So-net無料ブログ作成
2018・6月さくらんぼ隊狩り 定番の福島&山形 ブログトップ

6月はこれ・・・さくらんぼ狩り⑨次の下見をして帰りましょう♪ [2018・6月さくらんぼ隊狩り 定番の福島&山形]

目的のさくらんぼ狩りが終わったら、それぞれの友人、孫のこっちゃん、実家の母への発送を依頼し帰るのみ。
これから先も10年くらいは、こうして毎年食べに行けるかな?・・・一年に一度だもの、行きましょうぞ!
ばいばい、安部農園のさくらんぼ娘さん達、ばいばい、佐藤錦ちゃん♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
懐かしさを感じる情景。

江戸から、明治、大正、昭和へと・・・時代の香りをまといつつ・・・

現代へと大切に受け継がれた、日本の良さが息づいている東北。こうして大人になった今、旅を終えても何度でも足を運びたいと思う。


急ぐ道中でもなし、高速で渋滞に巻き込まれるよりも、一般道で帰りましょうか。
米沢から県境を越えて福島へ。飯坂温泉からはじまるフルーツラインを通って・・・。
山形同様福島県もフルーツ王国です。道の両側にこれから収穫期を迎える桃、梨の実の実りが見える、実際に食べられるのは8月に入ってからながら、この景色も大好き♪。
須賀川、白河から、栃木へと帰ります。

どうしてこんな面倒な事しているかと言いますと、翌週遊びに来る息子家族に蛍の飛ぶ光景を見せてやりたい。
その為には事前のリサーチもしておきませんとね。
下見1.jpg
車窓から眺める西の空に、まさに沈まんとする夕日と、夕焼け雲[ぴかぴか(新しい)]

そして、着きました。市内で最も北に位置する旧・河内町の「梵天の湯」です。
下見2.jpg
敷地のすぐ横を流れる「御用川」、山奥でもなんでもない市内の、別名「奈坪川」に蛍が住みついていると聞きました。噂には聞いていたものの、それは本当であった。
確かに目を凝らしたら、清流にのみ生育する水生植物が川の流れでゆらいでいます・・・。水中に住む生き物にとっては隠れ家となる、産卵場所になるなど水草のメリットは侮れないもののよう。

下見3.jpg
しかし待っている身に、その時は中々来ないもの。
御用川沿いの土手に植栽された、紫陽花の花が見事に咲いていました。

そして、黄昏の空。夕焼けの名残りである青~赤へのグラデーション。、眺めたのは久しぶりではないかしら。
下見4.jpg
蛍も待ち遠しいものながら、これだけクッキリと美しい空を目にするのも希ではないか。思わず、「ホォッ」と出てしまうため息。

辺りが暗くなり、月が姿を現す頃。ようやく・・・出て参りました。
下見5.jpg


下見6.jpg
一枚として撮れていない、満足な蛍の画像はないけれど。。それでも20匹くらい飛ぶ様子を目にしました。蛍を目当てに来ていた人の数も予想以上でした。
これなら大丈夫かな? 孫娘のこっちゃんに初めての蛍体験をさせてやれそうです。


今回の総走行距離は522キロ、お買い物もしなかったから予算額もあまり、、、この度もお安い旅でした。

下見7.jpg
      下見8.jpg
お土産の一部です。
さくらんぼの「八興錦(はっこうにしき)」「正興錦(せいこうにしき)」は味見をしてくださいと、さくらんぼ娘さん(アラフィフ)が持たせて下さったもの。
お蔭で市場には出まわらない、珍しい品種を味わってしまいました[るんるん]

たいようパンは、前回とほぼ被る内容なので載せません。
「スーパー清分」で買ってきました、玉こんにゃく大袋。業務用と書かれていましたけど、こっちゃん家に一袋はあげてしまったから、すでに残っていない状況です。
お醤油瓶のミニボトルみたいのが、玉こん用のタレです。家のお醤油、みりん、酒などを合わせたタレで煮るのとは全く違う味わいになります。
「揚姫」と書かれた油揚げ、肉厚でやわらかい俵型の油揚げは「赤湯温泉」のオリジナルでは?
板前さんのような方が大量買いをしているのを見かけて、それからは真似っこして毎回のように買ってきます。ふわふわで美味しいの。


思いがけず・・・引っ張ってしまったものの、さくらんぼ狩り隊は無事終わりました。
thanks(64)  コメント(12) 

6月はこれ・・・さくらんぼ狩り⑧もうお腹がいっぱい~♪ [2018・6月さくらんぼ隊狩り 定番の福島&山形]

西日本各地では集中豪雨が続き、亡くなられた方々。住宅に甚大な被害を受けて被災をされた土地と。
そんな最中に旅行記なんて・・と思うところもありまするが・・・それでも一週間ぶりにPCに向かえる時間がもてた・・・。
こんな内容でも自分自身の記録として残しておきたい、ただそれだけなのです・・・お許しくださいませ。

玉こんにゃくを買う為、南陽市の赤湯温泉まで足を伸ばした後、また少しだけ米沢方面へと戻ります・・・
        さくらんぼ0.jpg
普段と比較したら多い宿の朝食、それでもお腹が少し落ちついてきたのを感じました。

