So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

遠刈田の湯、雄大な蔵王へ。 [2018・10月蔵王の紅葉&遠刈田温泉]

遠刈田へ0.jpg
アルバイト生活で日々過ごす我が家、しかし先々週の半ばにお休みがあり。
お仕事がないと聞いたら・・・どこかへお出かけしませんと[ダッシュ(走り出すさま)]
スッカリ涼しくなったこの季節、行くとしたらこの時期は温泉だぁ~~って。距離的にも遠くない…宮城の遠刈田温泉へ参りましょうか・・・と早速に予約[るんるん]
遠刈田へ1.jpg

遠刈田(とおがった)温泉は宮城県刈田郡蔵王町の温泉地、蔵王連峰の東麓に湧く温泉です。だからこれまでは宮城、白石経由で行くことが多かったものの。
このまま東北道で向かったら、すぐに着いてしまいそう。
福島JCTから東北中央道へ、米沢、上山温泉経由で行きましょうって事に。途中の車窓から撮った一枚だからピンボケ。
それに福島インターから先の米沢中央までは、無料期間中とあってラッキー!
遠刈田へ2.jpg
立ち寄りした、道の駅「米沢」。今年4月にオープンしたばかりとあり、とても賑わっている様子。6月のさくらんぼ狩りの時も気になっていたけれど、入ったのは初めてでした。

遠刈田へ3.jpg
フルーツ王国山形だけに、りんご、ラ・フランスが大量に並んでいます。りんごも、ラ・フランスもどちらも購入したのは勿論。左端にあるのは、食用菊「もってぎく」。
遠刈田へ4.jpg
そして、秋の山形と言えば・・・こちら。県民にとってはイベントであり、レジャーの一環とも言われる「芋煮」。
里芋・長ネギ・こんにゃく・牛肉、ここは当然、奮発してお高い米沢牛を使うのでしょう。
牛肉、野菜類から出る出しで煮る、お醤油味、チョッと甘みのある芋煮って美味しいわよね[グッド(上向き矢印)]

…米沢牛は買いませんが…。こちら方面へ来たら、毎回立ち寄るのはお約束。赤湯温泉内の「スーパー清分」さんへ。この店は赤湯温泉の宿泊時、宿のスタッフさんに教えていただきました。
それからは行く度、毎回こんにゃくを買う…我が家の定番コースとなっているのでした。
こんにゃく屋さんからはじまった店だけに、ワンコーナー全てが、こんにゃくなのは素晴らしい!
サスガはこんにゃくの消費量全国一を誇る、山形だけの事あります。豊富な種類と品揃え、しかも安いのだ。
遠刈田へ5.jpg

これから向かうのは、かつて「湯刈田」とも呼ばれた宮城県側に位置する遠刈田温泉。標高330mの高原であり・・・信仰登山の基地、湯治場として親しまれてきたと言う。
遠刈田へ6.jpg
平日に休みをとっての、のんびり紅葉ドライブは格別!贅沢気分です。

遠刈田へ7.jpg
蔵王エコーラインの宮城県側の入口である遠刈田。だからこれまでも蔵王山頂の様子を観光案内所で伺ってから向かうのを当然としていました。
観光、スキーの拠点としてかつては賑わいをみせていたものの、温泉街としては静かで小ぢんまり、立ち寄るだけの観光客にも親しみやすい懐の深さも好ましく思えます。

        遠刈田へ8.jpg
今回もルートの途中にある蔵王。山頂付近が終わっているのはわかっていたものの、素朴な紅葉景色もよろしい。

1601年の開湯とされるが、そのさらに400年前、源義経を奥州平泉に導いた金商人「金売橘次」が金山採掘中に発見したとも伝えられる。湯量豊富ゆえ、古くは「湯刈田」とも言われました。
「蔵王温泉」は蔵王連峰をはさんだ反対側の山形県側にあり、こちらは白い硫黄泉と泉質の異なる温泉です。

