを。
軽く炙ることでジューシーさもアップ!口の中に旨みが広がって、とろけていきます。
アーサーのお味噌汁は濃いめの味付け、呑んだ後の〆と言った意味合いからでしょうか。

最後に、お約束の一枚[カメラ]
                           ひとし7.jpg
こんなオババの写真など見たくないですって、確かに[バッド(下向き矢印)]
でも元気そのもの、明るい野球少年てんちゃん♪ 気持ち良くツーショット撮影に応じてくれました。
ホテルまでの道順を尋ねたら「ホテルベネッセは近い、ここからならすぐですよ~~。地図に描いておきましょうね~~」と優しい。
メニュー豊富で、なにを食べても美味しいと評判の居酒屋「ひとし」、いやーーー良かったワン。
活気があり、料理はどれを選んでもハイクオリティ、そしてお会計は信じられないくらいロープライス[グッド(上向き矢印)]
※もう一店舗ある「ひとし石敢當店」は外観&入口、内装共に、本店と違ってオシャレだそうです。どちらも早めの予約がお勧めですよ。
thanks(86)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

thanks 86

コメント 12

末尾ルコ(アルベール)

満足度が高そうなお店ですね。モズクの天ぷらは滋養と風味が画面の外まで香ってきそうです。「刺身盛合わせ」は海ぶどうの姿も見えますね。わたしとしては、だし巻き卵が嬉しいところです。
『夜と霧』に限らず、わたしは歴史の中の極限状態に関する書籍をよく読んでおりまして、「人間とはここまで残酷になれるものなのか」とか「人間とはここまで強くなれるものなのか」とか、そうした読書から得るものは非常に多いと自覚しております。
あ、前回のコメントで、いろんな歌のご紹介、ありがとうございます。それぞれチェックしてみますね。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-04-14 23:41) 

えーちゃん

マグロ専門居酒屋~いいね。

by えーちゃん (2018-04-15 03:13) 

tarou

お早うございます、東京ジャーミイ(前編)に
コメントを有難うございました。
礼拝時間以外は、出入りは自由のようです、
異国の空間を楽しめました。
写真は事務所の許可を得て撮影して来ましたが、
女性は肌の露出に注意が必要のようです。

石垣島でマグロは美味しそうですね、
雰囲気も良いお店で、長居をしてしまいそう(^_-)

by tarou (2018-04-15 06:44) 

ゲンさんおかさん

ヌルヌルしたモズクを天ぷらにすると
どうなるのか、興味津々。
フワ・サクッ・・・。なるほど。
ぬめりは消失してしまうのかも、などと、
脳内イメージ食を楽しんでおります。

1500円の刺し盛も、種類が多く、
ちらし寿司のようで楽しいです。
いいお店なのが伝わりました。
by ゲンさんおかさん (2018-04-15 09:23) 

yoko-minato

沖縄には一度しか行ったない私です。
ほかの島も興味がありますね。
モズクを天ぷらと聞いて家でやってみたけど
うまく出来ませんでした。
どうやって揚げるのかな~

by yoko-minato (2018-04-15 09:58) 

kick_drive

こんにちは。また沖縄ですか~~~~(笑)?羨ましいです。
やはり旅先でのお食事は一番のイベントですよね。地元で獲れたものが調理されてずらっと並んでおいしそうです。

只今残業&休日出勤しているので自分の記事の更新はしてない状況です。

by kick_drive (2018-04-15 17:26) 

k-sakamama

こんばんは。
おぉ~グルクンちゃん~懐かしい。
本土では、見掛けないものね。^^
私がいた頃は、本土、内地と言ってた。
初期の頃は、イラブチャの刺身は食べれませんでしたよ。(笑
慣れてくると平気! 盛り合わせ、ド~ンと出てきますねぇ~
hana2018さんは、泡盛、いける口かしら?
美味しい物のオンパレードで楽しいひと時でしたね。
あぁ~行きたくなりました。


by k-sakamama (2018-04-15 19:16) 

hana2018

末尾ルコ(アルベール)さんへ
食のサイトで好評価なのも納得の内容、どのスタッフさんも感じが良くて接客の良さも大きなポイントでした。
テーブルの隣り、大阪からやって来た女子大生かな?オレンジジュースに卵焼きだけとか、丼いっぱいのポテトフライとか・・・我が家以上の節約旅であった模様ながら、居酒屋の雰囲気を楽しんでいる様子でした。
卵焼きも自家製だといいのですけれど。。