さくらんぼ2.jpg
これからが本番!目的であるさくらんぼ狩りをしなくては[ダッシュ(走り出すさま)]
6月に旬を迎える果物と言えば・・・ツヤツヤした宝石の輝き・・・甘酸っぱさと、爽やかさが特徴の・・・山形県東根生まれの品種「佐藤錦」です。
                    さくらんぼ3.jpg
最盛期には全国生産量のおよそ7割を占めるとまで言われる、山形県のさくらんぼ。
寒暖の差が大きな気候、土地柄がさくらんぼ作りにはピッタリとか。季節の訪れとともに丸くて可愛いルビー色の実を付けていく様子は可愛らしくて…何度訪ねても良い。何年経っても見飽きません[るんるん]

さくらんぼ4.jpg
美味しいさくらんぼが食べたいけれど、混みあっているところは避けたい。ツアー客などの来ない穴場スポットである南陽市の「安倍農園」さん。
今年は案内のハガキが中々届かず・・・どうしてしまったのか?さくらんぼの出来具合もながら、ハガキ持参で入園したらひとり200円引きになるのが嬉しいのであ~る!
ここ数年の間安倍農園さん一筋、今年で5回目。毎年出かけているから、ハガキなしでも大丈夫な気も致しますけど。。
今回も私達、ふたりだけの貸切で頂きますよ[グッド(上向き矢印)]

さくらんぼ5.jpg
少しだけ甘酸っぱさの残るジューシィな実。薄い皮が本当に食べやすい。でも食べている最中にも手がベタベタになるくらいだから、思いのほか糖分が多いのでしょう。

普段の食事からは想像も出来ない・・・・スピードとパワーで、我が口の中へ消えていくさくらんぼ達。
ボンビーを自認する私ですから、入園料の元を少しでもとろうと頑張る。これも努力のひとつでございますのよ・・・オホホ。
生っているさくらんぼは、どれでも採り放題!食べ放題なのですから。。。
残った種は紙コップへ入れて下さいなんて言われない、モグモグッと食べたら、口から吐き出してしまう。←ホントはイケない事?しかし、ここではOK! 制限時間なども当然ない気楽さ。
個人の場合、この適当さ、ゆるさが魅力のひとつなのです。

        さくらんぼ6.jpg
元々小さな佐藤錦、その上実の半分近くを占めるのは「種」とお思いでしょうけれど・・・その考えは、甘い!
次から次へと食べ勧める事で、思いのほかお腹が膨れるものです。
果実の皮の部分にしても固い訳ではないものの、それでも疲れが顎にきます。次から次へと咀嚼をしていく事で、疲労感があるのは経験者でしたらおわかりですね?

さくらんぼ8.jpg

さくらんぼ7.jpg
春の温かさから、今年はさくらんぼの生育も早くて、私達の訪問した・・・この日が最終日のようでした。
だから枝に生るさくらんぼの実の数も、幾分少な目に見えました。
    さくらんぼ9.jpg
今回も、真っ赤な元気を目いっぱい味わいました。でも何時もと違うって、気づかれました?
そう、私達の到着する少し前に小学生軍団がやって来て、手の届く範囲の実を食べ尽くしていったそう。
恐るべし!小学生の食い地!子供パワーの強力さ!若さには勝てぬ!!

さくらんぼ11.jpg

手の届かない高い位置にはまだ多く残っていたものだから、夫が脚立にのって採ってくれました。
さくらんぼ12.jpg

さくらんぼ13.jpg
                         さくらんぼ14.jpg
しかし今回も頑張った!心置きなく食べましたぞ!
この日は、何時ものお姉さん・・と言ってもアラフェイフ世代、そこにお手伝い要員である大学生の娘さんもいて、夫などさくらんぼ狩りより女性二人相手に盛り上がっていた様子←アホー[バッド(下向き矢印)]
可愛い女子大生は英語教師を目標にしていると話していました。成績優秀なのだから、頑張ってよ!
今回も、ご馳走様でした。
右側はあまり出回らない新品種とか「どうぞ、味見をしてください」と。名前は忘れてしまったものの、肉質が弱冠柔らか目と感じました。

次回でさくらんぼ隊は解散となります。
thanks(63)  コメント(19) 

6月はこれ・・・さくらんぼ狩り⑦山形のコースは定番です [2018・6月さくらんぼ隊狩り 定番の福島&山形]

「ホワイトペンション」さんのチェックアウトをして、磐梯山を下りてきました。宿の周囲に沢山出ていた・・・・蕨、もう少しだけ早ければポキポキと折って採って来られたのになぁと夫。残念、遅かったね。
山形へ1.jpg


山形へ2.jpg
梅雨なのに、こうして改めて見ると・・・真夏日って感じがします。
遠くに蔵王蓮峰。外出は天候に左右されてしまうものだけど、絶好の晴天に恵まれました[るんるん]

山形県を目指し参りましょう。

いくつもの山、山間のいくつも、いくつものトンネルも過ぎて行きます。
          山形へ3.jpg

山形へ4.jpg
これまでは「小野川湖」「桧原湖」から白布峠へとぬける西吾妻スカイバレー経由が多かったものの・・・。白布峠を越えて米沢へ抜けるコースも、裏磐梯の山々、眼下に広がる桧原湖も魅力ながら。。
ナビちゃんが示したのは喜多方市の西側を通過して行くのも、たぶんこちらの方が距離的に短くて近いのでしょう。
時には違うコースも良いかなと、指示に従います。


山形へ5.jpg                    
日増しに 色濃くなっていく緑と、田で育つ稲と。青空とのコントラストはハッキリ!

