So-net無料ブログ作成

冬休みはやっぱり沖縄ね♪・・・⑪Orionハッピーパークで乾杯!? [2018・12月クリスマスは沖縄で]

大人の工場見学ツアーはまだ続くのであります。
再度名護市内まで行きまして、次に向かうはご存じ「オリオンハッピーパーク」。
Orion1.jpg
      Orion2.jpg
一階受付にて受付を済ませて、工場見学集合場所へ。毎回、予約もせず訪問してしまう訳ながら…製造ラインが稼動していない場合もあり、HPでは事前予約が推奨されています。
        Orion3.jpg
集合場所となる二階では、昭和40年代頃の「まちやぐゎ」を再現したギャラリー。当時の風景が出迎えてくれます。
※「ぐゎー」は「小さい」という意味、文字にすると「町・屋・小」。「まちやーぐゎー」=日用雑貨店が当たり前にあった、50年前の日本の風景と同じですね。

ガイドさんが現れて、いよいよ見学開始。
①「原料・粉砕」
②「仕込」では実際に、仕込釜の様子も見学できます。
③「発酵」麦汁に酵母を加えて行う「発酵」の様子を映像で再現。
④「貯酒」
⑤「ろ過」作業を行ったビールは、そこから6番目「詰め」の作業へ。
Orion8.jpg
1時間に「たる詰」720本、「ビン詰」は19,200本、「缶詰」は72,000本の詰め作業が可能だそう。
Orion10.jpg

Orion9.jpg
見学の後は、試飲タイム。一人2杯まで作り立て新鮮な生ビールが味わえるのですが・・・今回試飲はパス。
前回の時は代わりに復刻「オリオンサイダー」を頂いてきましたが、今回はノンアルをそれぞれ一本ずつ頂き!
しかしビール園「やんばるの森」ではお買い物もしてきましたよ。
最後ガイドをしてくださった、〇田お姉さんへ「とてもわかりやすくて上手な説明をありがとうございました」とお礼の言葉をかけました・・・実際前のガイドさんの時とは異なり、一生懸命さが伝わる仕事ぶりに関心をして、リップサービスした訳ではないのです。
・・・そうしましたら・・・後から追ってきて、二缶のOrionビール貯金箱を手渡してくださった…[るんるん]
                          https://www.orionbeer.co.jp/
ビール工場見学プラス、ビール貯金缶のコレクションも始めた今♪
プレゼントが嬉しいのは当然ながら、一時の出会いでも喜んで貰いたいとする細やかな心遣い。それが嬉しかった[るんるん] 旅の思い出は、自らが作るものですね(^_^)
                          Orion5.jpg
左側はこの季節ならではの、季節限定醸造「Orionいちばん桜」。色の濃い華やかな沖縄の桜=緋寒桜を配した缶です。
沖縄になくてはならないものとしてすっかり定着したオリオンビール、沖縄ビール株式会社が発足したのは1957年。
ビール作りにふさわしい水を求めて県内をくまなく調査。ビールに適した軟水が得られる、自然豊かな名護市に工場を建設。
そして1959年オリオンビールを発売、合わせて社名もオリオンビール株式会社へ変更。その後オリオンはアサヒビールと2002年資本・業務提携。2017年には創業60周年を迎えました。
沖縄のために貢献したいという創業者の熱い思いは、今もビールの一滴に込められています。

もう一か所、こちらは車内から。
   Orion6.jpg
「ひんぷんガジュマル」は、名護市にあるガジュマルの巨木である。…と言いつつ、これまで場所がわからなくて通り過ぎていたのでした。
商店街の入口にたたずむ、推定樹齢300年との「国指定天然記念物」ガジュマル。
高さ19mの大木には隣に「三府龍脈碑」が、ヒンプン(屋敷の門と母屋の間に立てるついたて)に似た碑から、そう呼ばれるようになりました。
   Orion7.jpg
「三府龍脈碑 (さんぷりゅうみゃくひ)」は1750年、琉球王国の宰相蔡温によって名護に建てられた石碑である。形状のヒンプンには、外から敷地内が見えないようにする役目があると同時に、悪霊や災難が入り込まないようにする意味もあり、この町に災難が入り込まないよう祈る地元住民の信仰の対象となっている…との説あり。
次回にならないと、3泊目のホテルに着きません。
帰るの便は翌日なんですが、またもスーパーに立ち寄ってお買い物をしてしまいますよ~~。
thanks(68)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

thanks 68

コメント 13

英ちゃん

まぁ、ビール工場見学は何処も同じ様なものだけどね(゚□゚)
私はオフ会で3ケ所(キリン・サントリー・サッポロ)に行ってるしね。
ついでに、アサヒビールも何時かやろうと言う話も出てますw
by 英ちゃん (2019-02-11 00:41) 

末尾ルコ(アルベール)

缶ビールもこれだけの数が揃うと壮観ですね。

>お礼の言葉をかけました

こういうお声がけはとても大切だと思います。毎日仕事をしている人であっても、こうした心からのご称讃はそうそういつもいただけてないものと想像します。だからこそ、このガイドさんも、(自分の仕事をしっかりと見てくれている)と感激したのではないでしょうか。日本人は感謝の表明なども下手な人が多いですからね。わたしはいかなる場でも、「感謝」や「感激」は、できるだけすぐに相手に伝えるようにしております。