遠刈田へ11.jpg
昭和37年に開通した宮城県と山形県を結ぶ山岳道路を走る。
宮城側からは火山岩むき出しの蔵王の男性的な姿を見られるほか、GW頃でも最高約10mにも及ぶ「雪の壁」が出迎えてくれるとか。

        遠刈田へ12.jpg
宮城蔵王ビュースポットの象徴「御釜」です。
蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖は…今まで26回の噴火を繰返した荒々しい火口壁、神秘的なエメラルドグリーンの湖面が、神秘的な自然の営みを教えてくれます。
御釜は太陽光線を受け、さまざまに色を変えるため「五色沼」とも呼ばれるそう。刈田岳山頂から熊野岳へ縦走するハイキングコースを歩く人の姿も見えました
遠刈田へ13.jpg
あとひと月早ければ、蔵王特有の高山植物や、ぶな、なら等の紅葉を楽しむのも可能であったかも。
しかし前々回だったでしょうか。9月に訪れた際には、あまりの強風、真冬並みの寒さで車から降りることも叶わなかった。山の天候の難しさを実感しました。
この時も風があったからどうかな?と心配しつつ・・・それでも踏ん張って歩き、御釜までたどり着けて良かった。

蔵王エコーラインはすでに今月5日の17:00時から、宮城県側「すみかわスノーパーク入口」から、山形県側「坊平高原」までの区間が冬期間通行止となりました。御釜そばのレストハウスの営業も終了し…。解除予定は平成31年4月26日だそうです。

遠刈田へ15.jpg
真っ赤な紅葉目当てであれば、やはり京都でしょうし、関東では日光、鬼怒川、那須、群馬の伊香保・・・辺りは近くて足を運びやすい感じです。
高山のまばらな紅葉も味があるもの。主張し過ぎない赤でも心は和みました。

遠刈田温泉のシンボル「こけしちゃん」の出迎えを受けて、宿は間もなくです。
  遠刈田へ16.jpg
thanks(64)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

thanks 64

コメント 14

とまと

自然の山の紅葉もいいですね~
by とまと (2018-11-07 08:28) 

ゲンさんおかさん

遠刈田は知人の小屋があり、
誘われたのですが、
いかんせんうちからは遠くて。
まさに遠かった温泉。
その方たちともいつしか疎遠になり、
幻の温泉になりました。

里芋が安いわ~!
これから暮れに向かい
ますます値上がりしますね。
by ゲンさんおかさん (2018-11-07 10:14) 

まつき

コンニャク売り場の充実っぷり(@_@)
これだけ品ぞろえが豊富だと、あれもこれもと悩んでしまいそう!
とぼけた表情のこけしちゃんのお出迎え、ほのぼのしますね!(^^)!
by まつき (2018-11-07 10:37) 

hana2018

とまとさんへ
先週ながら、東北はすでに終わりかけでした。今、鬼怒川温泉辺りは盛りのようです。

ゲンさんおかさん様へ
遠刈田は東北道でしたら、白石蔵王ですから、家からなら日帰りでも大丈夫なくらい。そうした距離を近い、遠いと感じるのって個人差がありますもの。
今回泊まった宿は久々のヒットでした!
次は季節を変えて、夫婦してリピ確実となりましたので、おかさん様達にもお勧めしたいです♪

まつきさんへ
まつきさんが、山形の玉こん好きなのは、覚えております^^
エアでお許しくださいな♪
同じく家のこっちゃんも大好きだから、今回も大量に買い込んでまいりました。
今はそれどころじゃないのに、こんな記事でゴメンね。

by hana2018 (2018-11-07 10:53) 

サンダーソニア

蔵王のあたりは天候が変わりやすいのですね。
蒟蒻は砂払?でしたっけ?
私のような体には良さそうです。

by サンダーソニア (2018-11-07 11:16) 

末尾ルコ(アルベール)