そして米沢市街。目に飛び込んでくるのは米沢牛のお店ばかり。以前は帰路は必ず、米沢牛すき焼き食べていたのもの、最近少しご無沙汰しています。息子達も連れて来てやりたいな♪
そんな米沢のお隣、高畠と言えばワインながら・・・私達の立ち寄りスポットはワイナリーではありません。
山形へ6.jpg
もはやお馴染以外のなにものでもない。上山温泉近く、山の斜面いっぱいに続くぶどうのビニールハウス、農村風景が続いて…。そうした光景に囲まれて佇むこちら。
山形へ7.jpg
山形県内で知らない人はいない?地元で50年近く愛されているご当地パン「たいようパン」さん。前回のGWにも寄りましたよ。
本社工場の敷地内の直売所は、次々・・・入ってくる車、絶えない買い物客達。
コッペパンを開いて、そこにチョコをベタッとぬった、ベタチョコで知られる「たいようパン」さんなのでした。

そしてもう一軒、すぐ先に位置する山形県「赤湯温泉」、赤湯の旅館「松島館」に泊まった時、スタッフさんにお勧めされた地元のスーパーがこちらです。
山形へ.jpg
商品が山積みの店内、雑然とした雰囲気は業務スーパーって感じるスーパー「山形清分」南陽店。
明らかにお店屋さん、宿泊業者と思われる方のお買い物風景も何度か目にしました。
山形県内で最もメジャーなスーパーと言えば・・・「ヤマザワ」。←こちらは山形県内のどこへ行ってもありますからね。
名物こんにゃくコーナーを撮った一枚。そこには名物の玉こんにゃくが、四角くて大きな切り分けタイプ、大きなパッケージ入り糸こんにゃく・・・と。ひとつのコーナー全てがこんにゃくです。そして今回は玉こんを煮る為のタレも置いてあってラッキー[グッド(上向き矢印)] 
               山形へ9.jpg
ところで店名の「清分」って?、こんにゃくをつくっている清野屋の分店であったところから付いた店名とか。以前と比べたらこんにゃくの質は落ちたとと言われながら。。それでも山形へきたら必ず行ってしまうお店である。
そうやって午前中は時間を使って、お腹を空かせてから・・・参りましょう[ダッシュ(走り出すさま)]

          山形へ10.jpg
1泊2日の小旅行ながら、次回がこの旅の本番なのであります!!

thanks(86) 

6月はこれ・・・さくらんぼ狩り⑥「ヒーリングイン ホワイトペンション」お風呂 [2018・6月さくらんぼ隊狩り 定番の福島&山形]

4ヶ所のお風呂からチェックイン時に、夕食前・夕食後・翌朝利用の3ヶ所の予約をします。
到着後一番まだ明るい内に入ったのは、アメリカから直輸入・・・したとのジャグジーバス。ビッグサイズのジャグジーは、これまでで一番くらいのデカさでした。
風呂1.jpg
                    風呂2.jpg
ジャグジー併設の開放感のあるガーデン露天風呂。植栽された木はヤマボウシでしょうか。小ぶりだけど真っ白い花=ホントはガク・・・爽やかさと、清涼感は目にも優しく気持ち良い[ぴかぴか(新しい)]
外の景色を眺めるまではまいりませんが、夜間にはライトアップもされるそうです。
磐梯山の南西斜面である表磐梯温泉郷に位置するホテルは、泉温49℃の「表磐梯温泉」を引湯している模様。単純温泉だけに特徴がある訳ではない、けれど温泉だけに気持ちは心地良いものでした[グッド(上向き矢印)]

夜は、名物「死海風呂」へ行ってみましょうか。・・・ところがあれ?ドアを開けて目に入ってきたのは、和の風情・・・信楽焼の浴槽です。
風呂3.jpg
・・・でもご心配なく、その先にありましたとも!

風呂4.jpg
天然海水塩が溶け込んだ濃度約15%のお湯は、身体が浮くだけでなく良く温まり…美肌やエステ効果も期待できる・・・との事。しかし我が老体には塩だけにピリッとするものがありました[あせあせ(飛び散る汗)]
照明を変えてみたら、更に楽しめたようながら・・・ヒリヒリが強く浸かっていられず[バッド(下向き矢印)] 画像の楽しそうな若いカップルとは大違い、何をやってもダメな身体ねぇ[あせあせ(飛び散る汗)]
              風呂5.jpg
館内のどのお風呂も、洗い場にはシャンプーバーが、このスタイルは磐梯山周辺のどのペンションに泊まっても、たぶん共通の標準的な設備って事に思います。

風呂6.jpg
お風呂の帰りには、こんなコーナーも。男女別の基礎化粧品がずらり並んで・・・これだけ揃っていたら、手ぶらで泊まりもOK!でしょう。
乾いた喉に効果ありそうな、デトックスウォーターサーバーの用意も。


