So-net無料ブログ作成

遠刈田温泉「旬菜湯宿 大忠」館内&部屋 [2018・10月蔵王の紅葉&遠刈田温泉]

温泉街も立派で…と言う事はなく、どちらかと言えば寂れたムード漂う遠刈田温泉。しかし68度と高温の源泉は特徴もあり、二軒の外湯も風情あるものです。
いくつかの飲食店に立ち寄り、また日帰り入浴でも利用させて頂いた経験から、俗っぽさのないこちらの温泉・・・個人的には栃木県内の温泉地、宮城でも秋保や作並と言った有名温泉地より好ましく感じておりました。

大忠1.jpg
温泉街の中心に建つ宿「旬菜湯宿 大忠」、以前より温泉通の方のサイトには度々登場を、いつかはと思い続けていた宿です。
実際一度旅行サイトから予約を入れたものの、数分の違いで満室となってしまい、お詫びの電話がかかってきた経験もありました。
          大忠2.jpg 
敷地いっぱいに建つ細長い二階建ての宿の場所も、遠刈田温泉の共同浴場「神の湯」のすぐ近くとわかっていました。
暖簾をくぐって玄関へと向かうアプローチはいい感じ、明かりの灯る夜間の写真も撮ればよかった。
大忠3.jpg
足を踏み入れた…館内、部屋数9室の小規模旅館のせいもあり一面畳敷きです。
玄関正面にあるフロントで記帳後、スタッフさんが荷物を持って部屋へ案内してくれました。

エレベーターのない階段移動の宿ですから、事前に二階を希望しておきました。一部3階に二部屋あり。
          大忠4.jpg
階段を上がってすぐの「山百合」に宿泊、ステンドグラス使用のドアが可愛い♪
          大忠5.jpg
部屋までの案内後は各箇所の説明、夕食時間を決めたら帰ってしまいます。シャイなタイプで説明も小声でしたけど悪い感じはしません。
最後に「何かご質問はありますか?」…に「ところで、兄ちゃんは幾つなの?」って、真面目な新人さんをイジる夫。これはチェックアウトまで続き、、、「また泊りに来るから、その時までずっと働いていてよ。ホントに来るからね」だって。一生懸命仕事しているのに、面倒な客だぁヽ(;´Д`)ノ
照明を抑えた静かな廊下に対して、小さな踏み込みの先、襖を開けた途端に明るさを感じた部屋。

8畳の和室に、畳敷きの広縁。これまでもマッサージチェアのある宿は数回泊まった経験あるものの、特にありがたみを感じた事はありませんでした。それが今回の泊りではテレビを見たり、本を読んだり…と、ここに座り続けていました[眠い(睡眠)]
大忠6.jpg
                           大忠12.jpg
大きなタオルウォーマーは、ドイツのホテルにあったのと同じタイプ、これだけ大きいとバスタオルもすぐに乾きます。
女性のみサービスとなっている色浴衣が選べます。結局着ないままでしたけど…。
大忠14.jpg
広縁の隅に湯沸かしポット、空の冷蔵庫にはサービスであるペットボトルが2本。
引き出しを開けると、ドリップタイプコーヒー&カップ。ほうじ茶と煎茶と茶筒が二本。ただしお着き菓子はありません。一階ラウンジで、ウェルカムドリンクが頂けるからです。
          大忠15.jpg
大きめサイズの湯飲み、南部鉄の急須もお洒落なデザインながら、蓋を落としそうでドキドキ。
      大忠7.jpg
      大忠8.jpg          
奥に洗面所、反対側にトイレ、ベッドルームが続きます。
洗面所にはドライヤー、メイクミラー、アメニティは歯ブラシ、ブラシ、カミソリぐらいですが、大浴場も貸切風呂にも色々揃っていたから困ることはありません。空気清浄機も良い仕事ぶりでした。
                           大忠9.jpg
クローゼットの中には浴衣、羽織、足袋ソックス。カゴバッグの中にタオルとバスタオルが入っています。おかみの愛情箱には裁縫道具、絆創膏に胃薬、頭痛薬と言った常備薬も。

旅館大忠の宿泊でお得感を感じた事柄はいくつか・・・
その1・・・フロントのバースペースで3時から5時時までの好きな時間に、ウェルカムドリンクをいただくのが可能 [るんるん]
生ビール(カールスバーグ)、スパークリングワイン、ワインサワー(赤玉パンチ)、ウーロン茶…以上の4種類です。
大忠10.jpg
カウンターには3人組のおば様方が先に座っていて楽しくドリンクタイム。それは良いのですけど、両端の椅子にもお風呂用のカゴバッグを置いて、他の人は座れません・・・悪気はないにせよ、嫌な感じです。スタッフが気づいて、隣のテーブル席を勧めてくれました。
          大忠11.jpg
私はスパークリングワイン、夫は生ビール(デンマークビールのカールスバーグ)をオーダー。安価とはいえスパークリングを呑めるのは嬉しい[グッド(上向き矢印)] これってウェルカムドリンクとして利用の多い、スペイン産のスパークリングらしいです。おつまみで付いてきたのが駄菓子のあられって???

