So-net無料ブログ作成

夏空を追いかけて北海道・・・⑤「風のまち」襟裳 [2019・7月北海道]

地を這うように咲く、海辺のハマナスの花、岩陰でひっそりとノコギリソウ。
浦河町から日高地方の先端、襟裳岬はすぐ。せっかくだから「襟裳岬」まで足を延ばすことにしました。   えりもへ9.jpgえりもへ.jpg
北海道の背と呼ばれる日高山脈のその最南端、太平洋に向かって突き出してあるのが襟裳岬でした。
    えりもへ2.jpg
作詞:岡本おさみ、作曲:吉田拓郎…フォーク全盛期のゴールデンコンビの一曲「襟裳岬」。
「襟裳の春は 何もない春です」の歌詞から・・・強風の中にある岬を長い間想像していた。
森進一の代表曲となっている曲ながら・・・歌唱力ウンヌンより、作者自身ならではの力を感じる吉田拓郎版が好き♪
えりもへ3.jpg
イマイチである天候、それでも風の強さはそれ程ではない。
えりもへ4.jpg
「風の館」は、望遠鏡によるゼニガタアザラシ観察と、えりもの風体験の施設。
        えりもへ5.jpg
えりも風体験は風速は10m/sから始まり25m/sまで可能だそう。私の見ている前でおチビちゃんを抱っこしたパパさんが挑戦[ダッシュ(走り出すさま)] しかし始まってすぐお子さんがギャン泣きしてしまい、あえなく脱出する羽目に(^-^;

そして白い灯台、
        えりもへ6.jpg
白亜の襟裳岬灯台は明治22年に初点灯し、今では日本の灯台50選にも選ばれている歴史ある灯台と言います。
        襟裳2.jpg
ここで池袋からやって来たお兄ちゃん達の写真をお手伝い♪ 丸みを帯びた襟裳岬の看板の立つ場所から左側に、襟裳岬突端まで続く階段あり。
        襟裳1.jpg
「風の館」館内から眺めた景色と全く同じものが、しかもガラス越しでないからハッキリ良く見えました。「風の館」へ入った意味が??本当に強風の吹いた時だけ入るところ(・o・)??
襟裳3.jpg

襟裳4.jpg

襟裳岬から駐車場までの道、その道中に咲いていた花たち・・・
えりもへ8.jpg
エゾフウロ、この白い花の名前は…ヘラオオバコ? ツリガネニンジンも。
えりもへ12.jpg
あちらこちらで咲いていたカワラナデシコ、タツナミソウの仲間かと思うのですけれど…またはエゾエンゴサク?シソ科の植物「ウツボグサ」?
海岸の岩場、岩と岩の間でやたらと見かけた・・・あなたは、日高ミセバヤの赤ちゃんでしょうか?

意外にも穏やかな一日でした。
あの巨大なオオハナウドも盛んに咲いています。オオハナウドが枯れはじめると襟裳岬も短い真夏の時期へ入ると言います。
thanks(68)  コメント(23) 
共通テーマ:旅行

thanks 68

コメント 23

いっぷく

「襟裳の春は何もない春」の歌詞に、えりも町の人が気を悪くしたけれど
歌がヒットしたから今度は喜んだ、というエピソードが有名ですね。
人なんて勝手なもんです。

by いっぷく (2019-08-08 22:59) 

hana2019

いっぷくさんへ
「襟裳の春は何もない春」の歌詞に、えりも町の人が気を悪くした・・・エピソードは、私も聞いたことがあります。
しかし岬と言えばどこの岬も、海と断崖以外はなにもありませんもの。
この曲が果たした役割は大きいです。だってここにも出かけてしまった人がいるのですから(^-^;



by hana2019 (2019-08-08 23:16) 

Yamamoto

こんばんは、hanaさん、
襟裳岬にハマナス。この記事を見て二つの歌謡曲を連想しました。
襟裳の夏は春と違って何も無いとは程遠く花がたっぷりな季節ですね。
それでもやはり短い夏なんですね。でも温暖化で少し長くなった?
この続きも楽しみにしています。
by Yamamoto (2019-08-08 23:56) 

yoko-minato

襟裳岬・・・なんか歌になる光景ですね。
ここまで足を延ばすことはなかったですが
行って見たい場所ですね。
by yoko-minato (2019-08-09 05:02) 

末尾ルコ(アルベール)

これがハマナスの花なんですね。
「襟裳岬」や「知床旅情」のような問答無用の名曲になれば、様々な効果が半永久的に生じ続けるのでしょうね。
森進一と言えば現在はいろいろな病気の影響もあり、声が少々枯れてしまってますが、その声で「影を慕いて」なんか歌うと絶品なんです。歌って、おもしろいですね。若くて張りがあればいいというものではないところが。           RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2019-08-09 06:59) 

ヤマカゼ

ハマナスは鮮やかなきれいな花ですね。知床・羅臼の原生花園であちこち咲いてましたね。
by ヤマカゼ (2019-08-09 07:11) 

よーちゃん

森進一より、吉田拓郎版。
なんかわかる気がしますー(^。^)
私は昔、拓郎より陽水派てしたがー。
by よーちゃん (2019-08-09 08:44) 

hana2019

Yamamotoさんへ
おはようございます。
歌謡曲の二曲、わかります!
襟裳岬に限らず、北海道内の端っこはどこも、…ってそれ程知っている訳ではないけれど。
強風と、霧、日照時間の短さから、それ程花が多い訳ではなくて。。
それも皆、地味でも強い花が咲いているだけのような気がします。

yoko-minatoさんへ
おはようございます。
トータルしたら10回以上出かけている北海道ながら、私も初襟裳でした。
こんな事言ったら、ホント怒られちゃいますけど・・・ほーんと何もないところでしたよ^^