      風呂7.jpg
そして翌朝「おはようございます」。朝は6時半に起床、すぐ温泉へ入りに行く。
客室から望む猪苗代湖。その手前側にある湯小屋、こちらが最初に浸かった露天風呂、二室ある内の片方でした。玄関ドア横の灯りが点いていたら使用中。反対側の左の浴室へ参りましょう。

          風呂8.jpg
浴槽の縁の外に腰掛ける部分あるの「檜の露天風呂」。露天と言っても降雪の多いこの辺り、雪避け、寒さよけと思われるガラス戸が入って、正確には半露天ながら・・・私はここが一番入りやすくて良かったよう思いました。
箱庭風の外に置かれた観葉植物、シダ、屋根の様に広がったのはヤマボウシの緑です。

別館の方はそれぞれ部屋付露天風呂が付いている訳から、ほぼ満室であったこの日も思った通りの時刻に入浴出来ました。
浸かったのは4カ所の内3個だけ、それでも結構忙しく思えて・・・光と音のジェットバスなる・・・内湯はパスしてしまったのである。

自宅から程良い距離感、ホテルの豪華&広さはない代わりに料金はリーズナボー。その割りには食事も美味しかった・・・。
滞在時はお風に入りに行ったり、食事時間もあって、狭さを気にする事もなく過ごせました。窓を開けると山の景色が見えるのも良い。
こちらも含めて磐梯山周辺の宿へは、必ずまた行きます。
次はどこにしようかな?
thanks(73)  コメント(19) 

6月はこれ・・・さくらんぼ狩り⑤「ヒーリングイン ホワイトペンション」食事 [2018・6月さくらんぼ隊狩り 定番の福島&山形]

人気宿であるのも伺える内容、美味しかった食事の紹介を先にしてしまいますね。

はじめに案内された通り・・・一階のダイニングにて、夕食は6時、朝食は8時からいっせいに始まります。
席に案内されたら、まずは飲み物のオーダーから。勿論「生」いきます。
食1.jpg
地元の野菜をふんだんに使用したバーニャカウダから始まる、創作イタリアンのコース。

食4.jpg  食5.jpg
メニューだってあるんですよん。照明が落とされた中、テーブル上を照らすのはこのアルコールランプのみ。

思わず、わぁ~~!と声が出る!。華やかな色彩が楽しめます[グッド(上向き矢印)]
食3.jpg
トレニア・キンギョソウ・ストック・・・と言ったエディブルフラワー(食べられる花)にプリーツレタス、トレビス、パプリカ、プチトマト、紅芯大根、ラディッシュ、渦巻ビーツなど・・・色とりどりに盛り付けされた高原サラダ、温めた特製バーニャカウダソースをからめて食べました。会津の新鮮な野菜たちが四角いカラス容器の中、氷で冷やされ提供される様子は目から、口から楽しめるものです。

丸くて厚みのある木製プレートには、8種類の前菜が並んで。。
          食2.jpg
・黒毛和牛の牛スジ煮込み・春にんじんのムース・フルーツトマトのブルスケッタ・キッシュロレーヌ/ピクルス・会津産アスパラガスのフリット・アランチーニ(ライスコロッケ)・パルマ産プロシュートとサラミ、チーズの盛り合わせ
前菜はどれも少量のようながら、思った以上のボリュームがありました。

食7.jpg
魚料理は、真鯛&シーフード(アサリ・ムール貝・海老・ホタテ)のカルトッチョ(食品用高温耐熱フィルムで包んだ包み焼き)
客数がそれ程ではないから、熱々の出来立てが味わえます。魚介の旨みが出たスープは、パンで召し上がってくださいと、しかしこの後ライスも出るのです。
都内のレストランで修業してきたと言う息子さん、でも一人では間に合わないから家族全員で作って、手のすいた人がサーヴしていると話されていました。
食6.jpg    食8.jpg
黒毛和牛のローストビーフ ~オリジナルの甘めなグレービーソースをかけて~季節の野菜添え~
プレミアムヱビス小瓶の、このサイズって珍しい[目]
お肉も少なそうに見えて、これでも結構きます。ご飯を勧められたものの、私はきっぱりとお断り、夫に至っては「Sサイズでお願いします」だって(笑)

わぁ~、〆のデザートだぁ[るんるん]
食9.jpg         食10.jpg
動くのもやっとと言うくらいお腹が膨れてしまいましたが、デザートは別腹。フルーツ&バニラアイスクリームを添えた程よい甘さのクリームブリュレは、別腹だけに美味しく頂けます。
レモンの香りのレモンバーベナ・ティで、最後はサッパリしました。


        朝1.jpg
朝食も同じ席で、窓からは自然だけ・・・緑あふれる爽やかな朝の風景[ぴかぴか(新しい)]

朝3.jpg
大きなワンプレートに、高原野菜サラダ二種類・ベーコンエッグオーブン焼き・グラノーラ入りヨーグルト・手前のスキレットは可愛らしいフルーツがたっぷりのったパンケーキ、メロンの量もじゅうぶんです。
猪苗代産ブルーベリーのスムージーから「いただきます」
丁寧な仕事ぶりが光るメニューたち、朝からご馳走って感じがしました。

