So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

佐野でランチ「あけみ寿司」 [ドライブ・栃木県南]

少し前なので、よく覚えていないのですけれど・・・夫がお休みだった平日、実家へ行った時のお昼ご飯です。
わ~い!今日なら人気店でも、並ばずにラーメンが食べられるぜ!
そう、昨年の年末「麺屋ようすけ」で食べたラーメン、もつ煮の味が忘れられなくて、でもあの時みたいに2時間待ちは嫌だわ。
待ち時間なしでラーメンを食べてやるぜ[ダッシュ(走り出すさま)]・・・なんて意気込んでいたものを・・・弟夫婦が母を連れて行く「あけみ寿司 犬伏店」を思い出した…その途端、頭の中がすっかりお寿司モードになっちゃいました(^^;)
しかしあちらはリッチ、比べてささやか過ぎる年金暮らしの我が家です。
お寿司に土びん蒸しまで付く贅沢「おもてなしコース」は無理ながら、平日ならお得ちゃんなランチメニューがあるはず!
あけみ1.jpg
…と言う事で、出かけてみました「あけみ寿司」さん。
ほぼ満車状態の駐車場に、普段の日と思えないお客さんの数でした。平日でもこれって、コスパの良さと、ネタの良さ…って事?

        あけみ2.jpg
それでも待つことなく着席、店内はお座敷ながら、テーブル&椅子のスタイル。畳の縁がイカやエビ、魚介模様なのは楽しい♪
お昼の時間に合わせ入店する客たち、繁盛店らしく活気ある店内、ホールスタッフの姿も思いのほか多くて、これが休日ともなれば更に賑わうのでしょう。

にぎり寿司単品ですと、ジャスト1000円なりですが・・・
かきフライとにぎり寿司、揚げ豆腐とにぎり寿司、鴨肉のロースト&にぎり寿司ランチでそれぞれ決まり。

お寿司を待つ間、各テーブルに前菜が運ばれてきます。浅漬け・刻みのりがかかったサラダ・お浸しの組み合わせです。
         あけみ3.jpg

そして、お寿司が運ばれてきました。
あけみ4.jpg
握り7巻に鉄火巻き二巻。美味しかったけれど、もう少しお酢が効いていて欲しかったような。
右上の鴨肉ローストも上手に調理されていて、中がレアでも抵抗なく食べられました。3種類の中では一番高かったけれど、お得感はあった気がします。母のカキフライだけは写して[カメラ]
写真が撮り終わるまで待てない夫、何時だって彼はそうなんだから[あせあせ(飛び散る汗)]

食後のドリンクは…コーヒー(ホットor アイス)、紅茶(ホットor アイス)、ウーロン茶、ハーブティー、コーラ、オレンジジュースなどから好きなものを選んで。。ジンジャエールにして、イチジクだったかしら?…のシャーベットでお口の中をサッパリと。
          あけみ5.jpg

食べ終えて出てから、こんなの初めてと思った、店先の籠に入れて置かれた器やグラス類。
「使用済みのものながら、よろしかったらお持ちください」の張り紙と、入れるポリ袋。そんなの不潔と感じる方もいるでしょうけれど、そうしたら外食など出来なくなってしまいますものね(*´ー`)
それだけ繁盛している店、使用する食器の回転も早いと言う事でしょう。
     あけみ6.jpg
私?グラスを二個、頂いてまいりました。

あけみ寿司の向かい側、県道75号線=日光例弊使街道と呼ばれる道路沿いに「新町薬師堂」がひっそり佇んでいます。

※教科書には載っていない、ここは真田家の生き残りをかけた決別の地です。
信州真田家にとって、重大な局面となった・・・「犬伏(いぬぶし)の別れ」。
関ケ原の戦を前に、徳川家康の元で会津の上杉征伐に向かうその途中…現在は佐野である、下野国犬伏で石田三成から届いた密書を前に、徳川側につくか?石田三成に味方をするか?と真田昌幸、信幸、信繁(幸村)親子が話し合いをした。
結果、真田昌幸と幸村が石田方、信幸が徳川方につく…、信幸からしたら父と弟は敵となり、以後運命を共にすることはなかった…犬伏の別れ。
どちらが勝利しようと真田家の存続をかけての、苦渋の決断、覚悟の上のものであったはず。
「全ては真田のため」守り続けねばとした最後の地です。
真田氏が居城とした上田では、至る所で目にする「六文銭」。所縁の地が佐野にもあったなど大河ドラマを見るまで知らずにいたのに、知ってるふりして書いてしまった^^
歴史好き、戦国時代好き、真田幸村好きな方にはお勧めします・・・の割りにはゴメーン、写真一枚も撮ってきてませんでした[バッド(下向き矢印)]
thanks(65)  コメント(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

thanks 65

コメント 16

末尾ルコ(アルベール)

昨日は異様なほど暖かかったですから、お写真のシャーベットが喉を刺激してくれます。今現在もシャーベット、食べたいくらいです。金曜からぐんと気温が下がるとの予報、戦々恐々としております。
キャンドゥの場所、わざわざお調べくださり、ありがとうございます。高知市にはないのですね(笑)。
中野翠はずっと前から愛読しておりまして、エッセイももちろんですが、『週刊文春』のシネマチャートで、中野翠と芝山幹郎の票はいつも指標にしております。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2018-12-06 00:22) 

英ちゃん

写真が撮り終わるまで待てない夫
まぁ、気持ちは分かります(゚□゚)
私も写真撮らないで食べちゃう時もあるw
by 英ちゃん (2018-12-06 01:02) 