> 世界三大美果とされるドリアン・マンゴスチン・チェリモヤのひとつ。

この「三大」は知りませんでした。わたしはどれも食べたことないです。しかし、他のフルーツでも美味しいものがいっぱいあるような気が(笑)。

雷蔵の『大菩薩峠』もよかったですよね~~(←感無量の様子 笑)。     RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2019-02-11 03:11) 

いっぷく

>一人2杯まで
見学はだいたいどこも同じですが「2杯」まで同じなのも不思議ですね。
2杯が美味しいと感じる量なのか、よそが2杯だからそれにあわせているのか。
by いっぷく (2019-02-11 04:26) 

ゲンさんおかさん

工場見学の経験は2~3回しかありませんが、
見慣れた品が作られるのを見るのは
なかなか楽しいです。
そしてその後の試飲や試食、
更にオマケなんかが頂けると嬉しさ倍増
・・・ですが、帰宅すると
結局使わなかったりします。
by ゲンさんおかさん (2019-02-11 09:44) 

とまと

上から見てこれだけ樽があるとすごいですね~^^
by とまと (2019-02-11 09:48) 

hana2019

英ちゃんさんへ
キリン・サントリー・サッポロ…は、私だってどこも経験済みです。
あ、でもエビスビールはまだながら、ヱビスもさっポロですものね^^
アサヒビール茨城工場は守谷にあるのですね。

末尾ルコ(アルベール)さんへ
何かを期待してでなく、自然と出た言葉だったのですけれど。。この前年のガイドさんがあまりにもマニュアル通りで、気持ちが感じられなかっただけに、余計そうした言葉が出てきたのかもしれません。
>わたしはいかなる場でも、「感謝」や「感激」は、できるだけすぐに相手に伝えるようにしております。
それはフランスをはじめとする外国の方とのお付き合いがおありになるのも関係していると思います。。
日本人同士の場合、どうしてもあうんの呼吸で済ませてしがちながら。他国語が堪能な方って、親しい中でも挨拶、お礼の言葉をキッチリとなさる方が多く感じます。
>世界三大美果とされるドリアン・マンゴスチン・チェリモヤ
偶然にも私は、クサーイと悪評高いドリアン、一見日本の柿のような外観、しかし中は白い果肉、サッパリした甘みのマンゴスチン。チェリモアとどれも食しているものの、いずれも美果と称される程美味しいものではなかったと記憶しておりまするが。。
雷蔵が机竜之介を演じた「大菩薩峠」、覚えているのは水車小屋で帯をするする~~と解いてしまうしまうシーンなのです(笑)
竜之介が傷を癒したと言われる、白骨温泉は勿論入湯済みでございます。


by hana2019 (2019-02-11 10:21) 

hana2019

いっぷくさんへ
それではすでにご経験ありと推測いたしますが・・・
缶ビールを美味しく呑むためのデモンストレーション、あの時の希望者は3杯目もいただけます。
ビールと言え昼間のアルコールは効くもの、そんなに続けざまに呑んでしまったら酔ってしまいます。
この時、私が試飲を断ったのも、その前のヘリオスで泡盛を呑んでしまっていたからなのでした。

ゲンさんおかさん様へ
我が工場見学は、飲食に限っておりますので。。
しかし、確かにオマケはオマケ、それほどのものではないから、帰宅後は冷めてしまうのは納得です^^

とまとさんへ
一番下の、生ビール樽・・・これが県内全域のホテル、飲食店へと運ばれていくのでしょう。
本州の沖縄料理店の中でも生の呑める店舗はあります。そちらへも空輸されるのでしょう♪


by hana2019 (2019-02-11 13:22) 

kick_drive

こんばんは。「Orionいちばん桜」は飲み干した後に空き缶を
飾っておきたくなる綺麗なデザインです。

by kick_drive (2019-02-11 18:19) 

ヤマカゼ

樽詰めされた数々、圧巻ですね。いかに地元に愛されているかが伺えますね。
by ヤマカゼ (2019-02-11 18:55) 

サンダーソニア

工場見学って わくわくしますね。
食べモノの工場はもっと好きです。
by サンダーソニア (2019-02-11 20:27) 

hana2019

kick_driveさんへ
こんばんは。
上の私の写真はヘタクソで、その綺麗さが出ていませんけど、HPのいちばん桜の美しい事!今頃はきっと満開であろう緋寒桜、沖縄の青い空とのコントラストはそのまんまと感じられます♪

ヤマカゼさんへ
こんばんは。
それはもう、沖縄でビールはOrion‼!…その後は当然、泡盛へいきます^^

サンダーソニアさんへ
こんばんは。
ずっと狙い続けているものの、まだ実行にいたっていないものに、羊羹の虎屋の工場見学があります。
実際はどうかわかりませんけど、噂によると数か月先まで予約でいっぱいとか。
行ってみたい、そして最後に登場してくる…羊羹が食べたいな(^o^)V

by hana2019 (2019-02-11 22:07) 

まつき

缶だと1時間に72,000本?? スゴイ仕事量ですねぇ!
全然人の姿が映ってないのも、ビツクリです(@_@)
工場見学なんて小学校の遠足以来行ってないような( ;∀;)
大人になって行く方が全然楽しそうですね(*^^)v
by まつき (2019-02-12 10:41) 

hana2019

まつきさんへ
ビール工場はどこも、…って私が訪問したところは皆こんな感じ。
これだけの大量生産もオートメーション化が進んで、人は必要なくなっているみょうですね。
そう、どこの工場も下手な観光地よりも楽しめましたよ♪

by hana2019 (2019-02-13 00:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。