朝2.jpg朝5.jpg
焼きたてのパンは、バター・ルバーヴ・リンゴの手作りジャムで。
これからの季節に見かけたら即、私は買って作るルバーブジャム。しかし知らない方も多くいらっしゃるとみえて「一見すると蕗みたいなルバーヴ、でもこうしたジャム、パイの具材などヨーロッパではとても人気のある野菜です」とオーナーの説明がありました。
珈琲・紅茶は自由にどうぞ~
                          朝6.jpg
ピスタチオだったかしら、自家製ジェラートも、最後まで美味しかった。
クロワッサン&ホワイトパンは食べられず、結局お持ち帰りの運命。他にそうした方は多いようで、パン用の袋もサッと出てきます。
朝も夕も、地元の食材を使った工夫あるメニュー[グッド(上向き矢印)]
働き者の旦那さん、明るくて気さくなママさん、オットリタイプの息子さんと3人のチームプレーで見事に切り盛りされています。今回も当りでした[るんるん]

これでお風呂がもうチョッと入りやすければなぁ~・・・って、それは私個人の問題。普通の人ならどうって事ないはずですね。
この日の宿泊客の中では、たぶん最年長の私達なのでした[あせあせ(飛び散る汗)]
そのお風呂は、最後に・・・。
thanks(77)  コメント(19) 

6月はこれ・・・さくらんぼ狩り④「ヒーリングイン ホワイトペンション」施設編 [2018・6月さくらんぼ隊狩り 定番の福島&山形]

福島県会津若松市磐梯町と言えば「会津の宝の山」、明峰・磐梯山ですね。
梅雨の真っ最中であっても、山の新緑を楽しめるシーズンでもあります。
ホワイト2.jpg

自宅から無理のない距離、国立公園の大自然の中。四季の移り変わりも魅力の猪苗代湖周辺。これまでも七ツ森の「ペンション プチポワ」、「フレーザーハウス」、「Lakeside inn Beehive」と宿泊済み。お気にいりとなった「プチポワ」さんへは昨年もリピ・・・、どこへ泊まっても外れなしの感がしました。

ホワイト1.jpg
それでもブログ的には新規開拓を目指したいから、今回は「 死海風呂と岩盤浴が楽しめる ヒーリングイン ホワイトペンション」さんを予約。
敷地の入り口辺りには、色とりどりカラフルに植栽された寄せ植えのテラコッタポッド、プランターと飾られていたのだけど…建物前の花畑、ハーヴ園は植栽されて日が浅い、育つまでは至っていません。駐車場の端に、除雪車が残されていたくらいでしたもの。

一見したら、大き目な普通のお宅みたい。荷物を持参して中へ、オーナーご夫婦の出迎えを受けて、その場で貸切風呂と入浴時刻を決めます。
予定より1時間遅れで、到着は4番目かな。お風呂の予約状況もまぁまぁといったところ。
上がってすぐにフロント、奥が食事をとるレストラン部分で、左手前は二階へ続く階段でした。
ホワイト7.jpg
数室をのぞいて客室は二階です。
廊下にカップボード、重厚な飾り棚があり、アンティークなティカップやガラス製品が華やかさを演出しています。こうしたところはオーナーさんの趣味が出ていて面白いなって、毎回思うのです。

「209号室」はコンパクトであるけれど、二面の窓が明るい。さっぱりシンプルなお部屋でした。
ホワイト3.jpg
窓際に並ぶシモンズ社のベットは小さく感じられたものの、シティホテルサイズだそう。
入室して直ぐ右のドアは、トイレ&洗面所になります、奥にはセパレートバスもありました。
         ホワイト4.jpg
32インチのテレビ、DVDプレーヤー、ティファールのポット お茶セットは緑茶・紅茶&レモンティのティバックの用意あり、小さな冷蔵庫には冷水ポット&グラス、冷やしたプリンが入っています。
ウェルカムプリンは着いたらすぐに食べましょう。ディナーも朝ご飯もボリューム満点だから、食べるタイミングを逸します。                             
                        DSC09461.JPG
椅子&テーブルにソファと、上手に配置されていました。浴衣、帯はお風呂用の籠バックのところだったかな。
          ホワイト5.jpg
バスタオル・タオル・歯ブラシ・レザーの他、ドライヤーにハンドソープの置かれた洗面所、おトイレ。
                             ホワイト8.jpg
基礎化粧品(クレンジング・洗顔フォーム・化粧水・乳液)、フェイスパック、コットン、綿棒、ヘアゴムはこのビニールバッグに入っていました。   
若干の狭さは感じるもののトイレは付いてますし、館内の7種類のお風呂が貸切利用出来るのだから今回のプラン内容でじゅうぶんに思います。
満室らしいのだけれど、話し声も聞えず、静かなお部屋でした。


ホワイト6.jpg
館内には4ケ所もの浴室と岩盤浴場とあり。食事処を通った先に露天風呂へと続く通路が。誰もいないのでチャンスとばかり[カメラ] 奥には冬場使用される暖炉[ひらめき]ペンションあるあるです~~。
こちらは「展望風呂付き」の、別館宿泊者用ダイニングとして使われている食事室です。

