So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

田舎の川遊び、そしてホタル。 [ドライブ・栃木県北]

今回も引っ張った連休ネタの、その後は・・・。
          川遊び0.jpg
今度はサッカー観戦ながら。。その前の5月第二週に遊びに来ていた、孫ネタで。どちらも嫌、嫌いな方はスルーなさってくださいね。
特にこれといった特徴のない田園風景ながら・・・。
          川遊び1.jpg
先には人家のない、住むのはイノシシ一家だけと言う豊かな自然環境ゆえ、澄んだ清水の流れる水路です。
孫娘に川で水遊びをさせたいと、爺じが探した穴場でした。
・・・と言っても勿論、勝手に入っている訳ではありません。「ここで遊ばせても大丈夫でしょうか」と、地主さんの了解は得ての事。

          川遊び2.jpg
私もちょっと前に下見に来ていました。その時にはドジョウの子供が沢山!沢蟹に、ヤツメウナギのベビーまでいたのでした。
それなのに肝心のこの日に限って、なにもいない[バッド(下向き矢印)] なぜなの?
ドジョウさん、沢蟹さんは、大雨の後でどこかへ行ってしまったのでしょうか?
それでも川底には、多くの貝が。蛍のエサとなる巻貝の「カワニナ」が住んでいるのだから・・・清流なのは確かかと思います。
カワニナはホタルの幼虫のえさとなる、水中の苔や軟らかい水草を食べて育つ貝。
一匹のホタルが成虫になるまでには30匹以上のカワニナを食べるといいます。ホタルのエサとなるため、ホタルの多いところにいるから「ホタルガイ」と呼ぶ地方もあるそう。。
私達のガッカリをよそに、獲物はなくても水に足を浸けるだけで楽しいらしい、ビーチサンダルをわざと流したりして遊んでおります。それでも、爺は必死な様子[あせあせ(飛び散る汗)]

川遊び3.jpg
次は水田に目を向けて、オタマジャクシ捕りに夢中。
このくらいでもじゅうぶん楽しめる年齢ですから・・・自分だけの遊び場で終始ご機嫌でした。陽に焼けて真っ黒、その上歯もないけれど[あせあせ(飛び散る汗)] これでも一応は都会っ子よ。この日は川遊びをしてお終いにしました。
                         川遊び4.jpg
籠に入れて持ち帰った「カワニナ」とオタマジャクシ、翌日に爺じが元の場所に戻してきました。
汚い水で死んでしまったら可愛そうですものね。
栃木2.jpg
その後の私は、ホタルが気になって…。麦が生育した後の、刈取り時期にホタルも飛ぶ・・・との言い伝えを元に。。先日(6月11日)の夜、急遽「蛍狩り隊」を結成!
夜8時頃、ホタルの生育状況、実態調査の研究に出かけて参りました。

雨は上がっていたものの、少し風があった為か、ホタルさんの姿を見るけるのは中々・・・難しく[たらーっ(汗)]
そこで山際へ移動し目を凝らしますと、10匹程度のホタル、ところどころの木々の間を飛び回る様子が見うけられました。 
川遊び5.jpg

川遊び6.jpg
手に止まったものか、こちらが最もそれらしく撮れた一枚です。
      川遊び7.jpg 

・・・・・とここまで下書きしておいた時点で。
昨夜「大変だ!ホタルさんが家にまで付いてきてしまった~~!」。見れば夫の手に、一匹のホタルがとまって光っています。
私の部屋で放って、様子を見る事に。
hotaru1.jpg
                       hoteru2.jpg
フラッシュをたかずにそっと静かに撮っても、用心深いホタルは敏感です。
それだけでも光るのを止めてジッとしてしまうのでした。
「蛍狩り」に合わせて出かけた6年前の山形県の小野川温泉では、梅雨時とあって雨の降る中、蛍鑑賞会に参加。皆さんの後に付きトボトボ歩いて探しましたが・・・。
「ほたる公園」があるくらい、ほたるを全面的にアピールする小野川温泉でさえ、その日の天候、風の様子によって、蛍さんの気分次第で見られなかったくらいでしたもの。
気まぐれで家まで来てくれた、蛍ちゃん♪ ありがとう♪
               

thanks(68)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

thanks 68

コメント 12

とまと

狙い通りじゃなくても楽しんでもらえたら、結果よかったですね~
素晴らしい田舎、こういうところを体験するのは大事ですね

by とまと (2018-06-14 22:38) 

末尾ルコ(アルベール)

子どもの頃、夏休みや冬休みなどに母方の田舎へよく連れて行ってもらったんですが、このような雰囲気でした。山があり、水田があり、そして遊べる水路あり・・・自宅が高知市という地方都市でしたので、田舎へ行くと同じ高知県でもかなり違うんです。高知市では見かけない虫も多くいました。
蛍は子どもの頃には自宅の庭にもいたのですが、最早近所では一切見かけません。これは本当に残念。日本人の美意識を育んだ大切な虫ですよね。