胸のすくような見事なお写真が並んでいますね。特に火口湖の美しい姿。火山活動がこのような素晴らしい景観を生み出すとは、自然の神秘と人間の無力をあらためて認識してしまいます。
自然の前で、人間は謙虚にならざるを得ないですね。
火山湖へ連なる道や、背景の空なども素晴らしいです。
ラ・フランスが4個で450円はお買い得ですね。わたしもラ・フランスはたまに食べますが、今はほぼ毎日柿を食しております。ビタミンやポリフェノールが豊富で、しかも安くて大きいですから。
こんにゃくは母の好物なのですが、最寄りのスーパーでは種類が限られておりまして、手軽にもっと美味しいこんにゃくを食べたいところです。   RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2018-11-07 12:01) 

NONNONオヤジ

御釜を見られたんですね~! 羨ましい!
ずいぶん前に蔵王の方に旅行したとき、御釜にも寄る予定でしたが、
あいにくの悪天候のため泣く泣く断念したんですよ。
結局その後も行けてなくて……(T_T)。
by NONNONオヤジ (2018-11-07 12:46) 

hana2018

サンダーソニアさんへ
下は晴れであっても、わからない。また変わりやすいのも山の天気。
遠刈田温泉の観光案内所、ここは蔵王町役場がやっているところだから、その日の様子が案内されるのです。

末尾ルコ(アルベール)さんへ
こうして改めて見たら、確かに行楽日和♪ このところ晴れ女づいてる私!って感じがしてまいりました。
一時は噴火予報の出た蔵王山、今春から警報は解除されたものの、いやがおうにも火山列島であると認識させられた、荒々しい光景でした。
しかしだからこそ麓のあちこちに、特徴ある魅力にあふれた温泉が幾か所もある訳ながら。
この日もかなりの強風、そして寒い日でした。
夫が半そでTシャツ姿のおデブを一度見かけたと、でも会ったのは一度だけ。寒さできっと動き回れなかったのでは?と想像し、笑わせてもらいました。
ぶどうはまだ残っていたものの、今が旬と言えば、やはりラ・フランス、りんごになりますもの♪
こんにゃくの材料となるこんにゃく芋は、山間の寒い土地で作る作物です。栃木、茨城…とこんにゃくの生産地はあるものの、これは思い込みかもしれませんけど、山形産に限る!蔵王のジンギスカンに入る、こんにゃくは美味しいのであります。

NONNONオヤジさんへ
下は普通の天候であっても、御釜付近は相当標高も高くなりますから。この日も、強風。そして寒さもかなりのものでした。
山を、…と言うか自然を侮ってはいけませんね。
前々回は私も見られなかったものの、2012・8月はもっと綺麗な色の御釜が眺められたのです♪
by hana2018 (2018-11-07 14:41) 

英ちゃん

山の紅葉は進んでるみたいだけど、平地の紅葉は遅れてる所が多いらしい(゚□゚)
東京は、いつもなら11月下旬が見頃だけど、今年は12月にならないと見頃にならないらしい?
んじゃ、紅葉とイルミのコラボ写真でも撮るかな?
by 英ちゃん (2018-11-07 17:33) 

hana2018

英ちゃんさんへ
>平地の紅葉は遅れてる所が多いらしい(゚□゚)
それは、どうしてじゃ?
都内のイルミネーション、紅葉とのコラボとは素敵です~~☆
by hana2018 (2018-11-07 23:08) 

makkun

遠刈田温泉・・・
懐かしいで~す(*^~^*)ゝ
by makkun (2018-11-08 14:17) 

hana2018

makkunさんへ
遠刈田温泉へはよく足を運ばれていたとか・・・思い出深いところなのですね^^
by hana2018 (2018-11-08 18:29) 

ヤマカゼ

やはりお釜の風景は別世界ですね。
by ヤマカゼ (2018-11-08 21:09) 

hana2018

ヤマカゼさんへ
こんばんは。
蔵王の御釜へはよくお出かけされるのでしょうか?
同じように噴火から生まれた、ダイナミックな風景には福島県の浄土平があります。
火山礫に覆われた荒々しい山肌は、国内とは思えない荒涼としたものでした。
by hana2018 (2018-11-08 22:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。