喫煙所の奥にマッサージチェアのあるオーディオルーム、43型プラズマホームシアターシステムだそうです。
宿のオーナーの拘りなのでしょうか。
作品のチェックはしなかったけど、ここのソフトを借りていったら部屋でDVDが見られた訳。そう言うのはお勧めしてくれなくてはね~~、なーんて早々と寝てしまったのに。
ホワイト9.jpg
              
              ホワイト10.jpg
Wi-Fiが繋がるのは勿論、スマホ提示で自家製リンゴジャム。チェックアウトには、巨峰・桃サイダーのお土産も頂くなどお得な宿泊。根がボンビーだから、↓これくらいでも嬉しい。
ホワイト11.jpg    ホワイト12.jpg

次は、全て入り切れなかったお風呂の紹介になりますね。
thanks(78)  コメント(18) 

6月はこれ・・・さくらんぼ狩り③「会津藩校 日新館」 [2018・6月さくらんぼ隊狩り 定番の福島&山形]

宿のチェックイン時刻は15時。時間に合わせて向かいたかったから、一か所だけ観光していきます。
途中に「會津藩校 日新館」への矢印を見て、一度は寄ってみましょうという事に。数多く来ている会津なのに、日新館は訪問していなかったのです。
日新館1.jpg
幕末の白虎隊の学び舎として、会津藩の教育の重要な役割を担った教育機関です。かつては鶴ヶ城に隣接する形であったものの、現在は今の地で観光名所となっているのです。

日新館創設より更にさかのぼること・・・寛文4年、国内では初となる庶民のための学問所「稽古堂」が民間により開校。会津藩初代藩主 保科正之は大いに学問を奨励しました。
その後の天明の大飢饉など、様々な経緯を経てのち・・・五年の歳月を費やして享和3(1803)年、文武の両教科を教授する総合学校「日新館」が完成しました。

「戟門(げきもん)」から北側を臨むと、中庭の先に「大成殿」が見えます。
日新館2.jpg


     日新館5.jpg
戟門と、大成殿の屋根にあがった・・・一際目を惹く、この飾り、二本の脚と角を持ち、頭が龍で体と尾が魚・・・との像は「鬼犾頭(きぎんとう」と言うものらしい。その前方に鎮座する狛犬のような形も初めて・・・猿のような?猫のような?魔除けの役割を果たす、架空の動物らしいです。
          日新館3.jpg

日新館4.jpg
儒教の祖である孔子を祀った建物「大成殿」前を流れる水路も。この流れの先は「水練水馬池」へと続くのでしょうか。

          大成殿.jpg
内部の「孔子像」は当然撮ったはずなのにありません。そこで他所からお借りして参りました。

「日進館」と言えば・・・大河でも度々登場した「什の掟―じゅうのおきて(ならぬことはならぬものです)」
一、年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ
一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
一、弱い者をいぢめてはなりませぬ
一、戸外で物を食べてはなりませぬ
一、戸外で婦人(おんな)と言葉を交へてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです

この場所を訪れるのは一般の観光客もながら、ほとんどを占めるのは修学旅行生だそう。特に6月に集中するとか。
大学内の一室で、担当のお兄さんが説明して下さいました。
日新館6.jpg
立派な庭園を眺めたり、他にも興味深い逸話の数々を伺いました。
戊辰戦争で焼失してしまった「日新館」でしたが、再現出来た理由のひとつとして明治期、元の「日新館」の正確な図面が存在した。その時代であれば、日新館を知る人物もまだ多数生きていたから、正確な面積、大きさ、寸法もわかっていたからでした。
江戸時代の藩校に関心を払う必要はないとする時代はあったものの、貴重な歴史、会津の精神文化を見直し、後世に伝えようと言った気運が高まって…昭和62年に完全復元されたのでした。

会津藩松平家を語る上で避けられない史実に、明治維新期の「鳥羽伏見の戦い」「戊辰戦争」があります。
鶴ヶ城を舞台とした新政府軍との激戦の末、敗れた会津藩は廃藩となり、多くの藩士が謹慎処分の身となりました。
領地を没収された会津藩ながら、明治2年(1869年)「斗南藩」としての再興が許され、新潟より海路をたどって青森県下北半島(現 大湊新町)へ上陸。
斗南藩移住の経路を後世に伝えるため平成2年、建てられた「斗南藩士上陸の地」の記念碑は鶴ヶ城の石垣と同じもので、会津若松市を望む方向に設置されたのだそう。下北を旅した際、私も観て参りましたけれど。。
斗南藩は、現在の青森県むつ市を中心とした地域。この縁を契機に昭和59年「鶴ヶ城の築城600年」と「むつ市市制25周年」を記念して、むつ市と会津若松市は姉妹都市となりました。
「むつ市の方々が会津をリスペクトし、訪問される事はあります」と。

最後に、女優 綾瀬はるかさんも何度も訪問されているでしょう。やはり、お綺麗でしたか?・・・って伺ったら、「はい、それは勿論!会津へ彼女は8回も足を運んでいますから。」って、嬉しそうな顔。

日新館7.jpg
弓道場での弓道体験、赤べこ、起き上がり小法師の色づけなど、体験ものはやはり人気があるようです。
日新館8.jpg

最後は天文台から・・・
日新館9.jpg

会津の街も望む。
日新館10.jpg
冬至には、ここで天体を観測し暦を作ったと言われています。他藩の藩校で天文台を持っていたのは薩摩の造士館、水戸の弘道館だけだったそう。