ナチスドイツの収容所職員たちが、自宅ではごく普通の家庭生活をおくっていたり。。その対極としてある日突然捕らえられて、人としての尊厳、生き方奪われても、そうした環境の中でも生きていく。
人は状況においてどこまでも残酷になれる要素をもっている。しかし環境に応じて生きる術ももっている。
生きていくのって、本当に様々な意味合いをもち合わせている。だからこそ、そこから芸術や文学が生まれてくるものながら・・・その思考には奥深さが感じられてなりません。
今回の旅でも色々な人に出会って、いろんな生き方があるものって、そんな部分も楽しんで参りました。

えーちゃんさんへ
マグロと言ったら築地、または三崎とか、三陸、津軽海峡のイメージが強くありますが負けてはいません事よ~~

tarouさんへ
イスラムの寺院ですものね、宗教の力ってスゴイものがありますね^^;
知名度はないものの、沖縄のマグロも新鮮で、しかもお手頃価格なんです。美味しいですよ♪

ゲンさんおかさん様へ
島で市販されているモズクは塩漬けされたパック入りのものしか見ませんでしたけれど。他に違うのもあるのかしら?
小浜島の居酒屋さんで食べたモズクの天ぷら、ホントサックサクの食感!磯の香りはあったような気はするのですけれど。今回は食感がモチッとしていました。

yoko-minatoさんへ
この時期の離島、宮古諸島から先はアーサーと呼ばれる鮮やかな若草色の海藻が採れるシーズンなのです。
アーサーは以前の宮古島では購入、家でも美味しい天ぷらが揚ったものでしたが・・・。
モズクってぬるぬる食感なので、チョッと違うのかもしれませんね。

kick_driveさんへ
こんばんは。
仰る通り、記事の更新が止まったままなので、余程お忙しいものと予想はしておりました。
もう、これは沖縄病に近い状態ですよね^^
海外禁止令が出てしまった今、一番遠く、雰囲気の異なるのは沖縄なのです。
この後の3泊はどこも夕食付きで楽ちんながら、ここでしか!と言ったものも食べてみたかったのでした^^

k-sakamamaさんへ
家のお嫁ちゃんは北海道の人、北海道でも以前は本土、内地と言っていたそう。
弟が高校教師の為、修学旅行先は何時も沖縄。・・・と言う事は、お土産も泡盛でした(^^;
それが迷惑であった私達ながら、名護の「ヘリオス酒造」の見学←行かれた事おありでしょうか?そこから泡盛にどっぷりとハマって、今では泡盛大好き、宮崎の焼酎も大好き人間へと変身をしてしまったのでした。人って、ホント単純で勝手なものです!
旅先で泊まるのは安いビジホ、夕食代わりに出かける居酒屋。手軽で安くて、楽しい大好きなパターンです^^

by hana2018 (2018-04-15 21:30) 

まつき

タカサゴの唐揚げ、身も厚くて骨までパリパリ食べれるとは、
ナントも美味しそうな一品ですね~(#^^#)
沖縄ならではのメニュー、今回も当たりのお店に巡り合えて、
流石旅の達人ですね(*^^)v
by まつき (2018-04-16 11:00) 

hana2018

まつきさんへ
旅の達人などと・・・ただ食いしん坊なだけ。
ホテル&宿選びは〇ゃらん、ご飯は〇べログを参考にしたら、ほぼ間違いなしと言った理由から選んだだけのお店でした。
それでも結局、想い出として残るのは何を食べたか?くらいですもの^^どれも美味しく、その上リーズナボーで良かったと思ってます。
by hana2018 (2018-04-16 13:08) 

よーちゃん

わー!お料理に目が釘付けですー(≧∀≦)
観光客相手なのにお値段リーズナブルなのもステキです!
by よーちゃん (2018-04-16 19:58) 

hana2018

よーちゃん様へ
お早うございます。
そうなのです。地元の上手な人がちょっと三線を弾いて、歌を歌って、その分を上乗せする。
恩納村や国際通りでは多いそうした店、・・・と比べたら、ホントこれでいいの?って感じのお値段、そして美味しかったのです♪
by hana2018 (2018-04-17 07:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。