佐久間良子と西田敏行のエピソード・・・今でこそ名優のイメージとなった西やんですが、やはり若い頃は、銀幕の大女優にとっては物足りない相手役だったのかもしれませんね。  RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2018-06-14 23:16) 

hana2018

とまとさんへ
鰻を食べるのが大好きな彼女、鰻を捕まえて、まな板にグサッと刺して・・・とテレビの影響でしょうか?簡単、簡単などとと言っておりましたけど、私は、生の鰻なんて絶対にイヤ。何も捕れなくて良かったです。

末尾ルコ(アルベール)さんへ
高知と言えば即、四万十川の名前ばかりが独り歩きしてしまうものですけれど。私の知る高知県出身の方も、(もしかして同じ方なのでしょうか?)
彼曰く、四万十川は高知県人からしても遠く田舎過ぎる。どちらかと言えば仁淀川の方が身近な存在であると。宮尾登美子の自叙伝「朱夏」で描かれた満州からの引き揚げ体験の後日談、第四段となる「仁淀川」の読後談として伺ったものでしたが。。
田の畦や水路、どこもコンクリートで固めてしまった結果、水草も育たず、タニシやカワニナも住めなくなってしまった。そのせいで蛍やトンボ、ドジョウと言ったどこにでもいたもの達が行き場をなくしてしまった為でしょう。
私も学校への通学路で、亀に出会った事がありました。そう言うのって、子供にとって意外と想い出になると感じます。

映画界で大女優であった佐久間良子にしたら、テレビの世界など、西田敏行などとるに足りない軽さとしか思えないでいたのでしょうね。
今のテレビドラマをざっと眺めても、そうした状況はさらに低下していて言葉になりません。

by hana2018 (2018-06-14 23:52) 

よーちゃん

いいなー。
ホタルなんて、もう何十年も見てませんわー(^_^;)
by よーちゃん (2018-06-15 08:40) 

まつき

おぉ~こっちゃん楽しんでくれて良かったですね(*^^)v
じいじも必死ですね(笑) 微笑ましくてイイな~♪
生ホタルは、私、見た事がないような・・・(>_<)
きっと旦那様はこっちゃんに見せたくてウズウズしてるのでは?
by まつき (2018-06-15 10:58) 

k-sakamama

お孫さんにとって素敵な経験でたのしい思い出が出来ましたね。
じいじとの楽しい思い出が増えたことでしょう~
ホタル、素敵です。
家までついて来るなんて。。じいじに一目ぼれしたのかしら?(笑
by k-sakamama (2018-06-15 12:18) 

hana2018

よーちゃんさんへ
田舎育ちである私にしても、結婚する前に蛍など目にする機会のない。
縁のないものだったのです。

まつきさんへ
そうなんです。サービス精神の固まりである爺じは、何時だって必死です~~(笑)
実家も田舎なのは確かなのだけど、周囲は畑ばかり。。蝉やクワガタは普通に飛んで来ていたものの・・・蛍を身近に感じる事はありませんでした。
仰る通り!!見せてやりたいのは山々ながら、飛ぶ時期が限られる。その日の天候、条件が合わないと見られない・・・と意外にハードルが高くて!今年は無理のような気がします。しかし、その分までこの私が見に行ってみますので大丈夫(^-^)v

k-sakamamaさんへ
都会の真ん中に住む彼ら、お嫁さんの実家もまた都会の真ん中で同じようなのです。
その点で言ったら、なにはなくても栃木は自然の宝庫ですから!
一目ぼれと言えば、相手は当然、この私じゃないかしら?^^
by hana2018 (2018-06-15 15:07) 

ぼんぼちぼちぼち

わわっ!ホタル!黄緑色に光るのでやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-06-15 17:03) 

れもん

もう何十年もホタルみてません。素敵ですa
by れもん (2018-06-15 17:36) 

hana2018

ぼんぼちぼちぼちさんへ
後の2枚の方ですね。これは私の部屋に放しておいたら、ナイロンの洋服カバーに止まったところなのです。
本来の黄色ではないのですが、綺麗だから・・・まぁ、いいかなと^^

れもんさんへ
上河内の梵天の湯の奥へ行ったら、もっと沢山出るとの事ながら。こんな少数でも、一応見られただけで良しとしました。
by hana2018 (2018-06-15 22:40) 

yoko-minato

私もホタルの飛んでいる姿はじかには
見たことがなく・・・
家まで付いてきたなんて、そんなことあるんですね~。
by yoko-minato (2018-06-16 10:13) 

hana2018

yoko-minatoさんへ
蛍の住むところは水の綺麗なところと、限られているからでしょうか。
私もつい最近までありませんでした。
住人達が協力をして川の水をカワニナが住めるくらいに綺麗にした・・・あれって、横須賀?それとも横浜でしたっけ?
大変な努力が必要なのでしょうね。蛍さんは乗って行った車に付いてきてしまったみたいなのです。

by hana2018 (2018-06-16 22:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。