復元されたものではありましたが、学校施設の復元により藩校で学ぶ子供たちに当時の武家の暮らし、江戸時代の水練場=池など貴重な場もあり。教育風景を実感する事が出来ました。
形をとどめない程破壊されつくした会津若松市のシンボル「鶴ヶ城」も、昭和40年に再建されています。そちらへは大昔、まだ幼かった息子、父・母と皆で訪問済み。それ以降は行っておりませんけれどね。。
thanks(78)  コメント(11) 

6月はこれ・・・さくらんぼ狩り②牛乳屋食堂へ [2018・6月さくらんぼ隊狩り 定番の福島&山形]

かねてより温泉通の間ではよく知られた存在だった・・・「牛乳屋食堂」。
今更の思いはあったものの、食べてみないことには語れません。芦ノ牧温泉にで立ち寄りした目的はこちらでした。
牛乳1.jpg
もう一軒の人気店「〇えんで食堂」さんとこちら、近づくと車と人の多さで「ここ」ってわかるのです。
想像を超えて立派な三階建ての店舗建物。
親しみやすい雰囲気のオジちゃん=オーナーさんは車の誘導、客の一人一人に挨拶をするなど気さくで愛想が良い。向かいにオープンした売店の方で休んで待つよう・・・接客しています。
今春、牛乳屋食堂の売店オープン!
          牛乳2.jpg          
真新しい店内には、牛乳屋の持ち帰りラーメン、オリジナルグッズが並び、「酪王牛乳」やソフトクリームコーナーあり。

店頭に設置された紙に名前を記入して待つ事しばし。11時オープンで一巡目が入店したばかりであった模様。
その間にオーナーから、情報収集をしておきました。

※創業90年の牛乳屋食堂。店の始まりは大正から昭和へ、馬から鉄道へと交通機関が替わった頃です。
初代キヨノばあちゃんが馬車宿をしていた現在地へ嫁いできました。それが芦ノ牧温泉駅前の「牛乳屋」の始まり。その後近所に住む中国人からラーメンの作り方を教わって、牛乳からラーメン店へと変わり・・・。
二代目トキ子ばあちゃんが、横浜からソースかつ丼のメニューを持ち帰ってきて、ラーメンとソースカツ丼の味を提供しようと立ち上げた本店舗。
初代キヨノばあちゃんの味は、代々のお嫁さんが引き継いできているそう。現在は三代目の節子さん、四代目美紀さんがその味を守りながら進化もさせている・・・元祖会津ラーメン店なのでした。
順番が来て、いざ店内へ。
牛乳4.jpg 牛乳3.jpg
メニューの一部です。そう広くない店内ながら、ラーメンだけに短時間で食べられるから回転は早いのです。

牛乳屋ミニセットは、 半ラーメン+ミニカツ丼+小鉢+牛乳で 1,050円。ハーフサイズのラーメンに、同じくハーフの選べるミニカツ丼、牛乳、サラダ、漬物の付く人気のセット。
          牛乳5.jpg
じゅうぶんなボリュームながら、これだけでは申し訳ないから、ミルクみそラーメンも。
味噌味に牛乳がプラスされることで、会津ラーメンとは全く違った旨みにコクと。飲み干したいくらいスープが味しかった[グッド(上向き矢印)]
牛乳6.jpg
柔らかに煮込まれ厚めにスライスされたチャーシュー、海苔、メンマ、ナルト、ネギのトッピング。
一口飲むと、旨味の強い醤油味のスープがこれまた美味しい、期待をせずにオーダーしたものの、レベルの高さが伺えました。どちらかと言えば太麺だから、これくらいインパクトの強いスープが合うのかも。
代々継ぎ足しで作っている牛乳屋秘伝のソースのかかったカツとご飯。・・・そんなソースカツ丼を卵でとじてある煮込カツ丼←珍しいでしょう?ソース味とカツ丼の甘辛さとの両方味わえます。ミニサイズのハーフカツ丼でもボリュームがありました。

選べる牛乳は考えもしないで、白・カフェオレ・フルーツから、「フルーツ牛乳」と言ってしまったのだけど・・・、
                                牛乳7.jpg
フルーツ牛乳は岩手小岩井牧場のながら、白・カフェオレは地元福島の「酪王牛乳」なのです。
酪王牛乳カフェオレは、二回泊まったペンション「プチポワ」さんで何時もお土産で頂いてます[るんるん] せっかくだもの福島でコラボしなくてはダメね。

会計の時には、カウンターの下に置いてあったキュウリも一緒に。採りたて新鮮であるだけでなく、5本で100円と安かったから。
待ち時間はあったものの、食べて良かった牛乳屋食堂ラーメン、煮込みソースカツ丼。一度に両方味わえる上、満足できる美味しさ[グッド(上向き矢印)]
入店時に私の様子から、女将にそっと「テーブル席の方へ」と指示するなど、さり気なさがニクイです。
人気があるからと驕らない姿勢、店のスタッフの熱心さも、好感のもてるものでした。
thanks(78)  コメント(11) 

6月はこれ・・・さくらんぼ狩り①芦ノ牧温泉駅 [2018・6月さくらんぼ隊狩り 定番の福島&山形]