末尾ルコ(アルベール)さんへ
おはようございます。
ハマナスをはじめに、北海道で咲く花の時期は短くて・・・北海道イコールのラベンダーも7月の終わり頃には刈り取りが始まってしまいます。
今回は、富良野、美瑛へは行きませんでしたけれど、どの花も開花する時期は短くて…そこで7月中に急いで出かけてしまった訳なのです。
声が枯れるのは良い方、声が出ない、音程が明らかに狂ってしまう歌手も多くいますね。

ヤマカゼさんへ
おはようございます。
この後、積丹で目にしたハマナスの群生。早くも実となってしまっていたものの方が目立ったくらい。花の命は短いです^^

よーちゃんさんへ
おはようございます。
陽水と安全地帯の競演した、神宮球場だったかのライブ。あれはまだ1980年代でしたけれど、陽水の声が出ていない様子に驚かされました。玉ちゃんが上手すぎたのかな?
拓郎は曲作りの才能は勿論、よく言われるように・・・あのしわがれ声と可愛い顔(あの頃は…)とのギャップにやられてしまうのです♪


by hana2019 (2019-08-09 09:18) 

ゲンさんおかさん

二時間ドラマの最後、
犯人と刑事の対決シーンに
使われそうな風景ですね。
岩場に打ち付ける波の音が
聞こえてきそうです。

歌のお陰で「風の館」が出来たので
何もない・・・ではなくなったのですね。
怒っていた住民も満足されたことでしょう。
by ゲンさんおかさん (2019-08-09 10:01) 

hana2019

ゲンさんおかさん様へ
>歌のお陰で「風の館」が出来たので
何もない・・・ではなくなったのですね。
・・・の割りには商売ッ気、サービス精神はなかったような。
個々の他には土産物&食堂が一軒、民宿が一軒あったくらいなものでした。それでも観光客は結構来ていましたね。
by hana2019 (2019-08-09 10:38) 

まつき

風速何メートルとかTVで言われてもピンと来ないから、
こうして体験できるのは便利そうですね!(^^)!
しかしこのアニメキャラの看板?は必要なんでしょうか(笑)
by まつき (2019-08-09 10:45) 

hana2019

まつきさんへ
以前の私だったら、絶対にやっていたでしょう
ふたりのアニメキャラ、ググってみましたら・・・日高管内えりも町はやはり昆布の町、親しまれるようにと考案されたご当地美少女キャラクター「岬 襟萌」(みさき えりも)と「千島 霧夏」(ちしま きりか)だそうです。名前が難しくて読みずらいですよね~~
・・・って、私の歳のせいかしら(^Q^)/
by hana2019 (2019-08-09 11:07) 

サンダーソニア

強風の体験が面白そうですね。
何もない春がうらやましいです。
北海道なら花粉症もないかも?
by サンダーソニア (2019-08-09 13:58) 

hana2019

サンダーソニアさんへ
これ、やったら、絶対楽しいと思います。ま、この身体では無理とわかっていたから挑戦しませんでしたけど。
今思うと・・・入館料は、強風体験代だったのかも?
>北海道なら花粉症もないかも?
杉の割合は不明ながら、ほぼ原生林だらけです。。
by hana2019 (2019-08-09 18:14) 

英ちゃん

襟裳岬は、行った事ありません。
まぁ、北海道は1回しか行った事ないし。
それも私の場合は鉄道旅行でした(゚□゚)
by 英ちゃん (2019-08-09 20:57) 

ぼんぼちぼちぼち

ハマナス、可憐な花でやすね。
鮮やかなピンク色が可愛いでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-08-09 21:50) 

hana2019

英ちゃんさんへ
廃線だらけの道内、襟裳は勿論。鉄っちゃんだけで周るのは、きっと厳しいのでは?
英ちゃんは、もしかして運転免許を持っていないとか?

ぼんぼちぼちぼちさんへ
他のお花がどれも小さくて、地味ですからね。
ハマナスの花、花後の赤い実はもう一度登場の予定です^^


by hana2019 (2019-08-09 22:46) 

とまと

襟裳岬行ってみたいです^^
by とまと (2019-08-09 23:01) 

hana2019

とまとさんへ
名曲「襟裳岬」効果って、相当ありますね!
しかし行くと、ホントによくわかります。何もないんだなぁ~~って(笑)
by hana2019 (2019-08-10 00:06) 

tarou

お早うございます、小さな洋館の丘に
コメントを有難うございました。

襟裳岬には、ずいぶん昔に行きました
歌の様に何もない岬で、夏なのに売店の
ストーブで体を温めた思い出が有ります。


by tarou (2019-08-10 07:10) 

hana2019

tarouさんへ
こんにちは。
こちらこそ、先のコメント、ありがとうございました。
>夏なのに売店の
ストーブで体を温めた思い出が有ります。
何もないなどと・・・珍しくも貴重な経験をし、想い出として残っているではありませんの。
by hana2019 (2019-08-10 14:26) 

八犬伝

襟裳は風の強い所ですよね。
私は、襟裳もさることながら
日高のサラブレッド地帯を抜けていくのが
とても心地良かったです。
by 八犬伝 (2019-08-10 17:51) 

hana2019

八犬伝さんへ
私達も苫小牧からは、日高町、新冠町←ここは昨年も泊まったところでした。
新ひだか町、浦河町、えりも町と通ってやって参ったのです。
北海道の郊外へ出たら・・・広々としているだけでなく、信号も、交通量も少なめで気持ちが良いですね。
by hana2019 (2019-08-10 22:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。