大忠13.jpg
バーコーナーの反対側、食事処の前に小さいながらお土産ショップがあるので、覗いてみました。
旅館によくある箱入りのお菓子とか、おせんべい、佃煮と言う品物ではなく・・・陶磁器、南部鉄器、グラスに、女性が好む小物色々。「和」の佇まいにモダンテイストを織り交ぜた館内と言い、ハイセンスな品々が並んでいました。

          大忠16.jpg
廊下脇の書庫の本はこの場所だけでなく、部屋への持ち込みもOK。退屈することのない館内、雰囲気も良くて、カップルで静かに過ごすお籠り宿と感じました。

夕食は18時スタートで希望してあり、時間になったらダイニングOLIOLIに向かいます。「旬菜湯宿」の名に相応しい朝、夕の食事については次回。
thanks(69)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

thanks 69

コメント 13

英ちゃん

ステンドグラス使用のドアいいな~
チーズあられ懐かしい感じ(゚□゚)
by 英ちゃん (2018-11-13 00:31) 

末尾ルコ(アルベール)

>両端の椅子にもお風呂用のカゴバッグを置いて

こういうのはやるべきじゃないですよね~。まあ、お客さんの入り具合にもよりますが、空いていてもその椅子に座りたい人もいるかもしれませんからね。カフェなどでは、込み合っていても椅子に荷物を置いたままの人もいて、気を利かせる習慣がないんだなと感じます。
「チーズあられ」って、駄菓子の中でもかなりチープな味ですよね(笑)。あまり旅行先では食べたくないような(笑)。RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2018-11-13 01:04) 

yoko-minato

落ち着けそうな旅館ですね。
それにしても女性たちは何人か集まると
どうしておしゃべりに夢中になってまわりの
ことに気配りを忘れてしまうのでしょうか!!
人が来た時点で気が付かないとですよね。
by yoko-minato (2018-11-13 04:56) 

hana2018

皆様、おはようございます。

英ちゃんさんへ
明り取りも兼ねたドアのデザイン、実用性だけでなくて可愛い♪と思ってしまいました。

末尾ルコ(アルベール)さんへ
いくらお喋りをしているにせよ、気づいていないはずはないはず。
籠は足元に置いても大丈夫なはずです。
私もバーカンターに座って、スパークリングを呑みたかった~~
「チーズあられ」はつい先日、スーパーで見かけて笑ってしまいました。ここはチーズの一かけ、野菜のピクルスでもいい、どうして?の疑問ばかり・・・(笑)

yoko-minatoさんへ
3人いたらひとりくらいは気づいて詰めてくれたら、私達も座れたのに。。3人で怖いものがなくなってしまったのかしら?
食事処ではこちらのグループ、奥の離れた場所で食べていました(笑)
by hana2018 (2018-11-13 07:06) 

よーちゃん

新人くんをいじりたくなる気持ちわかるー(≧∀≦)
マッサージチェアーはでかいので家には置きたくないけど
こういう所では、よく利用する私です。
部屋にあったらずっと離れないかもー(^_^;)
by よーちゃん (2018-11-13 08:49) 

ゲンさんおかさん

外観を見ると、失礼ながら
そんなに大した旅館ではなさそうなのに、
最後はオーナーのサービス力なんですね。
(サービスりょく:そんな言葉はないですが)

集団になると手におえないオバちゃん・・・。
気をつけなくちゃ~。
by ゲンさんおかさん (2018-11-13 09:03) 

hana2018

よーちゃんさんへ
よーちゃんは関西の方ですもの。家の爺はただ暇だったからみたいでした(=_=;) 迷惑な話でしょう?
大きく重量もあるマッサージチェアー、普通のソファでさえ移動や処分は大変な存在です。
今回のは置かれている向きが良かったのかもしれませんね^^

ゲンさんおかさん様へ
一見、大きめの一般住宅みたいな外観。それが敷地いっぱいなのだから、お部屋は勿論、館内からの眺望はほぼゼロ。でもその分、食事やサービスに力を入れている模様です♪
大忠には、別館として「オーベルジュ 別邸 山風木」と少しお高い宿も展開していますので、よろしかったらそちらはいかがでしょう?
イヤですね、集団オバタリアンって(-_-;)
by hana2018 (2018-11-13 17:08) 

まつき

外観は普通なのに、玄関へのアプローチからして素敵ですね~!
と言うか外観以外は全部素敵(笑) 
それにウエルカムドリンクにビールやスパークリングとは、
何て素晴らしいオモテナシ♡ BBA3人組が邪魔ですけど(^^;
by まつき (2018-11-13 17:31) 

hana2018

まつきさんへ
ウェルカムドリンクで、ビールやスパークリングが選べるってだけで、テンションが上がる庶民代表である私達。だっておせんべいや、ホテルの売店に置かれたクッキーみたいのと比べたらずっと嬉しい^^
BBA3人組の邪魔が入ったのは、この時だけでしたから大丈夫!


by hana2018 (2018-11-13 18:01) 

ぼんぼちぼちぼち

ステンドグラスのドア お洒落でやすね。
あっしも 迷わず写真撮っちゃいそうでやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-11-13 18:22) 

hana2018

ぼんぼちぼちぼちさんへ
こんなデザインのドアが旅館の入り口で使われているのは、そうないように思うのですが…。
それぞれのお部屋で、それぞれのデザインも違っていたかと思います^^
by hana2018 (2018-11-13 21:09) 

ジル

和の感じ、素敵だな^^
洗面所とか籠バックとかシックでいいなあと思いました。
温泉良いですね。
by ジル (2018-11-13 22:08) 

hana2018

ジルさんへ
未だ訪問さえしていないに関わらず、再度のコメントを恐れ入ります。
年齢を重ねてくると、こうして静かな小ぢんまりとした宿に魅力が。過ごしやすく思えてしまうのです。
小さくても館内には何か所か浴室がありましたので、カゴバックがあると便利ですね♪
by hana2018 (2018-11-14 11:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。