毎年恒例となった・・・山形県でのさくらんぼ狩り、先週末の土日に行ってきました。
泊まるところは猪苗代町を予約、表磐梯のペンションに夕方チェックインするだけです。
観光は勿論、予定もないから朝は8時出発、のんびり下道を走って行きました。
日光市内に入り、鬼怒川・川治・湯西川温泉の脇を通過。昨年は久しぶりに「ヒマラヤの青いケシ」を見る為に立ち寄りした「上三依水生植物園」、クリンソウは咲いていたと思うもののパス。
しかし夕食時間を考えたらお昼は早めに済ませたい。・・・となると福島県入りしてすぐの、会津西街道沿いとなります。
芦ノ牧1.jpg
福島との県境近く、三依地区を過ぎたら「道の駅 たじま」です。
栃木県日光と福島県の会津若松市を結ぶ、国道352号線沿いの 山々に囲まれているがゆえ、四季折々の風景も楽しみのひとつ・・・観光情報収集に休憩にと重宝するところ。

駐車車場に入ると、建物前には屋外テントが常に建ち並び・・・季節の山菜や地元産の旬の野菜が売られていますが、6月だけに目に入るのは地の人々が採ってきた山菜、特産品である採りたてアスパラガス、真っ赤に熟した南郷トマトも人気です。これが帰りであれば買ってしまうところながら。。

珍しい「会津産」わらび漬けが置いてあったので、夫がこっちゃん用にゲット!
                              わらび.jpg
市販されているのは、ほぼC国産、あるいはロシア産のものがほとんど。手間のかかる山菜のお漬物・・・国産は今後益々、手の届かないものになる事でしょうね。


会津鉄道と並行して、会津田島、会津下郷、「塔のへつり」で知られる「湯野上温泉」を過ぎたら芦ノ牧温泉です。
大川渓谷沿いに開かれた山間の温泉地ながら・・・比較的大規模ホテルの多い芦ノ牧温泉は10年以上前ながら、〇峰観光ホテルさんへ宿泊をしました。
山奥の知名度も高いとは思えない温泉なのに、宿もお部屋も綺麗。提供された食事も上品で美味しかった[グッド(上向き矢印)] 大川の眺望を眺めながら頂いた朝食にしてもロケーションの良さ、充実した内容でした。しかし月日の経った今、どうであるのか責任持てませんけど・・・。
ここ芦ノ牧温泉の宿、ホテルは、東日本大震災後避難してきた人達を積極的に受け入れていたと聞きます。

そんな芦ノ牧温泉の最寄駅はこちら。
芦ノ牧2.jpg
ねこ駅長が働く駅として知られている「芦ノ牧温泉駅」です。ホームのレトロ感からしても、昭和初期に建てられた木造駅舎のようです。

脇はしょっちゅう通っていたものの、駅に立ち寄りをしたのは初めてでした。だから私、会津鉄道でねこ駅長のいる駅は、ここよりずっと南に位置する、全国でも珍しい茅葺屋根の駅舎、待合室には本物の囲炉裏もある「湯野上温泉駅」とばかり。

芦ノ牧3.jpg
2代目猫駅長「らぶ」さんはお昼寝中。
待合室にも猫グッズが40種類以上並ぶ。「らぶ」をモデルにしたブロマイドも販売されていましたが、一般客が抱っこをする、写真撮影も禁止されているのです。・・・と言うのも、初代の名誉駅長「ばす」がカメラのフラッシュで目を悪くしてしまったから。
女優の 綾瀬はるかさんとのツーショット写真はあったものの、大河ドラマで新島八重を演じて以来、彼女と福島県会津との関係は特別だから仕方ないと思いました。

「第三セクター・会津鉄道」は、西若松駅(福島県会津若松市)-会津高原尾瀬口駅(南会津町)間57.4キロを結ぶ。
会津田島駅からは野岩鉄道、東武鉄道との相互乗り入れで東武浅草駅まで直通運転。浅草方面へは途中の下今市駅で乗り換えとなりますが、車窓の景色を楽しみつつ、ゆっくりローカル線の旅!と言った楽しみあり。

芦ノ牧4.jpg
せっかくなので12時53分発のトロッコ列車の到着を待ちます。見えて参りましたね[目]

芦ノ牧5.jpg
切符売り場で働く副駅長さんが出迎えているところ。
こちらが本物の?駅長さん、会津鉄道の駅長さんは皆、女性なのです。

お座敷、トロッコ、展望車が一度に楽しめる「お座トロ展望列車」でしょうか。
会津鉄道のトロッコ列車は、「くしろノロッコ号」「富良野ノロッコ号」とは規模の違いが感じられました[あせあせ(飛び散る汗)]
車内から大勢降りてきた団体のツアー客、駐車場で待機していた観光バスに乗り換えた模様です。山間を走行しているだけに、緑のトンネルと鉄橋からの絶景を楽しまれたのでしょう。

他に福島を全面に出したラッピング列車を走らせるなど、会津観光を支え続けている会津鉄道。名物ねこ駅長さんでした。
続く。
thanks(72)  コメント(14) 
2018・6月さくらんぼ隊狩り 定番の福島&山形 ブログトップ