とまと

お気に入りのお店に待つことなく入れたのはラッキーでしたね~
by とまと (2018-12-06 08:29) 

yoko-minato

こういうお店でお寿司を食べたいですね。
流れてくるお寿司ばかりです( 一一)
お店の前にお持ち帰りくださいと食器や
グラス・・・これも嬉しいですね。
by yoko-minato (2018-12-06 09:18) 

ゲンさんおかさん

廻るお寿司専門の我が家。
ランチでいいから、
たまにはこいういお店で食べたいです。

寿司屋の牡蠣フライ。
新鮮プリプリで
美味しいんだろうな~。
by ゲンさんおかさん (2018-12-06 09:53) 

hana2018

末尾ルコ(アルベール)さんへ
ここ数日間の温かさは、12月になったのを忘れてしまうほど。今朝も起きた時は温かでしたけど、気温が下がり続けているようです。
この日も暑いくらいで、それで冷たいものを普段は飲まない私が、ジンジャーエールなんか頼んでしまったのでしょうね♪
そうでした。
忘れておりましたけど文春の「シネマチャート」、以前には、故・品田雄吉氏のものも好きで読んでおりましたけれど、最近は週刊誌からは遠ざかっていますので。。
中野翠は映画のみならず、落語、歌舞伎と幅広い趣味を活かして書き上げた本の数々。石川三千花さんとの共著「ともだちシネマ」等。石川三千花さんの番組「シネマ通信」は、深夜の放送に関わらず楽しみにしていた番組でした。
ユーモアラスでもありながら、辛口の、斜に構えた世間の風潮に対するものの見方。みんな一緒だと安心・・・と言う、今の若い人にこそ読んでもらいたいものと思っています。
by hana2018 (2018-12-06 14:45) 

hana2018

英ちゃんさんへ
何時だって「待て」の出来ない夫さん。だから食べるのも早いのです。
全てがユックリの私とは正反対ながら、気持ちは、まぁ、私も理解できるかな^^

とまとさんへ
平日でも、人気店は油断がなりません。奥様たちは、美味しくてリーズナブルなお店がお好きざます~~

yoko-minatoさんへ
横須賀でしたら、回るお寿司だって美味しいと思いますけれど。。
以前入った黒〇亭の創作メニューは美味しくありませんでしたもの(^^;

ゲンさんおかさん様へ
家で回るお寿司と言ったら、スシローですものね。
母の牡蠣フライ、一個もらって食べました。味の方も言うまでもなく勿論プリプリでした。






by hana2018 (2018-12-06 14:59) 

薔薇少女

お母様の牡蠣フライ、プックリしてて、美味しそうですね!
シャーベットの器も小さめのコップも、中々素敵ですね!
>店先の籠に入れて置かれた器やグラス類。
入れるポリ袋も用意されてるって、気配りが嬉しいですね!
>何時だって「待て」の出来ない夫さん。だから食べるのも早いのです。
「待て」の出来ないという点と早食いだけは、うちの亭主も全くおんなじです!
早食いは、5人兄妹だったからかしら?!
義兄は、穏やかでゆったりとした人なんですけど・・・

病気になってから、益々せっかちになって仕舞った様に感じます!
旦那様はお優しいけど、家のは、不機嫌がちな事が多くなりました。
他人には愛想が良くて、颯爽と出掛けて行くらしく、病気である事が
解らないよと、言われます・・・
by 薔薇少女 (2018-12-06 17:04) 

まつき

おぉ~美味しそうなお寿司ですね~!
お寿司単品だと、ちょっと足りない感じかも~(^^;
私も酢が弱めのお寿司より強めの方が好きです~♪
by まつき (2018-12-06 17:44) 

hana2018

薔薇少女さんへ
ランチセットでも、使われている器はどれも素敵でした。ただ収納を考えるとどうかな?・・・もありましたけど。
鴨肉のローストもアップで撮れば良かったかしら(笑)こちらも美味しいものでした♪
年を重ねたら丸くなんて大嘘ですね。それはむかーしの話です。
家の夫は年々下品に、まぁ、優しいは優しいですけれど。外面が良いのはどこの夫も同じだと思います^^

まつきさんへ
全体としてはコスパも良い感じながら、お寿司だけだとそうかな?
母も残さず食べてしまいましたものの。
それにしてもやはり、平日です!2000円超えのこの上のコースだと考えてしまいますものね。
by hana2018 (2018-12-06 18:28) 

ヤマカゼ

佐野でラーメンならぬスシはいいですね。建物もお洒落ですね
by ヤマカゼ (2018-12-06 23:16) 

よーちゃん

なるほどこれは人気なのもわかる感じ。
でも2時間は待てないから、やっぱり平日かなー(^_^;)
by よーちゃん (2018-12-07 08:55) 

まつき

おめでとうございます!(^^)!
by まつき (2018-12-07 22:26) 

hana2018

ヤマカゼさんへ
ありがとうございます。
佐野と言えば、佐野ラーメンながら…人気店は行列で食べるまでに時間がかかり過ぎます。。

よーちゃんさんへ
土日の人気店は、首都圏の各地からラーメン目当てでやってくる車で埋め尽くされてしまうのでございます。
白河、喜多方よりは近いからでしょう。

まつきさんへ
毎年のことながら、お気遣いいただきまして…ありがとうございます。
昨日中のアップを目指して頑張りましたけど、1分前とギリギリでした(^-^;
by hana2018 (2018-12-08 00:38) 

サンダーソニア

どんなグラスだったのでしょうか?
気になります。
by サンダーソニア (2018-12-08 21:16) 

hana2018

サンダーソニアさんへ
グラスはですね~~
焼酎用?そんな感じのものです。家では、ビールと焼酎を飲むときに使っていますけれど。
by hana2018 (2018-12-09 00:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。